ミライ☆モンスター 2018年4月29日放送回

『ミライ☆モンスター』は、フジテレビ系列で2014年4月6日より毎週日曜日 11:15 - 11:45(JST)に放送されているドキュメンタリー番組。開始当初から2017年3月26日まではトヨタ自動車が、同年4月2日から旭化成の一社提供番組となった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月29日(日) 11:15~11:45
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:15~

オープニング映像。

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:15~

新潟県の湯沢町へ。笑顔と大きな笑い声が印象的な川村あんり(13)はモーグル界のミライ☆モンスター。競技歴は10年。モーグルでは、番組は以前、平昌五輪に出場し銅メダルを獲得した原大智に密着した。一方、女子で平昌五輪に出場したのはたった1人で結果は18位だった。日本女子モーグル復活の期待を背負うのが川村で、2011-18シーズンで11戦6勝をあげている。しかも、11戦すべてが3位以内の成績だ。さらにJOCジュニアオリンピックカップで総合2位(中学の部優勝)。来シーズンはナショナルチーム入りが濃厚となっている。川村はモーグルを始めた時から五輪に出たいと考えていた。原大智とは呼び捨てで呼べるほどの仲良し。モーグルを始めた時期が一緒だった幼馴染だ。2人は北京五輪に一緒に行こうと約束したのだという。

川村は福島県裏磐梯で開かれる3連戦に出場。この3連戦には’14ソチ五輪出場の星野純子選手などライバルがこぞって出場する。川村は3連勝を目指して闘う。

出演者らがあいさつ。又吉は原大智選手を紹介した。横山由依らは実際に銅メダルを触らせてもらった。

キーワード
湯沢学園湯沢中学校
平昌オリンピック
JOCジュニアオリンピックカップ
北京オリンピック
2018フリースタイルスキーふくしま大会
湯沢町(新潟)
第37回東京都フリースタイルスキー選手権大会
伊原遥香選手
星野純子選手
裏磐梯(福島)

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:23~

大会当日。まずは3連戦の初戦、出場選手は31人、予選を勝ち抜いた12人で決勝を戦う。試合前の公式練習で川村さんはコースやエア台の感触を確かめる。白鳥コーチが試合前に「気になるのは第一エアのランディング。ちょっとつっぱりすぎてる」とアドバイスをした。スムーズに次の動作に移れるような着地を指示した。まずは予選、オリンピック経験者の星野選手は安定した走りで暫定1位になった。あんりさんの出番は31人中30番のスタート。46.76以上のスコアを出せば決勝に進める。

川村の練習を見学するために新潟県湯沢町のかぐらスキー場へ。モーグルとはノルウェー語で「雪のコブ」。いくつものコブがあるコースを何度も繰り返して自分の滑りを確認した。また、ジャンプ台から飛び出して技を決めるエアの練習を。白鳥貴章コーチによると、川村は本格的な練習を早い段階から始めているという。他の子と比べてもレベルは高い。女子の中だけで滑っているのではなく、原とも滑ってきているのが一番の強みだという。このときは偶然原も練習にやってきていた。川村は意外と原に対して生意気。雪玉をぶつけて笑っていた。

モーグルはターン、スピード、エアの3大ポイントで審判団が採点する。中でも川村はスピード、エアを得意としている。原はこれについて、全国の選手と比べても見劣りしないと話した。当時小学2年生の川村がオリンピック選手・星野純子のスピードに食らいつく映像も流れた。またエアについては、現在第1エアにバックフリップアイアンクロスを、第2エアにループグラブを使用。これらの技を可能にしているのが、多いときには週3で行っている室内練習で、これはトランポリンを使って行う。さらにシーズンオフにはウォータージャンプでエア練習。練習後には湯沢町にある自宅にお邪魔させてもらった。コナン君のぬいぐるみを試合に持っていく願掛けも教えてくれた。川村がモーグルに出会ったのは4歳のとき。東京出身の川村は中学入学を機に新潟へ移り住んだ。母は「毎日楽しそうに滑っていたのでやらせてあげたいなって」などと話した。父は東京に残って仕事をしている。父の自宅を尋ねると、「寂しい思いもありますけど」と話していた。両親は元実業団アイスホッケー選手。スキーを志向した川村については「志高く競技に取り組んでほしい」と話していた。そんな川村には福島・裏磐梯3連戦がせまっていた。昨シーズンは8、3、3位の成績だったが、今回は3連戦を目指す。コナン君は「家にいるんで大丈夫」だそうだ。

又吉は「おかあさんが話しているところですごい面白い顔してましたよね」と話し、関根勤は長嶋一茂とやっていることが同じと話した。原は「昔はそんなことなかったんですけどね。2ヶ月位喋ってくれなくて、僕は頑張ろうと…」と話した。出演者らはすごいと話題の原の太ももを触らせてもらった。

キーワード
2018フリースタイルスキーふくしま大会#2
白鳥貴章コーチ
星野純子選手
ソチ五輪
かぐらスキー場
湯沢町(新潟)
秋田・田沢湖モーグル競技会
バックフリップアイアンクロス
ループグラブ
南魚沼市トレーニングセンター
コナン君
2018フリースタイルスキーふくしま大会
第37回東京都フリースタイルスキー選手権大会第2戦
東京都
裏磐梯(福島)
川村あんり
一茂くん
長嶋茂雄さん

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:37~

モーグルの今シーズンを締めくくる3連戦の初戦。予選トップはソチ五輪に出場したベテラン星野選手。あんりさんは第一エアでバックフリップ・アイアンクロスを大きく弧を描きながらきれいに着地した。第2エアで失敗してしまい、結果は予選敗退した。これまで勝ち続けてきたあんりさんは実に2年ぶりの予選敗退に悔しさがこみ上げた。あんりさんは「1lぐらい泣いた。練習不足」と話した。この後もあんりさんは本調子をつかめないまま2戦目は3位、3戦目は4位になり、今シーズンの有終の美を飾ることはできなかった。あんりさんのミライ予想図について「来年のシーズンで全日本選手権優勝。17歳の年でオリンピックでメダルを獲りたい。うまくなって成績出してモーグルをもっと有名にしたい」と話した。北京オリンピックは4年後、幼馴染大地くんと北京を目指す。

原さんは川村さんの滑りについて「環境の変化に対応しきれてなかった。場所によって雪質や滑りや角度など全然違う。経験を積むしかない」と話した。関根さんは「13は伸び盛りなのでこれからが楽しみ」と話した。この番組では収録の最後に関根さんに頑張るミライモンスターにしてあげたいことを聞いていて、原選手の時はオーダーメイドのジーンズをプレゼントすると言っていた。あんりさんにしてあげたいことについて関根さんは「あんりさんは完璧。東京に残っているお父さんにチャーハンにハムを入れていたので、美味しいハムを紹介したい。」と話した。

キーワード
2018フリースタイルスキーふくしま大会#2
白鳥貴章コーチ
星野純子選手
ソチ五輪
バックフリップアイアンクロス
第37回東京都フリースタイルスキー選手権大会第2戦
北京オリンピック
川村あんり

エンディング (その他)
11:41~

次回のミライモンスターは4年前初めて密着した田舎育ちの彼。

番組宣伝 (その他)
11:42~

池上彰緊急スペシャルの番組宣伝

超!休み方改革の番組宣伝

  1. 前回の放送
  2. 4月29日 放送
  3. 次回の放送