ミライ☆モンスター 2018年4月1日放送回

『ミライ☆モンスター』は、フジテレビ系列で2014年4月6日より毎週日曜日 11:15 - 11:45(JST)に放送されているドキュメンタリー番組。開始当初から2017年3月26日まではトヨタ自動車が、同年4月2日から旭化成の一社提供番組となった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月1日(日) 11:15~11:45
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:15~

オープニング映像。

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:15~

本日のミライ☆モンスター長澤颯飛くんは川崎市の川崎市立稲田中学校の校長室で一人で卒業式を行っていた。長澤颯飛くん15歳はスノーボード界のミライ☆モンスター。スノーボードといえば平昌五輪で平野歩夢選手が2大会連続の銀メダルを獲得した人気スポーツ。平昌五輪では5種目が採用されていて、颯飛くんは2種目のミライ☆モンスター。スロープスタイルは障害物やジャンブを攻略し滑るスノーボードの全ての能力が必要になる。颯飛くんは12歳でムラサキスポーツと契約し、スロープスタイル史上最年少でプロになった。2月には国際大会で優勝するなど世界で活躍している。颯飛くんが得意なもう一つの種目はビッグエア。最も大きなジャンブ台を使いジャンブの難易度と完成度を争う。颯飛くんの現在の夢は北京五輪に兄弟3人を女手一つで育ててくれているお母さんを連れて行きたいという。颯飛くんが今回挑戦するのがビッグエアで日本一を決める全日本スキー選手権大会。この大会には平昌五輪に出場した大久保勇利選手というライバルも出場する。

キーワード
川崎市立稲田中学校
長澤颯飛
平昌五輪
平野歩夢選手
スロープスタイル
ムラサキスポーツ
Audi Snowboard Series
ビッグエア
北京五輪
由樹子さん
花恋ちゃん
長澤湊飛
全日本スキー選手権大会
大久保勇利選手
川崎市(神奈川)

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:21~

全日本スキー選手権大会 スノーボード競技のビッグエア・決勝戦。ジャンプは計3回で、右回りと左回りを最低1回ずつ飛び、右回りと左回りのベストスコアの合計得点で争うというのがルール。颯飛くんは得意な右回りでバックサイド1260、左回りでフロントサイド1080の成功を目指す。

神奈川県にある颯飛くんのお宅にお邪魔すると、颯飛くんは地球をイメージした絵を描いていた。スノーボードでも自分のスタイルを出したいと話ていた。シーズン中は大会会場での練習が主となる。3月のスケジュールをみると、大会と練習でビッシリ。颯飛くんの得意なビッグエアは最も大きなジャンプ台を使い一発のジャンプ技を競う、飛距離は約63m。平昌五輪金メダルのセバスティアン・トゥータンが出した技はバックサイド1620という技で4回転半するもの。颯飛くんの得意技3回転するバックサイド1080。颯飛くんを指導するのは平昌五輪代表岩渕麗楽選手のコーチでもある佐藤康弘コーチ。佐藤コーチ曰く颯飛くんの武器は着地のうまさ。ビッグエアで高得点をとるには着地の成功が大事になる。

颯飛くんは現在新技、3回転半のバックサイド1260に挑戦中。現在の成功率は50%。全日本でバックサイド1260に挑戦すると決めている。大会2日前お母さんの姿があった。いつもスキー場まで車で送迎してくれている。お母さんはホテルには泊まらず車で寝るという。献身的に颯飛くんをサポートしているお母さんだが、颯飛くんが大腿骨骨折したときにはスノーボードをやめて欲しいと思ったという。その後、本人の意思でリハビリを開始し、お母さんの支えもあり競技に復帰することができた。颯飛くんはお母さんのことを尊敬している、一番サポートしてくれてると話す。全日本スキー選手権スノーボード競技の大会当日、会場にはライバル大久保勇利選手の姿もある。大会には23名がエントリーしていて上位10名が決勝進出となる。颯飛くんはバックサイド1260に挑戦すると宣言していた。予選1本目バックサイド1260は成功し、特典は87.25となった。颯飛くんは1位で予選を通過した。

本日から横山由依がミラモンファミリーに加わることになった。高橋朱里は横山のことを話が長いと言った。

キーワード
長澤颯飛
全日本スキー選手権大会
大久保選手
バックサイド1260
フロントサイド1080
スノーパーク尾瀬戸倉
神奈川県
群馬県
ビッグエア
平昌五輪
セバスティアン・トゥータン
バックサイド1620
バックサイド1080
岩渕麗楽選手
大腿骨骨折
全日本スキー選手権
大久保勇利選手

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:37~

全日本スキー選手権大会 スノーボード競技のビッグエア・決勝戦。颯飛くんの決勝一本目は得意の右回り。ジャンプは成功したものの、着地で失敗してしまった。続くニ本目も右回りで、バックサイド1260に挑む。しかし今回も着地で左手をついてしまい減点となった。三本目は左回りでフロントサイド1080の成功を目指したが、転倒してしまい得点は伸びず、最終順位は9位と悔しい結果に。しかし、颯飛くんは今回の大会でバックサイド1260に手応えを感じていた。目指すは北京五輪。

スタジオでは、颯飛くんが15歳であれだけお母さんに感謝の気持ちを伝えられるのは凄く良い関係、だいたい反抗期、などと話題になった。

キーワード
長澤颯飛
全日本スキー選手権大会
バックサイド1260
フロントサイド1080
北京五輪

エンディング (その他)
11:41~

「ミライ☆モンスター」の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 4月1日 放送
  3. 次回の放送