バイキング 元次官が長男刺殺!新供述「川崎の事件が…」▼丸山穂高議員から弁明書

放送日 2019年6月4日(火) 11:55~13:45
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:55~

BGM:バイキングテーマ曲「Make U Funky」久保田利伸

坂上忍らの挨拶。本日のライナップは「元事務次官が新供述」「丸山議員の”今”徹底取材」など。

キーワード
Make U Funk
久保田利伸

怒りのニュース5連発 (ニュース)
11:55~

大阪・天王寺区で、1台の車がスピードを落とすこともなくドラッグストアに突っ込んだ。車が靴直前には横断歩道を渡っている人の姿もあった。運転士していた男は、事故直前に通行禁止区域を走行。パトカーの制止を振り切り逃走していた。逃げる途中でタクシーに追突、55歳の運転手が軽傷を負った。容疑者は捕まるのが嫌だったと供述している。

車の屋根の上にたつ1人の男性、車の屋根に仰向けで寝た。撮影している仲間のドライバーも囃し立てており注意はしていない。そして男性を乗せたまま車は公道を走り出した。男性はコンビニの駐車場に入るまで2分間、この行為を続けていた。街では「自分がかっこいいと思っている」などの声があがった。これは道路交通法に触れる可能性がある。

性的暴行容疑者の連行の瞬間を紹介。出勤するため自宅から出てきたマスク姿の男、捜査員に声をかけられると男は目を大きく見開いた。この男は3月の深夜、電車内で酒に酔った女性に声をかけ介抱するふりをして声をかけた。その後、東小金井駅の多機能トイレで無理やりわいせつな行為をした疑いが持たれている。 女性が近くの交番に被害を届け出た所、防犯カメラに男が女性をトイレに連れ込む姿が映っていたことから容疑者が浮上した。調べに対し容疑を認めている。

オランダで行われたプロサッカーリーグの試合。白いユニフォームの選手のシュートはポストを直撃。跳ね返ったボールが審判の右足にあたりゴールとなった。これに赤いユニフォームの選手は抗議。しかし国際ルール上、審判は石とみなしてプレーすることが決められており、今回のゴールは得点と認められた。審判は地元メディアに対し、足をどかそうとしたが間に合わなかったなどとコメントした。今月からはルールが変更され審判に当たったゴールは認められなくなる。

息子を殺害した疑いの農林水産省元事務次官。事件数時間前の暴言。事件の真相に迫る

キーワード
道路交通法
天王寺区(大阪)

ニュース (ニュース)
12:10~

44歳の息子を殺害したとされる容疑者の体には、家庭内暴力で出来たとみられるあざがあったという。このことから、息子から日常的に暴力を受けていた可能性があるという。さらに、息子の体には数十箇所の刺し傷があったという。また、事件の当日近くの小学校で運動会があり息子はそのことに腹をたてていたと言う。他にも、日常的に暴言をはかれていたと言う。こうしたことから、容疑者は川崎市での事件が頭に浮かび、息子が他人に危害を加えるのではないかという危機感にさらされていたという。

ニュース (ニュース)
12:15~

ヒロミさんは、最近の事件は他人事ではないと考えさせられる事が多いと話した。甲斐さんは、もう少し歳を取ると息子に及ばないと思ってしまうと話し、元事務次官の容疑者は言ってしまうところまで行ったのかもしれないと話した。坂上さんは、供述を聞くと容疑者に同情してしまうところがあろのではないかと話した。

ニュース (ニュース)
12:30~

元エリート官僚による息子刺殺事件が発生。殺害された男性は無職の引きこもりで、オンラインゲーム漬けの毎日だったと思われる。近隣住民も男性を見たことはほとんどなかったという。オンラインゲーム上で2年間交流のある女性は「コミュニケーションが苦手な印象、変な意味で有名で、発言が過激だった」などと話している。また男性は「父親は事務次官だから何でも相談して」などと父親の立場を利用し優位性を顕示していた。甲斐は「コンプレックスの裏返しという感じがする」などとコメント。

キーワード
熊澤英一郎さんのものとみられるツイッター

ニュース (ニュース)
13:34~

自民党による丸山議員への糾弾決議案の内容は「院の権威と品位を著しく失墜させ、国会議員としての資格はない」と断罪し、「糾弾し、直ちに自ら進退について判断するよう促す」というもの。丸山議員の後援会幹部を取材したところ「秘書から1度『迷惑かけます』と電話があった。肩の持ちようもなく、正直どうしていいかわからない。本人と話をしたい。まだ脈があれば今まで通り応援するが、人が変貌してしまったとすれば応援はできない」と語ったという。また議員事務所にいた秘書を直撃すると「議員とは連絡を取っていない」「本人がどう発言してというのを、テレビを見ているだけで実際のところわからない」。これまで取材に対応してこなかったことについては「対応しないように言われている。対応をやっている東京にかけてください」とのこと。有馬氏は「こうした対応のため、議員の秘書は3人まで国から給料が出る。マスコミ対応は考え方次第だが、本人が国民に説明する必要がある」と批判。横粂は「後援会にまだ直接謝罪や説明がないことに衝撃を受けた」とコメント。

キーワード
丸山穂高議員
  1. 前回の放送
  2. 6月4日 放送
  3. 次回の放送