バイキング 元貴乃花電撃離婚の(秘)舞台裏!藤田紀子さんが語った息子への思いとは?

放送日 2018年12月3日(月) 11:55~13:45
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:55~

バイキングテーマ曲「Make U Funky」が流れた。

出演者らが挨拶をした。きょうのニュースを紹介。

キーワード
Make U Funky
久保田利伸
元貴乃花親方
景子さん
三田佳子さん

バイキング 数字で読み解く注目ニュース (ニュース)
11:55~

今年9月、自宅で覚醒剤使用の罪で問われている女優・三田佳子さんの次男の38歳の被告。被告の男の初公判が先週木曜日に開かれた。被告の男が覚醒剤で逮捕されたのは今回で4度目。法廷では「間違いありません」と起訴内容を認め、「自分の愚かさと心の弱さに非常に情けない」と述べた。検察側は去年10月ごろから覚醒剤の使用を再開した、半年前から2週間に1回は使うようになったなどと述べた被告の男の供述調書を読み上げ、常習性を指摘。再犯の恐れが極めて大きいとして懲役2年6か月を求刑。この公判があった日は三田佳子さんが主演をつとめる「朗読劇 九十歳。何がめでたい」の公開稽古が行われた日。公開稽古を終え、取材に応じた。

今年9月、酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げした罪などに問われている元モー娘。の吉澤ひとみ被告。衝撃の逮捕からまもなく3ヶ月となる中、東京地裁で初公判が行われた。その一般傍聴席20席を求めて1137人が列をつくり、抽選倍率は約57倍。裁判官から起訴内容について確認されると吉澤被告は「間違いありません」と消え入るような声で認めた。検察側は吉澤被告の夫の供述書を読み上げ、その中で吉澤被告が毎日のようにキッチンで飲酒をしていたことが判明。さらにこの日、情状証人として出廷した吉澤被告の夫の口からは吉澤被告の現在の様子がうかがえる証言もあった。スポーツニッポンによると吉澤被告の現在の飲酒量を聞かれた夫は「急激に減っている」と回答。検察側は驚いた様子で「それは全く飲んでないということではない?」と聞き返すと「そうです。急激に減っている」と繰り返し、事件後も飲酒していることが明らかになったと報じている。また弁護側は元所属事務所社長の嘆願書が読み上げられた。これを聞きながら涙を流していたという吉澤被告。そして判決は被害者に謝罪し、示談が成立しており被害者は寛大な処分を求めているが反省を深める必要があり、通常より長い執行猶予期間としたとして、懲役2年、執行猶予5年を言い渡した。

先週木曜日、福岡県の31歳の会社員の男が道路交通法違反などの疑いで書類送検された。摘発のきっかけは男がインスタグラムに投稿した軽トラによるドリフト走行の動画。警察によると今年5月、林道で約80mドリフト走行し、危険な運転をするなどした疑い。インスタグラムの動画を証拠にした摘発は全国で初。この動画で物議を醸したのは動画を小学2年の息子に撮影をさせていたこと。警察の調べに対し、男は「ドリフトのテクニックをみんなに見せたかった」などと供述。さらに男は書類送検後、「軽トラファンの方にもドリフトはやめるつもりはない。法の範囲内でドリフト動画は投稿していくつもり」とインスタグラムを更新。

九州場所で優勝した貴景勝が母校で優勝報告会。

キーワード
三田佳子さん
覚醒剤
朗読劇 九十歳。何がめでたい
吉澤ひとみ被告
FRIDAY
元モー娘。
酒気帯び
東京地裁
スポーツニッポン
道路交通法違反
添田町(福岡)
書類送検
インスタグラム
貴景勝
九州場所
西宮市(兵庫)

バイキング 数字で読み解く注目ニュース (ニュース)
12:04~

歓声の中、登場したのは大相撲九州場所で初優勝した小結・貴景勝。先週金曜日、母校の仁川学院小学校で優勝報告会を行った。貴景勝は後輩たちに「うまくいかなかった時に必ず道が開けると思って一生懸命やればいい時というのは何もしなかった時に比べて早く来るような気がします。」などとメッセージを送った。

電撃離婚の舞台裏。

キーワード
貴景勝
九州場所
西宮市(兵庫)
仁川学院小学校
橋本浩教諭
元貴乃花親方
離婚
景子さん

バイキング 数字で読み解く注目ニュース (ニュース)
12:08~

電撃離婚で世間が注目している元貴乃花親方と河野景子さん。取材では離婚の背景について新証言。2人が離婚届に判を押したのは10月上旬?あのタイミングで離婚届が提出されたのは想定外!?今回の件について母親の藤田紀子さんが初めて口を開いた。

キーワード
元貴乃花親方
離婚
河野景子さん
藤田紀子

ニュース (ニュース)
12:10~

先週公となった元貴乃花親方と景子さんの離婚。離婚届は10月25日には提出しているが、長男の優一さんはブログで「喧嘩するほど仲がいい2人」などと述べていた。1週間後の応援会のHPには写真が掲載。離婚届提出の1週間前のツーショットということになる。「直撃LIVE グッディ!」の取材では、関係者によるとこの写真の時点ですでに2人は離婚届に署名捺印済み。10月25日に元貴乃花親方が離婚届を提出。景子さんにとってはこのタイミングでの提出は想定外では?との情報も。大橋さんは「書いてる時点で離婚合意はあったってことですよね?もし提出されたことが不本意であれば家庭裁判所に申し立て出来ると思う。それをしていないということはお互い離婚に合意していると見ていいのかな」など述べた。

優一さんは去年に陣幕親方の娘と結婚も今年8月に別居したと報じられた。関係者によると、別居報道前に元貴乃花親方の耳にもその情報が入っていた。元貴乃花親方は確認のために妻子へ電話したものの、2人は電話に出ず。今年7月の名古屋場所で元貴乃花親方は陣幕親方と毎日顔を合わせていたそうで、陣幕親方に対して申し訳ない思いがあったという。

景子さんは優一さんを伴って場所後、貴乃花部屋の打ち上げに出席。元貴乃花親方は都合が悪いと対応しないのに、打ち上げには参加することに不満を持ったとの情報も。清水アキラさんは「景子さんが親方の顔を立てるために打ち上げに参加したのではないか」など話す。

優一さんについて元貴乃花親方は「母親とくっついていてなかなか連絡取れない。社会人として恥ずかしくない生き方をしてほしい」など週刊文春で伝えている。清水さんは「子離れできない親じゃないかな」など話す。

先週金曜日、元貴乃花親方の母・藤田紀子さんが所属事務所の創立30周年を祝う会に出席、報道陣の取材に応じた。息子の離婚については報道で知って驚いたとの事。元親方が日本相撲協会を離れた事で、2人の行く末を心配していたという。離婚の原因について質問が及ぶと、経済的な理由での離婚はないと語った。夫の仕事に影響するからと喧嘩もできず、また元親方も相手に不満を告げられないタイプとの事。景子さんに対して感謝の気持ちを表し、女将としての立場を尊重するコメントをした。憎しみに至る前に結論を出した事にほっとしている、とも。

元貴乃花親方の離婚への藤田さんのコメントについて。先週金曜日、藤田さんは景子さんへの感謝の気持ちなどを述べた。それぞれの持つ正論をすり合わせる作業を楽しめたら強いんだろうなと思ったと大橋。自身の離婚原因を秘匿するのは相手に無用な迷惑がかかる事を危惧しての事で、それは2人も同じなのではないかとも。藤田さんは自身の経験と絡め、2人は喧嘩が出来なかったのではないかと言及、元貴乃花親方について「不満があっても言わないだろう」などと述べた。藤田さんの場合は時代もあって言うに言えなかったのではないか、勝負への支障を心配する気持ちも解ると坂上。

元貴乃花親方の離婚への藤田さんのコメントについて。女将さんとしての景子さんについて、彼女が住み込みでなく通いである事に言及、藤田さん自身は「親方がそれでいいと言うのならあり方としていいのではないかと思っていた」などと話した。旧来の相撲を取材する人などからは通いを問題視する声が圧倒的に多いと中村。部屋の女将として問題があるとは見られないが、もう少しコミュニケーションが上手く行っていればこうはならなかったのではないかとも。女将が通いでもうまくいくモデルケースとしては十分な成功例だったが、内心ではいてほしかったのではないかと東国原。相撲だけではなくあらゆる業界で転換期が来ているのだと思うと清水。昔のやり方も計算されたものだから繋いでいって欲しいとIKKO。

母・藤田紀子さん 元貴乃花親方との共演に言及

キーワード
元貴乃花親方
景子さん
離婚
離婚届
優一さん
優一さんのブログ
直撃LIVE グッディ!
フジテレビ
家庭裁判所
田川(福岡)
花田優一さん
陣幕親方
文春
貴乃花部屋
生島企画室 30周年記念感謝の集い
藤田紀子さん
週刊文春
日本相撲協会
貴乃花応援会のホームページ
貴ノ岩
貴景勝

ニュース (ニュース)
12:42~

先週金曜日、元貴乃花親方の母・藤田紀子さんは、息子との今後についても言及。現在は疎遠だという2人だが、「機会があれば元のように仲良くすればいい」と話し、共演についても「向こうが嫌がらなければ歓迎する」などと話した。景子さんとの共演についても同様の想いとの事。親方の今後について「せっかく相撲界から出たのだから一社会人として色んな経験を積んで欲しい」「子供に相撲を教える活動を続けるためにも、一刻も早く収入のある仕事についてほしい」などと話した。

キーワード
元貴乃花親方
藤田紀子さん
景子さん

ニュース (ニュース)
12:47~

母親の藤田紀子さんが言及。元貴乃花親方との今後の共演については「機会があれば親子ですから向こうが嫌がらなければウエルカム」としている。今後に望むことについては「一社会人としていろんな経験を積んでいただきたい。毎日祈っているのは早く収入ある仕事に」としている。中村竜太郎さんは「紀子さんや虎上さんは柔軟な人なためウエルカムだと思うが。よっぽどのことがない限りは貴乃花さんはないんじゃないかな」と話した。東国原英夫さんは「私の一押しは衆議院議員。藤田さんの記者会見でどことなく嬉しような印象を受けた。なんか晴れ晴れとしていた。」などとコメント。

元貴乃花親方の離婚後のコメント。「今回の離婚はこれまでの夫婦としての成り立ちを良い思い出に卒業しようということ。これからの人生をゆっくりとそれぞれの道をお互い歩いていこうと思います」としている。各紙は卒業という言葉から卒婚と報じた。卒婚は籍を抜かないまま別居などのこと。清水アキラさんは「これは卒婚じゃないんじゃないかな。」などとコメント。大橋未歩さんは「卒婚というのはとっても共感はできる。今回の卒業しようというのがしっくりきたのは努力した結果がだめだったということで、限界まで頑張ったということなのかな」などとコメント。

清水アキラさんの卒婚について。2013年11月にブログで表明、2015年3月に再び同居。理由は寂しさに耐えかねて1年4か月で卒婚終了したとのことだった。清水アキラさんは「寂しいし、めちゃくしちゃ洗濯物も貯まるし。男は根を上げるのよ。戻ることについては奥さんはそれはそれでいいんじゃない」などとコメント。

女優・三田佳子の次男の被告(38)裁判の行方は?

キーワード
元貴乃花親方
離婚
河野景子さん
藤田紀子さん
卒婚
三田佳子さん
覚醒剤

ニュース (ニュース)
12:58~

覚醒剤で4度目の逮捕となった三田佳子さんの次男の初公判。被告は起訴内容を認め、「自分の愚かさと心の弱さに非常に情けない」と述べていた。供述調書によれば、覚醒剤使用を再開したのは去年10月頃とあった。また、被告と一緒に仕事をやっていた人が覚醒剤を持ってきていたのがきっかけだったと話した。東国原は「怒られると思いますが、4回目なのでと、本人のために実刑を与えて反省の機会としても良いのでは」と話した。「寂しいから」などの供述について坂上は「自覚が足りない」と苦言を呈する。また、被告は裁判官に”覚醒剤の話をする人と関係を切らなかったのか”と聞かれ、「病気になっても優しくしてくれていた人で、決意が足りなかった」など答えていた。法廷画家の石井は被告の様子について、「4度目なので、裁判の立ち回りがこなれているように見えた」とコメントした。

弁護士は複数回裁判を経験した人が、裁判に”慣れてくる”ことに同意した。吉田は自身の子育て経験を振り返りつつ、被告の生まれが良かったことで「達成感が得にくかったのはありますか?」と切り込んだ。そこから、お金や対人関係などの感覚が未成年のうちにズレたり、心に弱い部分があると、被告のようにたとえ裏があったとしても、そういう”優しさ”に寄っていってしまうのではないかと議論した。

初公判”検察側「再犯の恐れ極めて大きい」 懲役2年6ヶ月を求刑”

キーワード
覚醒剤
三田佳子さん
FRIDAY
統合失調症
トイザらス

ニュース (ニュース)
13:14~

初公判について母・三田佳子さんがその胸中を語る。

キーワード
覚醒剤
三田佳子さん
「九十歳。何がめでたい」
  1. 前回の放送
  2. 12月3日 放送
  3. 次回の放送