さんまのまんま 安達祐実

『さんまのまんま』は、関西テレビ制作のフジテレビ系列で1985年から放送されているトークバラエティ番組である。2017年より不定期放送。明石家さんまの冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年5月3日(日) 13:00~13:30
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

ゲストの安達祐実が登場した。

GUEST 安達祐実 (バラエティ/情報)
13:03~

ゲストトーク。安達祐実は今年33歳になり子どもは8歳になる。前の結婚は4年ほど続いた。安達も昨年末にカメラマンと再婚。元旦那が、離婚後も番組などで復縁を希望している為、さんまを通して「もうテレビで言わないで」と伝えた安達。今の旦那は安達の写真集のカメラマンであり、相手は仕事中には交際を拒否していた。

感情を表に出さないカメラマンで、良いのか悪いのかすらわからなかったと安達が語った。撮影後に安達が告白したが、その時は断られた。そのカメラマンもバツイチである。一度断られたけれど、その後、相手から接触があり交際に発展した。

さんまは再婚したい気持ちはあるが、一緒に暮らしてくれる人がいないと語った。娘からオムツを換えてあげるが、ふいてあげないと言われてショックだったとさんまが語った。

ゲストトーク。安達祐実は娘と一緒に作ったさんまの人形をさんまにプレゼントした。娘は絵を描いたりするのが好きだが、将来は女優になりたいと言い出している。さんまは今でも娘が芸能界にいることに反対している。安達は高校生くらいになってもやりたいと言い出したら止められないと語った。しかし、子役には絶対にさせたくないと語った。

安達が子役時代は現場で寝たり宿題をしたりしていたが、現在の自分は子役は出来ないと語った。幼少期は仕事命で仕事が楽しかったと明かした。ドラマがヒットしだして、責任感が芽生えてこれで生きていくしかないと思ったと語った。

ゲストトーク。安達は2歳から子役として活動しており、さんまの番組のオーディションも受けているが落ちた。その番組はしっかりしてない子ばかり受かっていた。安達は真面目すぎる受け答えをしていた。業界でイジメられたりはなかったが、嫌味くらいは言われたことがあると語った。さんまは加賀まりこさんから叱られた事があるが、とてもいい人だったと明かした。

さんまいわくいい人ばかりが増えて、わがままな芸能人がいなくなったと語った。昔は、気分屋女優やADに八つ当りする人がいたと明かした。ドラマで長澤まさみにハエが止まった時に、和まそうと思って言った言葉に長澤まさみが大泣きしたコトがあるとさんまが語った。鈴木杏樹はたまごっちが死んだコトをからかったら大泣きされたとさんまが明かした。

CMのあとは…まんま「同情するなら◯◯をくれ!」

キーワード
加賀まりこ
長澤まさみ
鈴木杏樹
たまごっち

GUEST 安達祐実 (バラエティ/情報)
13:28~

まんまちゃんが家なき子の姿で登場し、「文句があるなら仕事くれ」とフリップに書いた。

60秒後…蛭子能収・一郎親子 登場!

キーワード
蛭子能収
蛭子一郎

エンディング (その他)
13:29~

さんまのまんまの次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月3日 放送
  3. 次回の放送