さんまのまんま 乙武洋匡

『さんまのまんま』は、関西テレビ制作のフジテレビ系列で1985年から放送されているトークバラエティ番組である。2017年より不定期放送。明石家さんまの冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年3月16日(土) 12:00~12:30
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

今日のゲストの乙武洋匡さんが登場した。

GUEST 乙武洋匡 (バラエティ/情報)
12:00~

12年ぶりのさんまのまんま出演だという乙武洋匡。この12年で5歳と2歳半の子ども2人がいるという。子育てが大変だとトークを行い、さんまは「ここまで育てて言うこと聞かなくなるのが納得いかない」と話した。

乙武からさんまへのお土産として、最近友達とバンドを始めたという乙武がボーカルを務めるバンドのTシャツやCDなどのグッズがプレゼントされた。さらに今度公開される乙武が出演する映画“だいじょうぶ3組”の招待券がプレゼントされた。

現在保育園の経営を行なっているという乙武。その前に小学校で3年間先生を務めた経験を著書にしたものが、映画“だいじょうぶ3組”になった。映画出演の際、演技なんかしたことなかった乙武は断っていたが、監督に「他に手足のない俳優さんはいない」と言われ、決めたという。そんな話しをし、12年間で色々なことが変わったとトークした。

キーワード
だいじょうぶ3組

GUEST 乙武洋匡 (バラエティ/情報)
12:09~

乙武洋匡の奥さんは大学の後輩で、4年間の交際を経て結婚したという。結婚して12年が経ち、奥さんには感謝していると話した。この体で辛いと感じたことがあまりなかったという乙武は、子どもができてから物理的な世話がほとんど無理なことに対し「申し訳ない」と感じたと話した。奥さんは楽しいひとで、その話しを聞いてさんまも「家族になりたい」と話していた。しかし乙武とは正反対で、人と関わるのがあまり得意ではないという。

現在のマネージャーは3年くらい一緒にいるが、天然なひとだという。あるとき講演会で時間が空き、天然なマネージャーから「足湯に誘われた」と話した。さらに小学校に務めたときの経験も話し、低学年と高学年では反応が違ったと話した。

小学校に務めていた経験がある乙武洋匡は、高学年の児童たちになると気を遣い始めるという乙武は、「そのまま大人になり人への気遣いができていくのもいいが、無邪気さも愛おしい」と話した。息子の送り迎えもするという乙武だが、自分のせいで息子が嫌な思いをしないか心配に思っていたという。しかし息子は自分が思っていたよりもたくましかったなどと話した。最近は車椅子によくシールを貼られてしまうと話し、“なぜ子どもはあんなにシールを貼りたがるのか?” とトークした。さらに乙武の子どもは最近風船遊びにハマっているという。

仕事はパソコンを使用しているという乙武は、市販のパソコンを使用しマネージャーよりも早いという。最近では手足を伸ばす技術が発展していて、その仕事のオファーが乙武にきたが、「これが自分の完成形」と言い断ったという。

ここ3.4年で落語が好きになり、週2日は落語にかよっているという乙武洋匡。今後60歳を過ぎたら落語に挑戦してみたいという。今後も夢がたくさんあるという乙武は「いい形で裏切るのが好き」と話し、さんまは乙武にあう度に「おれはなんの努力もしていなくてダメだと思う」と話した。

乙武の親友が「おっぱいパブが大好き」と話し、毎年クリスマスに誘ってくるという。「揉めないから行かない」と言う乙武に対し、親友は毎年クリスマスに誘ってくるのだという。そうして、乙武は環境にも恵まれ小さい頃から自分の体のせいで卑屈になったりしたことはないと話した。これも「両親のおかげ」と話し、お母さんはど天然だという。

キーワード
落語

GUEST 乙武洋匡 (バラエティ/情報)
12:27~

まんまちゃんからさんまへ、台湾のお土産がプレゼントされた。はちまきのようなものと、パイプだった。台湾ではさんまの真似をするタレントさんがいるのだという。

キーワード
台湾

エンディング (その他)
12:29~

さんまのまんまの次回予告。

エンディング映像。

番組ホームページと携帯サイトの案内テロップが表示された。

キーワード
さんまのまんま 携帯サイト
さんまのまんま 番組ホームページ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月16日 放送
  3. 次回の放送