ザ・ノンフィクション 2012年12月16日放送回

『ザ・ノンフィクション』は、1995年10月15日からフジテレビで放送されている日本のドキュメンタリー番組。字幕放送で、一部放送回ではステレオ放送あり。BSフジでも2011年4月7日から2014年9月までレギュラー放送された。現在は不定期放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年12月16日(日) 14:00~14:55
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
14:00~

オープニング映像。

キーワード
聖蹟桜ヶ丘(東京)

ダメ親父のラブソング (バラエティ/情報)
14:01~

55歳でデビューした歌手のクーペが、新宿中央公園で行われた夏祭りに参加した。クーペは林家三平の弟子だったが、9回も破門された。その後事業や劇団活動を行ったが、どれも上手くいかなかった。

東京・聖蹟桜ヶ丘のライブバー「Stand by me 」で、歌手のクーペはマスターをしている。クーペはシンガーソングライターのShifoと、店を切り盛りしている。クーペとShifoが初めて作った歌「25年ぶりの手紙」を紹介。

2005年6月に日比谷野外音楽堂でクーペがライブを行い、64歳になる姉が見に来た。クーペが音信不通となった娘を探しているという記事が、朝日新聞や西日本新聞に掲載された。クーペが福岡市でライブを行ったが、娘の姿はなかった。

クーペは娘の手紙に押された消印から郵便局を探しだして周辺を歩きまわったが、娘の手がかりは見つからなかった。2005年7月、クーペが脳梗塞で倒れて半身不随となった。

キーワード
林家三平
聖蹟桜ヶ丘(東京)
25年ぶりの手紙
福岡市(福岡)
朝日新聞
西日本新聞
脳梗塞

ダメ親父のラブソング (バラエティ/情報)
14:20~

2005年9月、クーペが退院して、ライブバー「Stand by me 」で常連客らに歌を披露した。店のホームページに、クーペの娘から連絡が届いた。

クーペがリハビリ専門の病院に移り、脳梗塞のリハビリ活動を行った。入院中のクーペに、海老名香葉子から励ましの手紙が届いた。

キーワード
25年ぶりの手紙
脳梗塞
海老名香葉子

ダメ親父のラブソング (バラエティ/情報)
14:28~

2005年9月、クーペが退院して、ライブバー「Stand by me 」で常連客らに歌を披露した。店のホームページに、クーペの娘から連絡が届いた。

クーペが入院後初となる復帰コンサートを行い、姉らが駆けつけた。2005年12月、クーペに娘から電話で連絡があり、コンサートに来ると約束してくれた。

2006年2月、クーペが出版予定をしていた本が出版差し止めとなるトラブルが発生した。福岡市で行われたコンサートに、クーペの娘がやってきた。

クーペはコンサートに訪れた娘の前で、「25年ぶりの手紙」を歌った。コンサートを終えたクーペが、娘と再会することになった。

キーワード
Stand by me
25年ぶりの手紙
福岡市(福岡)
聖蹟桜ヶ丘(東京)

ダメ親父のラブソング (バラエティ/情報)
14:41~

クーペが、29歳になった娘と再会した。娘が、父親のライブを見た感想を語った。クーペが娘と一緒に、両親の墓参りに訪れた。クーペが娘を連れてねぎし三平堂を訪れて、昔落語家を目指していたことを語った。

クーペの娘が、帰郷して行った。クーペの右手は、リハビリで少しずつ動くようになった。2006年4月、東京国際フォーラムでクーペのライブが行われた

2012年、クーペは再び脳梗塞で倒れた。ライブバー「Stand by me 」は一時閉店したものの、心機一転してGAMBAROUとしてオープンした。

キーワード
聖蹟桜ヶ丘(東京)
25年ぶりの手紙
脳梗塞

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 12月16日 放送
  3. 次回の放送