週刊フジテレビ批評 2019年2月23日放送回

『週刊フジテレビ批評』(しゅうかんフジテレビひひょう)は、1992年4月17日からフジテレビにて放送されている自己検証番組・自己批評番組。2008年3月15日の放送で放送800回を達成した。略称は「フジ批評」など。2009年10月3日から『めざにゅ〜』と統合し放送時間を5:00-6:00の60分に拡大した『新・週刊フジテレビ批評』となり、2018年4月7日からは、『新・週刊フジテレビ批評』が30分枠に縮小し、題名も『週刊フジテレビ批評』に戻した(ただし新聞のテレビ欄に「新」マークはなし)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月23日(土) 5:30~ 6:00
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
05:30~

オープニング映像。

今日は原田曜平と岩佐琢磨が対談すると紹介した。 ご意見ご感想は番組Twitterまで。

キーワード
岩佐琢磨
週刊フジテレビ批評Twitter

テレビウィークリー (バラエティ/情報)
05:31~

快傑えみちゃんねるは関西テレビで製作・放送している上沼恵美子司会のバラエティ番組の再送放送を関東エリアに編成した。40代男性は関西に住んでいたときは欠かさず観ていた。関東で上沼恵美子を見るのはM-1グランプリぐらいなので感謝しているという意見があった。50代女性は夕方の忙しくなる前にドラマの再放送を楽しんでいたがそれがなくなってしまい、ドラマの再放送に戻して欲しいなどという声があった。

奇跡体験!アンビリバボーはペットボトルがきっかけで結ばれたカップルや70年を経て明かされた初恋ミステリーなどを放送した。20代女性は亡くなる前に過ごした時間に涙が止まらなかったなどと言う意見があった。40代女性は夜7時に夕飯の時間に吐く映像があり放送時間を考えてほしいという意見が上がった。

MUSIC FAIRは国内や各国の一流ミュージシャンが番組ならではのコラボレーションを披露し歌の素晴らしさを紹介する音楽番組。50代男性の意見はバックの演奏者やコーラスの名前を数秒でも表示して欲しいという意見があった。

妄想!わかまマンガは芸能人が芸能人に抱いている妄想を漫画家。その妄想をされた人とした人が一緒に完成した作品を鑑賞するバラエティ番組。20代男性はテレビとマンガ両方が活躍するきっかけになると期待を持てた。次の放送を楽しみにしているという意見が上がった。

でんじろうのTHE実験では時速1440キロの真空砲と居合斬りの対決などを行った。10代女性は前回より見やすかったという意見が上がった。40代女性は疑問を形にし子どもの教育にもってこいだが映像がテロップやワイプで見辛いとの意見が上がった。

めざましテレビは最新ニュースやスポーツ・エンタメを伝える情報番組。50代女性は煽り運転や飲食店の不適切動画が何回も流れ朝から気分が悪くなった。朝の番組はサラッと短時間で流してほしいとの意見が上がった。

”世界最大”家電見本市の近未来テクノロジーとは?

キーワード
上沼恵美子
快傑えみちゃんねる
奇跡体験!アンビリバボー
MUSIC FAIR
妄想!わかまマンガ
めざましテレビ

THE 批評対談 (バラエティ/情報)
05:39~

先月アメリカラスベガスで開催されたCES 2019 。各国から集まった取材メディアの中にはスマホを使って撮影する記者がいた。韓国のLG社は巻取り型TVや中国のROYOLEの2つ折りスマホなど近未来の家電が続々登場した。今日はCESを知り尽くす岩佐琢磨を招待し批評対談を行う。

今回のテーマはCES見た近未来の家電&テクノロジーと言うテーマで対談する。岩佐琢磨はCESについて本当はCESはシーイーエスと呼ぶと答えた。その特徴は毎年変わっており、昔は家電展示会だったが今それは言わずに車やIOTなど幅広いテクノロジーを扱っていると答えた。ここ3.4年では各国首脳の視察が増えたと答えた。今年の目玉にはLyft社の自動運転タクシー。値段は一般のタクシーと一緒。今では自動運転ができることは当たり前で、その先の技術展示が増えたという。アウディはVRのヘッドセットを装着し、そこでアクションの映像などが流れ車と連動するようになっているという。他にはROYOLE社の曲げられるディスプレイを紹介した。さらに岩佐琢磨は最近の傾向には皆がこれはいるかどうか?と考える前に先に商品が生まれていると答えた。さらに岩佐琢磨はメガネに投影された機械を紹介。メガネをした人の目の前にだけ映像が現れる。ARサングラスと呼ばれ、農業に特化しており収穫時がわかるという。岩佐琢磨はCESはこの8年で様変わりし、やってくる記者は大きなカメラが多かったが今ではかなり減っているという。そこからハンディカムになったがこれも減っており、今はスマホひとつでやってくるメディアが増えた。さらに個人メディアが増え、インスタグラマーやブロガーなどが増えたと答えた。

中国の技術について岩佐琢磨は昨年のニュースなどもあったが勢いは衰えず、出店数、来場者も米国についで2番めに中国が多かったと話す。さらに中国のシンセンからの中小企業も多かったと答えた。中国はここ10年で発展し、中国のshenzhen arashi vision社はゴミ箱を用意。女性がその中にカメラを捨てるがなにかを受け取った。そのキャンペーンは古い自社製のモデルを持っている人は捨てると無償で新しい最新モデルをプレゼントするという企画を行った。岩佐琢磨は日本について自動車業界などは日本はまだ強いと思うが家電、IOTの業界では中国や各国に日本は押されている傾向と答え、今一番あつい国はフランスで、CESのエウレカパークのエリアではフランスの企業がほぼ面積を牛耳っている。フランスは5年でこの取組を頑張っており、国を上げた結果今の勢力になっている。日本の強みに対しては家電などの部品。アイフォーンなどはカメラ部分などのモジュールなどは日本が寡占している。今は新しいものを発見することが大事で日本がそれを編みだして行ければいいと答えた。

キーワード
ラスベガス(アメリカ)
CES 2019
LG
ForwardX
ROYOLE
エアセルフィー
週刊フジテレビ批評Twitter
Lyft
アウディ
shenzhen arashi vision

エンディング (その他)
05:58~

週刊フジテレビ批評の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月23日 放送
  3. 次回の放送