週刊フジテレビ批評 2019年2月16日放送回

『週刊フジテレビ批評』(しゅうかんフジテレビひひょう)は、1992年4月17日からフジテレビにて放送されている自己検証番組・自己批評番組。2008年3月15日の放送で放送800回を達成した。略称は「フジ批評」など。2009年10月3日から『めざにゅ〜』と統合し放送時間を5:00-6:00の60分に拡大した『新・週刊フジテレビ批評』となり、2018年4月7日からは、『新・週刊フジテレビ批評』が30分枠に縮小し、題名も『週刊フジテレビ批評』に戻した(ただし新聞のテレビ欄に「新」マークはなし)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月16日(土) 5:30~ 6:00
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
05:30~

オープニング映像。

今日は先週に引き続きTHE批評対談をお送りすると述べ、梅田恵子、吉田潮や久代萌美がドラマ放談する。木村隆志は後半は深夜ドラマを語るとコメント。ご意見ご感想は番組Twitterへ。

キーワード
週刊フジテレビ批評 ツイッター
梅田恵子
吉田潮

テレビウィークリー (バラエティ/情報)
05:31~

国分太一のおさんぽジャパンを伝えた。先週の金曜日の放送で1500回目となる。視聴者の声として、30代女性のその土地の美しい自然、神社仏閣、美味しい食べ物など紹介していただき、旅先の候補が増えて嬉しいです。大好きな番組。これからも楽しみにしています!という意見を紹介。

四大陸フィギュアスケート選手権2019の放送で、視聴者の声として40代女性の動画配信の感謝というシングルの競技だけではなく、ペアのショートやアイスダンスのリズムダンスなも「フジテレビスケート」のサイトで快適にライブ観戦できたという声を紹介。また全国放送の枠内で放送してという40代女性のインタビューと表彰式は全国放送の枠内で放送して関東などで流れていると知り、驚きと怒りでいっぱいに。工夫を凝らして魅せてくれる信頼が崩壊するような気持ちにという声を伝えた。

「土曜プレミアム さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検」より、視聴者の声を紹介。20代女性の最高でした。久しぶりのアナウンサー特番面白すぎました。普段まじめにニュースを読む人たちの素の顔が見られ、やっぱりフジテレビのアナウンサーはいいなと思いましたという声を紹介。50代女性からは、ニュースを伝える方はせめて一般常識は把握して伝えていただきたい。夫婦のアナウンサーの仲が良いことは微笑ましく思うという意見も紹介。

アオハルTVに対する視聴者の声を紹介。40代女性の「アオハル応援部」の企画はとても良かったと思う。一つのことに夢中になり仲間と頑張る姿は美しかった。大人になっても頑張っている人はいると思うので期待という意見を紹介。さらに次回は2月21日放送とのことで毎週放送ではないのか?本当に素晴らしい内容だったので来週ないのが残念。どうか毎週放送をと30代女性の意見を紹介。

報道スクープSP 激動!世紀の大事件VIにおけるフジテレビの番組審議会の様子を伝えた。小山薫堂委員はエンターテインメントにしたいという思いが強すぎる、報道の品格に欠ける印象を受けたと語る。八木秀次委員は山根基世さんのナレーションは非常に聞きやすいと語る。再現ドラマの多様性について林真理子委員は引き込まれて見ていたとコメント。増田宗昭委員はドラマ仕立てになっていて思惑も見えて残念だなという意見を述べた。チーフプロデューサー石田英史は、映像的に足りないものに関しては抑制的に使う姿勢でいるとコメント。また鬼怒川決壊の映像に関しては、報道のヘリコプターが救助に影響を与えなかったのかという岡室美奈子委員のコメントを紹介。青木良樹部長は風圧は救助のヘリのもの。救助のヘリは100-200m付近。報道は600-750mの高度を維持しているとコメント。

このあとは批評対談。「冬ドラマ辛口批評…後編も忖度ナシ!」。

木村隆志は番組に対し、過去の番組では大事件が多かったが、今回は誰にも起こりうるものだった。SNSの発達で自分たちの身に置き換える傾向にある方が見てもらえるのではないかと語る。

キーワード
国分太一のおさんぽジャパン
四大陸フィギュアスケート選手権2019
フジテレビスケート
土曜プレミアム さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検
アオハルTV
報道スクープSP 激動!世紀の大事件VI
吉田潮
梅田恵子
木村隆志
山根基世さん

THE 批評対談 (バラエティ/情報)
05:42~

前回の放送に引き続き、THE 批評対談では梅田恵子、吉田潮と木村隆志に久代萌美を加えて冬ドラマを批評する。

久代萌美は「トレース ~科捜研の男~」をオススメと紹介。脚本や演出を錦戸亮に当てるべきという意見を紹介。火曜9時の後妻業を紹介。だんだんと楽しくなった。また木村佳乃では美人すぎるのではと語る。また女優のキャットファイトのようと語り、大竹しのぶを超える「後妻業の女」を期待しているという意見が飛び交った。木曜日のスキャンダル専門弁護士QUEENではキレイな映像とドス黒さがマッチしていないと語る。弁護士を付けてしまったのにスピン・ドクターが目立たず、もったいないと語る。「絶対正義」ではもう少し様子を観たいという意見や、じわじわくる感じと語る。またテレビ東京の深夜ドラマについて紹介。「日本ボロ宿紀行」「フルーツ宅配便」「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」などを紹介。さらに「デザイナー渋井直人の休日」などについて批評を述べた、続いてNHKは「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」を紹介。現代的な作品と語る。また久代萌美は「JOKER×FACE」も新しいドラマで独特の世界観と語る。

家売るオンナの逆襲について、おっさんずラブの流れに乗っかっている要素があると解説。「イノセンス 冤罪弁護士」はマーケティングを見直しているのでは、テンプレートに当てはめたようなドラマがあると解説。テレビ朝日の「ハケン占い師アタル」では占いの要素はどこに、期待していた程ではなかったと語る。テレビ東京の「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」は働く女性を応援ということが足を引っ張っているような感じと語る。ドラマBizの枠では偶数回はダメなのかと思ったなど意見が出た。フジテレビのドラマの雰囲気についてはもっと冒険してほしいと語る。

視聴者へご意見ご感想は番組Twitterへ呼びかけた。

キーワード
トレース ~科捜研の男~
週刊フジテレビ批評 ツイッター
錦戸亮
相沢友子
松山博昭
木村佳乃
関えり香
光野道夫
大竹しのぶ
豊川悦司
鶴橋康夫
竹内結子
関和亮
仁志光佑
西浦正記
深川麻衣
高橋和也
田口佳宏
藤井道人
濱田岳
仲里依紗
白石和彌
真木よう子
光石研
松本佳奈
石橋菜津美
櫻井智也
松本穂香
松尾諭
東海テレビ
NHK
トレース 科捜研の男
後妻業
後妻業の女
スキャンダル専門弁護士 QUEEN
絶対正義
日本ボロ宿紀行
フルーツ宅配便
よつば銀行 原島浩美がモノ申す!
デザイナー 渋井直人の休日
ゾンビが来たから人生見つめ直した件
JOKER×FACE
スピン・ドクター
北川景子
大石静
猪股隆一
坂口健太郎
古家和尚
南雲聖一
杉咲花
遊川和彦
西田征史
星野和成
テレビ東京
日本テレビ
フジテレビ
家売るオンナの逆襲
おっさんずラブ
イノセンス冤罪弁護士
ハケン占い師アタル

エンディング (その他)
05:58~

エンディング映像。

週刊フジテレビ批評の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 2月16日 放送
  3. 次回の放送