誰も知らなかった!東京ディズニーランド30年 2013年7月20日放送回

放送日 2013年7月20日(土) 13:30~15:00
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:30~

今年30周年をむかえた東京ディズニーリゾートは入園者数が5億6769万人にものぼる。今回は“完全非公開”ショー制作現場に密着する。東京ディズニーシー早朝リハーサルの初公開映像や、秘密のキャスト3000人決起集会に潜入した。オリエンタルランド会長加賀見俊夫さんとパークを歩き、30年前の入園者第1号をついに発見した。ウワサのカストーディアルアートその原点を目撃し、あの世界的写真家秘密の撮影現場を公開する。

キーワード
Disneyland
ウォルト・ディズニー
オリエンタルランド
加賀見俊夫さん
カストーディアルアート

誰も知らなかった!東京ディズニーランド30年 (バラエティ/情報)
13:32~

開園から30年の東京ディズニーリゾート。訪れるゲストのリピーター率は90%以上となっている。常に新しい楽しみを提供するために新アトラクションやエンターテイメントなどの開発に東京ディズニーリゾート全体で年間約300億円にものぼる。更に季節感を味わえるクリスマス・ファンタジーやディズニー・イースターワンダーランドなどに年間で約30億円投資している。しかし、舞台裏は完全非公開だった。今回東京ディズニーシー ショー制作の舞台裏に潜入した。

沓内さんと尾崎さんが半年以上練り上げてきたショー「ミニーのトロピカルスプラッシュ」の音楽レコーディングの日。このショーの主役はミニーだが日本語部分のシンガーに選んだのは熱唱系ボーカリストの石原慎一さんだった。音楽で観客を煽り最後はずぶ濡れにするとっておきの仕掛けも用意されている。1週間後の誰もいない明朝に秘密兵器を確認した。

1ヶ月ほど前に東京ディズニーリゾートの導入研修を受けていた町頭愛加さん。研修ではディズニーが最も大切にしている「SCSE(安全・礼儀正しさ・ショー・効率)などを学ぶ。町頭さんは2ヶ月後に夏の新しいショーを担当することとなった。

このあと…初公開!早朝リハーサルに潜入。加賀見会長語る30年ここだけの話。

オリエンタルランドを訪れると車内の会議室で今年7月から東京ディズニーシーで始まるショーの開発会議が行われていた。今年で9回目となる散水ショーはキャラクターたちが大量の水をまく期間限定のショー。その会議の最中、突然2人が歌い出した。演出担当の沓内さんは東京ディズニーランドのパレードなどに出演していた。演出家になってからはテーブル・イズ・ウェイティングやレジェンド・オブ・ミシカなどを手がけてきた。そして音楽担当の尾崎さんはアドベンチャーブラスバンドと東京ディズニーランド・バンドに在籍しトランペットを担当していた。

キーワード
オリエンタルランド
テーブル・イズ・ウェイティング
ミニーのトロピカルスプラッシュ
加賀見会長
クリスマス・ファンタジー
ディズニー・ハロウィーン
ミニー

誰も知らなかった!東京ディズニーランド30年 (バラエティ/情報)
13:43~

フジテレビに1983年1月1日に初めてテレビ中継された東京ディズニーランドの映像が残されていた。30年経ちイクスピアリやボン・ヴォヤージュなどの周辺施設が次々とオープンし、東京ディズニーランドというパークから東京ディズニーリゾートへと大成長を遂げた。今回、加賀見会長のウォークスルーに同行させてもらう。

加賀見会長に1996年にトゥーンタウンのオープニングセレモニーの様子を写した写真を見せた。加賀見会長は様々なオープニングセレモニーでコスチューム姿を披露してきた。トゥーンタウンは112億円もの建設費用を要した。更に、東京ディズニーランドの総工事費が1800億円かかったと明かした。

1974年にアメリカのディズニー社首脳陣が来日し視察を行った。当時の千葉・浦安はまだ何もない埋立地だった。そして富士山の裾野にある企業がディズニーランドを誘致しようとしていた。帝国ホテルで行われたプレゼンテーションの結果、浦安の埋立地に決定した。ディズニーの世界は全てがファンタジーの世界で、全くの更地に世界を作っていくことがディズニーの原則だとはなした。

1983年4月15日の東京ディズニーランドグランドオープンの日。最初に入園した人を聞いてみたが分からなかった。しかし当時の日本経済新聞によると1番のりとして「杉浦一郎さん」の名前があった。杉浦さんが勤務している旅行代理店を訪れると添乗員としてイギリスに言っていると教えられた。杉浦さんに逢うために成田空港で待っていると本人に逢うことが出来た。しかし、話を聞くと「厳密に言うと一番乗りではない」と明かした。

このあと…秘密兵器に何かが起こる!?新人キャストに試練が…

キーワード
ディズニーリゾートライン
トゥーンタウン
富士山
浦安(千葉)
ディズニー社
日本経済新聞

誰も知らなかった!東京ディズニーランド30年 (バラエティ/情報)
13:55~

30年前に東京ディズニーランドに1番のりしたという杉浦一郎さん。しかし、本人に話を伺うと確かに1番始めに並んだがゲートをくぐったのは1番ではなかったと明かした。杉浦さんはランド内に1番に入ることではなく、イッツ・ア・スモールワールドに1番のりしたかった。1980年にアメリカのディズニーランドを訪れた際に乗った、イッツ・ア・スモールワールドでおばあちゃんの笑顔が強烈に印象に残っているとはなした。杉浦さんは現在世界を飛び回る添乗員として活躍している。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの両パークで欠かせないのがアトラクション。東京ディズニーランドではオープン時32施設だったが現在は44施設に増加。今年5月には「スター・ツアーズ」がグレードアップして登場した。東京ディズニーシーでは23施設から35施設へ。パークは常に進化し続けている。

開演前の東京ディズニーシーでは、散水ショーで使う船「トロピカルバージ」のリハーサルが行われていた。演出の沓内靖さんは今回、ショーの最後に嵐のような演出を希望。そのためこの船からは勢いよく水が飛び出し、ゲストを濡らすという。しかしリハーサルではテスト時よりも威力が弱くなっていた。ショーオープンまで約2週間、早急な対応が必要となった。

東京ディズニーシーで、新人キャストの町頭愛加さんがショーなどでゲストを誘導案内するゲストコントロールの仕事を研修。オープンするやいなや大勢のゲストが道案内。町頭さんはゲストとして月2回も来園していた賜物か、道案内はうまくいっているようだった。しかしパレードなどに関する案内を伝えるスピールでは、トレーナーからフラフラしないようになどと指摘されたていた。

このあと…キャスト3000人が大集結。人気コスチュームBEST3発表

キーワード
イッツ・ア・スモールワールド
スターツアーズ

誰も知らなかった!東京ディズニーランド30年 (バラエティ/情報)
14:11~

開演前の東京ディズニーランドに約3000人のキャストが大集合した。現在東京ディズニーランド・東京ディズニーシーで働くキャストは約2万人で、その9割はアルバイト。この日はキャストの決起集会が行われていた。アトラクションやエンターテイメントだけでなく、ここで働くキャスト達の存在が東京ディズニーリゾートという存在を作り出している。

東京ディズニーリゾートのキャストに人気のコスチュームベスト3を紹介。3位はセキュリティとゲストコントロールのコスチューム。

2位はタワー・オブ・テラーのコスチューム。1900年代初頭の清楚な女性をイメージしてデザインされたヴィクトリア調のコスチュームだ。

このあと…お馴染みパフォーマンスのルーツって?篠山紀信がミッキーのお友達に!?

「キャストが来ているコスチュームは何種類?」という問題が出題された。正解は約320種類。

キーワード
篠山紀信
ミッキー
タワー・オブ・テラー
東京ディズニーリゾート

誰も知らなかった!東京ディズニーランド30年 (バラエティ/情報)
14:17~

東京ディズニーリゾートのキャストに聞いたコスチューム人気ベスト3、1位は東京ディズニーランド・ホーンテッドマンションのコスチュームだった。またキャスト歴30年の松谷紀子さんは、コスチュームを可愛いと褒められると話した。

このあと…最終リハーサルをテレビ初公開!新人キャストずぶ濡れデビュー

キーワード
カリフォルニアディズニーランド
カストーディアルアート
東京ディズニーリゾート
東京ディズニーランド
ホーンテッドマンション
ジャングルクルーズ

誰も知らなかった!東京ディズニーランド30年 (バラエティ/情報)
14:27~

誰も知らなかった!東京ディズニーランド30年 (バラエティ/情報)
14:45~

このあと…ずぶ濡れショーが大興奮の嵐

  1. 7月20日 放送