ネプリーグ SP〜東大vs京大vs慶應!林先生も驚くインテリ頂上決戦〜

『ネプリーグ』(ラテン文字表記:NEP LEAGUE)は、フジテレビ系列で放送されているトークショーとゲーム番組とクイズ番組を兼ねたバラエティ番組。ネプチューンが司会を務める冠番組。ハイビジョン放送、モノラル放送(モノステレオ放送)、文字多重放送、連動データ放送を実施している。2003年4月16日から2005年3月30日までは、毎週水曜日23:00 - 23:30(JST、バラパラ枠)にて放送されていた(深夜時代については『ネプリーグ (深夜時代)』を参照)。2005年4月18日よりゴールデンタイムに昇格し、毎週月曜日の19:00 - 19:54(JST、一部地域を除く。ネット局・放送時間を参照)にて放送されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年10月8日(月) 15:25~16:50
放送局 フジテレビ

番組概要

番組宣伝 (その他)
15:25~

「プライムニュースイブニング」の番組宣伝。

オープニング (その他)
15:25~

「ネプリーグ」の番組宣伝。

1st STAGE 新・広辞苑ファイブリーグ (バラエティ/情報)
15:25~

3チーム同時に新・広辞苑ファイブリーグに挑戦した。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

「ネプリーグ」の番組宣伝。

オープニング (その他)
15:27~

今夜戦う慶應チーム、京大チーム、東大チームの各メンバーを紹介。慶應チームは現役国会議員・松沢成文が引っ張る。京大チームの酒井千佳は番組初登場。東大チームの原田泰造は「自信しかない」と豪語していた。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

キーワード
慶應
東大

1st STAGE 新・広辞苑ファイブリーグ (バラエティ/情報)
15:28~

引き続き3チーム同時に新・広辞苑ファイブリーグに挑戦した。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

「ネプリーグ」の番組宣伝。

1st STAGE 新・広辞苑ファイブリーグ (バラエティ/情報)
15:34~

3チーム同時に新・広辞苑ファイブリーグに挑戦。徐々に間違えが目立ってきた。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

「ネプリーグ」の番組宣伝。

1st STAGE 新・広辞苑ファイブリーグ (バラエティ/情報)
15:41~

3チーム同時に新・広辞苑ファイブリーグに挑戦。徐々に全チーム不正解が目立つように。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

2nd STAGE 林先生の漢字テストツアーズ (バラエティ/情報)
15:43~

2nd STAGEは林先生の漢字テストツアーズ。問題を厳選した林先生がカテゴリーを説明した後、まずは慶應チームが挑戦した。

続いて京大チームが挑戦。見事全問正解した。

最後は東大チームの挑戦。前回1人パーフェクト寸前まで迫った元官僚・石川和男は今回パーフェクトなるか。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

「ネプリーグ」の番組宣伝。

1st STAGE 新・広辞苑ファイブリーグ (バラエティ/情報)
15:50~

最後の問題も全チーム不正解だった。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

2nd STAGE 林先生の漢字テストツアーズ (バラエティ/情報)
16:05~

石川和男の1人パーフェクトは惜しくもならなかったが、林修が最終問題に正解し見事パーフェクトとなった。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

4th STAGE ハイパーイングリッシュブレインタワー (バラエティ/情報)
16:08~

4th STAGEは、中学校で習う英語の読み書き問題。一歩遅れている慶應チームがまず挑戦し、6階止まりというまずまずの結果になった。

続いて京大チームが挑戦。アメリカの新聞社で働いていたという鳥越俊太郎を筆頭に7階以上の到達を目指したが、2階止まりとなってしまった。

最後に東大チームが挑戦。吉田たかよしは”ペンを咥え笑った表情を作ると楽しい気分になるという研究”を必勝法とし、問題に臨んだ。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

「ネプリーグ」の番組宣伝。

4th STAGE ハイパーイングリッシュブレインタワー (バラエティ/情報)
16:19~

7階以上の到達が望まれた東大チームだったが最後に松本有紗が足を引っ張り、東大チームも2階止まりとなってしまった。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

3rd STAGE ネプレール (バラエティ/情報)
16:20~

3rd STAGEは常識ワードの穴埋めタイムレース・ネプレール。まずは慶應チームが挑戦したが、なかなか正解できずタイムは4:35だった。

続いては京大チーム。慶應チームが出した4:35からカウントダウンされるため、京大チームは時計が0になるまでにクリアする必要がある。東大チームの挑戦を控える京大チームは「目標は3分」と掲げたが、3:45でクリア。最後に、問題に出てきた「親展」について林先生が解説した。

最後は東大チーム。京大チームが出した3:45より僅か20秒速く全問クリアした。ここまでの得点は、慶應チーム100ポイント、京大チーム150ポイント、東大チーム130ポイント。戦いは後半戦に移る。

5th STAGE ハイパーボンバー (バラエティ/情報)
16:21~

続いては運命の最終ステージ。まず、トップの京大チームを40ポイント追いかける慶應チームが挑み、1問目は見事パーフェクトとなった。2問目はどうか。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

「ネプリーグ」の番組宣伝。

5th STAGE ハイパーボンバー (バラエティ/情報)
16:28~

慶應チームの2問目は80ポイントとなった。

続いては東大チームの挑戦。慶應チームとは160ポイントとなり、1問目で吉田たかよしが2回答えられないとその時点で敗北となるプレッシャーがあったが、見事パーフェクトに。これにより、2問目は松本有紗が2回正解すると今度は慶應チームの敗北が決定する展開となったが、どうなるか。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

「ネプリーグ」の番組宣伝。

5th STAGE ハイパーボンバー (バラエティ/情報)
16:37~

東大チームは2問目もパーフェクト達成。そのため慶應チームの敗北が決まった。

最後は京大チームの挑戦。京大チームが勝利するには190ポイント必要で、1問目で酒井千佳が2回答えられないと敗北に。しかし見事パーフェクトとなった。これにより、2問目で鳥越俊太郎が2回正解すると京大チームが勝利するということに。最終問題、京大チームは見事9個答え勝利。ボーナスステージ進出が決定した。

「ネプリーグ」の番組宣伝テロップ。

BONUS STAGE ハイパートロッコアドベンチャー (バラエティ/情報)
16:42~

京大チームがトロッコアドベンチャーに挑戦。まず、再び村瀬哲史先生が登場し、クリアした際の商品を紹介した。その後、京大チームは1問目を難なくクリアしたが、5問正解なるか。

「ネプリーグ」の番組宣伝。

番組宣伝 (その他)
16:43~

「SUITS/スーツ」の番組宣伝。

BONUS STAGE ハイパートロッコアドベンチャー (バラエティ/情報)
16:46~

ボーナスステージ、京大チームは2~4問目までを何とかクリアしたが、最終問題で惜しくも不正解となり、クリアできなかった。

山西惇が、自身も出演する舞台「宝塚 BOYS」の告知をした。

「ネプリーグ」の番組宣伝。

キーワード
宝塚 BOYS

5th STAGE ハイパーボンバー (バラエティ/情報)
17:05~

最終問題、京大チームは見事9個答え勝利。ボーナスステージ進出が決定した。

  1. 前回の放送
  2. 10月8日 放送
  3. 次回の放送