テレビ寺子屋 2019年2月24日放送回

『テレビ寺子屋』(テレビてらこや)は、フジテレビ系列局で放送されているテレビ静岡制作のトークショー・教養番組である。フジテレビ系列局のほか、独立局の一部でも番販ネットで放送されている。テレビ静岡での放送時間は2015年3月までは毎週土曜 9:55 - 10:25 (JST) であったが、同年4月から日曜6:30 - 7:00(JST)に変更された。これとは別に木曜2:05 - 2:35(水曜深夜)にも再放送を実施している。それ以外の地域の放送時間はネット局ごとにかなり異なるため後述参照(詳細)。子供の教育に関する話題について講演する長寿番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月24日(日) 5:10~ 5:40
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
05:10~

オープニング映像。今回はメンタルトレーニング上級指導士の田中ウルヴェ京さんが「2つの自信」をテーマに講演する。

キーワード
田中ウルヴェ京

オープニング (その他)
05:11~

北村花絵アナウンサーが焼津市からお送りしますとオープニングの挨拶、メンタルトレーニング上級指導士の田中ウルヴェ京さんを紹介した。田中は1988年のソウル五輪のシンクロデュエットで銅メダルを獲得した。現在はメンタルトレーナーとして活躍している。車椅子バスケの日本代表チーム、サッカーの女子日本代表などのアスリートだけでなく、会社員など一般の人も指導している。CMのあと、田中が2つの自信をテーマに語る。

キーワード
焼津文化会館
焼津市(静岡)
ソウル五輪

テレビ寺子屋 (バラエティ/情報)
05:15~

田中ウルヴェ京が2つの自信について語った。自信の元になる期待には「効力期待」と「結果期待」の2つがある。結果を出せるだろうと期待する自信が「結果期待」、行動をやり遂げられるだろうと期待する自信が「効力期待」。ダイエットを例にすると、5キロ痩せたという結果で得られる自信が結果期待による自信。週に1回ジムに行ったなどの行動から得られる自信が効力期待による自信。

自信を得るためには「過去の経験」と「人からの声かけ」が必要。何かをやり遂げた経験を持っている人は、違うジャンルの事であっても自信を持って取り組める。声かけは良くできたねではなく、今までできなかった◯◯ができるようになったねと具体的に褒めることが重要。書くことも有効で、今日できた事を記録していくのも有効だ。

田中は国際オリンピック委員会(IOC)の認定トレーナーでもあり、引退した選手のその後の支援をしている。ほとんどの選手は夢や目標を達成できずに競技生活を終えるので、結果期待による自信は得ることができない。何十年も後悔し続ける人が大勢いるため、IOCは効力期待によるメンタルケアに力を入れている。それまでの人生が無駄ではなかったと認識することで、新たな一歩を踏み出せる事もあるという。

田中は大学生の時に銅メダルを獲得したので結果自信を得られたが、就職先では落ち込む事が多かった。コピーを取れないで落ち込んだりしていたという。やればできると結果期待で自信を得ようとしたが、当時必要だったのは効力期待で自信を持つことだった。

MCの北村が夫や子供に対して結果ばかり求めてしまうことがあると語ると、田中は結果は見えやすいし評価してもらえるので、母親からしたら、結果は無視した方が良いと語った。田中の母親は田中がシンクロで結果が出なくても、演技がキレイだったなどと褒めてくれたという。反省できた自分や自分ができることを信じることが重要だとの話になった。

テレビ寺子屋ホームページアドレスがテロップ表示。

キーワード
国際オリンピック委員会
テレビ寺子屋ホームページ

エンディング (その他)
05:38~

「テレビ寺子屋」の次回予告。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 2月24日 放送
  3. 次回の放送