テレビ寺子屋 2019年1月13日放送回

『テレビ寺子屋』(テレビてらこや)は、フジテレビ系列局で放送されているテレビ静岡制作のトークショー・教養番組である。フジテレビ系列局のほか、独立局の一部でも番販ネットで放送されている。テレビ静岡での放送時間は2015年3月までは毎週土曜 9:55 - 10:25 (JST) であったが、同年4月から日曜6:30 - 7:00(JST)に変更された。これとは別に木曜2:05 - 2:35(水曜深夜)にも再放送を実施している。それ以外の地域の放送時間はネット局ごとにかなり異なるため後述参照(詳細)。子供の教育に関する話題について講演する長寿番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月13日(日) 5:10~ 5:40
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
05:10~

オープニング映像。「親力で子どもを伸ばす」教育評論家、親野智可等。本日のテーマは効果抜群!ほめ方のコツ。

キーワード
親野智可等

テレビ寺子屋 (バラエティ/情報)
05:11~

オープニングトーク。教育評論家、親野智可等を紹介。小学校で23年間先生を勤めた。子育てに対するブログが大反響と紹介。今回は誉めるコツというテーマで話をすると語った。

キーワード
親野智可等
浜松市(静岡)

テレビ寺子屋 (バラエティ/情報)
05:14~

親野智可等は子どもを伸ばすには誉めるのが一番と語る。まず「ウソでも誉める」と先に誉めると解説。また地方のローカル番組の親子料理教室で、母親へ子どもを叱り、子どもがやる気を無くす様子を見たと語る。一方で正反対の母親も放送され、その母親は「プラスのイメージを伝える」こともしていたという。兄弟が仲悪い例を紹介し、仲の悪さを指摘するとマイナスイメージが言語化され、自分を作るときの設計図になると解説。そこで逆を行い、いいイメージを作るようにする。叱るところから始めるのではなく誉めることから始める。意識さえあればそういう場面はいくらでもあると語る。また出来た事実を言っていけば、承認してあげることにつながり、誉めたことと同じ価値があると解説。コーチングという理論でよくでる承認と解説。

親野智可等は続いて部分を誉める方法を解説。日記を例に挙げ、同じこと書いて、汚い、やり直しと叱ってしまえば、やる気を失う事になる。しかし部分に注目すれば褒められると解説。場面や部分に注目しようと意識すれば見つかるようになると解説。

親野智可等は上から目線の褒め方ではなく、横からの目線の褒め方を解説。上から目線の褒め方でも良いが、横からの目線の褒め方として同じ人間同士として一緒に喜ぶことが大切と解説。横からの褒め方で褒めることで絆も太くなると解説。

親野智可等はチームで褒める例としてある母親の例を紹介。学校で子供の字を褒めて下さいという依頼のもと、字を褒めたという。母親は児童クラブや塾にも同じことを行い、同じように褒めたという。親野智可等は人は3ヵ所同じことを言われると良くも悪くも信じてしまうと解説。さらに多くの場合はこの逆を行い、チームで叱ることを行ってしまうと解説。

親野智可等はすぐ褒める方法を解説。忙しいときに絵を描いてきた子供を例に挙げ、数秒で終わるから目線を合わせて座って褒めればいいと解説。後回しにすると子供はもうどうでも良くなってしまうと語る。

親野智可等はこれまで挙げた例は条件付きなもの。もちろん良いことだが、これだけでは子供は不安になると解説。子供は無条件に肯定してほしいと解説。その子の存在を丸ごと受け入れる褒め言葉を掛けてあげると解説。しかしこれは日本人はヘタであると語る。したがって日本の自己肯定感は常に低いと解説。誕生日の活用として、一つ要素を加わって、生まれたときの言葉を語ると解説。

キーワード
親野智可等

エンディング (その他)
05:35~

北村花絵と親野智可等がトーク。北村花絵は無条件に我が子の存在を褒めるということはなかなか出来ていなかったと解説。親野智可等は言語化するのは大切と語った。

テレビ寺子屋ホームページアドレスがテロップ表示。

キーワード
テレビ寺子屋ホームページ

エンディング (その他)
05:38~

テレビ寺子屋の番組宣伝。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 1月13日 放送
  3. 次回の放送