COOL JAPAN FOOTBALL 2014年5月19日放送回

放送日 2014年5月19日(月) 1:10~ 2:10
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
01:10~

「ワールドカップ対戦国紹介第3弾!ナオト・インティライミinコロンビア」など、放送内容を紹介。

中村勘三郎らが出演するアイキャッチ映像。

キーワード
ナオト・インティライミ
カルタヘナ(コロンビア)

COOL JAPAN FOOTBALL (バラエティ/情報)
01:12~

グループステージ突破のために、コロンビアにどう立ち向かうのか。岡崎慎司らは揃えて歴代最強の攻撃陣を挙げた。中でも最も警戒されているのはファルカオで、長友佑都は「彼はそんなに意識していないと思うけど、僕は結構意識している部分がある」などと話した。しかし今年1月、ファルカオは大けがで戦線離脱。ワールドカップ出場は絶望視されていたが、積極的にリハビリをしコロンビア代表候補にもリストアップされていた。直前に驚異的な回復を見せたベッカムの例もあるだけに、不気味な存在としてみられている。

ナオト・インティライミがカルロス・バルデラマを取材。引退から20年経っても金髪アフロヘアーは変わっておらず、奥さんも同じ髪型だった。

ナオト・インティライミがスタジアム周辺を取材。すると、名物サポーターのエル・コーレさんに遭遇。挨拶をと声をかけたところ、すぐに意気投合。すると、「エル・コーレさんの普段の職業は?」という問題が出題された。

又吉直樹はコック、綾部祐二はタクシー運転手と予想。正解はカトリック教会の神父。

コロンビア4大会ぶりのW杯へ、国民の期待は高まっている。そしてコーレさんの熱い思いに胸を打たれ、ナオトはコーレさんの衣装を借りて着替え、コロンビア市民のハートを掴んだ。

バルデラマの代名詞といえば性格なインサイドキック。一番大事なことはボールをキープすることで、しっかりとパスを決めてきちんとパスをしなければならないなどと話した。

キーワード
ワールドカップ
コロンビア
クアドラード
ロドリゲス
グアリン
ファルカオ
ベッカム

COOL JAPAN FOOTBALL (バラエティ/情報)
01:27~

ナオト・インティライミがスタジアム周辺を取材。W杯C組の順位予想を聞くと、「コロンビアが1位に決まっているだろ!」などとコメントした。また、警戒している選手は香川真司。

マラドーナらが活躍した1980年代、サッカーは個の力がものを言う闘いだった。1990年代に突入し、徹底された封じ手などにより、組織が個人の輝きを奪い始めた。組織の重要性に気がついたチームはプレースタイルを変えていった。

W杯アメリカ大会のVSアメリカ戦でオウンゴールを献上してしまったアンドレス・エスコバルは、帰国後何者かに射殺された。当時彼には婚約者がいたこともあり、この事件は世界に衝撃を与えた。当時のエスコバルと親交が深かった地元記者に話を聞くと、「“ピッチの紳士”と言われていた彼が殺されてコロンビアのサッカー愛も失われた」などと話した。

ナオトがコロンビアサッカーの変化を知る為、国内リーグに潜入。代表選手のほとんどが国外でプレーする為、観客が思うように集まらず、盛り上がっているのは一部の熱狂的なサポーターのみ。活気がなくなったと嘆く声もあるが、かつての悲劇から脱却するために変わろうとしている姿勢も見えた。

2012年、コロンビアには31年ぶりに外国人監督が就任。大胆な戦術変更を敢行。個性と組織が融合した新しいサッカーで、16年ぶりにW杯出場達成となった。

コロンビアで最後のピースとされているのがエースのファルカオ。今年1月に大けがをし、現在リハビリを行っており、W杯は絶望視されていたがメンバーに選出されている。

このあとはミスチル桜井&GAKU-MC登場。

バルデラマの後継者はハメス・ロドリゲスで、「もう自分を超えてしまった」などと話した。

優勝予想オッズでは7位の評価を受けているコロンビア。しかし20年前のワールドカップでは惨敗している。

しかしコロンビアは果敢に立ち向かった。当時の代表はサッカー史上最も個性的と言われるカルロス・バルデラマら。リンコンら主役級の活躍をみせていった。しかし1994年のW杯グループAで2連敗を期し、早々にグループステージ敗退が決定してしまった。その後もコロンビアは世界の舞台から姿消すこととなった。

早期敗退理由はピッチの外にも存在していた。当時のチームやスタッフには脅迫を受けており、監督には選手起用を巡って脅迫状が届いていた。また、監督はW杯敗退後選手に「コロンビアに帰るな」と伝えていたという。また、エスコバルはオウンゴールが理由で暗殺されたわけではないと推測されている。

ナオトはエスコバル暗殺の真相について聞くため、サッカー歴史学者の元へ向かった。すると、たまたま口論でカッとなった一人の運転手が彼を殺してしまったことがわかった。

続いて事件現場へ向かった。事件が起こったレストランはその後すぐに廃れ、今はもう何も残っていなかった。90年代初頭のコロンビアは殺人発生率1位と、国の乱れはサッカー界を汚染していたという。

ナオトはファルカオの実家を訪れた。父のみぞ知る革新に迫る。

キーワード
ワールドカップ
コロンビア
W杯アメリカ大会
ミスチル桜井
GAKU-MC
香川真司
ハメス・ロドリゲス
ペレ
マラドーナ
アスプリージャ
リンコン
アドルフォ・バレンシア
カルロス・バルデラマ
アンドレス・エスコバル
ペケルマン監督
ファルカオ
2014 FIFAワールドカップ

COOL JAPAN FOOTBALL (バラエティ/情報)
01:50~

ナオトは音楽ライブとフットサルの融合イベント「MIFA CUP」に潜入し、イベントを立ち上げた桜井和寿とGAKU-MCを取材。桜井は「音楽とサッカーはコミュニケーションのツールなので、それを使ってみんな楽しくハッピーになればいいなという感じです」などと話した。

このあとはナオトのコロンビア潜入。ファルカオはW杯に出るのか?

2人の思いに賛同し、元日本代表キャプテンの宮本恒靖も大会に参加している。MIFA CUPでは、音楽とサッカーを融合させることで、“サッカーは日本の文化になる”という未来を作ろうとしている。

6月13日に開幕する2014 FIFAワールドカップについて、桜井らは「ただもう一生懸命応援します」などと話した。

キーワード
MIFA CUP
ナオト
ファルカオ
W杯
2014 FIFAワールドカップ

COOL JAPAN FOOTBALL (バラエティ/情報)
01:58~

ナオトがファルカオの実家を訪れた。ファルカオは今年1月に大けがをし、現在リハビリ中でW杯が絶望視されていたが、代表メンバーの中に選出された。ファルカオの父は、「一番大切なのは健康、まずは100%プレーできる状態に戻すことが最優先です」などと話した。

ナオトは今回の取材の感想として、「人間らしい人間臭さみたいなところがコロンビアを強くしたのかなって思います」などと話した。

ナオトはファルカオが良くボールを蹴っていたという場所を訪れた。そこで出会った子供たちとサッカーを楽しんだ。

日本代表のW杯日程が表示された。

キーワード
コロンビア
ワールドカップ
ファルカオ
2014 FIFAワールドカップ

エンディング (その他)
02:06~

COOL JAPAN FOOTBALLの次回予告。

又吉直樹は「その国をちょっと知ってしまうと好きになるね」などと話した。

UEFAチャンピオンズリーグ決勝の告知テロップ。

ENJOY!SPORT (バラエティ/情報)
02:08~

5月24日・25日に有明コロシアムで開催される、bjリーグファイナルズの宣伝。詳細は「エンジョイすぽると」で検索。

キーワード
エンジョイすぽると
bjリーグ
bjリーグファイナルズ
  1. 前回の放送
  2. 5月19日 放送
  3. 次回の放送