ウチくる!? 2013年4月21日放送回

『ウチくる!?』は、フジテレビなどで1999年4月4日から2018年3月25日まで毎週日曜日 12:00 - 13:00(JST)に放送されていたバラエティ番組であった。正式名称は『ウチくる!? COME TO MY "HOME SWEET HOME"』( - カム・トゥ・マイ・ホーム・スウィート・ホーム)。渡辺プロダクションが企画制作。一部地域のみ字幕放送およびハイビジョン放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年4月21日(日) 12:00~13:00
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

CMのあと 「超豪華 懐石料理に感激!!」

今回の放送内容を紹介。「六代目 三遊亭円楽と下町・向島巡り!!」、「豪華関係者たちが素顔を大暴露!!」など。

料亭 櫻茶ヤで、今回のゲストである三遊亭円楽と待ち合わせ。三遊亭円楽は1950年に東京・両国で生まれ、大学在学中に五代目 三遊亭円楽の目に留まり三遊亭楽太郎として前座デビューを果たす。また、27歳で笑点メンバーに抜擢され、2010年に六代目 三遊亭円楽を襲名した。

三遊亭楽太郎 十八番集(発売・販売:テイチクエンタテインメント)の映像が背景で流れる。

キーワード
三遊亭円楽
向島(東京)
両国(東京)
五代目三遊亭圓楽
笑点
三遊亭楽太郎 十八番集
テイチクエンタテインメント

三遊亭円楽と行く春の下町超豪華名店巡り (バラエティ/情報)
12:04~

CMのあと 「お宝写真流出で衝撃の過去が!!」

中山秀征ら一行は、料亭 櫻茶ヤで「季節の懐石料理コース」を食べることに。また、三遊亭円楽が「向島は銀座に遊び飽きた人が来る場所で、四季を楽しめるのよ」と話す場面も。

キーワード
季節の懐石料理コース
向島(東京)
銀座(東京)

三遊亭円楽と行く春の下町超豪華名店巡り (バラエティ/情報)
12:08~

CMのあと 「佐々木家と円楽家が暴露合戦!?」

三遊亭円楽が落語家になったきっかけについて、「在学中から先代の円楽師匠のカバン持ちをしていて、円楽師匠からスカウトされた。でもその真相は、カバン持ちだとバイト代が発生するので、弟子にしてタダにしようという魂胆だった」と話した。

中山秀征ら一行は、料亭 櫻茶ヤで「季節の懐石料理コース」を食べた。また、中山秀征が「若手の頃はここに来る機会なんて中々なかったんじゃないですか?」と聞くと、三遊亭円楽は「銀座も向島も夢だった。階段を登って夢を叶えて行く楽しさがあった」などと話した。

キーワード
五代目三遊亭圓楽
銀座(東京)
向島(東京)
季節の懐石料理コース

ウチくる!?君は若かった (バラエティ/情報)
12:13~

CMのあと 「伝説の番組のマル秘エピソードを暴露!!」

三遊亭円楽が「第7回放送演芸大賞や」や1981年の「オールスターどっきり(秘)報告」、更に2003年の「ウチくる!?」に出演した時の映像を紹介した。

三遊亭円楽が10年前の「ウチくる!?」に出演した時のことについてトーク。三遊亭円楽は「最初から飲み過ぎて、その勢いで偉そうなこと言い始めたら、師匠が登場してしまった」と当時を振り返った。また、五代目三遊亭圓楽の小言が始まると止まらなかった、というエピソードも語った。

春風亭昇太が登場。中山秀征が「今どこにいたんですか?」と聞くと、春風亭昇太は「屏風の裏にずっといました。話の切れ目がなかったから中々入れませんでしたよ」と話した。

キーワード
ウチくる!?
五代目三遊亭圓楽
オールスターどっきり(秘)報告
日本放送演芸大賞

三遊亭円楽と行く春の下町超豪華名店巡り (バラエティ/情報)
12:19~

春風亭昇太が登場し、トーク。落語芸術協会の理事でもある春風亭昇太が「笑点の司会の座を狙ってます」と言うと、三遊亭円楽は「僕は司会の座は狙ってないよ。僕はただひたすら桂歌丸さんのご長寿を願ってます」と話した。また、春風亭昇太が「昇太ってのは軽い名前だねぇ、と五代目三遊亭圓楽さんから直接言われました」と語る場面も。

CMのあと 「弟子からの手紙に思わず涙!!」

三遊亭円楽の若い頃についてトーク。「落語家さんって若いのに老けこむ感じなのに、楽太郎さんは1人だけ異質な感じだった。楽太郎さんの船徳を聞いた時に”落語って自由なんだ”と思ったし、当時大学生だった僕らが観てもすんなりと落語の世界に入っていけた」などと春風亭昇太が話した。

キーワード
五代目三遊亭圓楽
笑点
桂歌丸
船徳
落語芸術協会

三遊亭円楽と行く春の下町超豪華名店巡り (バラエティ/情報)
12:25~

三遊亭円楽についてトーク。先輩と仲良くなるのが上手いと言われた三遊亭円楽は、「コツは簡単で、好きな人には好きなオーラを出すの」と話し、七代目立川談志が復帰した際に挨拶に行った時のエピソードを語った。

三遊亭円楽が「春風亭昇太はカメと一緒に食事をしてる」と、春風亭昇太の独身生活を暴露。また、「歌丸師匠の首筋ってカメに似てるんですよ。頭のフォルムはウルトラマンに似ていて、そのうちムンクの”叫び”になります」と話す場面も。

キーワード
七代目立川談志
桂歌丸
カメ
ウルトラマン
ムンク
叫び

ビビる大木の青春プレイバックSHOW (バラエティ/情報)
12:28~

幼少時代の三遊亭円楽の写真とエピソードを紹介。好き嫌いが多かったことについて聞かれた三遊亭円楽は、「高級なものを食べていなかったので、魚介類が嫌いだった。服だって、東洋紡に勤めている母が布を貰ってきて作ってくれた」などと語った。

小学生時代の三遊亭円楽の写真を紹介。この当時は裕福とは程遠い暮らしをしていて、自分もくず鉄を拾ってお小遣い稼ぎをしていた、というエピソードを三遊亭円楽が語ると、春風亭昇太が「日本中が貧しかった時代。”三丁目の夕日”の頃だもん」と話した。また、三遊亭円楽が「東京タワーとスカイツリーが建つ所を両方見てるけど、愛着は東京タワーの方がある」と言う場面も。

大学生時代の三遊亭円楽の写真とエピソードを紹介。また、「入門当時って収入ないんですか?」と中山秀征に聞かれた三遊亭円楽は、「放送作家のアシスタントもしていたので俺は収入あったよ。師匠の原稿も書いていて、ライターの仕事もした」と話した。

春風亭昇太が自身の大学生時代について、「その頃は素人参加番組がとても流行っていた。自分はプロレス研究会に所属していたのでプロレスをしていた」などと話した。

キーワード
東洋紡
三丁目の夕日
師匠

三遊亭円楽と行く春の下町超豪華名店巡り (バラエティ/情報)
12:34~

中山秀征ら一行は天狗鮨を訪れ、佐々木健介一家と合流。この店の大将は三遊亭円楽と同級生だということで、特別メニュー「円楽特性バラちらし」を食べることに。また、「お母さんの為に1つ持って帰った方が安全」と、佐々木健介が子どもたちに話しかける場面も。

佐々木健介一家と出会った時のことについて、三遊亭円楽が「何年も前にメキシコのカンクンで会った。最初はシャイなんだけど慣れてくると人使いが荒いんですよ」と言うと、「師匠が居ると子守してくれるんで助かるんですよ」と佐々木健介が話した。

佐々木健介一家についてトーク。「パパがプロレスでやられてる姿を見てどう思う?」と中川翔子が聞くと、健之介くんは「勝ってる時は格好いいけど、負けてる時はママとケンカしてるような感じ」と言う場面も。また、息子たちの将来についての話題では、「小さい頃に色んな引き出しを与えて上げる。会一太郎には”草鞋は何足でも履いていいよ”と言っている」と三遊亭円楽が語った。

三遊亭円楽の息子・会一太郎が登場。「弟子になってから何か変わりました?」と聞かれると、「噺家の修行は礼儀作法から始まるから、気の利かせ方とかは教わりました」と会一太郎が語った。また、会一太郎が以前番組に出演した際に、国産黒毛和牛や「銀座 らん月」でしゃぶしゃぶを食べたことについても話題に触れた。

父親が有名人であることについてトーク。また、将来の夢について佐々木健介の息子たちに聞くと、「パイロットになりたい」、「学者になりたい」という答えが返ってきた。

キーワード
円楽特性バラちらし
北斗晶
カンクン(メキシコ)
ママ
会 一太郎
黒毛和牛

青木さやかの大検証! (バラエティ/情報)
12:42~

三遊亭円楽の親バカ伝説を紹介。「会一太郎が学校で劇をした際、クラスメイトは画用紙の衣装を着ていたのに対し、本物の着物を着せて出させた」というエピソードを発表すると、「知り合いの医者が京都へ頼んで作ってくれたので、自腹じゃないんです」と三遊亭円楽が話した。

三遊亭円楽の親バカ伝説を紹介。「弟子の前で”最近の親は子どもを甘やかし過ぎる”と説教したが、その直後、一太郎がパソコンをねだった所、当時50万円もするパソコンを買い与えた」というエピソードを発表すると、会一太郎は「ネットゲームがしたいと思って高性能なものを選んだ結果、50万円になってしまった」と話した。

三遊亭円楽の親バカ伝説を紹介。「どの噺家も入門当初は厳しくされるのが落語界だが、一太郎が入門してくる時に自分の弟子や師匠に向かって”コイツは甘やかす。大目に見てやってくれ”と言っていた」というエピソードを発表すると、三遊亭円楽は「二代目を持っている人は皆そう!桂米朝師匠と桂米團治さんの場合も同じだった」と話した。

大きな声を出せば相手を圧倒できる」と三遊亭円楽が話すと、「うちの場合だと北斗晶に上をいかれますね」と佐々木健介が話す場面も。

三遊亭円楽の親バカ伝説として、「ある弟子が寝坊で大遅刻をしてしまった時、弟子に対してクビ宣言をしたが、当時小学生だった一太郎から”クビにしないであげて”と言われると考えを改め、破門を取り下げた」というエピソードを発表。これについて会一太郎は「三遊亭楽生が家の前でずっと落ち込んでいたので自分が言いに行った」などと話した。また、三遊亭円楽が五代目三遊亭圓楽に怒られた時のエピソードを語る場面も。

キーワード
京都府
桂米朝師匠
桂米團治
北斗晶
三遊亭楽生
五代目三遊亭圓楽

三遊亭円楽と行く春の下町超豪華名店巡り (バラエティ/情報)
12:48~

中山秀征ら一行はうなよしを訪れ「うな重 特々」と「ヒレ焼・きも焼」を食べることに。また、三遊亭円楽が「ランチタイムくらいに作っておいてもらって、仕事場に持って行って歌丸師匠らにあげるんです」と話す場面も。

弟子について話していると、円楽一門の総領弟子である三遊亭楽生が登場。三遊亭楽生が師匠である円楽の小言を聞いている時に居眠りをしてしまったというエピソードを振り返ってトークをしていると、三遊亭円楽が「師匠の家で寝てしまった時、”うちは宿屋じゃないんだから寝るなら帰って寝てくれ。うちで横になるような神経じゃダメだよ”と言われてしまった」と、五代目三遊亭圓楽に叱られた時の話を語った。

五代目三遊亭圓楽と三遊亭円楽の逸話についてトーク。三遊亭円楽が逸話の真相として、「師匠からテレビが壊れていると言われたが、ただコンセントが抜けていただけだった。しかし、そこですぐにそれを指摘せず、ブラウン管を拭いて微調整をして、自分のやった仕事に価値観をもたせた」などと語った。

三遊亭楽生が、師匠である三遊亭円楽への手紙を読み上げた。また、手紙を聞いた三遊亭円楽は「真打になったら好きにやれば良い。それぞれの世代の魅力があって、落語会も安泰。七代目立川談志と五代目三遊亭圓楽という大御所がいなくなったんだからチャンスですよ」と話す場面も。

キーワード
うな重 特々
ヒレ焼・きも焼
桂歌丸
五代目三遊亭圓楽
七代目立川談志

エンディング (その他)
12:59~

ウチくる!?の次回予告。

PAGEの「MY NAME IS XXXX」(キューンミュージック)をBGMにエンディング。

キーワード
PAGE
MY NAME IS XXXX
キューンミュージック
  1. 前回の放送
  2. 4月21日 放送
  3. 次回の放送