FNNスピーク 2017年4月12日放送回

『FNNスピーク』(エフエヌエヌ スピーク、英称:FNN SPEAK)は、フジテレビをはじめFNN(フジニュースネットワーク)系列各テレビ局にて、1987年(昭和62年)10月1日から2018年(平成30年)3月30日まで(土曜日は1992年4月4日から2016年3月26日まで)生放送されていた昼のニュース番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年4月12日(水) 11:30~11:55
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

オープニング映像。

FNNスピーク (ニュース)
11:30~

11時30分から始まる浅田真央の引退会見の様子を紹介。都内の会場には200人前後の報道陣が集まっているが、まだ浅田の姿はない。昨日発表したブログには「目標が消え、選手として続けていく気力がなくなった」「フィギュアスケート人生に悔いはない」と綴っている。

浅田真央の引退会見の様子を紹介。浅田は「長い選手生活の間にあったたくさんの山を乗り越えられたのは、支えてくださった方の存在やファンの応援があったから」「今日は感謝の気持ちをお伝えしたい」と話し挨拶をした。

NEXT…浅田真央選手 引退会見続く

浅田真央の引退会見の様子を紹介。浅田は「引退会見にこれだけの人が集まってくれるとは思っていなかった」「”お疲れ様”という言葉をたくさん貰い、選手生活を追えることを改めて実感した」「復帰後は今のスケート界に付いていけるのか不安になったり、辛いことが増えた」「最後の全日本選手権でもういいんじゃないかと思った」「復帰後、気持ちも体も気力も全部出し切ったため、今は悔いはない」「最後、トリプルアクセルに挑戦して終われたことは。自分らしかった」と話した。

浅田は現役時代を振り返り、「技ができるようになった時は、新たな目標ができ楽しかった」「自分が選んだ道なので辛いと思ったことはない」「バンクーバー五輪は強い気持ちだけで乗り越えた」「ソチ五輪では、4分間のフリーの中に4年間の思いを注ぎ込むことができた」「2度の五輪は今後の人生に置いてもいい経験でありいい思い出である」「五輪の悔しさを金メダルを獲得した世界選手権で晴らせた」「最後の世界選手権ではスケート人生の全てをぶつけた」と話した。

キーワード
浅田選手
引退
浅田真央選手
全日本選手権
平昌五輪
バンクーバーオリンピック
ソチオリンピック
世界選手権

FNNスピーク (ニュース)
11:44~

NEXT…浅田真央選手 引退会見続く

2人のコーチについて、小さい頃に指導を受けていた山田満知子コーチはスケートの楽しさや色んなことを教えてくれた。佐藤信夫コーチは大人になってから指導を受けたが、自分の意志が強いので話し合うことも多かったなどと話した。

テロップ:引退特別番組「浅田真央 26歳の決断」今夜7時から放送

キーワード
浅田真央選手
山田満知子コーチ
佐藤信夫コーチ

FNNスピーク (ニュース)
11:47~

NEXT…浅田真央選手 引退会見続く

引退された大先輩の方をはじめ、自分も引退することになったが、スケート界を引っ張ってこれたかなと思っている。これからは若い選手が若いパワーでフィギュアスケート界を引っ張っていってほしい。フィギュアスケートスケートは一言でいうと人生。飽きてしまうことが多いがスケートは5歳から26歳まで続けてこられた。全てがスケート中心の生活だった。たくさんの方が応援してくださって、良い時も悪い時も応援してくれていたのが励みになったなどと話した。

キーワード
浅田真央選手

FNNスピーク (ニュース)
11:53~

決断をするにあたってたくさん悩んだがやり残したことがなかったので、全てやりつくしたと思う。服装について、黒のスーツか白、どちらにしようか悩んだけど、晴れやかな気持ちなので白を着たなどと話した。

キーワード
浅田真央選手

キャスト

この番組の出演者は登録されていません。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月12日 放送
  3. 次回の放送