ゴールデンブレイク かもしれない!?天才くん

『ゴールデンブレイク』は、フジテレビが金曜深夜(土曜未明)に編成していた関東ローカルの深夜番組放送枠。別の曜日に編成されていた深夜番組レーベルが「○ナイト」(○には "M" や "SA" など、各曜日のイニシャルが入る)に変更されていく中、2013年9月まで続いた。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年10月20日(土) 1:35~ 2:35
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
01:35~

ノーベル医学・生物学賞を受賞した山中伸弥教授のように、地道に研究を続ける天才はまだいる。この番組では、未来のノーベル賞候補になるかもしれない天才を紹介する。

キーワード
山中伸弥教授
ノーベル医学・生物学賞
ノーベル賞

天才発掘バラエティー (バラエティ/情報)
01:38~

ダチョウの卵を使ってアトピー性皮膚炎を治す研究をしている塚本康浩さんを紹介。アトピー性皮膚炎のかゆみは黄色ブドウ球菌が原因といわれており、塚本康浩さんはダチョウの卵から黄色ブドウ球菌をブロックする物質を発見した。ダチョウの卵から摘出した成分を配合した化粧品「レイドラテ・ラ・ポー」は、注文殺到中の大ヒット商品となっている。塚本康浩さんは、「ダチョウは怪我・感染症に強く、寿命も約60年と長いことから、その免疫力・生命力に着目した」と語っている。

35年間、クモの糸の研究をしている奈良県立医科大学の大崎茂芳教授を紹介。クモの糸はナイロンより2~3倍の強度があり、大崎教授はクモの糸を使ったアイテムを作り出している。ユージはクモの糸で作ったバイオリンの弦を見せてもらった。1万2000本ものクモの糸を集め、休日は自宅にこもり1ヶ月かけて完成させたという。バイオリン歴3年の大崎教授が弾いたそのバイオリンの音色は微妙なものだったが、音声分析をしてもらったところ、ストラディバリウス級の音色だったという。それがインターネットで反響を呼び、30カ国以上の音楽家から依頼が殺到している。しかし、クモの糸の採取が大変で生産は難しいのだそう。

漫才をするロボットを開発している甲南大学の中山弘隆教授を紹介。ツッコ担当とボケ担当の2体のコンビロボットで、中山教授を中心にウェブデータ処理の灘本明代教授、音声処理の北村達也准教授、言語処理の永田亮講師というスペシャリストが開発に携わっている。人間がプログラミングするのではなく、ネットの記事からロボットが自動でシナリオを作り出すという。

番組の趣旨説明。日本の将来を担うであろう“かもしれない!?天才くん”を紹介し、天才かバカかを谷原章介がジャッジする。

ダチョウの飼育小屋を案内してもらったビビる大木は、メスは背中を押されると交尾していると錯覚するというダチョウの生態にびっくり。自らがオス役に挑戦し、メスのダチョウの背中にまたがった。

ダチョウの卵で作った目玉焼きを初めて食べたビビる大木は、微妙な顔で「なるほど」とコメント。そこに用意されていた醤油は、塚本康浩さんが作った「Dr.ツカモトの醤油ぢから」という醤油だった。

ダチョウから魅惑の調味料を抽出するため、ビビる大木はダチョウの捕獲に挑戦。9月~10月頃は繁殖期のためダチョウの気性は荒くなっており、かなり手こずりながらも捕獲に成功。塚本康浩さんいきなり眼球を舐め、、ビビる大木にも舐めさせた。ビビる大木は「確かに甘い。眼球に味があるんですね」と驚愕した。塚本康浩さんはダチョウの体液が甘いことを発見したが、その体液がどこから出ているかは不明だという。

塚本康浩さんには「ダチョウに乗って颯爽と人前に現れたい」という12年越しの夢がある。今回その夢に挑戦したが、羽がツルツルで無理だと断念。話の途中でダチョウが動き、塚本康浩さんは落ちてしまった。

クモの糸の採取現場を見せてもらうことに。一匹のジョロウグモを捕まえ、お手製の糸巻き機を使って糸を採取した。2週間で約6kmの糸を採取することができるという。

大崎茂芳教授は見事天才に認定。谷原章介が「クモの糸を採る人を増やしたらどうだろうか」とコメントした。

塚本康浩さんは残念ながら天才くんに認定されなかった。谷原章介が「VTRの一番最初は良かったが、あとはずーっと落ちるのみだ」とコメント。

ウェブニュースからテーマを選び、即興で漫才を披露してもらうことになった。ユージは「ダルビッシュ投手8敗目、イチロー連続安打止まる」というニュースを選択。簡単な内容だと30秒ぐらいでネタを作ることができるという。漫才を見たユージは「まだまだ課題はありますね。改めて、お笑いってテンポが大事なんだと思った」と評価した。

中山弘隆教授は天才くんの認定ならず。谷原章介は「考えをプログラミングするのはすごいと思う。でもお笑いって理屈じゃないんだろうね」とコメント。

このあと、海外の天才くんに谷原章介が大興奮!

キーワード
アトピー性皮膚炎
ダチョウ
クモ
バイオリン
ストラディバリウス
日本
黄色ブドウ球菌
レイドラテ・ラ・ポー
Dr.ツカモトの醤油ぢから
ジョロウグモ
奈良県
兵庫県
ダルビッシュ投手
イチロー
谷原章介

天才発掘バラエティー (バラエティ/情報)
02:11~

通勤中の渋滞を解消するため、ラジコンのヘリコプターを元にした乗り物「ヴォロコプター」を開発したドイツのトーマス・センケルさんを紹介。製作期間5年、費用5万ユーロ(約500万円)を費やしたヴォロコプターは飛行に成功。しかしスピードが遅い、天気が悪いと飛行不能という課題点が浮き彫りになる。現在新バージョンを製作中で、ドイツ環境省から200万ユーロ(約2億円)の資金提供を受けているという。

何でもコントローラーに変える装置「メイキー メイキー」を開発しているアメリカ合衆国のジェイ・シルバーさんを紹介。USBでパソコンとつなぐだけで、あらゆるものをコントローラーに変えることができるという。

「POP!」の一言でポップコーンを口に運ぶ全自動の音声認識ポップコーン発射装置「ポッピネーター」を開発したアメリカ合衆国のバリー・スカーさんを紹介。バイノーラル・マイクロフォンシステムという人間の聞く能力に似た機能が使用されており、到着時間や音の波の反射などを用いて、どこから音声が発生したか計算することができるという。バリー・スカーさんは「オフィスや会議の場で積極的に使ってほしい」と語っているそう。

CMのあと、オナラし放題の発明品が登場!

キーワード
ドイツ
ドイツ環境省
トーマス・センケル
ヴォロコプター
アメリカ合衆国
ジェイ・シルバー
メイキー メイキー
バリー・スカーさん
ポッピネーター
ポップコーン

天才発掘バラエティー (バラエティ/情報)
02:18~

オナラをしても臭いがしない「DEOEST 消臭ボクサーブリーフ」を開発した広島大学病院の大毛宏喜教授を紹介。元々は大腸の研究者だったが、オナラ界の権威・レビット博士との出会いによりオナラの世界へのめり込んでいったという。大毛教授が開発したパンツには臭いの粒子を吸収するセラミックスが繊維に配合されており、オナラをしても臭いがしないのだそう。

スタジオに「DEOEST 消臭ボクサーブリーフ」を着用したマンTENブラザーズの渡辺晋也が登場。渡辺は、オナラが出やすくなるさつまいもと牛乳を摂取して最高のオナラを出すべくスタンバイしており、スタジオで本当に臭くないのかニオイを嗅ぐという実験に挑戦する。

キーワード
広島県
セラミックス
DEOEST 消臭ボクサーブリーフ
レビット博士
マンTENブラザーズ
さつまいも
牛乳

天才発掘バラエティー (バラエティ/情報)
02:23~

カラス研究者の第一人者である宇都宮大学の杉田昭栄教授を紹介。杉田教授はもともと動物の脳を研究しており、様々な撃退法を攻略するカラスの脳に興味を持ったという。15年に及ぶ研究により、カラスには脅威の記憶力があること、嗅覚がほとんどないことが分かった。

スタジオに「DEOEST 消臭ボクサーブリーフ」を着用したマンTENブラザーズの渡辺晋也が登場し、スタジオで本当に臭くないのかニオイを嗅ぐという実験に挑戦。新井恵理那がニオイを嗅いだが、実験結果がイマイチだったため再実験することになった。

谷原章介、中越典子、鈴木砂羽が出演する舞台「こどもの一生」の告知テロップ。11月4日(日)~25日(日)は東京で、11月27日(火)~29日(木)は大阪で上演される。そのほか福岡、岡山、広島、名古屋、福井での公演もあり。チケットは発売中。

カラスの鋭い視覚に焦点を当てた杉田教授は、カラスに荒らされないゴミ袋「からすシャット」を開発。人間には半透明に見えるが、カラスにはしっかり識別できる色を用いることでゴミ袋の中身をみえなくさせ、さららにつつかせないというもの。実際に街頭でカラス対策ゴミ袋を使って実験をしたところ、白いゴミ袋はつつかれたが、カラス対策ゴミ袋は無傷だった。

杉田昭栄教授はみごと天才くんに認定。松本あゆ美が、最初のVTRに登場したダチョウの研究をしている塚本康浩教授と比べ「同じ鳥の研究をしているとは思えない」とコメント。

CMのあとはオナラ消臭パンツの再実験。驚愕の結果が!

キーワード
宇都宮大学
カラス
DEOEST 消臭ボクサーブリーフ
マンTENブラザーズ
谷原章介
中越典子
鈴木砂羽
こどもの一生
東京都
大阪府
福岡県
岡山県
広島県
名古屋(愛知)
福井県
栃木県
からすシャット
ダチョウ
塚本康浩教授

天才発掘バラエティー (バラエティ/情報)
02:31~

100回洗っても消臭効果が持続するパンツ「DEOEST 消臭ボクサーブリーフ」は本当にオナラの臭いを消すのか再び実験。臭いを嗅いだ新井恵理那は「やんわりです」と語った。

キーワード
DEOEST 消臭ボクサーブリーフ
マンTENブラザーズ
  1. 前回の放送
  2. 10月20日 放送
  3. 次回の放送