ノンストップ! 2017年2月24日放送回

『ノンストップ!』(NON STOP!)は、フジテレビ系列(一部系列局を除く)で2012年4月2日から毎週平日(月曜日から金曜日)の午前に生放送されている生活情報番組である。2013年4月1日より毎週月曜日から金曜日 9:50 - 11:25(JST)に放送されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年2月24日(金) 9:50~11:25
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
09:50~

BGM:ノンストップ!テーマソング「Non Stop」/星野源

オープニング映像と番組内容紹介。「青学陸上部 原監督生出演!」「婚活 女の戦い」「東京スカイツリー散歩」。

出演者挨拶とトーク。サミットのテーマは「青学陸上部 原監督生出演」「子供を伸ばす親の声かけ」「婚活めぐる女の闘い」。視聴者投稿のテーマは「青学・原監督に聞きたい!子育ての悩み」。番組HPからのメール、FAX、ツイッターのハッシュタグ「#ノンストップ」にて受け付け。

BGM:ノンストップ!テーマソング「Non Stop」/星野源

キーワード
星野源
Non Stop
向島(東京)
ノンストップ!
青山学院大学
東京スカイツリー
婚活

ノンストップ!サミット (バラエティ/情報)
09:51~

青山学院大学の駅伝監督・原晋氏は、箱根駅伝を3連覇に導いたほか、子どもの指導法でも数多くの著書をもつ。子育て術の講演も各地で行っている。今年は出雲駅伝、全日本大学駅伝でも優勝を達成した(サンケイスポーツ)。指導では自主・自立を促し、指示せず見守る、ほめて乗せるなどのテクニックが駆使されたという。陸上部は上下関係がなく、選手たちには笑顔が絶えないようすが見られたほか、選手のコメント力もモチベーションの証として評価された。

きょうのゲスト、青山学院大学陸上部を箱根駅伝3連覇に導いた原晋監督を紹介。講演会では何を話すのかとの設楽統の問いに、原監督は、浮き沈みのあるダメダメな自分の生き様と、13年間のチームの組織づくりについて話すと答えた。渡辺アナが、原監督の経歴を説明。1967年広島県生まれ。中学から陸上の長距離を始め、名門・世羅高校で全国高校駅伝準優勝、中京大学3年の時に日本インカレ5000mで3位に入賞、社会人では中国電力陸上競技部に入部、故障のため5年で選手を引退したが、その後10年間勤めた営業部では伝説の営業マンと呼ばれていた。自身は箱根駅伝への出場経験はないという。また、営業マン時代は、メーカーとタイアップして提案営業をしたと話した。

ツイッターで視聴者のコメントが流れた。

箱根駅伝3区を走った秋山雄飛選手は直前まで不調で出場すら怪しい状況だったが出場すると大量リードで区間賞を取った。プレッシャーに弱い秋山選手に原監督は”湘南の神になれれる”、ここでと声をかけられ、逆転したらヒーロー という気持ちで走ったと語った。原監督はやる気のスイッチが入っていない状態で頑張れといってもしょうがない、関所でぽつりぽつりと匂わせ、やる気のスイッチが入ったら褒める。スイッチが入るタイミングを見誤らない等語った。

ツイッターで視聴者のコメントが流れた。

営業マンから、低迷していた青学の駅伝の監督になった経緯を渡辺アナが説明。2004年に母校・世羅高校関係者からの推薦を受け、青山学院大学陸上競技部監督に就任。就任5年の2009年、33年ぶりの箱根駅伝出場に導く。2015年、就任10年で初の総合優勝。2017年、箱根駅伝3連覇、大学駅伝3冠を達成したが、この両方を成し遂げたのは駅伝史上初となる。就任する前の青学のチームはどうだったのかと設楽が質問し、原監督が、まず目標が明確でなく、部員はパチンコやコンパにもやりたい、箱根駅伝には出られたらラッキーかなというチームだった、本当に箱根駅伝に出場したいかの意思確認をするところからスタートしたと答えた。

サッカーをやめたい子がツライ辞めたいと言い始めたが辞めさせてもいいのか?やめさちゃうかもしれない、やめたい時は受け入れてほしい等コメント。原監督はなぜ辞めたいのかを探り当てるのが大事。人間関係や技術に差が付いた等なんのためにやめたいのかを探り当てる。理由を聞いて納得したら辞めさせても良い。壁にぶつかった時に聞いて貰いたい時は逆に辞めたら?と聞くとがんばるというパターンが多いという。遊びたいだけというのが最悪等と語った。

ツイッターで視聴者のコメントが流れた。

30代の母親から青学陸上部・原監督に寄せられた「小5の子供は集中力がなく、勉強が続かない。やる気を出すには何と声をかければいい?」との相談を紹介。千秋が、自分の娘には中学入学から半年ぐらいは定期試験の前に勉強しろと言っていたが、娘から、明日になるか10年後になるか分からないが自分でやるからもう言わないよう真面目に言われてから3ヵ月ぐらい言わなくなり、心配でしかたがないと話した。庄司智春は、幼稚園の子どもが体操教室の宿題をやらない時に、「やらないと褒められないよ」と発破をかけるとコメント。カンニング竹山は、「すごくできるのにもったいない」と言って、何かできたら褒めてやるといいのではと思うが、現実にはゲームを取り上げてぶん殴って終わりと話した。

素直にハイと返事ができない子にはどうしたらよいのか?なんでも「ハイ」と返事する子は伸びない!、大人の顔色を伺っている子が多いと原監督は述べた。屁理屈を言えることは問題意識を持っている、前向きなことでこうやりたいと言ってくるのは良いという。出来ないようなことをやりたいと反論する子にはまずやらせる、出来ることと出来ないことを分からせるという。

原監督は、放っておけばいいのではと回答。24時間監視するわけにいかないし、子どもは子どもの論理で動いているから、どこかでスイッチが入る、ただ竹山のように「お前、力があるのにもったいないよね」「誰それも、お前が本気になったら負けると言っていた」などと言うのはどうかと提案。「いつになったらやるの?」と叱るようなのが一番ダメだと話した。大神いずみが、放っておいたら本当にずっとやらないので、言ってしまうと反論し、千秋も同調。定期試験などどんどん過ぎて取り返しのつかないことになると2人が言うと、原監督は、それはその子の人生だからしかたがない、いい大学を出てもいい子に育つとは限らないと応じた。また、親が、もっと勉強していれば輝いたのに、という自分自身の反省から子どもを焚き付けるのでは、春休みは次の年度の親子の決め事をするチャンスでもあると話した。

ツイッターで視聴者のコメントが流れた。

自分が意見がしっかり言えるようにするにはどんどん自慢させるのだという。人を蹴落とすようなものではなく自分が 工夫をしてこうなったなどは参考意見にもなると語る。自慢することに批判的、自慢をあまり言わないなど出演者らがコメント。提案していくことは良いことだと常に言っていると監督は言う。

ツイッターで視聴者のコメントが流れた。

キーワード
青山学院大学
箱根駅伝
力を引き出す「ゆとり世代」の伸ばし方 
フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉
出雲駅伝
全日本大学駅伝
サンケイスポーツ
貞永隆佑選手
下田裕太選手
安藤悠哉主将
青山学院大学陸上部
原晋監督
広島県
ツイッター
ノンストップ!ツイッター
世羅高校
箱根駅伝往路
全国高校駅伝
秋山雄飛選手
中京大学
日本インカレ
中国電力陸上競技部
区間賞
青山学院大学陸上競技部
青学陸上部

ノンストップ!サミット (バラエティ/情報)
10:21~

ある友人のエピソードを紹介。1人の人を決めて婚活をするという友人。最近久々に会ったときに「NECの人と結婚したいから三田に通っている」という話を聞いて、あざとすぎてドン引きしたとのこと。横澤さんは“笑顔が素敵”とかのアバウトな好みを言うよりも、露骨にいった方が引き寄せられるんじゃないかと思うと話した。

練習を遅刻してくる選手に対して、監督が2回目までは見守ったが3回目にかける言葉は「君にとって損だよ」 若者は他人からどう見られるのを気にしているから、こんな些細なことで信頼を失うと大きな信頼は勝ち取れず、小さなことの積み重ねなのだから陰口叩かれるのも君にとって損でしょ?と原監督は解説を加えた。カンニング竹山さんと設楽統さんはただ怒られるより焦るとしていた。監督に損だと言われるのは同時に褒められている気もするとコメント。今の若者はそんなに見た目や人から見られるのに敏感なのか、という質問に原監督はネット族で陰口や炎上などを例に上げた。着任した13年前は意見する子が多かったが今ははいと返事をする家庭で両親が優しく育てたのではないのかという見解も見せていた。

今月11日に暗闇コンというイベントが行われた。暗闇の中アイマスクをする男女が合コンをするというものだと紹介。 食事やドリンクも見えてない様子が見られた。目的としては普段聞けない異性の本音や普段仲良くならないような人と仲良くなる可能性が出て来ると男性は話す。参加者に友人に誘われ、面白そうな企画だとおもい参加したと話す20代女性、飲食物がわからず不思議な感じだったと話す20代女性が取り上げられ、出会いの場を楽しんでいる様子とコメントされた。

婚活パーティーのエピソードを紹介。婚活パーティーに参加したことを友達と話していると、美人の友人が「すごく行きたい」と言ってきて、見下してい感じだったというもの。大神さんと千秋さんは「荒らしに来る」や「自分がどれくらいモテるかを測るため」と話したが、横澤さんは美人と一緒に行くことで、たくさん男が釣れるのでその後の飲み会とかで上手くやると話した。三木さんも横澤さんに同意で、「婚活で大事なのはどれだけ沢山の人と会えるかがポイント」と話した。

婚活パーティーの様子を取り上げた。5分の自己紹介。立食形式のフリータイムから気になった異性をシートに記入してマッチングすればカップル成立と紹介。

キーワード
NEC
青山学院大学
婚活
世田谷区(東京)

ノンストップ!サミット (バラエティ/情報)
10:41~

どんな女性が「いいね!」が多いのか気になり、知人男性の婚活アプリを見せてもらったところ、プロフィールで水着の女性がいいねを量産していて、婚活で水着は反則だと思った、という投稿。千秋は安っぽい女だなとコメント。結局婚活は外見だよ、飾っていかなきゃと三木はコメント。横澤は私は心で頑張るとコメント。

ご意見は#ノンストップ

キーワード
#ノンストップ

ノンストップ!サミット (バラエティ/情報)
10:45~

原監督に聞きたい!「9歳の息子がミニバスに入っているが、練習も休まず頑張っているのにベンチのままで、なんと声をかけたら良いか」という投稿に、ハッピー大作戦で頑張れ、とコメント。楽しいんならチャンスを掴むために頑張ればいいし、嫌いになっちゃうならやめればいい、でも諦めたらそこで終わっちゃうからそれまでは見守ってあげたら、とコメント。「子どもの力を引き出し伸ばせる夫になって欲しいが、どうすればいいか」という投稿には、たしかに私をこうしたのは家内だなあ、とコメント。

One Dish (バラエティ/情報)
10:48~

きょうは坂本昌行が東京スカイツリー、東京ソラマチをめぐる。

東京スカイツリーの展望台から収録スタート。富士山などを眺めたあと、天望デッキ1階のガラス床で記念写真を撮影した。

東京ソラマチの新名物が続々登場!

キーワード
東京スカイツリー
東京ソラマチ
東京スカイツリー 天望デッキ340

One Dish (バラエティ/情報)
10:53~

東京ソラマチはスカイツリーと合わせ年間3000万人以上が来場する商業施設。ソラマチ4階には日本文化を伝える個性豊かな専門店が40店舗入っている。塩

ESSE年間定期購読のお申し込みは0120-887560まで。紹介したレシピは最新号に掲載。

専門店では世界の塩&様々なフレーバーの塩が360種類展開。ドレッシングソルトはマヨネーズに入れるとタルタルソースみたいな味になる。バジル・パセリ・クミン・オレガノ等8種のハーブが入った万能の合わせ塩だ。発売以来大ヒットを記録している。お肉を焼くときやピラフにしても美味しいとコメント。

にっぽんの飴プロジェクト by nanaco plus+では本物の飴をコーティングしたアクセサリーを販売。特殊な樹脂コーティングを施し、日本伝統の飴の輝きを閉じ込めている。店内ではてまりあめをシャンデリアに飾っている。

とちまるショップでは

キーワード
東京ソラマチ
小松菜
ツナ
こまツナギョーザ
ESSE
東京スカイツリー
塩屋(まーすやー) 東京ソラマチ店
ドレッシングソルト
バジル
パセリ
クミン
オレガノ
にっぽんの飴プロジェクト by nanaco plus+

いいものプレミアム (その他)
11:04~

「オシリズム」の通販情報。キャッチコピーは「座って下半身スッキリ!話題の“お尻歩き”マシン」。セールスポイントは「座るだけでお腹・太もものシェイプアップが目指せる」など。お求めは0120-118-118、もしくは「いいものプレミアム」で検索。

キーワード
オシリズム
いいものプレミアム

いいものプレミアム (その他)
11:11~

「オシリズム」の通販情報。追加のセールスポイントは「ひざに負担をかけず効果的な運動が可能」。お求めは0120-118-118、もしくは「いいものプレミアム」で検索。

「オシリズム」をスタジオで実演した。お求めは0120-118-118、もしくは「いいものプレミアム」で検索。

キーワード
オシリズム
いいものプレミアム

いいものプレミアム (バラエティ/情報)
11:16~

ピアノグランバザール2017春の案内。3月3~5日、有楽町・東京国際フォーラムにて開催。招待状配布は特設サイトにて。

キーワード
ピアノグランバザール
ピアノグランバザール2017春
東京国際フォーラム

お知らせ (バラエティ/情報)
11:18~

来週の投稿テーマは「匿名なら言えます! 私や周りのささやかな秘密」。番組HPからのメール、FAXなどにて受け付け。

キーワード
ノンストップ!

ノンストップ!サミット (バラエティ/情報)
11:21~

”婚活をめぐる女の闘い”というテーマで寄せられた視聴者からのメッセージを紹介。「夫が婚活を企画する仕事をしている。田舎での婚活パーティーを盛り上げるにはどうすれば?」という質問に、横澤夏子は「お役所との協力が大事」と言い、旅行ツアーなど婚活パーティーに付加価値をつけるべきだとアドバイスした。

キーワード
婚活
  1. 前回の放送
  2. 2月24日 放送
  3. 次回の放送