FNN報道特番 小沢一郎元代表に判決

放送日 2012年4月26日(木) 9:55~10:25
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
09:55~

民主党元代表の小沢一郎被告の判決公判の模様を東京地裁前から中継。解説の若狭勝弁護士とフジテレビ司法キャップの田中剛記者を紹介した。

キーワード
東京地裁

小沢被告にきょう判決! 「共謀」はあったのか・・・まもなく判決 (ニュース)
09:56~

小沢一郎被告を巡るこれまでの経緯について説明。2004年。小沢一郎被告の政治資金管理団体「陸山会」は、東京・世田谷区の土地を約3億5000万円で購入。購入の際、小沢被告から4億円が提供された。小沢被告の元秘書3人は、政治資金収支報告書にウソの記載をしたとして有罪判決を言い渡された。裁判の焦点は、小沢被告と元秘書3人と共謀の可能性となった。

小沢一郎被告は午前9時30分ごろ、東京地裁に歩いて入った。小沢被告は25日、「有罪なら日本は終わりだ」と判決への不安な心境を漏らしていた。東京地裁には46人分の傍聴券を求めて1843人が列を作った。

判決のポイントについて、田中剛記者が説明。有罪と無罪を分けるポイントは、元秘書3人との間で共謀があったかどうかで、検察側は共謀を主張している。

小沢一郎被告が104号法廷に入廷したことを報告した。

小沢一郎被告に無罪判決が言い渡されたことを伝えた。判決の瞬間、小沢一郎被告は裁判長を向いて無言だった。法廷からは歓声もあがった。

東京地裁は小沢一郎被告に無罪判決を言い渡した。判決が言い渡された瞬間、小沢一郎被告は小さく頷く素振りを繰り返し、裁判長が確認すると「はい」と小さく答えた。

若狭勝弁護士は、判決の決め手について「共謀を認めるための証拠の壁」と説明。今回の場合、共謀を認めるための証拠が足りなかった。池田元秘書の供述は証拠として採用されたが、共謀を認める為には十分でなかった。

法廷内の小沢一郎被告の最新の様子を伝えた。法廷内では裁判長から判決理由の読み上げが始まり、無罪についての理由が述べられている。その中で、弁護側が控訴棄却を求める裁判所の判断を説明された。

国会記者会館から中継。新党きづなの内山代表は、「震えるくらい嬉しい」とコメント。松木議員は、泣きながら感激の気持ちを伝えた。小沢被告は書面でコメントを発表する予定。今後、小沢元代表は求心力が回復し、攻勢に出ることになる。野田首相は党内融和に苦心し、そこに自民党の谷垣総裁が揺さぶりをかける構図になりそうだ。

小沢被告に無罪判決 表情は・・・

キーワード
世田谷区(東京)
政治資金規正法違反
陸山会
政治資金収支報告書
検察審査会
東京地裁
小沢一郎元代表
国会記者会館
内山代表
松木議員
新党きづな
野田首相
谷垣総裁
消費増税
代表選
自民党
内閣不信任
橋下徹

小沢被告に無罪判決! 表情は? 解説 法廷内の様子 (ニュース)
10:10~

小沢被告に無罪判決 政界の反応は・・・

法廷内の小沢一郎被告について記者が解説。法廷内のスケッチと模型を用いて、判決が言い渡された瞬間の様子について説明した。小沢一郎被告は判決が言い渡された時、姿勢を正して裁判長と向き合い、無罪を言い渡された瞬間、何度か頷いた。その後、裁判長に促されて席に戻った。

岩手県奥州市の小沢事務所前から中継。事務所の中は、ひっそりとしていた。小沢一郎被告の地元・岩手の市民に話を聞くと、「大丈夫だと思っていたが、安心した」「無罪判決を待っていた。総理になることを期待している」という声が聞かれた。午後2時から後援会会長が会見を開く予定。

キーワード
東京地裁
奥州市(岩手)

速報! 小沢被告に無罪判決 その時小沢被告は (ニュース)
10:16~

無罪判決・・・政界の反応は?

法廷内の小沢一郎被告の最新の様子を伝えた。現在、裁判長からの判決理由の読み上げが続いている。裁判長は、証拠として提出された虚偽の捜査報告書の提出を強く批判し、起訴議決無効についても否定した。

今回の裁判で浮き彫りになった検察の捜査方法の問題点について、若狭勝弁護士は「検察の捜査が批判され、今後ひとつの大きな問題になる。今後、取り調べの可視化に拍車がかかると思う。」と指摘。田中剛記者は、強制起訴された裁判で無罪判決が相次いだ場合、見直し議論が高まると指摘した。

キーワード
東京地裁
検察審査会
陸山会事件
明石歩道橋事故
JR福知山線脱線事故
未公開株詐欺事件
強制起訴

速報! 小沢被告に無罪判決 政界の反応は・・・ (ニュース)
10:23~

小沢一郎被告に無罪判決が言い渡されたことについて、石川知裕議員は「裁判所が良識ある判断を下した」とコメントし、検察審査会による強制起訴についてこれから議論すべきと語った。松木謙公議員は「本当に罪が晴れて良かった」とコメントした。一方、自民党の茂木敏充政調会長は、小沢一郎被告に対する証人喚問を求めた。

今後の裁判の行方について田中剛記者は、検察審査会法に控訴の規定はなく、控訴するかは3人の指定弁護士が決定することになると説明。大室指定弁護士は、「控訴するか悩ましい。3人で相談して決めるが、世論も見る」とコメント。

キーワード
石川知裕議員
検察審査会
強制起訴
松木謙公議員
茂木敏充政調会長
新党大地・真民主
自民党
東京地裁
証人喚問
大室指定弁護士

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月26日 放送
  3. 次回の放送