グラジオラスの轍 Road to London〜挑み人の軌跡〜 2014年5月12日放送回

放送日 2014年5月12日(月) 1:10~ 2:10
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
01:10~

オープニング映像。

6年後行われる東京オリンピック。これに向け鍛錬を積む、瀬戸大也らスポーツ選手たち。今回はそんな彼らにスポットを当てる。

キーワード
東京オリンピック

グラジオラスの轍 (バラエティ/情報)
01:12~

世界体操2013で新技2つを決め、日本人史上最年少で金メダルを手にした白井健三。時の人となった彼はプロ野球の日本シリーズで始球式も務めた。

世界体操での快挙から半年。白井健三は高校の授業が終わるとまっすぐ鶴見ジュニア体操クラブに向かい、練習を始めた。今、目指すのは3週間後の全日本選手権。個人総合6種目の合計点で争われる。得意の床に続く得点源は跳馬。一方、苦手なのは鉄棒、そして鞍馬。課題はスタミナ。力が最後まで持たないのだ。苦手種目の克服。心に描く未来がそこにあった。憧れの内村航平のような日本のエースになること。そのためには個人総合で勝たなくてはならない。

白井健三は仲間たちと新横浜の街に出、いつか行こうと計画していたスウィーツとパスタのお店に訪れた。すると、他の高校生に声をかけられる白井。その彼に対し、仲間たちは「高校生の星」と評した。白井は「このメンバーしか信頼できる人はいない」と話した。大学進学のために、体操をやめる仲間、体操を続ける仲間、それぞれ別々の道を歩むことになる彼ら。たあいはないが、かけがいのない大切な時間を共有した。

5月、高校最後のシーズンが始まった。関東大会の予選・団体戦。4日後に全日本選手権該当なしあある白井は控えに回り、予選通過を仲間に託した。選手たちに力みは見えたものの、心は折れることなく2位通過となった。

2013年8月、水泳・世界選手権400m個人メドレー、19歳の日本人・瀬戸大也が史上初の金メダルをものにした。

早稲田大学水泳部が瀬戸の練習拠点。小学5年の頃から指導を受けている梅原孝之コーチに示された練習メニューは分単位で決められていた。そんな瀬戸のライバルは、ロンドン五輪で一足先にメダルを獲得した同い年の萩野公介。五輪の選考会では萩野に水を開けられた。

女子レスリング世界選手権を制した女子大生・登坂絵莉。彼女の努力には、絶対女王吉田沙保里も賛辞を送るほど。

高校3年生、仲間の中には引退を口にする者もいた。今まで一緒に歩いてきた道がこれから分かれ道に差し掛かる。3歳の頃から続けてきた体操。続けてこられたのは仲間がいたから。

キーワード
世界体操2013
鶴見ジュニア体操クラブ
新横浜(神奈川)
世界選手権
早稲田大学
内村航平
ロンドン五輪

グラジオラスの轍 (バラエティ/情報)
01:35~

女子レスリング世界チャンピオンの登坂絵莉は至学館大学の3年生。朝練は6時20分からスタート。練習をはじめてほどなく、他の選手達との違いが伝わってきた。単純な反復練習を彼女は流さないのだ。チャンピオンになった彼女だが、女王になった自信はない。だから反復練習も流さず続け、練習が終わったあとも居残り練習を進めた。しかし、その真面目さが思わぬ弱点を生んでいた。全日本合宿では、相手にやられる登坂の姿。ひたむきすぎる練習が疲れを呼んだのだ。

ロンドン五輪にも出場した飛び込みの馬淵優佳は、日本指折りの実力者。しかし、本人は「やめたくて。やりたくもないのに、やらされてみたいな」などと話す。やらせていたのは、名コーチともうたわれる彼女のお父さんだった。

キーワード
ロンドン五輪

グラジオラスの轍 (バラエティ/情報)
01:43~

鈴鹿市で行われた記録会。1位を狙ってのぞんだが、結果は2位。チームメイトの14歳・板橋美波は大技を決め崇英コーチを喜ばせた。打ち上げで崇英コーチは「今のチームのメンバーで東京オリンピックで活躍してもらう」嬉しそうに語った。

日本代表の経験もある日本屈指の有望選手・馬淵優佳。彼女は練習を宝塚市のJSS宝塚スイミングスクールで行っている。日本には数少ない飛び込み用の台があるプールなのだ。コーチは実の父、中国人の崇英さんだ。共に歩む仲間たちが彼女を支える。

馬渕が打ち込む飛び込み競技は、日本ではまだ浸透しているとは言えなず、オリンピックでメダルを手にした日本人はまだいない。馬淵も寸前のところでメダルを逃してしまった」。父の振るう愛のムチは彼女の成長を望んでいた。彼女が飛び込みを始めたのは6歳の時、結果が出始めると周囲お期待とは裏腹に次第に気持ちが離れていった。やめることばかり考えながら臨んだオリンピック。負けはしたが、そこで手応えを感じたという。そこで「昔の練習がようやく帰ってきた」と実感し嬉しかったと馬淵は話した。

キーワード
宝塚市(兵庫)
鈴鹿市(三重)
東京オリンピック

グラジオラスの轍 (バラエティ/情報)
01:55~

リオデジャネイロオリンピックで新競技になる7人生ラグビー。日本女子の世界ランクは現在9位。競技人口が少なく、その分チャンスが多い競技。追手門学院大学では去年、部を創立。大学を挙げてオリンピック選手の育成をはじめた。練習では初めてのタックルに泣き出す生徒もいたが、その中で動きの光る選手がいた。1年生・福島わさなだ。実は彼女は父親の影響で6歳の頃からラグビーをしており、すでに日本代表に名を連ねている。この大学に来たのはラグビーに没頭したかったから。彼女は「充実しすぎて」と楽しそうに話した。

ある日行われた見送りの儀式。見送られるのは29歳の大学生・大島千佳。断ち切れぬ思いが彼女にはあった。

キーワード
追手門学院大学
リオデジャネイロオリンピック

エンディング (その他)
02:02~

追手門学院大学ラグビー部のキャプテンを務めるのは1年生。29歳の大島千佳は、オリンピックの夢を追うために大学生になった。元々ハンドボール選手だったが、引退後ラグビーに転向。そこで才能を開花させ15人制の日本代表に、さらにその後7人制の代表にも選出された。しかし、ここ2年、代表に選ばれなかず。オリンピックを夢見る彼女は大学に入学し、再起を誓った。ところが、そんな彼女を襲った怪我のアクシデント。手術を無事に終えた彼女は復帰を信じ、リハビリを始めた。

テーマ曲:MONKEY MAJIK/足跡

キーワード
追手門学院大学

ENJOY!SPORT (バラエティ/情報)
02:08~

2014 全日本選手権 スーパーフォーミュラシリーズを紹介。96年、フォーミュラ・ニッポンとしてスタートした大会は、13年にスーパーフォーミュラに名称変更。元F1ドライバー中嶋一貴を含む11チーム19人のトップドライバーで年間チャンピオンを争う。第2戦は富士スピードウェイで行われる。詳しい情報は「エンジョイすぽると」で検索。

キーワード
2014全日本選手権スーパーフォーミュラ
エンジョイすぽると
中嶋一貴
  1. 前回の放送
  2. 5月12日 放送
  3. 次回の放送