その手があったか 2013年1月4日放送回

放送日 2013年1月4日(金) 13:00~14:00
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

この番組では、日常生活のストレスを解決させる役立つ暮らしの知恵袋を紹介。まずは例として、里芋がツルンとむけるワザを紹介。まず里芋の上下を切り、縦に数カ所軽く切れ目を入れ、ビニール袋に入れてレンジへ。暖めた里芋は氷水で冷まし、皮をむくとなんとも綺麗にむける。

キーワード
里芋

その手があったか! (バラエティ/情報)
13:02~

ふわふわオムレツの超簡単レシピ公開!!

この番組は、前回放送して大反響を集め、2回目の放送となった。MCの設楽統は、前回の放送から1年経ち、温めておいたものが貯まっていると説明。日村勇紀は設楽統からのフリで「めんどくさい!」というギャグを披露。

日常生活にあるストレスの例として、シールが上手くはがれないことについて、藤田朋子と酒井敏也が出演したドラマ仕立てで説明。

はがせないシールを酢で簡単にはがす方法を紹介。お酢をコットンに含ませ、シールにお酢を染み込ませて1分置けば、気持ちよくキレイにはがすことが出来る。新しいシールだけでなく、古いシールにも効果があり、厚手の生地で拭き取ると綺麗にはがせる。この方法は、お酢の酸がシールの粘着成分を弱らせ、綺麗にはがすことが出来る。

スタジオでは、子供のイタズラでヤバッ!と思ったことについてトーク。高田延彦は、車の肘掛けに子どもがシールを貼り、車の買い替え時に査定額が下がったと語った。

日常生活にあるストレスの例として、ふわふわオムレツが作れないことについて、藤田朋子と金子結稀、酒井敏也が出演したドラマ仕立てで説明。

お料理でガッカリしたことについて、スタジオトーク。眞鍋かをりは圧力鍋を購入したが、豚の角煮をパンパンにして作り、圧力を抜いた瞬間に角煮の汁が飛び出してきたと語った。菊地亜美は家に冷蔵庫がないことを明かした。

キーワード
オムレツ
圧力鍋
角煮

その手があったか! (バラエティ/情報)
13:12~

日常生活にあるストレスの例として、ハサミが切れなくなったことについて、藤田朋子と酒井敏也、金子結稀が出演したドラマ仕立てで説明。

卵を泡立てるだけでふわふわオムレツが作れる方法を紹介。まず、卵2個をハンドミキサーで2分程泡立て、フライパンに流し込み弱火でゆっくり焼く。1分ほど焼いたら半分に折り畳み、完成。空気を多く含んでいるので、同じ卵を使っていても大きさは約3倍だ。

この方法は、フランスで120年の伝統を誇るレストラン「ラ・メール・プラール」で実践されている。東京・丸の内にあるラ・メール・プラールの支店でもオムレツの味を味わうことが出来る。

スタジオでは、ふわふわオムレツ作りに石田純一が挑戦。完成したオムレツを他の出演者が試食した。

キーワード
オムレツ
モンサンミッシェル
ラ・メール・プラール 伝統のオムレツ
ふわふわオムレツ

その手があったか! (バラエティ/情報)
13:20~

ハサミの切れ味がアルミホイルを切ると復活する方法を紹介。まず、アルミホイルを数回折り畳んで重ね、切れなくなったハサミでアルミホイルを10回切る。アルミホイルを切ると刃先が研磨され、アルミホイルが刃先に付着し補修するのだ。これにより、切れ味が見事に復活する。

この方法がプロにも通用するのか確かめるため、似顔切り絵師の土田祥子さんに試してもらった。今は使っていない切れにくいハサミでアルミホイルを10回切ると、ハサミの切れ味は見事に復活した。

似顔切り絵師の土田祥子さんがスタジオに登場。

似顔切り絵師の土田祥子さんが、塚地武雅をモデルにスタジオで切り絵で似顔絵を制作。見事にそっくりな似顔絵が完成した。更にスタジオには、土田祥子さんが作ったカエルから進化していく日村勇紀の似顔切り絵も登場した。

主婦が一番めんどくさい料理“揚げ物“を超簡単に作る方法を紹介。その方法とは、「サクサク海老フライをマヨネーズで作れる!」。

キーワード
ハサミ
アルミホイル
切り絵
海老フライ

その手があったか! (バラエティ/情報)
13:29~

日常生活にあるストレスの例として、風呂の鏡がすぐ曇ることについて、酒井敏也が出演したドラマ仕立てで説明。

油を使わずマヨネーズでサクサク海老フライを作る方法に虻川美穂子が挑戦。材料はパン粉と海老、マヨネーズだけで、卵と小麦粉は使わない。まず、海老に表面が隠れるくらいマヨネーズを塗り、パン粉をまぶし、油で揚げる代わりにトースターで焼く。600wで10分焼くと、サクサク海老フライが完成。この方法は、マヨネーズの油が分離し揚げ油の役割をっ果たし、サクサクが実現している。

スタジオには、マヨネーズのサクサク海老フライが登場し、日村勇紀らスタジオの出演者が試食。海老フライが大好物だという塚地武雅は、6本も食べてしまい、「毎日コレやっちゃう!」とコメント。

キーワード
海老フライ
桝谷周一郎
ふたりの幸せパスタ
マヨネーズ
海老
パン粉
マヨネーズのサクサク海老フライ

その手があったか! (バラエティ/情報)
13:37~

お風呂で困っていることについて、スタジオトーク。田中卓志は、シャンプーをしている時に抜け毛が多く排水口が詰まってしまうと語った。日村勇紀は、白いバスタオルが茶色になるまで使い、交換は2週間毎であると語った。

このあと、鏡の曇りをシャンプーでスッキリとる方法を紹介。

その手があったか! (バラエティ/情報)
13:42~

絶対にヒモがほどけない!その手!!

鏡の曇りをシャンプーでスッキリとる方法を紹介。まず、シャンプーを髪につけ髪の毛を洗う。次にを洗い流さず、泡を鏡の上部にのせる。すると、泡が下に落ちながら曇りを綺麗にとってくれる。その後も鏡は曇らない状態を約30分間キープする。そもそも曇りの原因は鏡と浴室の温度差から発生する結露で、泡が水滴同士を結びつけ結露がなくなる。ボディソープや石鹸の泡でも効果あり。

この方法が銭湯のような大きいお風呂でも有効なのか、東京・目黒の「旭湯」で検証。頭を洗った泡を鏡に付けると、曇っていた鏡はピカピカとなった。旭湯の店主は、昔からこの方法を使い、トニックシャンプーが一番効き目がいいと語った。

キーワード
目黒(東京)

その手があったか! (バラエティ/情報)
13:46~

日常生活にあるストレスの例として、しばった雑誌がバラバラになってしまうことについて、酒井敏也が出演したドラマ仕立てで説明。

掃除やゴミ出しで困ったことについてスタジオトーク。田中卓志は、自分が載っている小さな記事を取っておいていいか迷うと語った。村上健志は、片付けをしていると昔別れた彼女との思い出の品が見つかり、まだ捨てられていないと語った。

「逃走中 アルティメット 2週連続SP」の番組宣伝。

雑誌や新聞を3つの輪っかでカッチカチに縛れる方法を紹介。市販されている梱包用のヒモを使い、まずはヒモの長い方を下にして輪っかにする。輪っかを3つ作ったら1つに重ね、その上に雑誌や新聞を置き、束の中心で締めつける。十字型にクロスし、縦も締めつけたら最後に角を使ってきつく結べば完成。

この縛り方がどれくらい激しい動きに耐えられるか、ボディビルダーの内藤健二さんに協力してもらい検証。一般的な縛り方で振り回すとすぐに散らばったが、その手で縛った雑誌はどんなに回してもヒモは緩まなかった。

スタジオでは、村上健志が3つの輪っかでカッチカチに縛れる方法がサイズの違う本でも有効かどうかを検証。手が入らないほどカッチカチとなり、振り回しても、スキップをしても大丈夫だった。

スタジオのお客さんにアンケートし、今回紹介したその手の中からNo.1を決定。No.1は、オムレツを泡立てると超フワフワになる!だった。

キーワード
ami-ing
  1. 前回の放送
  2. 1月4日 放送