アウト×デラックス ハードな野球ファン山田雅人が涙目…アウト軍団ドン引き!?

『アウト×デラックス』(英称:OUT×DELUXE)は、フジテレビ系列で2013年4月4日から放送されているトークバラエティ番組である。2017年10月12日から毎週木曜日 23:00 - 23:40(JST)に放送されている。レギュラー放送が開始する前は、単発特番として5回放送された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年10月22日(木) 23:00~23:30
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
23:00~

司会の矢部浩之とマツコ・デラックスが、最初のゲストは「本当はモデルで食って行きたいトラック野郎」だと紹介をして、古澤未来がスタジオに登場した。彼女は2012年に大型ダンプカーの運転手として働き始め、その傍ら、ギャル系雑誌「JELLY」で読者モデルも務めていると紹介された。

キーワード
JELLY

アウト×デラックス (バラエティ/情報)
23:02~

CMの前から引き続き、古澤未来に話を聞く。彼女が、「全然モデルの仕事が無い」「トラックの運転手の仕事は、自分の両親や祖父母も行っており、歳をとっても出来るから、今はタレントやモデルの仕事をやりたい」などと話した。また、テレビ番組「ペケポン」「ヒルナンデス」に出た時の話や、雑誌「JELLY」のモデルとしての仕事や、くりぃむしちゅ~の上田晋也から言われた事などについて話した。また、彼女が雑誌「トラック魂」「FLASH」に載った時のグラビアや、彼女がトラックの運転手として働いている時の映像が紹介された。

続いてのゲストは、「7月7日に毎年泣く男」として登場した、山田雅人。彼は1984年に芸能界デビューし、「渡る世間は鬼ばかり」などに出演して役者やバラエティー番組で活躍していると紹介された。彼がスタジオに登場して着席をした。

矢部浩之が彼に、本題の「7月7日に毎年泣く」という件について訊いた。すると彼が、1979年7月7日のプロ野球の、巨人の江川卓と阪神の掛布雅之の初対決を思い出して泣くのだと語った。そして、この2人の魅力やエピソード、ヤンキースの松井秀喜の初めての満塁ホームラン、甲子園での松井秀喜の敬遠、長嶋茂雄と松井秀喜、松井秀喜を育てた星稜高校の山下監督、自分が掛布雅之から言われた事、などについて熱く長く語った。彼はこうした話を舞台でも演じており、11月20日にも心斎橋劇場でこのような話を行うと宣伝をした。

続いてのゲストは、「鹿児島のご当地ヒーローに貢いでいる東京の歯医者」として登場した、福元康恵。彼女が貢いでいる鹿児島のご当地ヒーローとは、「薩摩剣士隼人」。これは鹿児島のテレビ番組で、薩摩剣士隼人というご当地ヒーローが、悪の親玉のヤッセンボーに立ち向かい、鹿児島を救うというストーリー。彼女は特に、悪役のヤッセンボーが好きだという。そして彼女が、ヤッセンボーへの思いを熱く語って、感極まって涙を流した。

キーワード
JELLY
トラック魂
上田晋也
くりぃむしちゅ~
FLASH
ヒルナンデス
ペケポン
渡る世間は鬼ばかり
阪神
巨人
掛布雅之
江川卓
松井秀喜
ヤンキース
甲子園
長嶋茂雄
心斎橋劇場
山下監督
薩摩剣士隼人
ヤッセンボー
鹿児島県

エンディング (その他)
23:25~

アウト×デラックスの次回予告。

あしたのニュースの番組宣伝。責任者が関与、41件はどこに?

  1. 前回の放送
  2. 10月22日 放送
  3. 次回の放送