ほこ×たて 2013年8月11日放送回

『ほこ×たて』(ほこたて)は、フジテレビ系列で2011年1月17日から同年9月19日まで毎週月曜日 23:00 - 23:30(JST)に放送されて、その後、ゴールデンタイム・プライムタイムに昇格して、2011年10月16日から2013年10月20日まで毎週日曜日 19:00 - 19:58(JST)に放送されていたバラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年8月11日(日) 19:00~19:58
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
19:01~

きょうの放送はどんな金属でも穴を開けられるドリル、絶対に穴が開かない金属が対決。これに関するクイズを出題する。

本田朋子ら出演者が挨拶。スタジオメンバーは、これまで6回ほど金属とドリルの放送を行なってきたが、レギュラー陣はすべて見ていると明かした。

どんな金属でも穴を開けられるドリルvs絶対に穴が開かない金属 クイズ対決 (バラエティ/情報)
19:03~

過去6回の対決の中からクイズを10問出題。レギュラー陣が問題に答える。最も多く正解した人には絶対に穴の開かない金属で作ったメダルを贈呈。

3年前、ドリルメーカー タンガロイの小野沢賢がタングトリルツイステッドで挑戦。対する穴が開かない金属を持ちだしたのは日本タングステンの中川内浩二だった。パフォーマンスタイムとして中川内浩二は銃で射撃するも傷がついただけだった。この勝負は絶対に穴の開かない金属が勝利した。

「日本タングステン中川内が作った超合金の名前は?」というクイズを出題。正解は「NWS」で「なかが わち スペシャル」の略だった。

第4戦ではドリル会社オーエスジーの大沢二朗のドリルが中川内浩二に挑戦。金属が割れたものの、穴はあいておらず引き分けとなった。

「オーエスジーの本拠地・愛知県豊橋駅で日本タングステン中川内を待ち受けていたものとは?」というクイズが出題。正解は「黒塗りの高級車」だった。

第2戦ではアライドマテリアル・小池昭博が中川内浩二に挑戦。MB5マグナムを使用したが、突き破ることは出来なかった。

「アライドマテリアルは刃の先端にある物質を付着させた。それは一体なに?」というクイズが出題。

キーワード
タンガロイ
タングトリルツイステッド
日本タングステン
NWS
オーエスジー
豊橋駅
アラドマテリアル
MB5マグナム

どんな金属でも穴を開けられるドリルvs絶対に穴が開かない金属 クイズ対決 (バラエティ/情報)
19:19~

「アライドマテリアルは刃の先端にある物質を付着させた。それは一体なに?」というクイズの正解は「超砥粒」。ダイヤモンドを粉末状にしたもので、その後の対決でも登場した。

第6戦では不二越が金属に挑戦。不二越は不二越工業高等学校を設立、ドリル高校として知られている。

「不二越の本拠地・不二越駅で中川内を待ち受けていたのは?」というクイズが出題。正解は「不二越の準民達」だった。

最強金属と唯一2度戦ったオーエスジーの大沢。そんな大沢は「開かない穴はない」などの名言を数々と誕生させてきた。

「最強金属をみてオーエスジー・小沢が言った名言とは?」というクイズが出題。正解はこのあと。

キーワード
アラドマテリアル
MB5マグナム
超砥粒
不二越
不二越駅
オーエスジー

どんな金属でも穴を開けられるドリルvs絶対に穴が開かない金属 クイズ対決 (バラエティ/情報)
19:28~

「最強金属をみてオーエスジー・小沢が言った名言とは?」というクイズが出題。正解は「お客さんが欲しいのは穴」だった。

第6戦では不二越・堀功が金属に挑戦。堀功はドリルの歴史を変えた男として知られておりアクアドリルを開発した。アクアドリルは油などを使わずにドリルとしての機能を保っている。

「不二越戦いは過去の中でも対決時間が長かった。その時間とは?」というクイズが出題。正解は「7時間」、しかし不二越のドリルは力尽き穴は開いていなかった。

第3戦では古河ドリル・五味敏彦が金属に挑戦。最強のドリルマシーンがHCR-900で開発期間は25年、数十億円投入され作られた。

「古河ロックドリルが作った最強ドリルの特徴は?」というクイズが出題。正解は「回転と打撃力」だった。しかし、絶対に穴の開かない金属が3連勝を飾った。

第1戦、タンガロイの小野沢賢は惜しくも敗北。しかし「加工できない金属はない」との名言を残した。

「タンガロイ・小野沢賢の名言とは?」というクイズが出題。正解は「穴開けまくってハチの巣にしてやります」だった。

第5戦、オーエスジーは第4戦リベンジのため中川内浩二に挑んだ。非常に接戦をみせたが、ドリルの先端は平らになりギリギリ穴をあけることはできなかった。

「オーエスジー2戦目のドリルに付着させた研粒。これはある戦国時代の武将の作戦からヒントを得ている。その武将とは?」というクイズが出題。正解は「織田信長」だった。

第6戦の不二越・堀功は数々の名言を残している。そんな名言の中から「この素材が◯◯◯ということを証明しなければいけない」というクイズを紹介。正解はこのあと。

キーワード
オーエスジー
不二越
アクアドリル
HCR-900
古河ロックドリル
タンガロイ
織田信長

どんな金属でも穴を開けられるドリルvs絶対に穴が開かない金属 クイズ対決 (バラエティ/情報)
19:49~

不二越・堀功の名言「この素材が◯◯◯ということを証明しなければいけない」というクイズを出題。正解は「この材料がきちんと使える事を証明しなければいけない」だった。

今回のクイズ対決で優勝したのは8問正解した藤森慎吾と東野幸治だった。2人には絶対に穴の開かない金属で作られたメダルがプレゼントされた。

キーワード
不二越

金属vsドリル第7弾 (バラエティ/情報)
19:53~

今年5月、京都にはドリル企業が集まり会議が開かれていた。ここに参加してたのは不二越・堀功だった。そんな中、40人のドリル会社の中小企業社長が中川内浩二に挑もうとしていた。中川内浩二は不安な気持ちを社長・馬場信哉に打ち明けていた。注目の対決は近々放送。

キーワード
日本タングステン
不二越
京都府

エンディング (その他)
19:56~

お台場合衆国2013の告知。今年のお台場合衆国では番組で紹介した最強らが一同に集結している。

ほこ×たての次回予告。

キーワード
お台場合衆国2013
  1. 前回の放送
  2. 8月11日 放送
  3. 次回の放送