新・週刊フジテレビ批評 2015年10月17日放送回

『新・週刊フジテレビ批評』(しん・しゅうかんフジテレビひひょう、英字表記:NEW WEEKLY CRITIQUE ON FUJI TELEVISION)は、2009年10月3日から2018年3月31日までフジテレビにて放送されていた自己検証番組・自己批評番組、報道番組。略称は「新フジ批評」など。ハイビジョン制作。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年10月17日(土) 5:00~ 6:00
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
05:00~

オープニング映像。

出演者挨拶とコメンテーター紹介。コメンテーターはオウム問題の取材で知られるジャーナリスターの江川紹子さん、もと神奈川新聞社会部記者。対談のゲストは「週刊SPA!」などに連載を持つフリーライターの武田砂鉄さん。対談について江川紹子さんは、発言に労力が必要になってきた現代をどう考えるかを聞きたいと答えた。

視聴者からの質問・意見をTwitterで受け付け。ハッシュタグ「#フジ批評」まで。

キーワード
武田砂鉄さん
神奈川新聞
週刊SPA!
オウム
Twitter

ニュース (ニュース)
05:01~

横浜市のマンションでデータの偽装があった問題で、旭化成建材社長がきのう住民説明会に出席し、新たな改ざんが発見されたと明らかにした。

強姦罪で罪に問われて逮捕・起訴され、7年間無実を訴えていた72歳の男性に無罪判決が下された。

CSファイナル第3戦、ソフトバンク対ロッテの試合は3-1でソフトバンクが勝利。無敗の3連勝で日本シリーズ進出を決めた。

その他のヘッドラインを紹介。「五輪エンブレム応募 子供も参加OK」「日韓・日中 首脳会談 開催へ」。

キーワード
旭化成建材
大分刑務所
大阪地裁
強姦罪
中田賢一
イ・デホ
千賀滉大
鈴木大地
ソフトバンク
ロッテ
CSファイナル
日本シリーズ
五輪エンブレム

気象情報 (ニュース)
05:02~

全国と関東地方の天気予報を伝えた。

このあとは10月番組審議会「バイキング」

キーワード
バイキング

テレビウィークリー (バラエティ/情報)
05:04~

11日の「ザ・ノンフィクション」、もと不良少年・少女への追跡取材の特集に寄せられた声を紹介。「悪の道に逃げることを美化・正当化する内容に疑問」などの声が寄せられた。

11日の「Mr.サンデー」、ウルグアイのムヒカ前大統領へのインタビューを扱った回への声を紹介。「消費社会への警鐘や幸せを問う声が心に響いた」などの意見が寄せられた。

12日の、出雲全日本大学選抜駅伝の中継への声を紹介。「優勝チームをクローズアップし過ぎ、時間の許すかぎり下位選手も映すべき」との声が寄せられた。

先週の当番組「新・週刊フジテレビ批評」、元NHKアナウンサー・山本浩氏を迎えた回への意見を紹介。「実況の役目がわかりやすかった、アナウンサーにも勉強になったのでは」などとの声が届いた。

今月のフジテレビ番組審議会では、昼の番組の「バイキング」を扱った。5日に坂上忍が知人に豪華料理をふるまった企画について、八木秀次委員は「どの層の視聴者へ向けた企画かわからない」、梓澤和幸委員が「どこを面白さとして伝えようとしたのかわからない」、林真理子委員は「コンセプトが伝わってこない」などと指摘した。番組担当者からは、小仲正重チーフプロデューサーが「直感で番組制作を行ってきたが当たらなくなってきた、系列局にリサーチをお願いしている」と答えた。亀山千広代表取締役社長は前番組の「笑っていいとも!」に続く番組を作る熱意が今の制作者にはあったと述べ、該当の番組についてはグルメをニュースのように報じる技術を身につけて今の枠を育ててほしいと答えた。大石静委員は制作者に対して出演者の意向におもねったという問題点を挙げ、自分自身の思いを番組作りに投影すべきと助言した。

このあとは密着!小島よしおのマネージャーのお仕事とは?

フジテレビの番組に寄せられた視聴者の声を紹介。9日の「僕らの音楽」ビートルズ特集には、「わかりやすかった、制作者も音楽好きだということが伝わってきた」などの声が寄せられた。

視聴者の声を振り返ってトーク。江川紹子は「Mr.サンデー」のウルグアイ大統領への取材について、見る人に考える材料を提供するという取り組みが大事、スタジオのワイプや字幕が余計に感じたなどと答えた。

キーワード
ザ・ノンフィクション
Mr.サンデー
出雲全日本大学選抜駅伝
新・週刊フジテレビ批評
八木秀次委員
梓澤和幸委員
林真理子委員
小仲正重チーフプロデューサー
亀山千広代表取締役社長
大石静委員
バイキング
番組審議会
小島よしお
僕らの音楽
ビートルズ
ムヒカ前大統領
山本浩氏
笑っていいとも!

? ハテナTV (バラエティ/情報)
05:13~

きょうの特集は、テレビに出演するタレントを支えるマネージャーの仕事。25日に放送する「日曜ファミリア」の映像を紹介した。

大手プロダクション「サンミュージック」(東京・新宿区)のマネージャーの仕事を取材した。代表的なタレントは安達祐実、ベッキー、カンニング竹山など。オフィスで社員を取材すると、ある社員は「ダンディ坂野とスギちゃん」を担当していると答えた。お笑い芸人、俳優、モデルなどのマネジメントをジャンルごとに行い、1人が複数のタレントを担当しているそう。事務所で芸人の「お侍ちゃん」、演歌歌手の「歌恋」を見かけ取材した。演歌歌手のマネージャーは携帯用のライトが必需品で、道案内やメイク用の照明などに使っているそう。

サンミュージックのマネージャーの仕事を取材。小島よしおのマネージャー・楠美直希さんに密着した。マネージャー歴6年、小島よしおとは3年になる。いつも持っているのは「海パンの予備」で、破れたり忘れたりした時に渡すという。フジテレビ湾岸スタジオでのある特番の収録では、プロデューサーなどスタッフへの挨拶回り、タレントの売り込みなどを精力的に行った。本番中には楽屋で収録をチェック、同僚と情報交換を行い売り込みのチャンスを伺う。ビジネスチャンスのため携帯電話はフル稼働、手帳には予定がびっしり。お笑い芸人70組100人をマネージャー10人で分担しており、「サンミュージックGETライブ」にも顔を出し若手の動向をチェックした。取材した社員は「こにわ」を専属で担当、「ハニートラップ」「シューマッハ」「新鮮なたまご」などにも声をかけた。

小島よしおのマネージャーへの密着についてトーク。江川紹子はマネージャーがいるかと聞かれ、いたら助かると思う一方で大変とも思うなどと答えた。

このあとは「批評対談」でテレビ批評のあり方を問う

マネージャーの仕事について、出演者のアナウンサー2人が収録でもよく見かける、忙しそうに感じるなどと話した。取材したのは芸能プロダクション「サンミュージック」のマネージャー。

キーワード
安達祐実
ベッキー
カンニング竹山
塚本高史
ダイアモンド☆ユカイ
ダンディ坂野
スギちゃん
サンミュージック
サンミュージックGETライブ
小島よしお
新宿区(東京)
こにわ
ハニートラップ
シューマッハ
新鮮なたまご

ニュース (ニュース)
05:26~

横浜市のマンションでデータの偽装があった問題で、旭化成建材社長がきのうの住民説明会に出席した。くいは地盤への未到達のほか、岩盤へのセメントの注入量の改ざんを含め、合計で70本の改ざんがあったと明らかにした。また、くいが強固な地盤に未到達だったということを知っていて隠そうとしていた可能性が高いということも述べた。親会社の旭化成は約3000棟の工事について追跡調査し、今月中にも概要を公表する方針。

安倍首相はきのう、来月に日韓と日中の首脳会談を必ず行うと明言。自民党の河村元官房長官との会談で、来月韓国で日中韓3か国の首脳会談が予定されており、韓国の朴槿恵大統領、中国の李克強首相とそれぞれ個別に会談すると伝え、予定は決まっていないとの指摘に「必ずやる」と答えたという。

強姦罪で罪に問われていた男性が7年間無罪を訴え続け、再審で大阪地裁により無罪判決が言い渡された。無罪となったのは大阪府の72歳の男性で、2008年に同居していた当時10代の女性に暴行した罪などで逮捕・起訴された。裁判で男性は無罪を主張し、弁護側は女性のすべての診療記録を証拠に出すよう求めたが検察は応じなかった。男性は最高裁まで争ったが、2011年に懲役12年の判決が確定し服役していた。しかし去年9月女性が嘘をついたと申告し、検察が調べた結果、当時の診療記録に性的暴行の痕跡がないという診断があったことが分かり今回の無罪判決に至った。

五輪エンブレムの新たな応募要項が発表。五輪エンブレム委員会の宮田亮平委員長は、第3回五輪エンブレム委員会において新たな五輪エンブレムの応募要項に代表者が18歳以上であれば子どもも参加可能などと決まったことを発表した。応募期間は来月24日から12月7日正午までとなっている。

キーワード
旭化成建材
安倍首相
朴槿恵大統領
李克強首相
河村元官房長官
首脳会談
大分刑務所
大阪地裁
強姦罪
五輪エンブレム委員会
宮田亮平委員長
五輪エンブレム
横浜市(神奈川)
旭化成

SPORTS (ニュース)
05:30~

CSファイナル第3戦、ソフトバンク対ロッテの試合。ソフトバンクは3回に内川聖一のタイムリーで先制すると、続くイ・デホの2ランでリードを広げた。試合は3-1でソフトバンクが勝利し、3連勝で日本シリーズ進出を決めた。

CSファイナル、セ・リーグのヤクルト対巨人はヤクルトの先発・館山が6回無失点の力投。打線は今浪のタイムリーなどで2点をとり、2-0でヤクルトが勝利した。これでヤクルトがアドバンテージを含め3勝とし、日本シリーズに王手をかけた。

プロ野球で奇跡のリリーバーと呼ばれた盛田幸妃さんが45歳の若さで病気で死去した。98年に脳腫瘍が見つかり手術し、01年にカムバック賞を受賞した。

フィギュアスケート オータム・クラシックで羽生結弦が優勝した。フリーでは3本の4回転に挑戦。1本目は綺麗に決め、2本目は手を着くもなんとか着氷。ただ初挑戦の3本目は転倒してしまった。一方、女子は今井遥が2位でフィニッシュした。

キーワード
中田賢一
イ・デホ
千賀滉大
鈴木大地
ソフトバンク
ロッテ
CSファイナル
日本シリーズ
ヤクルト
巨人
館山
バーネット
菅野
盛田幸妃さん
近鉄
カムバック賞
羽生結弦
今井遥
オータム・クラシック
N.グエン
S.ラビット
E.トゥルシンバエワ
内川聖一
脳腫瘍

ENTERTAINMENT (ニュース)
05:33~

ファンキー加藤がよみうりランドのジュエルミネーション点灯式に登場。さらにミニライブも行い、イルミネーションイベントのイメージソング「MUSIC MAGIC」を披露した。

キーワード
ファンキー加藤
MUSIC MAGIC

気象情報 (ニュース)
05:34~

現在のお台場の様子を伝えた。

栃木・日光市の龍頭の滝では紅葉が見頃を迎えていいる。見頃は今週末で、中禅寺湖、いろは坂と徐々に色づいていく。紅葉の主役は楓だが、日光メープルシロップ研究会はメープルシロップの研究を行い、日光ならではの商品化などを目指している。

全国の天気予報を伝えた。

キーワード
お台場(東京)
日光メープルシロップ研究会
メープルシロップ
日光市(栃木)
龍頭の滝
紅葉

The 批評対談 (バラエティ/情報)
05:39~

今回はライター・編集者の武田砂鉄とジャーナリストの江川紹子の対談で、テーマは「“批評”がしにくい社会」。

武田砂鉄は出版社を経てフリーとなり、「週刊SPA!」、webサイト「cakes」などで、鋭い文化・メディア批評を連載。著書「紋切型社会」でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した。武田砂鉄はテレビを見て最近感じる事として「みんなと同じ事に安心する違和感がある」などと述べた。

ご意見・ご質問はTwitter ♯フジ批評へ。

武田砂鉄の著書「紋切型社会」には「メディアには書いてはいけない事は少ない。ただし書かない方がいい事が異常に増えてきた」という文言があるが、武田氏は「個人でやっている事は常に偏向である」などと解説。江川紹子は「意見がいいにくい社会はどうゆう時に感じるか?」などと質問し、武田氏は「主流ができると反論がしにくいのでは」などと答えた。

江川紹子は「二元論的な意見はテレビだけではない」と述べると、武田氏は町の声で批評性がはぐらかされているなどと説明した。

江川紹子は「いまのテレビの批評ぶりをどう感じるか」と質問。武田砂鉄は「お茶の間が業界化し業界がお茶の間化している」「メディアが過度にメッセージを送りすぎている」「視聴者は双方向を求めていない」「テレビが視聴者を信じていない」などと答えた。

江川紹子は「あるべき批評の姿」について質問。武田砂鉄は「複数のメディアをミックスする事が大事。自分の中でグラデーションを設けて管轄していく事が大切」と述べた。

キーワード
武田砂鉄
新・週刊フジテレビ批評
週刊SPA!
cakes
Bunkamuraドゥマゴ文学賞
江川紹子
紋切型社会
Twitter

ニュース (ニュース)
05:56~

アメリカのオバマ大統領と韓国の朴槿恵大統領は16日会談を行い、北朝鮮の核ミサイル開発について深い懸念を共有し、最大限の緊急性と決意で解決に取り組むとする共同声明を発表した。

キーワード
オバマ大統領
朴槿恵大統領
米韓首脳会談
北朝鮮の核ミサイル開発

気象情報 (ニュース)
05:56~

関東の天気予報を伝えた。

The 批評対談 (バラエティ/情報)
05:57~

今回はライター・編集者の武田砂鉄とジャーナリストの江川紹子の対談で、テーマは「“批評”がしにくい社会」。「ニュースのコメンテーターは必要ない」といった視聴者からのメッセージについて、武田砂鉄がコメントした。

来週の批評対談にはニコニコ動画の杉本誠司らが登場する。

キーワード
杉本誠司
福原伸治
速水健朗
  1. 前回の放送
  2. 10月17日 放送
  3. 次回の放送