奇跡体験!アンビリバボー 2013年7月11日放送回

『ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリバボー』(ビートたけしプレゼンツ きせきたいけんアンビリバボー)は、フジテレビ系列で毎週木曜日の19:57 - 20:54(JST)に放送中のバラエティ番組である。一部地域では再放送も行われている(系列外の局は青森テレビ(TBS系列)でも日曜10:00に放送(数週遅れ))。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年7月11日(木) 19:57~20:54
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
19:57~

剛力彩芽らが挨拶して夏休みについてトーク。八嶋智人は奈良県出身で海がないため海が好きだと話し、菜々緒も埼玉県出身で。海がないため海が好きだと話した。

剛力彩芽デビューシングル「友達より大事な人」の宣伝。

キーワード
奈良県
埼玉県
友達より大事な人

あなたも危ない海や山に潜む恐怖 (バラエティ/情報)
19:58~

「海の危険生物 治療マニュアル」から海に潜む恐怖を紹介。1996年5月1日、沖縄県糸満市で38歳男性が巻貝を採取していると、気付かないうちに刺が刺さっているのに気づくと30分後に体の自由が奪われ、近くにいた人に助けられた。男性を危険に陥れたのはイモガイの一種であるアンボイナで、毒性のイモガイの中でも最も強い毒を持つ生物だった。

アンボイナは砂利のしたに潜むと、小魚を毒銛で刺して獲物を捉えていた。被害にあった男性は毒のないマガキガイを採取していて、アンボイナはマガキガイと間違えられることが多く毒銛に刺されていた。沖縄県衛生環境研究所の福地斉志氏によると、アンボイナの毒はウミヘビやコブラといった毒と同じ神経毒で、呼吸困難などが起こり最悪死亡すると解説した。

1967年6月23日、オーストラリアの陸軍兵が昼休み中に基地近くの海岸で危険生物と遭遇した。当時23歳だった男性は生物に引きつけられて腕に乗せてかわいがっていると、直後に呼吸困難を起こして意識不明に陥り、90分後に死亡した。その生物はヒョウモンダコで、フグと同じ猛毒テトロドトキシンを持っていた。

スタジオで危険生物から身を守る方法についてトーク。不用意に触らないようにして、刺されたら傷口から毒を絞り出して心臓に近い場所を縛るなどの対処法を伝えた。

「海の危険生物 治療マニュアル」から命を奪う超危険生物を紹介。1997年4月23日、沖縄県本部町で男性の水死体が発見され、首には深さ8cmの穴が開いていた。それから3年後、アメリカ・フロリダ州で海水浴を楽しんでいた17歳の女性の首に生物が刺さり、その5年後夜のダイビングを楽しんでいた男性も何かに襲われた。襲った生物は口が長いダツだった。

ダツは獲物としている小魚の鱗が光ったときに襲いかかっていて、光ってきらめくものはダツにとって獲物と認識されていた。また、福地斉志氏はダツを抜くと血液が吹き出すので、首から切り落としてから病院に行くよう注意を促した。

2007年、タヒチ・モーリア島へハネムーンに出かけていた夫妻が撮影した、ダツが人を襲う映像が紹介された。

スタジオでダツから身を守る方法を紹介。ダツの方から人間を襲うことはなく、アクセサリーなどを外すよう促した。

危険生物に遭遇した時についてトーク。菜々緒が小浜島で撮影をしていると、赤と黒の縞々の蛇がいたと話した。

1970年7月14日、ある大学の5人のワンダーフォーゲル部が芽室岳からペテガリ岳までを尾根伝いに歩くワンダーフォーゲルを行なっていた。一行は山頂手前でテントを張っているとヒグマが現れた。

キーワード
海の危険生物 治療マニュアル
糸満市(沖縄)
マキガイ
マガキガイ
アンボイナ
ウミヘビ
コブラ
沖縄県衛生環境研究所
オーストラリア
ヒョウモンダコ
テトロドトキシン
ダツ
フロリダ州(アメリカ)
本部町(沖縄)
モーリア島
小浜島
竹末一敏
興梠盛男
芽室岳
ペテガリ岳
ヒグマ

あなたも危ない海や山に潜む恐怖 (バラエティ/情報)
20:23~

ワンダーフォーゲル部の5人がテントで寝ていると、ヒグマが現れてテントを襲ったため、火を焚いてクマに備えた。翌朝、再びクマに襲われたため3人を残して2人が救助に向かい、北海学園大学のワンダーフォーゲル部と遭遇すると再び3人を迎えに行った。そのころ、残った3人は再びテントへ向かいリュックを取り返した。

3人はリュックを持ってテントを離れると、途中出会った鳥取大学のワンダーフォーゲル部と出会いヒグマに遭遇したことを伝えた。3人は目印となる場所で2人を待つと、再会して夜も迫っていたためテントを張った。しかし再びクマが現れたため、助けを求めるため鳥取大学がキャンプする場所まで走って移動した。

キーワード
ヒグマ
北海学園大学

あなたも危ない海や山に潜む恐怖 (バラエティ/情報)
20:31~

5人が山道を移動していると、再びヒグマが襲ってきて2人がはぐれてしまった。3人は下山ルートを辿って麓を目指したが、この日は視界が5mの濃霧で再びヒグマに見舞われ、1人が逃げ遅れた。後に3人の遺体が見つかり、襲ったクマは射殺された。

キーワード
ヒグマ

あなたも危ない海や山に潜む恐怖 (バラエティ/情報)
20:36~

事件後発見された男性のメモからは、一人でクマと向き合った体験が綴られていた。男性は山道を逃げる途中仲間とはぐれ、別行動を取っていた。男性は仲間の悲鳴を次々と聞くと、クマから逃走して鳥取大学が残していったシュラフに入って難を逃れていた。

クマと遭遇した時の対処法を紹介。クマはツキノワグマとヒグマがいて、ツキノワグマは人の気配があれば近寄ってこない事が多い。一方のヒグマは肉食性が強く、登山前に生息地域かを調べ、リュックを囮にして時間を稼いで逃げる対処法を伝えた。

命を守るクマ対策法を紹介。ヒグマは肉食性で空腹時はひとを襲う可能性があるため、リュックなどを投げてその間に逃げる。ツキノワグマは草食性で基本的に人を襲わないため、音を立てて行動すると伝えた。

八嶋智人が出演するドラマ「Oh,My Dad!!」の宣伝をした。

キーワード
ヒグマ
ツキノワグマ

あなたも危ない海や山に潜む恐怖 (バラエティ/情報)
20:47~

海や山に生息する危険生物は温暖化から生息範囲が広がっていて、クマ被害の増加も登山客が捨てたゴミによって人間の食べ物の味を覚えたことが原因の一つとされた。エビとカニの水族館の森拓也氏は、すでに人が関わっているので積極的に関わるべきだと話した。

エンディング (その他)
20:50~

日村勇紀が20年前に付き合っていた彼女と一棟一棟わかれているホテルに止まると、浴槽に300匹ぐらいのコオロギがいたと話した。

エンディング映像。

エンディングテーマ:「透明な白」遠藤舞

奇跡体験!アンビリバボーの次回予告。

キーワード
コオロギ
遠藤舞
透明な白
  1. 前回の放送
  2. 7月11日 放送
  3. 次回の放送