奇跡体験!アンビリバボー 【知られざる世界を変えた日本人】

『奇跡体験!アンビリバボー』(きせきたいけん!アンビリバボー)は、フジテレビ系列でイースト・エンタテインメントと共同制作され、1997年10月25日から放送されているドキュメンタリー系バラエティ番組(詳細は放送時間を参照)。字幕放送、ハイビジョン制作が実施されている。ストーリーテラーを務めるビートたけしの冠番組。2018年4月5日からは、毎週木曜日 19:57 - 21:00(JST)に放送されている。通称は『アンビリバボー』『アンビリ』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月13日(木) 19:57~21:00
放送局 フジテレビ

番組概要

知られざる世界を変えた日本人 (バラエティ/情報)
19:57~

FIFA女子ワールドカップフランス2019 日本×スコットランドの番組宣伝。

72歳の高山良二さんは、だれも予想だにしないセカンドライフを選んだ。複雑な感情をいだきながらも想いに寄り添い後押しした妻。1人の男の定年後の挑戦が多くの人の心を動かし世界を変えることになった。

1993年、愛媛・松山市在住の高山里枝さんはほっとしていた。陸上自衛隊に所属していた夫の良二さん、PKOの活動の活動でカンボジアに渡っていたが任務を終え帰国した。帰国した夫は急に英会話を始め、お経を唱えるようになり、さらに当時珍しかったパソコンの使い方まで習い始めた。里枝さんが何か隠している?と聞くと、良二さんは体感後にカンボジアに行くことに決めたと話した。里枝さんは9年後の話しなので時間が経てば忘れると思っていたが熱は高まるばかりだった。何が駆り立てるのかきっかけは現地で見た過酷な現実だった。ある少年が牛をつなごうと、杭を打った瞬間、不発弾が爆発し少年を牛は即死。22年続いた内戦でカンボジアには不発弾240万個、地雷400万から600万個、残されているといわれ年間800人~900人の犠牲者が出ていた。その時、良二さんは「俺なら地雷が処理できるのに」と思った。今回の任務は住民が選挙で投票出来るように道路や橋を建設すること。ルート上の地雷などは撤去できるが、それ以外のものは任務に含まれないので勝手に処理することはできなかった。多くの国民は貧困にあえぎ希望を見いだせずにいた。任期が終わり日本に帰国することになった時、良二さんは必ずここに戻ってくると決めた。

キーワード
自衛隊

知られざる世界を変えた日本人 (バラエティ/情報)
20:08~

良二さんは帰国すると英会話やパソコンを覚え、さらに仏教国であるカンボジアの人を理解するため東大寺の僧侶資格まで取得した。2001年、良二さんは妻の里枝に「活動資金を出してくれ」と頼んだ。当時カンボジアには3つの地雷処理団体が存在していて支援が始まっていた。2002年5月9日、55歳になった良二さんは定年退官、5月12日に2年分の活動資金400万円を持ちカンボジアに出発した。良二さんは地雷や不発弾の処理を支援する非営利団体「JMAS」の現地副代表に就任した。日本から招いた専門家4人と色んな場所に出向き不発弾の処理を行った。しかし処理できるのは1日3個程度。そんな中、現地の子どもが不発弾を抱えて良二さんの元にやってきた。地雷処理に追われる毎日だったが、資金が足りず、より処理が困難な400万個以上の地雷には手がつけられなかった。良二さんは心が折れ2004年9月10日後、帰国した。精神状態はボロボロだった

キーワード
自衛隊
JMAS

番組宣伝 (その他)
20:14~

「坂上どうぶつ王国」「IQサプリ」「FIFA女子ワールドカップ」の番組宣伝。

ラジエーションハウスの番組宣伝。

知られざる世界を変えた日本人 (バラエティ/情報)
20:16~

日本に帰国したてから1年が経った頃、高山さんは外務省に電話し、つてを使い塩崎恭久外務副大臣のもとを訪れ、地雷を処理できるカンボジア人の育成などの話をした。妻からはなぜそこまでしないといけないの?と聞かれた。高山さんは「俺はこの目で見た、爆弾で死んだ少年、地雷に子どもを奪われて泣くお母さん。俺なら地雷を処理できるのに見て見ぬふりしかできない自分に心底腹がたった」などと話した。2006年の6月、高山さんは再びカンボジアに向かった。

キーワード
いのちの讃歌

知られざる世界を変えた日本人 (バラエティ/情報)
20:23~

設楽統は「こういう事故があったのはこたえるね。正しいことをしているのに困難がいっぱいやってきて」などと話した。

2006年、高山さんは再びカンボジアに渡った。日本政府が行っている経済協力、政府開発援助。その中から高山さん事業にも予算が降りた。高山さんは内戦の最後の激戦地、タサエン村に向かった。ここは数十ヘクタールに及ぶ地雷原が60か所あり、カンボジアで最も貧しい地域の1つだった。現地住民の中から地雷探知員を募集し正当な賃金を与え、6週間の研修を実施した。地雷処理は40cm進むのに1時間以上要することもある。地雷が発見されると専門家が爆破処理を行う。33人のグループで1か月活動すると1ヘクタールがクリアされる。3つのグループで3ヘクタール。年間30ヘクタールを超える土地が農地として使用可能になる。2007年1月19日、7人が地雷処理中に爆死してしまった。処理していたのは対戦車陽の大型地雷だった。亡くなった7人の中には結婚を控えたカップルもいた。

高山さんは地雷処理を続ける意志があるか、アンケートをとった。すると79人中やめると答えたのは1人だけだった。

キーワード
政府開発援助
タサエン村(カンボジア)

番組宣伝 (その他)
20:32~

「世界柔道選手権」「ワールドカップバレー」の宣伝。

IQサプリの番組宣伝。

世界法廷ミステリーの番組宣伝。

キーワード
世界柔道選手権
ワールドカップバレー

知られざる世界を変えた日本人 (バラエティ/情報)
20:32~

高山さんは地雷処理を続ける意志があるか、アンケートをとった。すると79人中やめると答えたのは1人だけだった。その1人も母親の介護のため仕方なくやめるとのことだった。住民は「子供達が笑える未来なら命なんて関係ない」と自ら立ち上がろうとしていた。事故で息子を失った、男性は「高山さんは事故の日、日本行きをキャンセルして葬式に出てくれた。今も年中、顔を出しにやってきてくれる。この村で彼を恨むものはいない」などと話した。それから3年間、高山さんはデマイナーの育成と地雷処理に全力を尽くした。少しづつ地雷原が減り、農地が増えていった。一方で予算確保のため、日本政府や企業との交渉などやることは山積みだった。日本に帰国しても広報活動などで全国を飛び回る日々。そんな高山さんをサポートしたのが妻の里枝さんだった。しかし2010年11月、里枝さんに脳腫瘍が見つかった。成功する確立は非常に低いという。

知られざる世界を変えた日本人 (バラエティ/情報)
20:39~

高山さんは地雷処理団体を辞職した。手術から1ヶ月後、里枝さんは一命をとりとめ、奇跡的に後遺症はほとんど残らなかった。2011年7月、高山さんはNPO法人を設立、年間4ヶ月は日本で滞在した上で活動を開始した。現在、村は広大な農地になっている。NPO法人の名前は「国際地雷処理・地域復興支援の会」。高山さんは地雷処理を行う傍ら、道路整備を行い、80基の井戸を設置、住民の雇用創出のため日本企業を4社誘致。ソック・チャン・ティンさんは「自分の国で仕事が出来る」などと話した。さらに学校を建設した。教師のラクサーさんは、この学校の1期生だった。この活動をしった日本の企業から、もっと多くの学校をつくろうと声が上がり、4つの学校が建設された。地雷が撤去された地は、キャッサバ畑になり、キャッサバの焼酎を作るために蒸留所を建設。フルーツはドライフルーツなどの加工食品となり村の雇用を生み出した。7人の住民が亡くなった事故から12年間でおきた事故はわずか2件にへった。人口は5000人から7000人に増えた。高山さんは「カンボジアの人は愛国心が強い」などと話した。

設楽統は「すごいなんてもんじゃない。国づくりだよ」などと話した。日村勇紀は「地雷地だった土地がキャッサバ畑に変わっている。それを見た時の驚きはスゴイ」などと話した。

高山さんの日本学校出身で日本に留学中のリスラエンさんのもとをたずねた。日本とカンボジアの違いについてリスラエンさんは「日本はどこにいってもゴミがない。カンボジアはゴミだらけ」などと話した。カンボジアでは今、ゴミ問題が大きな課題になっていて、高山さんも頭を悩ませている。里枝さんは「心配は心配だけど、危ない仕事をしているからといって必ずしも早く死ぬわけではないという気がしている。その人が持って生まれた寿命があるという考え」などと話した。今では老若男女5000人もの支援者が高山さんの活動を応援している。中里和佳さんは「会社をやりながらでもできる支援があることをしってほしい」などと話した。村のハズレには事故で亡くなった7人の慰霊塔がある。高山さんは今でも毎月ここにやってくるという。飾られているのは殉職者たちの顔写真。その一番左端には1人分のスペースがあった。高山さんは自分が死んだときにここに飾ってもらい、向こうの世界で彼らと再開するとだという。

キーワード
国際地雷処理・地域復興支援の会
キンセイ
松山東雲女子大学
松山市(愛媛)

エンディング (その他)
20:58~

「奇跡体験!アンビリバボー」の番組宣伝。

エンディング映像。

番組宣伝 (その他)
20:58~

直撃!シンソウ坂上の番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月13日 放送
  3. 次回の放送