FNSドキュメンタリー大賞 ちいさな雪だるま〜3.11悲しみを抱えた親たちの日々〜

『FNSドキュメンタリー大賞』(エフエヌエス・ドキュメンタリーたいしょう)は、FNN/FNS加盟28局が番組制作の質向上を目指すことを目的に1992年から毎年行っているドキュメンタリー番組のコンテストである。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年8月29日(水) 2:50~ 3:45
放送局 フジテレビ

番組概要

ちいさな雪だるま~3.11悲しみを抱えた親たちの日々~ (バラエティ/情報)
02:51~

東日本大震災では多くの辛い別れがあった。一年が経ち前に進んでいるように見えるが、子どもを失った親たちの心は悲しみに覆われたまま。生きる意味を問い続ける親たちの日々を紹介する。

岩手・大船渡市の路上市の市日では地元漁師や農家が農産物や魚介類を売っている。この市日で餅菓子を売っている吉田エイ子さんは、津波被害のあった陸前高田市から店を出している。市日は震災後は被災者の癒しの場にもなっている。店の名前は「ハゲタ農園」ご主人が禿げているからお客さんに覚えてもらえるようにとエイ子さんは笑った。

市日で笑っていたエイ子さんだが、長男が津波で行方不明になっている事がわかった。人知れず泣き暮らしていた。

キーワード
東日本大震災
ハゲタ農園
大船渡市(岩手)
吉田利行

ちいさな雪だるま~3.11悲しみを抱えた親たちの日々~ (バラエティ/情報)
02:58~

エイ子さんは岩手・久慈市出身。陸前高田市から200km北にある。嫁いできたのは22歳の時だった。当時では少ない恋愛結婚で3人の子どもに恵まれた。津波で行方不明になったのは待望の男の子だった。震災のあった3月は2人の結婚50年目で、両親思いの利行さんは金婚式の会場としてホテルを予約していた。

陸前高田市の震災による死者は1555人、行方不明者232人にのぼる。陸前高田市で米作りを営む村上さんは、津波で13haの田んぼが流された。田んぼは全然使えないと話す。自宅は津波被害はなく、震災後に妻と毎週月曜に豆腐作りを始めた。翌日、自宅近くの集落に豆腐を配達して回る。

村上夫妻の次男、村上駿大君は震災の日は学校が休みで同級生と一緒にショッピングセンターで買い物をしていた。地震後避難場所となっていた市民体育館に避難したが、その避難場所が津波に飲まれた。100人近くいた避難者のうち、助かったのは3人だった。両親は駿大君をやんちゃだったが友達思いだったと語った。

キーワード
陸前高田市(岩手)

ちいさな雪だるま~3.11悲しみを抱えた親たちの日々~ (バラエティ/情報)
03:13~

陸前高田市(岩手)で農業をしながら精米所、椿油所を経営していた石川秀一さんは「海岸の松原から波が来たのを見て慌てて県立高田病院に逃れた」と話した。その石川さんは津波で一瞬のうちに自宅や工場などを失った。そして石川さんの長男は避難誘導中に津波にのまれ亡くなった。

岩手では比較的温暖な陸前高田市に雪が降った。吉田エイ子さんは行方不明になっている息子の葬儀を行う決心をした。普門寺で行われた息子の葬儀には多くの人が参列した。取材陣は葬儀の間駐車場で待機していると寺の前にある岩の上に2つの雪だるまを発見した。そして葬儀が終わる頃には雪だるまは1つなくなっていた。 

石川さんは被災後2年契約で家を借り夫婦で住んでいる。仏壇も借りのもの。石川さん夫婦は朝と晩は亡くなった長男に話しかけている。石川さんは50年以上にわたり北限の椿油を作り続けてきた。後を継ぐことになっていた長男のために新しい機械を入れた直後津波は襲ってきた。

キーワード
石川政英
吉田利行
陸前高田市(岩手)
津波

ちいさな雪だるま~3.11悲しみを抱えた親たちの日々~ (バラエティ/情報)
03:24~

村上綾菜さんが滝沢村(岩手)の岩手看護短期大学に入学した。綾菜さんは高校ではバレーボール部で全国大会の常連校のムードメーカーとしてチームを盛り立てた。医療の道を選んだのは弟の死がきっかけだった。父は娘に看護の道を無理に選ばせてしまったのではないかと思い申し訳ない気持ちだと語った。そのことを聞いた綾菜さんは人を助けたいとか役に立ちたいと思ってたのは確かだと語った。

岩手陸前高田市が椿油作りを受け継ぐことになり、石川さんは椿油作りを伝えることになった。津波がなかったら息子が継ぐ予定だった。椿油工房の開所式が行われた。石川さん夫婦も神輿に参加したり、椿油入りのけんちん汁を振舞ったりした。

エイ子さんは朝早くから餅つきをし、餅菓子を作っている。震災の前は息子が手伝っていたが今はもういない。また、エイ子さんは二人の孫も亡くしている。つきたての餅菓子はすぐに売り切れてしまい、稼いだお金でエイ子さんは息子に供える花を買った。

キーワード
滝沢村(岩手)
椿油
陸前高田市(岩手)
石川政英

ちいさな雪だるま~3.11悲しみを抱えた親たちの日々~ (バラエティ/情報)
03:36~

市日で笑っていたエイ子さんだが、長男が津波で行方不明になっている事がわかった。人知れず泣き暮らしていた。

今年3月、利行さんの同級生達が桜を植えた。この日エイ子さん夫婦がその桜の木を見に来た。息子がいなくなったことを改めて実感し、 エイ子さんは悲しみを語った。

一年後の被災で子どもを亡くした3組の親たちの様子を紹介した。

キーワード
吉田利行
  1. 前回の放送
  2. 8月29日 放送
  3. 次回の放送