東日本女子駅伝 第32回

東日本女子駅伝(ひがしにほんじょしえきでん)は、例年11月第2日曜日に福島市で開催される駅伝大会。本項目は、1984年に開催された当大会の前身にあたる東北・北海道女子駅伝大会についても述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年11月13日(日) 12:00~14:30
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

「スポーツLIFE HERO’S」のオープニング映像。

東日本女子駅伝のオープニング映像。五輪のマラソンランナーとなった過去の出場者などを紹介した。解説の増田明美が、東京五輪への道を示す「4年後、ライバルは世界だ」という標語を紹介した。

東日本女子駅伝の今年の出場者のコメントを紹介した。神奈川・リンズィーヘレナ芽衣選手は「五輪の日本代表への一歩」、千葉・風間歩佳選手は「一番になって五輪に出たい」、群馬・岡本春美選手は「リオ五輪1万メートルのアルマズ・アヤナが憧れ、区間賞と新記録を出したい」、神奈川・出水田眞紀選手は「初心に戻って走りたい」などと意気込みを語った。リオ五輪マラソン選手の上原美幸、田中智美、尾西美咲も出場している。

キーワード
東日本女子駅伝
東京五輪
土佐礼子
渋井陽子
弘山晴美
福士加代子
赤羽有紀子
尾崎好美
吉川美香
関根花観
増田明美
リンズィーヘレナ芽衣選手
風間歩佳選手
岡本春美選手
アルマズ・アヤナ
出水田眞紀選手
上原美幸
田中智美
尾西美咲
リオ五輪

第32回東日本女子駅伝(中継1) (スポーツ)
12:04~

福島市信夫ヶ丘競技場のスタートラインから、スタート前の1区の選手たちの表情を紹介した。スターターピストルはリオ五輪男子リレーで銀メダリストとなった飯塚翔太が務めた。

1区のコースを紹介した。注目ランナーは東京・上原美幸など。

東日本女子駅伝がスタート。1区の走者18人が1キロを通過した。

1区の走者18人が2キロを通過した。現在先頭集団は16人。

福島県警白バイ隊の2人を紹介した。伊藤恵巡査、岡部里沙巡査。

1区が2キロを通過、静岡県がトップ。

番組HPの案内。「32東日本女子駅伝」で検索。

キーワード
飯塚翔太
福島市信夫ヶ丘競技場
上原美幸
福島県警
伊藤恵巡査
岡部里沙巡査
32東日本女子駅伝

第32回東日本女子駅伝(中継2) (スポーツ)
12:16~

1区の走者が中継所に入った。トップは長野県。

2区が1キロを通過、千葉県がトップで長野県と争う。

第32回東日本女子駅伝(中継3) (スポーツ)
12:30~

2区のコースを紹介した。

リオ五輪男子リレーの銀メダリスト、飯塚翔太をゲストに迎えた。放送席でのトークでは、リオ五輪のメダルは金属のぶつかる音のしない作りになっているなどと話した。

協力車両を提供する、トヨタ自動車の福島県内系列各社を案内した。販売店7社より、カローラフィールダーなど6車種7台が提供されている。

2区の走者が中継所に入った。千葉県がトップ。

3区の走者がスタート。トップは長野県、千葉県と争う。

3区のコースを紹介した。35メートルの標高差、上り坂と向かい風などが特徴。

3区が1キロを通過。トップは長野県。

キーワード
リオ五輪
トヨタ自動車
カローラフィールダー
カムリハイブリッド
ヴェルファイア
ハチロク
クラウンハイブリッド
プリウスアルファ
福島トヨタ自動車
福島トヨペット
トヨタカローラ福島
トヨタカローラいわき
ネッツトヨタ福島
ネッツトヨタ郡山
ネッツトヨタノヴェルふくしま

第32回東日本女子駅伝(中継4) (スポーツ)
12:43~

3区が中継所に入った。トップは長野県。

4区が1キロを通過。トップは長野県。

第32回東日本女子駅伝(中継5) (スポーツ)
12:52~

4区のコースを紹介した。全長3キロ、中学生指定区間。

5区のコースを紹介。注目選手はリオ五輪出場の千葉・尾西美咲。

4区の走者が中継所に入った。トップは長野県。

5区の走者がスタート。トップは長野県。

5区が3キロを通過。トップは長野県。

キーワード
尾西美咲

第32回東日本女子駅伝(中継6) (スポーツ)
13:10~

5区の走者が中継所に入った。トップは長野県。

6区のコースを紹介した。前回大会のもようを紹介した。

6区の走者がスタートした。トップは長野県。

6区が2キロを通過。トップは長野県。

視聴者プレゼントの案内。「全国の名産品カタログ」を20名様にプレゼント。応募方法を案内した。

キーワード
全国の名産品カタログ

第32回東日本女子駅伝(中継7) (スポーツ)
13:22~

6区の走者が中継所に入った。トップは長野県。

7区が1キロを通過。トップは長野県。

7区のコースを紹介した。

7区が1キロを通過。トップは長野県。

第32回東日本女子駅伝(中継8) (スポーツ)
13:34~

7区の走者が中継所に入った。トップは長野県。

8区のコースを紹介した。中学生指定区間。

8区の走者がスタート。トップは長野県。

8区が1キロを通過。トップは長野県。

第32回東日本女子駅伝(中継9) (スポーツ)
13:48~

8区の走者が中継所に入った。トップは長野県。

9区の走者がスタート。トップは長野県。

9区のコースを紹介した。過去のアンカーでの逆転劇の一部を紹介した。

9区が3キロを通過。トップは長野県。

第32回東日本女子駅伝(中継10) (スポーツ)
14:04~

9区が5キロを通過。トップは長野県。

第32回東日本女子駅伝(中継11) (スポーツ)
14:11~

9区が6キロを通過。トップは長野県。

視聴者プレゼントの案内。「JCBギフトカード10万円分」を3名様にプレゼント。応募方法を案内した。

東京のアンカー・田中智美の、リオ五輪女子マラソンでの走りを紹介した。

9区の走者がゴール。長野県が優勝した。

「2016富士山女子駅伝」の番組宣伝テロップ。

フィニッシュラインから中継。4位の東京までがゴールした。

優勝した長野県のランナーにインタビュー。アンカーの玉城かんなは、練習の成果を出すことができた、アンカーを務めるのは予定外だったがチャンスと思って走ったと答えた。

優勝チームには「ケーズデンキ賞」として、ソニーのハンズフリー型ウォークマンを各選手に贈呈。

9区の速報値を含めた区間賞選手、6位までのゴールタイムを紹介した。レースを振り返り、若い力の伸びが印象的だったなどと話した。

エンディングテーマ:Dream Ami「JUMP!」

番組HPの案内。「32東日本女子駅伝」で検索。

エンディング映像。

キーワード
JCBギフトカード10万円分
田中智美
リオ五輪
ケーズデンキ
Dream Ami
JUMP!
32東日本女子駅伝

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 11月13日 放送
  3. 次回の放送