新報道2001 2015年8月23日放送回

『新報道2001』(しんほうどうにせんいち)は、フジテレビ系列(クロスネット局除く)で2008年10月5日から2018年4月1日まで毎週日曜日 7:30 - 8:25(JST)に生放送されていた政治討論番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年8月23日(日) 7:30~ 8:55
放送局 フジテレビ

番組概要

独占入手!中1女子遺体遺棄 容疑者の”肉筆の手紙 (ニュース)
07:30~

大阪・高槻少女遺体遺棄事件で、逮捕された男の6年前に知人に宛てた肉筆の手紙を独占入手した。容疑者は13年前に事件を起こして刑務所に服役していた。容疑者は男子中学生を車で拉致し、粘着テープで縛り財布を奪い、離れた場所で男子中学生を開放した。容疑者は獄中結婚し、連れ子の娘を溺愛していたという。容疑者と20年来の付き合いのある知人は、今年の正月に容疑者とあったときの様子、13年前に起こした事件について話した。容疑者は13年前から若い男の子に興味があったという。今回の事件で男の子を遺棄した竹林に容疑者は戻っているが、専門家によると、遺棄した場所が気になる、犯行現場や遺体に対して執着心が働いたと考えられると話した。

容疑者が獄中から知人へ送った手紙は3通で11枚にわたる。その中で娘の名前が多く使われ、娘に逢いたいなど書かれていた。さらに手紙には赤線がひかれ、社会復帰の決意が勤務地の希望とともに書かれていた。容疑者は2014年に出所していて、娘の小学校卒の前に間に合ったと言え、殺害された2人と同級生にあたる。遺棄された2人は、女の子には無数の傷があったが、男の子には傷が確認されなかった。知人はこの謎について、容疑者は若い中学生ぐらいの男の子が好きだったと話した。

キーワード
東洋大学

独占入手!中1女子遺体遺棄 容疑者の”肉筆の手紙 (ニュース)
07:40~

中1女子遺体遺棄で逮捕された容疑者は13年前にも同じような事件を起こしていた。服役中に書いた手紙には出所後の意気込みが書かれていた。実際出所後は福島で除染作業を行い、知人によると容疑者は、罪滅ぼしのために頑張りますと話していたという。

オープニング (その他)
07:42~

オープニング映像。

独占入手!中1女子遺体遺棄 容疑者の”肉筆の手紙 (ニュース)
07:43~

中1女子遺体遺棄事件で、容疑者の肉筆の手紙を紹介した。法医学者の佐藤喜宣氏は、内容について行った行動に対しての反省が読み取れない、再発する可能性のある人だと感じると述べた。

肉筆の手紙から、容疑者には妻と娘がいること、獄中結婚していたこと、2002年に男子中学生を監禁、福島県内で除染作業に従事していたことが分かった。

女子生徒と男子生徒の遺体の状況を紹介した。佐藤喜宣氏は、粘着テープで抑えられていた詳細がまだわかっていない、男子生徒に関しては死因がわかっていないと話した。顔をテープで巻きつけられていたことに関しては、非常に惨忍、生死は関係ない、乱れるのがいやという気持ちが現れていると述べた。また遺体の様子から、ターゲットは男子生徒にあるといえる解説した。

佐藤喜宣氏は中1女子遺体遺棄事件の犯人について、女の子を脅すことによって男の子をコントロールしようとする心理が働いたかもしれないと話した。アグネス・チャンはアメリカなどは、出所したら地域に知らせるシステムがある、日本ではどうやって子どもを守っていけるのか考えていきたいと話した。平井文夫氏は、アメリカでは性犯罪者には社会復帰させない、GPSを埋め込んだり、表札にステッカーを貼る州もある、と話した。

キーワード
ミーガン法

世界同時株安危機 震源は中国経済の失速?! (ニュース)
07:53~

中国が発端とみられる世界同時株安が進んでいる。21日、日経平均株価が1か月ぶりに2万円割れとなった。アメリカでは3日間でダウ平均が1000ドル値下がりした。その震源は中国・天津の爆発事故で、世界同時株安に飛び火した。

キーワード
天津(中国)
株安

特集 (ニュース)
07:55~

徳島県で先週阿波踊りが行われ、4日間で100万人以上の人出を記録した。前日にはフランス人のグループが到着。現地で阿波踊りを楽しむ愛好家で、徳島市によって招待された。道具を扱う「阿波踊りテクニカルファクトリー」では、フランスでは手に入らない衣装や道具、阿波踊り専用の足袋などを体験した。参加者の「オドレーさん」は、町に踊りが来て好きになった、その後阿波踊りの存在を知ってハマったと答えた。

フランス人の阿波踊り参加を取材。当日は街のあちこちで踊りが行われていた。軍団は一般の人たちが踊る「にわか連」に合流、踊りの指導を受けてから会場に向かった。本番では地元住民からも「うまい」と声がかかった。

フランス人の阿波踊り参加を取材。本番終了後、阿波踊りの伝説的存在といわれる岡秀昭連長(娯茶平連)が外国メディアの取材を受ける様子を見学した。力強い男踊りではなく、しなやかさときれいさが随一と海外まで知れ渡っているという。熱意を伝えるとその場でけいこをつけてくれた。

徳島市では阿波踊りの1週間後、街から観光客が消え閑散となった。市ではこのギャップが課題となっているという。「居酒屋 徳兵衛」の店長は、祭りの期間中は混みすぎて予約の電話を全て断っていたと答えた。「徳島グランドホテル 偕楽園」では、祭りが終わると休みのようになるとの声が聞かれた。徳島県庁の担当者は、春の「はな・はる・フェスタ」、秋の阿波踊りなどもPRしていきたいと答えた。

徳島市の阿波踊りへの課題を取材。新宿の居酒屋「新宿 阿波おどり」を取材すると、舞台での阿波踊りのショーでお客さんを巻き込んで踊るようすがみられた。徳島県民の客もおり、こうした店は地元にもないと答えた。

徳島市の阿波踊りの課題についてトーク。アグネス・チャンは、毎日踊れる場所を作るという取り組みには賛成と答えた。星野リゾート・星野佳路は、観光地には繁寡の差という問題がある、これを平均化していくと設備投資にも価値が出てくると答えた。高橋進は中国経済やアベノミクスとの関連について聞かれ、外国人の誘致はインバウンドとも呼ばれ、外貨を稼ぐという意味で輸出と同じ効果を持つと答えた。

京都の1年を通じた観光客誘致の事例を紹介。代表的な祭りや行事が1年を通じて行われている。三重県知事・鈴木英敬が学ぶべきことはと問われ、三重県にも式年遷宮の年とそれ以外の差という課題がある、伊勢志摩サミットも控えているがその後につなげるにはということを考えていると答えた。

続いて星野リゾート・星野佳路が、青森の「ねぶた」を使った冬の集客の事例を聞かれ答えた。「星野リゾート青森屋」ではねぶたを使った灯篭流しのイベントを行っている。観光の主な対象は日本人であり、日本人の休日を分散化して1年中来てもらうことが必要と答えた。今年の「シルバーウィーク」についても分散化のきっかけとしてほしいなどと話した。自民党・小野寺五典は休日分散化について聞かれ、実家でも旅館を行っているが空き室をなくすために努力している、今後は退職者の旅行者を呼び込むなどの取り組みも必要と答えた。

休日分散化についてトーク。高橋進が、民主党時代にも機運が高まったことがある、ゴールデンウィークの期間を地域ごとにずらす計画があったが企業の反対で実現しなかったと答えた。シルバーウィークを通年にすることについては、祝日を増やすことで簡単に実現できると答えた。自民党・小野寺五典は、学校の休みに家族の休暇の期間が依存している、学校の休みを動かすというアイデアもあるなどと話した。三重県知事・鈴木英敬は、亀山市で11月に独自に休みを設けるなどの取り組みを行っていると答えた。

議論を振り返ってトーク。平井文夫が、休日を増やすなどの規制緩和は反対勢力があるかどうかにかかっている、観光ではビザの緩和や免税の拡大が行われたが財務省・法務省・警察庁の反対を政府が押し切って実現させたなどと話した。自民党・小野寺五典が、反対勢力の多い規制緩和は選挙への影響から実現できないと聞かれ、平和安全法制などは反対意見が多いが推し進めているなどと答えた。平井文夫は、ホワイトカラー・エグゼンプション、IR(カジノつき統合リゾート)などは足踏みしていると指摘した。

観光の課題に戻ってトーク。アグネス・チャンが旅行で困ることはと聞かれ、行きたい時には人が混んでいる、旅館も高くなっていると答えた。休日の分散化に期待したいと話した。

星野リゾートの「ねぶた」を使った冬の集客について聞く。星野佳路が、「星野リゾート青森屋」で冬に行っている「ねぶり流し灯篭」を紹介した。年間を通じて同じことを行うのではなく、季節ごとのイベントを考えて行っていくことが有効と話した。東京で阿波踊りが楽しめることについては、一極集中につながるので個人的には反対と答えた。

続いて「宿泊できるアート作品」。新潟・十日町市「光の館」では、自然光と光ファイバーなどによる照明の融合した幻想的な空間で宿泊できる。10月末まで予約が埋まっているそう。

キーワード
阿波踊り
徳島市(徳島)
フランス
はな・はる・フェスタ
新宿(東京)
秋の阿波踊り
アベノミクス
インバウンド
京都府
式年遷宮
伊勢志摩サミット
ねぶた
シルバーウィーク
ゴールデンウィーク
亀山市(三重)
規制緩和
法務省
警察庁
平和安全法制
ホワイトカラー・エグゼンプション
IR
十日町市(新潟)

特集 (ニュース)
08:25~

新潟県越後妻有地区の玄関口の駅にはこの夏多くの観光客が溢れていた。目的は大地の芸術祭で、棚田とアートのコラボレーションが人気となっている。

自然とアートの芸術祭の仕掛け人は北川フラムさんで、北川さんと巡るツアーが非常に人気となっている。やってきたのは数千枚の鏡に覆われた廃屋で、鏡はすべてアーティストが削りだしたと観光客に説明していた。15年前にこの地で芸術祭を開催しようとしたきっかけについて北川さんは、豪雪地帯のどん詰まりの中で生きてきたことの自然との折り合いの見事さで出来てきた文化は魅力的、それが伝わるような旅になってもらえればいいと話した。

TAROさんの案内で廃校になった中学校を訪れると、地元の主婦が出迎えてくれる。この越後妻有上郷クローブ座では、土地の人が語る民話に合わせてロウソクを持った地元の主婦たちがパフォーマンスを行う。その後は、冷や汁などの郷土料理でもてなされる。野菜はレストランのスタッフが育てたものなどと使用している。スタッフは、自分達が作った野菜を美味しいって食べてくれるので嬉しい、と話した。

牧田保代は妻有地区で棚田農家を営んでいる。制作で東京からやって来た大学の学生と先生たちに、自分の畑でとれた野菜を使った差し入れを持ってくる。牧田さんは毎年芸術祭に出品してくれる学生たちに食事を差し入れてきた。この地域の人は棚田を先祖代々守ってきたが、一歩奥に入るとそこには使われなくなった田んぼがある。牧田さんも最近田んぼの一部を人に譲ったという。牧田さんをはじめ棚田を守る人の多くは70歳近くなっている。芸術祭には棚田をテーマにした作品は多く、今年もあらたな作品が加わった。北川フラムさんは、都市は進んでいて自分達は進んでいないように思ってるけど、そうじゃなく、そうやって生きてきたことは素晴らしいことで、アートで伝えて地域の人が誇りになるようなことがしたかったなどと話した。

須田哲夫は、地域に根付いている女性達は生き生きしていた、と話した。大地の芸術祭に行っているという高橋進氏は、冬は雪があって棚田が幻想的で、米やお酒が美味しい、アートが媒介して始まった地域おこしだが全体に広がっていることがわかる、と話した。この大地の芸術祭の新潟県内の経済効果は2012年で46億円以上にのぼっている。

大地の芸術祭を立ち上げた北川フラムさんは、発案のきっかけについて、地域の魅力を引き出すには芸術が一番よい、人を呼ぶ力があると話しているという。星野リゾート代表の星野佳路氏は、これはエコミュージアムというアプローチで、こういう良い事例ができると日本中にエコミュージアムが誕生するきっかけになるんじゃないかと思うと話した。

22日の早朝、神戸市長田区の商店街に怒りの声が飛んだ。

キーワード
越後妻有地区(新潟)
大地の芸術祭
日本大学
棚田
エコミュージアム
星野リゾート
神戸市長田区(兵庫)

特集 (ニュース)
08:44~

神戸の早朝の商店街に謎の大行列が出来て、市民の怒りの声がとんだ。400人もの人がプレミアム商品券を求めて並んだが、販売開始の5時間前に売り切れが決定し、神戸市の販売の最終日っだったこともあり、購入できなかった市民の不満が爆発し、警察が出てくる次第となった。午前10時、整理券を受け取ることができた市民のみがプレミアム商品券を購入することができた。多くの人がプレミアム商品券で日用品を購入する予定だという。

プレミアム商品券の経済効果について、平井文夫氏は単なる選挙対策なのでは、所得税減税したほうがよっぽど効果はあるんじゃないかと話した。自民党の小野寺五典氏は、今回の効果を良く見ながら対応していきたいと思う、などと話した。また三重知事の鈴木英敬氏は、単に消費ばら撒きと言われないような工夫も自治体もやっていく心がけが大事、と話した。

キーワード
プレミアム商品券
神戸市(兵庫)

エンディング (その他)
08:51~

星野リゾートの星野佳路氏は、世界の旅行業界の大変革に日本だけ取り残されるという危険を感じつつあると話した。

キーワード
星野リゾート
Airbnb
  1. 前回の放送
  2. 8月23日 放送
  3. 次回の放送