新報道2001 2015年8月16日放送回

『新報道2001』(しんほうどうにせんいち)は、フジテレビ系列(クロスネット局除く)で2008年10月5日から2018年4月1日まで毎週日曜日 7:30 - 8:25(JST)に生放送されていた政治討論番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年8月16日(日) 7:30~ 8:55
放送局 フジテレビ

番組概要

ニュース (ニュース)
07:30~

中国・天津の工場で爆発事故が発生。現地メディアは死者104人、負傷者722人と伝えた。青い屋根の建物が爆発で吹き飛んでおり、背後には建物のあった位置に巨大な穴が出現していた。半径2キロの建物の窓ガラスが割れるなどの被害が出たほか、当局は700トンの猛毒・シアン化ナトリウムが保管されていたと発表しており、流出により半径3キロに緊急避難命令が出たとの情報もある。

全国高校野球、西東京・早稲田実業が3回戦で山梨・東海大甲府と対戦。早実の清宮幸太郎選手は大会初となるホームランを放った。試合では3安打5打点をあげ、チームはベスト8に進出した。リトルリーグ時代にはイチロー選手と対面、その巨体に驚かれた。試合は8月15日に行われ、球場では黙とうもささげられた。

8月15日の「終戦の日」、都内で全国戦没者追悼式が行われ、参列者が黙祷。天皇陛下は戦没者への追悼の言葉を述べられ、今年は「大戦に対する深い反省」が「世界の平和とわが国の発展を祈る」とともに加えられた。

天皇陛下は戦時中、皇太子として奥日光にあった南間ホテルに疎開。建物は現在栃木・益子町に移築されている。終戦の「玉音放送」もこの建物で流されたという。翌年の書き初めには「平和国家建設」との作品を残された。神田・三茶書房の店主の別荘(山梨・甲府市)には陛下ゆかりの品があり、皇室研究者の学習院大学・斉藤利彦教授が訪れた。当時の担任が陛下の作文を書き写した原稿用紙で、感情が素直につづられているなどと紹介した。作文には戦時教育に基づくものもあり、日本の戦勝を喜ぶ作文なども残されていた。ご学友の橋本明氏は当時を振り返り、戦勝の知らせを聞くたびに嬉しい気持ちを持っていたなどと語った。

天皇陛下の作文を学習院大学・斉藤利彦教授が解説。「今年の決心」を聞かれ、「日本を背負って立つ人にならなければなりません」と答えたといい、幼少時から天皇となる覚悟を持っていたことが伺われるという。戦時中には戦災者を気遣われる姿が報じられたほか、「平和」の書き初めは日本国憲法が議論されるよりも前の昭和21年元日に綴られたと紹介した。

安倍晋三首相が戦後70年談話を発表。「侵略・植民地・反省・おわび」のキーワードに触れ、謝罪を後の世代まで続けるべきでないとの考えを表明した。スピーチ分析の専門家・川上徹也氏は、主語が示される文が少ないと指摘した。韓国の朴槿恵大統領は「物足りない」と語り、中国外務省は「ごまかしをすべきでない」と冷静な立場を表明した。

キーワード
天津(中国)
シアン化ナトリウム
早稲田実業
全国高校野球
清宮幸太郎選手
イチロー選手
天皇陛下
終戦の日
南間ホテル
安倍晋三首相
安倍談話
朴槿恵大統領
益子町(栃木)
奥日光(栃木)
三茶書房
玉音放送
甲府市(山梨)
神田(東京)
学習院大学
日本国憲法
中国外務省

オープニング (その他)
07:42~

オープニング映像。

戦後70年安倍談話 (ニュース)
07:42~

出演者挨拶とトーク。安倍首相の戦後70年談話について、天皇陛下のスピーチにも「深い反省」が言及されたと紹介した。4つのキーワードについて、「侵略」「植民地支配」については日本が行ったと明言せず、「反省」「お詫び」については過去の談話などの引用にとどまったという。自民党・萩生田光一は談話について聞かれ、バランスがとれたいい談話だと思う、閣議決定にあたり与党内での合意がなされたなどと答えた。舛添要一都知事は、外交に関わる者には中国・韓国が常に謝罪を求め続けているという壁があり、首相自ら未来志向をアピールしてもらう必要があったと答えた。

安倍首相の戦後70年談話についてトーク。片山善博は「政治システムは歯止めたりえなかった」との発言を取り上げ、戦時中の政治システムに対する反省について入り口を示したことに意義があると答えた。小宮山宏は「歴代内閣の立場は今後も揺るぎない」という一節に間接話法の存在を指摘し、中国・韓国政府は関係改善を望んでいるが世論の反応は予測できないと答えた。自民党・萩生田光一は、世論の反応は歴史が変われば変わってくると指摘し、日本も国際社会も進化しており新しい宣言が求められた、両国も理解してくれるはずと答えた。

安倍首相の戦後70年談話についてトーク。平井文夫は、4つのキーワードのうち「反省」はより強く示しているが残りは引用にとどまったと指摘し、中国・民主党・朝日新聞が反発すると思っていたと答えた。その他、謝罪を次の世代に引き継がないという発言に首相らしさがあったなどと話した。

キーワード
安倍首相
安倍談話
民主党
朝日新聞
天皇陛下

特集 (ニュース)
07:49~

韓国・ソウルに東大門デザインプラザが完成した。去年の完成から来場者約1000万人となっている。この設計者はザハ・ハディド氏。この2007年頭所予算は約220億円であったが2014年完成時には約468億円まで膨れ上がった。

一昨日政府は見直しの基本計画を発表した。原則として競技機能に限定、屋根は観客席の上部のみなどとした。8月中に事業費など新整備計画を策定予定。

キーワード
東大門デザインプラザ
ザハ・ハディド
ソウル(韓国)

特集 (ニュース)
07:54~

2012年7月に1300億円とされていた建設費用は2013年8月に3000億円超に。それが翌年5月には1625億円になったが1年後また3000億円となった。しかしはじめの1300億円も類を見ない額である。陸上界からはもっと出口がほしい、ラグビー界からはロッカーを 充実させて欲しいなどの要望があり、これが予算高騰の原因であるという。しかし削減の理由がわからないものを自民党は受け入れたという。

過去にも公共業の予算オーバーは繰り返されていた。愛知県・新城市にある道の駅「もっくる新城」でも予算オーバーが起きていた。当初予算は3億2500万円であったが5億6000万円に。足湯や駐車場の整備費など建物以外の予算を当該しなかったことが原因であると市議は言う。

増田さんはせっかく東京オリンピックで盛り上がっているのにこういうことが起きてしまうのは残念でしか無いと述べた。玉木さんは新国立競技場の予算がもともと高いのはスポーツ施設としてではなく公共事業として建設したからであるという。

萩生田さんはオールジャパンでスタジアムを完成させるために1社に任せるのではなくもっと分担してやるべきであると述べた。

小宮山さんは責任体制を明らかにすることとオープンにすることが必要であるであると述べた。桝添さんは3人の副知事を責任者に任命した。

平井さんはJSCは民間機構であるが役所であるから民間がやるべきではないのかと述べた。しかし萩生田さんはもう一度同じ轍を踏まないためにもやり方の見直しを図るとみられるとのべた。

小宮山さんは日本の無責任体制にそもそもの問題があると述べた。そのために本当に誰が責任を取るのか決めないと同じことの繰り返しになると述べた。

公式エンブレムのデザイナー佐野研二郎氏の著作権侵害問題について。しかしこのパクリ疑惑はエンブレム以外にも確認された。

キーワード
もっくる新城
新城市(愛知)
東京オリンピック

特集 (ニュース)
08:19~

サントリービールのキャンペーン賞品のトートバッグのデザインについて、パンのデザインは個人ブログのデザインにそっくり、「BEACH」と描かれた作品もアメリカデザイナーの作品とそっくりだった。デザイナーのベン・ザラコー氏は、佐野氏が盗作でお金儲けしていたなら法的手段をとりたいとした。30種類のうち8種類は取り扱いを中止した。佐野氏は管理下のデザイナーが第三者のデザインをトレースしたと認めた。14日には、ベルギーの劇場・デザイナーが国際オリンピック委員会に対し、東京五輪のエンブレム差し止めを求め地元裁判所に提訴し、認められれば使用の度に約690万円払うよう求められている。

東京五輪のエンブレムが似ているところから始まり、サントリーの賞品が取下げられた問題についてトーク。片山氏は取り返しのつかなくなることを危惧しており、これから佐野氏の作品の掘り返しがネットなどで進み、どういうことが出てくるかを心配していると述べた。

舛添氏は飲料メーカーの盗作問題と東京五輪のエンブレム問題は別であるとし、IOCと組織委員会の決定をうけて東京都は従うとしていると述べた。玉木氏は、良いデザインか悪いデザインで考えたら一般的にどうかと思っていたといい、良いデザインかどうかで考えた場合にベルギーの劇場の問題まで出てきたなら考えなおした方が良いとコメント。萩生田氏は、招致活動で使った桜のマークがよかった、小宮山氏は、今の世の中はこういったことがチェックできる、増田氏は、公募の仕方にも問題はなかったのかなどとコメントした。

キーワード
佐野氏
サントリーホールディングス
オールフリー
サントリー
国際オリンピック委員会
ベルギー
東京五輪

特集 (ニュース)
08:33~

このあとは…ニュースのタネ

  1. 前回の放送
  2. 8月16日 放送
  3. 次回の放送