新報道2001 2014年5月25日放送回

『新報道2001』(しんほうどうにせんいち)は、フジテレビ系列(クロスネット局除く)で2008年10月5日から2018年4月1日まで毎週日曜日 7:30 - 8:25(JST)に生放送されていた政治討論番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年5月25日(日) 7:30~ 8:55
放送局 フジテレビ

番組概要

特集 (ニュース)
07:30~

東京・文京区の小学校の運動会に悠仁さまが参加した。

皇居・宮殿が初めて一般公開された。17万人の応募者の内当選した300人が宮殿をまわった。オバマ大統領が来日した時に晩餐会を開いた豊明殿や総理の新任式、剣璽等承継の儀が行われる正殿・松の間や玉座が公開された。

宮殿が公開されたのは、天皇陛下の80歳の傘寿を国民とともに祝いたいという気持ちから。宮殿以外に様々な場所が公開されている。また、皇居内にはまだ知られざる場所があり、皇居内にある紅葉山には御養蚕所があり、ここでは皇后さまが上蔟をされた。宮殿の西側には生物学研究所があり、陛下が田植えをなさった。

先進国では法の不遡及は原則である。これは権力者が自分に都合よく法律を変えるのを防ぐ役割を持つ。しかし、韓国では法の不遡及に反することが起きている。海運会社の実質的オーナーユ・ビョンオン元会長は「全財産を提供する意思がある」と語ったものの、姿を消した。事故及びこれらを受けて、朴槿恵大統領は新特別法を作って元会長から財産を奪う意向を示した。韓国ではこれまでになんどか遡及に抵触する行為が行われてきた。違法ではないかという意見もあったが、憲法裁判所が違法ではないという結論を下した。その判断には国民世論が大きく影響する。

韓国で初めて日本語のコンサートを行ったASKA容疑者が覚醒剤所持で逮捕された。現在30代、40代の覚醒剤摘発者が増えている。ASKA容疑者の毛髪から覚醒剤の成分が検出されたことから、警察はASKA容疑者を覚醒剤使用の疑いで逮捕する方針。

キーワード
悠仁さま
両陛下
朴槿恵大統領
韓国船沈没事故
ASKA容疑者
覚せい剤
文京区(東京)
豊明殿
正殿・松の間
剣璽等承継の儀
御養蚕所
上蔟
憲法裁判所

オープニング (その他)
07:39~

オープニング映像。

ASKA容疑者逮捕を受けて、安藤和津は「ストレス社会を生き抜くには弱すぎる」、風間トオルは「覚醒剤が手に入らない社会を作って欲しい」、後藤茂之は「社会で覚醒剤を使わないという啓発が必要」、結城康博「薬物使用の高齢化は豊かな時代に育った人間にハングリー精神がないのではないか」、下重暁子「取り締まりだけでなく、何故使ってしまうのか人間の心を理解する必要がある」、平井文夫「政治がもっと踏み込んで厳罰化する必要がある」とそれぞれ語った。

キーワード
ASKA容疑者

認知症800万人時代 徘徊…行方不明の実態 (ニュース)
07:44~

栃木県壬生町の役場を取材中、一本の電話が。徘徊していた女性が保護された。女性は認知症を患っており、家の住所もわからない。数分後、娘さんから連絡があり、無事に家に着くことができた。女性の息子は特養などへの入所について、「ありますけど順番待ちだとか費用が結構かかるんで、大変なんでできないんです」と答えた。

認知症とは、脳の細胞が壊れることにより、記憶障害や判断力の低下などが起こる、生活する上で支障がでている状態。筆ペンを食べてしまうなど、一瞬も目を離すことができないのが認知症。現在、65歳以上の高齢者の7人に1人が認知症を発症している。

東京・武蔵村山市の村山団地の住民は、45%が高齢者。村山団地高齢者みまもり相談室は、そこに住む高齢者をサポートしている。ある女性は相談室を訪れ、福祉施設に戻ろうとするも、逆の方向へ。福祉施設へ辿りつけず、相談室へ戻ってきてしまった。認知症は危険を招くこともあり、2007年愛知県では、認知症の男性が線路内に入り、列車に轢かれ死亡。JR東海は死亡した男性の家族に損害賠償を請求。360万円の損害賠償という判決が下された。判決後遺族は、「行動を一瞬も目も離さずに監視することは不可能」と述べた。

キーワード
壬生町(栃木)
認知症
村山団地
徘徊
武蔵村山市(東京)
愛知県

認知症800万人時代 徘徊…行方不明の実態 (ニュース)
07:53~

金子さんには特徴的な行動があり、全く同じコースを全く同じ行動で周回する。金子さんは同じコースを8時間で6キロ歩き続けて家に帰った。もし周回でなく直線範囲であったら金子さんの行動範囲はかなり広くなる。

静岡・富士市の介護施設2人3脚では介護内の徘徊が問題となっている。要介護4の男性は夜中に何度も布団から起きてしまい、職員も目を離すことが出来ない。職員は「家庭では面倒を見れないだろう」と語った。認知症で徘徊の末行方不明になった人は1万300人。死亡が確認されたのは390人に登る(警察庁調べ)。

安藤和津は自分の体験を思い出し、「認知症の患者とは感覚が違うため、一瞬足りとも目が話せなかった」と語った。最も辛かったことは「親子の関係が逆転してしまったこと」と語った。

風間トオルも認知症の祖父の事を思い出し、小学生の頃に全裸で歩く祖父の介護をしていた経験を語った。裸で近所を歩くために近所でも有名になり、友人には言い出せずに、友人と一緒にいた時は他人のふりをして、友人と別れた後に祖父を迎えに行っていた。その他食事や洗濯の世話もしていた。

自民党の後藤茂之氏は、「認知症は家族がどう受け入れて尊重しながらやっていくのが大変だと思う」とコメントした。下重暁子氏は「よくお年寄りの行方不明の放送を聞くが、その後の情報がない」などとコメントした。2007年に認知症の男性が妻が目を離したすきに外出し、電車にはねられて死亡するという事故が発生した。JR東海は遺族に損害賠償を求め訴訟を起こし、今年4月の控訴審では妻に約360万円の支払いが命じられた。現在は上告中で最高裁での判決が待たれる。下重暁子氏は「法律というのはそうなんだろうが、これは法律ではさばけない。他の裁き方を考えなくてはいけない」とコメントした。安藤和津氏は「これは老々介護なので、もう少し人間的な裁き方はなかったのか」などとコメントした。結城康博氏は、「社会の仕組みは認知症の人がいるということを前提に作っていないので、早急に法律を改正し、家族や社会の義務を法改正に盛り込んでいただきたい」などとコメントした。平井文夫氏は「この場合、代替輸送の代金を誰が払うのか。JRが払うとなった場合関係ない(電車の)利用者の運賃が上がる。介護している人はかわいそうだけど、他にもかわいそうな人はいっぱいいるわけで、誰が負担するのかは議論してもいいと思いますが難しいところですね」とコメントした。

衆議院厚生労働委員会で、医療・介護“改革法案”が強行採決された。平井文夫氏は「財源に比べてサービスの裾野が広すぎかつ厚すぎて、ある程度適正化しようということで、一定所得以上の利用者の自己負担を引き上げも入っているし、特養ホームの入所条件を厳格化も入っている。批判もあるが、まだ足りない。もうちょっと切り込まなければだめなのでは」とコメントした。後藤茂之氏は「要支援のサービスを国から地方に移行というのが大きな内容。事業に移しても介護保険から財源は出て行くし、そういう意味では必要なサービスを必要な方にお届けするのは変わらないと思いますし、変われる部分については変わっていく」などとコメントした。

在宅介護について安藤和津氏は「在宅介護の大変さを認識したうえで進めるならいいが、ヘルパーなどは使いにくいサービスだった。こうしたものの改善はどうするのか」とコメント。後藤茂之氏は「国の給付サービスは適用範囲が決まっていたり弾力性に乏しい。地域の包括ケアの中で、サービスと介護給付を組み合わせることで弾力性のあるサービスにすることはできる」とコメントした。風間トオル氏は「誰かに手伝ってもらえるなら手伝ってほしいという実情だが、人が足りていないのでは。外国人の間口も広げて、自治体に一定予算を与えて各自でやったほうがいいのでは」とコメントした。平井文夫氏は「在宅介護というのは家で個人がやるのではなく、サービスを受けるのがメイン。しかし肝心のサービスのところが少ないので結局家族のところにきてしまうというのが問題点」とコメントした。

外国人介護福祉士はEPA経済連携協定でインドネシア人などが来日。介護研修を受け、最近は日本の国家試験に合格した。結城康博氏は「介護にお金をまず配分すること。増やしていかないとサービスはできないし、家族ありきの在宅介護が現状。地域やボランティアを活性化させるのは賛成だが、担い手はいるのか。地域格差もある。地域にあまり依存するとサービスが足りなくなる。外国人介護福祉士は、在宅では慎重にすべきで、まずは施設でやっていくべき」などとコメントした。

キーワード
村山団地
徘徊
認知症
富士市(静岡)
警察庁
2人3脚
愛心援助サービス
JR東海
衆議院厚生労働委員会
医療・介護
在宅介護
外国人介護福祉士
EPA経済連携協定

認知症800万人時代 徘徊…行方不明の実態 (ニュース)
08:19~

介護・看護により前職を離職した人数は女性が圧倒的で、2011年から2012年にかけては約8万人の女性が離職した。安藤和津氏は「男性は家庭内教育がなっていない。介護になった時、非常に使い勝手が悪い」とコメント。下重暁子氏は「女性が最初から自分が犠牲になると考えるのは間違い」とコメントした。

風間トオル氏は「自分がいつ認知症になるかわからないので、そういう年になったらGPS機能を持ち歩いたほうがいいのかなと思いました」とコメント。下重暁子氏は「高齢者が自分で生きていくという心構えを持たなければならない。若い時から自分をそういう風に作りあげなければならない」とコメントした。

キーワード
介護
認知症

特集 (ニュース)
08:23~

イギリスのフードライター、「食の詩人」マイケル・ブースさんが書いた「英国一家、日本を食べる」が注目を集めている。マイケル・ブースさんは「日本の懐石料理は西洋のシェフに大きな影響を与え、素材の良さを引き出すことの大切さを教えた。和食は世界遺産だ」と語った。

マイケル一家は来日してスカイツリーを観光し、隣接するソラマチで抹茶味のわらび餅、三色団子、みたらし団子を食べた。和食には様々な食感があり、マイケルさんは特に餅の食感に興味を見出していた。

駿河湾沼津サービスエリアでマグロの解体ショーを見物し、魚介類の取材を行い、日本人の魚に対する知識の豊富さに驚いていた。

マイケルさんはガード下のような奥まったところに美味しいものがるという考え持っており、妻のリスンさんは眺めの良いところに行きたいと少し不満気だった。ガード下の居酒屋で夕食をとり、あふれるまで注がれる日本酒に日本人の精神を発見した。

マイケル一家は江戸前寿司を食し、「寿司」は魚の新鮮さが命と語る西洋に異を唱え、日本の漬けマグロのような2日、3日熟成された魚に価値を見出している。

マイケルさんは築地の丸山海苔店を訪店し、海苔を試食し、独特の表現で「一枚の薄いガラスのよう…」、「一言で表現できない、レモンのようなお茶のような海…」と味を語った。

マイケルさんは老舗店舗に来店すると必ず昔と比べた消費量を質問する。海苔は多めの消費量の低下(米穀安定供給確保支援機構)に伴い、消費量が減っている(海苔増殖振興会)。マイケルさんは海苔の可能性を新たに見出し、トマトと合わせることを提案した。

キーワード
英国一家、日本を食べる
ソラマチ
わらび餅
みたらし団子
三色団子
駿河湾沼津サービスエリア
マグロ
江戸前寿司
海苔
米穀安定供給確保支援機構
海苔増殖振興会

特集 (ニュース)
08:37~

マイケルさんは次に、東京・中央区の「佃源 田中屋」を訪れた。佃煮を食べたマイケルさんは「深みのある凝縮された味わい。熟成されていて甘く、そして苦味もあってとてもデリシャス」とコメント。佃煮をご飯に乗せる伝統的な食べ方を尊重するも、モッツァレラチーズと合わせ、ピザにしてもいいと語った。また、世界のシェフがこの食材を知ったら新風が巻き起こると話した。

「TWO ROOMS」のオーナーシェフのマシュー・クラブさんは、「熊本産馬肉タルタル アスパラガス」など、佃煮をアクセントを加えるために使用している。マシューさんは「佃煮の旨みがドラマティックに馬肉の風味を変えてくれました」とコメント。マイケル・ブースさんは最後に、「伝統的な食はバラエティに富んだ刺激的で新しい世界を作ってくれるんですよ」とコメントした。

下重暁子氏は「お寿司をはじめ佃煮など、全部江戸時代に出来たもの。全部庶民のものであり、庶民の味というのは上から押し付けられてそれに抵抗する力を持っている。それを食べていただきたい」とコメントした。

キーワード
中央区(東京)
佃煮
熊本産馬肉タルタル アスパラガス

ニュースのタネ (ニュース)
08:45~

エリザベス女王も訪れた「チェルシーフラワーショー」。会場には20万人以上が訪れ、毎年入場制限がかかるほどの人気。庭園デザイナーの石原和幸さんもこのショーに参加。桃源郷をイメージした作品が展示され、見事ゴールドメダルを獲得した。

洋泉社発行、多湖弘明著の「鳶 上空数百メートルを駆ける職人のひみつ」が紹介された。

キーワード
エリザベス女王
チェルシーフラワーショー
洋泉社
多湖弘明
鳶 上空数百メートルを駆ける職人のひみつ

エンディング (その他)
08:51~

下重暁子氏は介護について、「私は死ぬときが一番私らしいという風になりたい。人から管理されたくない。今の介護施設で一斉に何かさせるのは使っている方の論理です。入っている人のことを考えなければならない」とコメントした。

キーワード
介護
  1. 前回の放送
  2. 5月25日 放送
  3. 次回の放送