新報道2001 2013年8月11日放送回

『新報道2001』(しんほうどうにせんいち)は、フジテレビ系列(クロスネット局除く)で2008年10月5日から2018年4月1日まで毎週日曜日 7:30 - 8:25(JST)に生放送されていた政治討論番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年8月11日(日) 7:30~ 8:55
放送局 フジテレビ

番組概要

ニュース (ニュース)
07:30~

今週水曜日に石垣市の仲間均市議が尖閣諸島付近で魚釣りをしていたら、突然中国・海警局の船が領海に侵入し独自の主張を繰り返し接近してきた。中国船3隻は翌日の正午前まで約28時間以上日本領海に侵入し続けた。更に、漁船よりも尖閣諸島側に立ちふさがるように停留している様子から島を守っていると対外的にアピールしていると指摘した。

中国は記録的な猛暑により上海でも気温40度を超えた。魚の養殖場は干上がり熱中症患者で病院は溢れかえっている。しかし海岸には異様な光景が広がっていた。

キーワード
尖閣諸島(沖縄)
中国
猛暑
上海(中国)
熱中症

ニュース (ニュース)
07:34~

中国の海岸では猛暑による強烈な日差しから肌を守るためにマスクをかぶっている女性が多く見られた。更に、プールには市民1万人が殺到した。

きのう山梨・甲府市や高知・四万十市では40度を超えた。全国的に猛暑が続く中、おととい秋田県や岩手県では記録的な大雨にみまわられた。そして昨日からお盆休みの帰省ラッシュがスタートした。

世界文化遺産に登録された富士山にも大勢の登山客が殺到している。例年の30%増となりごみ問題も再浮上した。富士山保護の専門家は入山料で登山客を制限するしかないと指摘した。今年7月に山梨県と静岡県が試験的に入山料制度を導入し、任意で1000円を支払ってもらい10日間で3400万も集まった。しかし、1000円では抑止出来ないので1万円程度支払うべきだと指摘。環境経済学の専門家は去年の入山客まで抑制するには約7000円の入山料が適正だと話した。

先日イタリアの世界遺産ポンペイ遺跡はイタリア政府の財政難から遺跡の補修費が削減され、崩壊が目立つようになってしまった。そのため、世界遺産取り消しという噂が広がっている。富士山を守るためにも入山料で制限する必要がある。世界的に見ても3~4000円が妥当ではないかと話した。

キーワード
猛暑
中国
甲府市(山梨)
四万十市(高知)
秋田県
岩手県
世界文化遺産
富士山
イタリア

オープニング (その他)
07:39~

オープニング映像。

渋滞情報 (バラエティ/情報)
07:39~

最新の渋滞情報を伝えた。

国土交通省は渋滞による損失が年間12兆円にものぼると試算している。観光地では渋滞を解消させるために様々な対策を行い公共機関の利用などを呼びかけている。

キーワード
関越
東名
中国
中央
渋滞
国土交通省

老朽化列島ニッポン あぶない橋 驚きの実態 (ニュース)
07:42~

老朽化列島ニッポンについてスタジオでトーク。現在全国で通行止めになっている橋は232あり、自民党の山本有二は専門性が無いとコンクリートが劣化してるかという様な判断は難しくて結局は先送りになったりしており、新しい考え方をしていく公共事業の在り方論が必要だと語った。

一方、民主党の前原誠司は、公共事業を見なおしていかざるを得ない中において、「財源を地域に任せる」「民間の知恵を出来るだけ入れていく」「新規はできるだけ抑制する」という3つの考えを入れていくべきだと主張した。老朽化インフラの補修・回収作業が進まない理由の一つには予算の問題があり、鈴木英敬三重県知事は小さい自治体での財源がしんどく、三重県では小さい橋にも補修計画を作って長寿命化していく等、コストを削減していく事に取り組んでいると語った。自民党の山本有二は、人が少ない中で地方に任せきりにしてしまうのは無責任なので、今後の公共事業は国も人も技術的に関与していくべきだと語った。

みんなの党の江田憲司は公共事業について、地域でちゃんと財源を持って点検をする、民間にも任せて緻密な維持・補修・管理をやっていく事が大事だと思うと語った。共産党の小池晃は、公共事業が悪だとは思っていないが命・暮らしを優先して公共事業の中身を変えていく必要があり、新規事業よりも維持・修繕事業を増やしていくべきだと指摘した。山本有二は、国と地方が連携をして、お互いの暮らし・街をどうしていこうかという様な温かい触れ合いの中で維持・更新が出来上がると思っていると語った。

藤井聡は、公共事業の予算を削る事がどれだけ地方に影響を及ぼしているのかをまずしっかり認識していくべきだと指摘した。前原誠司は、今の国の財政状況は悪く、全ての歳出を見直していくのは当たり前で、民主党はダム事業見直しにも取り組んだと語った。

平井文夫は、被災地以外で復興予算が使われた事を語り、こういう所を変えないといつまでたっても公共事業悪玉論は無くならないのではないかと指摘した。山本有二は、復興予算に関する制度設計の段階で周知徹底が行われていなかったと語った。小池晃は、自民党がゼネコンに献金を要請したりしており、結局国土強靭化ではなく自民党強靭化なのではないかと指摘した。

復興予算を森林整備に使った事について聞かれた鈴木英敬三重県知事は、制度設計がそうだったのはあるが返還する、公共事業については余裕が全く無いと語った。江田憲司は、整備新幹線など、こんな無駄な所に使われたら本当に必要な所に財源が回らないと指摘。前原誠司は、B/Cについてはしっかりと新たな基準を作ってそれに合った物をやっていく、笹子トンネルの崩落事故などがあったが道路の維持については償還主義が正しいか議論をしていくべきだと語った。

おととい財務省が国の借金は初めて1000兆円を突破した。山本有二は、国際的な理解を求めながら、長期金利が上がらない様に公共事業費の額を考えていくと語った。更に、増税前後には駆け込み需要と反動があり、補正予算を組んで消費の落ち込みを是正する、雇用を確保する為の補正は必要で、地方の景気を支えるという意味ではミッシングリンクの是正や津波対策で高台移転したりする事を熱心にやっていく期間がどうしても必要だと語った。

記録的な大雨が今度は東北を襲っている。秋田・鹿角を訪れると市内の用水路は氾濫し橋は崩壊・道路も陥没していた。更に山間部に降った雨が低地の川に流れ込み、途中にあるインフラを破壊していった。復旧に当たっている作業員はインフラの設計基準が古いためインフラの整備が急がれている。

前原誠司は、増税時には駆け込み需要が生じて何らかの財政的な措置を取らなければいけない事はわかるが、それが従来的な公共事業かというとそれは違うという話になると語った。小池晃は、今の山本さんの話を聞いたら何の為の増税なのかという話になると指摘。

岩手・矢巾町ではアスファルト全体が浮き上がってしまっていた。特に岩崎川の増水により被害が相次いでいる。民家の集まる下流では上流から流れてきた流木が流れをせき止めてしまい蛇行した川の流れにより道路が削られてしまった。岩崎川は下流から拡張工事が行われている最中で、この地域も数日前に住民説明会が行われたばかりだった。

インフラの補修元年と言われていた今年だが、補修は全く進んでいない。全国に橋梁はおよそ70万ヶ所あり、2032年には約65%が対応年数50年を超える。しかも、橋の7割は補修予算が組みづらい市区町村の管理となっている。国土交通省は橋梁の緊急点検を各自治体に指示している。

日本のインフラの現状を調べるため佐賀・武雄市を訪れた。市の許可を得て約40年前に建設された印にゃく橋を確認した。市の調査では5段階中C評価だったが、腐食し中の鉄筋が見えてしまっていた。しかし、しっかりと補修していけば安全はある程度保たれると説明した。更に23年前に建設された鳥海跨道橋は以前、橋脚の鉄筋が露出しており最低評価のEだった。しかし、専門家は補修すれば大丈夫だと話した。そして、C評価だった橋では橋台の部分に劣化が見られ5年後の架替えまで経過観察が必要だと指摘した。

インフラの補修作業が進まないのは武雄市の建設課内には維持補修部門は4名しかおらず、体制が整っていない。更に、新設の倍手間がかかる公共事業を建設業者が受けたがらないという現実があった。

キーワード
公共事業
民主党
三重県
みんなの党
共産党
復興予算
国土強靭化
B/C
笹子トンネル
消費増税
ミッシングリンク
鹿角市(秋田)
インフラ
矢巾町(岩手)
岩崎川
国土交通省
武雄市(佐賀)
印にゃく橋
鳥海跨道橋

江田氏更迭の波紋 (ニュース)
08:22~

みんなの党の渡辺喜美代表と政界再編をめぐる対立を繰り広げていた江田幹事長が更迭された。結党以来4年間右腕として活躍してきていた江田幹事長に対して渡辺代表は「根本的に信頼関係が壊れている。」と厳しい言葉を突きつけた。

みんなの党の元幹事長の江田憲司は、インターネット番組上で渡辺喜美代表が「最初からある意味ではボタンのかけ違いがあった。幹事長にすべきではなかった」と発言していたことについて、もし本当に言ったのであれば悲しい思いだと話した。3年後の選挙で野党が政権を奪い返すには野党再編をしなければならないと指摘した。民主党の前原は野党再編を行うのであれば政策理念をしっかりとすり合わせていくことが一番大切だと話した。

キーワード
みんなの党
渡辺喜美代表
野党再編
民主党

財政破綻からの挑戦 (ニュース)
08:27~

北海道夕張市にある花園橋。財政破綻した町にかかる橋は街の栄華と没落を見てきた。この橋が作られた昭和12年、夕張は日本のエネルギーを支えてきた炭鉱の街だった。しかし時代は流れ、炭鉱は閉山し莫大な負債が残った。2007年に花園橋は架け替えられる予定だったが財政破綻のため工事は中止した。橋の工事を再開させると意気込む鈴木直道市長は夕張市の支出を抑えるため町を小さくしようと考えている。

夕張市の鈴木市長は集落を集め、そこに商店や医療施設を作るコンパクトシティ構想を掲げている。その第一段階として数棟に分かれて住む住民を公営住宅ないで集約する。住民が集まれば地区の維持管理費や除雪費用を削減できる。しかし真谷地地区などでは移転が進まない。市長は説明会などで対話を繰り返すことが重要だと語る。

真谷地地区の大竹アイ子さんは一人で炭鉱住宅に住んでいる。2LDK風呂なしで家賃は3万1000円。けして楽な生活ではなく話を聞くと不満を口にしたが、住民が集まるお茶会にはアイ子さんのような独身者が集まった。夕張市の高齢化率は44%だが真谷地地区は75%にものぼる。最盛期の夕張では不自由の無い暮らしを行なっていたという。

大竹アイ子さんは、無料で送迎車を出している診療所に通っている。夕張市の療養諸費はおよそ43万円。医療費の上位を占めているのが生活習慣病系で旧炭鉱町ということもあり、味付けの濃いものを好む食習慣も由来しているのではと夕張市の芝木課長は話した。診療を終えた方たちは、隣にある農協で買い物をして帰っていた。

キーワード
夕張市(北海道)
財政破綻
花園橋
真谷地地区(北海道)
コンパクトシティ構想

財政破綻からの挑戦 (ニュース)
08:37~

空港のエコノミークラスの列に夕張市の鈴木市長の姿があった。手荷物は夕張メロン。行き先はカタール・ドーハで市長は夕張メロンのトップセールスを行うためにアティーヤ外相のもとを訪れた。しかしこのトップセールスにも財政破綻は影を落とした。市長は0泊3日の強行スケジュールで渡航費36万円は自腹となっている。また市長の給料は全国最低の25万9千円で渡航費よりも安い。

夕張市では収入を増やすと同時に無駄をなくす取り組みも進めなければならない。北海道大学の瀬戸口教授や学生たちの力を借りて真谷地地区の住民にアンケートを実施すると、共同浴場でコミュニティが培われていることなどが判明した。では何を最優先すればいいのか。瀬戸口教授は住民のコミュニティを優先するとコメントした。

集約と高齢化の問題は東京都心部でも起きている。東京都北区の桐ヶ丘団地の高齢化率は50%以上で2030年には東京都も3人に1人が65歳以上になるという。東京都は団地の建て替えを始めているが、昭和38年からこの団地に住む岩渕さん夫妻は移転はしたくないと話している。

夕張市の未来はコンパクトシティ構想にかかっていると信じ鈴木市長は住民との対話を続けた。市長は真谷地の住民のもとに何度も通い説明を続けた。そして最初の説明から半年がたち、彼らの心境に変化が現れ始めた。夕張市との交渉にあたった村田さんは、市長や役所の人の話を聞くと移らなくてはいけないことを各自自覚したと思うと話した。

CMのあとはニュースのネタ。

鈴木英敬は「本当に凄いこと、津波対策の高台移転の合意取り付けるのにも大変なのに」、藤井聡は「移転も公共事業、公共事業悪玉論なんか会ったからこういう事がなかなか進まないのでは」などと話した。

キーワード
夕張市(北海道)
夕張メロン
ドーハ(カタール)
アティーヤ外相
トップセールス
財政破綻
北区(東京)
桐ヶ丘団地
コンパクトシティ構想

未来への「ニュースのタネ」 (バラエティ/情報)
08:47~

1894年に立てられた奈良国立博物館・旧本館では展示物が無い中で扇風機を回している。しかし豪雨で雨漏りがあった為に、展示物が濡れてしまい作業場で乾燥しているという。

代官山蔦屋書店では「思い通りにできる仏像彫刻」という本が人気になっている。そこでは仏像彫刻が密かなブームになっており、教室も開かれているという。

キーワード
思い通りにできる仏像彫刻
やさしい仏像彫刻教室

エンディング (その他)
08:51~

エンディングの挨拶。

  1. 前回の放送
  2. 8月11日 放送
  3. 次回の放送