新報道2001 2018年2月18日放送回

『新報道2001』(しんほうどうにせんいち)は、フジテレビ系列(クロスネット局除く)で2008年10月5日から2018年4月1日まで毎週日曜日 7:30 - 8:25(JST)に生放送されていた政治討論番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年2月18日(日) 7:30~ 8:25
放送局 フジテレビ

番組概要

ニュース (ニュース)
07:30~

羽生結弦がオリンピック二連覇を達成した。現地から羽生結弦選手と宇野昌磨選手が生出演する。

キーワード
羽生結弦選手
宇野昌磨選手

オープニング (その他)
07:30~

オープニング映像が流れた。

ニュース (ニュース)
07:30~

現地のスタジオに羽生結弦選手と宇野昌磨選手がまもなく到着するという。昨日は日本中が誇らしくなった日だと司会がいう。佐野さんは、気持ちよかったと感じたという。

羽生結弦選手と宇野昌磨選手が登場した。金メダルのケースがないので、ニットにくるんだとのこと。羽生結弦選手は、宇野昌磨選手は才能のある選手だと子どものころから思っていたという。ここまで成績を残せるとは思っていなかったと宇野昌磨選手がいう。佐野稔さんが、どんな感触だったかと聞く。羽生結弦選手は絶望的だったという。氷に乗る感触がなかったとのこと。痛み止めの薬は強いものを使ったとのこと。宇野昌磨選手は願いを込めていたという。敵は心理的なものだと羽生結弦選手がいう。小さい頃から一緒にやってきたので、宇野昌磨選手はライバルではないという。ハビエル・フェルナンデス選手と抱き合ったときは言葉を聞いて泣いてしまったという。宇野昌磨選手は羽生結弦のぜんぶを尊敬しているとのこと。

9年前に、羽生結弦選手と宇野昌磨選手は出会った。宇野昌磨選手の結果を知った瞬間、羽生結弦選手は涙を流した。

フリーの演技を終えた瞬間、何かから解き放たれた表情だった羽生結弦選手。羽生結弦を育てた都築コーチが、足は万全ではなかったという。昨日の演技で異変に気づいたとのこと。

キーワード
平昌五輪
ハビエル・フェルナンデス

ニュース (ニュース)
07:42~

つづいては…「平昌五輪、影の主役のあの女性たち」

スタジオの内閣官房副長官の西村さんは、羽生さんは想像力がすごいという。羽生さんと宇野さんは切磋琢磨しているとのこと。

都築コーチは羽生結弦選手の異変に気づいたという。去年11月に負ったケガは完璧に治ったわけではなかったとのこと。その勝因は、リンクに立てなかった2か月間にあったという。イメージトレーニングが羽生結弦選手は得意なのだとのこと。体のコントロールをかなりやったという。精神力で怪我明けを払拭したという。羽生が流した涙には理由があったとのこと。宇野昌磨選手の急成長を感じていただろという。

宇野昌磨選手は、浅田真央さんに声をかけられ、フィギュアスケートをはじめたという。羽生結弦はジュニアのタイトルをとっていた。そんな羽生と宇野昌磨は12歳のときに同じリンクに立った。まだまだ羽生は遠かった。羽生選手は雲の上の存在だと語っていた。その後、羽生は宇野昌磨選手を意識しはじめた。昨日ははじめ、羽生が演技した。ノーミスなら、金もありえた宇野昌磨選手。ころんだがその後、持ち直した。王者を追い詰めるまでに成長した。

何が快挙の決めてになったのか。4回転サルコウと4回転トウループがうまく決まったと佐野さんがいう。これ以上ない点がついた。4回転サルコウ+3回転トウループもきまったとのこと。宇野昌磨選手は4回転ループで失敗し減点となったが切り替えが早く、調子に乗ったという。世界中が日本一色になっただろうと出演者がいう。アメリカでも大きく報道されたと前嶋さんがいう。メンタルの強さがすごいとのこと。安倍総理も、羽生選手に、祝福の電話をかけたという。

キーワード
平昌五輪
美女応援団
浅田真央さん
フィギュアスケート 全日本選手権
安倍総理
国民栄誉賞
平昌オリンピック

ニュース (ニュース)
07:56~

つづいては…「米大統領補佐官マクマスター氏『北朝鮮の核・ICBM開発は???後最大の不安定要因だ』」

日本対南北合同チームでのアイスホッケーの試合で、あわや乱闘のシーンも見られた。場外でも乱闘騒ぎがあった。北朝鮮の金正恩委員長のそっくりさんが登場し、揉めた。美女応援団は、一糸乱れぬ応援だった。日本が得点してもリアクションはなかった。合同チームが得点すると熱狂した。美女応援団の前に、金正恩委員長のそっくりさんがあらわれると皆、リアクションに戸惑っていた。素のリアクションだった。香港在住のアーティストハワードさんがそのそっくりさんだ。

李泳采氏は、李明博、朴槿恵大統領は8年間、北朝鮮と冷却時代を続けていたという。美女応援団は、融和政策に転換していく狙いがあるとのこと。北朝鮮のマイナスイメージを払拭する必要があり、オリンピックは絶好の機会だったとのこと。美女応援団はビーチを散策。そのあと、観光地にも向かった。儒教ゆかりの地でライブもおこなった。

南北首脳会談開催に対してどう思うかという調査で、酸性は7割を超えた。融和に向けて北朝鮮と韓国は接近している。

金与正氏が金正恩委員長と腕を組む写真が公開された。金与正氏は笑顔だ。ムン・ジェイン大統領に対するメッセージだろうと宮家さんがいう。アメリカはほおっておいて、北と南だけでやろうというメッセージだ。

開会式での安倍首相の写真は、金与正氏と目をあわせる様子もない。金与正氏は人を寄せ付けない雰囲気があったと西村氏がいう。レセプションでは、安倍首相は意識的に金与正氏に近づかなかったとのこと。安倍総理から、金泳三氏に、日本の立場をしっかり伝えたという。多少のやりとりはあったとのこと。ムン・ジェイン大統領は、北朝鮮に押されている見方もあるが、取り込んでいこうという狙いだとのこと。北朝鮮は、韓国世論を懐柔しようとしている。

宮家さんは、ムン・ジェイン大統領は確信的にやっているという。北朝鮮としてはうまくやっているという。安倍首相は厳しい顔をしていたと平井氏がいう。ムン・ジェインは日米の方向に戻ってくるとのこと。

歓迎会での席順には意味があったと西村さんがいう。直前に何度も変わったとのこと。金泳南委員長が出席されるだろうと言われていた。この席は韓国側の狙いがあった。ペンス副大統領は、椅子に座らなかった。とても無礼で強引な外交も必要だ。安倍総理にも必要だったのではないか。

ムン・ジェイン大統領は大事な人を近くに置き、安倍首相は遠くに置いたという。グテレス事務総長と金泳南氏もやりとりをしていた。

キーワード
マクマスター氏
北朝鮮の核・ICBM開発
金正恩委員長
Little Big
ロリーボム
恵泉女学園大学
栗谷李珥
韓国社会世論研究所
李明博
朴槿恵大統領
金与正氏
ムン・ジェイン大統領
安倍首相
金泳南委員長
安倍総理
ペンス副大統領
金泳南氏
グテレス事務総長

ニュース (ニュース)
08:14~

アメリカの軍事攻撃は有り得るのかについてトーク。マクマスター大統領補佐官は、北朝鮮の核・ICBM開発は第2次世界大戦後最大の不安定要因だとしている。共和党有権者の世論調査では、もっとも重要な問題として北朝鮮31%となっている。共和党支持者の世論が変わり、マクマスター大統領補佐官の言葉をそのまま受け取るともしかしたらとなると、前嶋和弘教授。アメリカは、タイミングをみてアメとムチを使いこなせる大国、アメリカは着実に外交的解決をメインにしている、五輪時の南北の交流を見てアメリカは軍事行動の優先順位を下げたとみていると、武貞秀士特任教授。

4月に行われる予定の米韓合同軍事演習についての見通しについてトーク。アメリカの方針が決まっていないと思う、 国務省や国防省が発言し始めたら本当に危ない、北朝鮮の狙いは6月の首脳会談まで待つことでなし崩し的にプロセスが中断しいくことと、宮家邦彦氏。米韓合同軍事演習を行うと、北朝鮮はICBMを打たざるを得ないことになり、北朝鮮が暴発し、アメリカが介入するとおそらく日本政府はみていると、平井文夫。五輪開会式の前日2月8日に北朝鮮は大軍事パレードをしている、微笑み外交をしつつ核・ミサイル開発をやっているという現実があり、我々は国際社会と一致して経済と軍事で圧力を高めていく状況と、西村康稔氏。

羽生善治竜王と藤井聡太五段の公式戦初対局。自家製コーヒー牛乳を飲む藤井五段の映像。

キーワード
マクマスター大統領補佐官
米韓合同軍事演習
自家製コーヒー牛乳
羽生善治竜王
藤井聡太五段

ニュース (ニュース)
08:20~

朝日杯将棋オープン戦準決勝、藤井聡太五段は憧れだった羽生善治竜王との初対戦だった。結果は藤井五段の勝利となった。試合後の会見で藤井聡太五段は、程よい緊張感で臨めたと話した。羽生竜王は藤井五段について、非常に冷静に指されているなあという印象だったと話した。藤井聡太五段は、さらに精進して一歩一歩上を目指していきたいと話した。

フィギュアでは、今回オリンピックに出られなかったトリプルアクセルを跳ぶ女子がいる、来年どうなるか面白い展開になるのではないかと、佐野稔氏。世代交代って意外と早く来るんですねと、宮家邦彦氏。羽生竜王は若い力を吸収してさらに高みを目指すとしている発言を紹介した、西村康稔氏。

キーワード
朝日杯将棋オープン戦
藤井聡太五段
羽生善治竜王
羽生竜王
  1. 前回の放送
  2. 2月18日 放送
  3. 次回の放送