直撃LIVE グッディ! 2019年4月22日放送回

『直撃LIVE グッディ!』(ちょくげきライブ グッディ!、英字表記:GOODY! GOOD DAY!)は、フジテレビ系列で2015年(平成27年)3月30日より毎週平日(月曜日から金曜日)の13:45 - 15:50に生放送されているワイドショー情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月22日(月) 13:45~15:50
放送局 フジテレビ

番組概要

最新ニュース言いたい放題 バイキング×グッディ! (ニュース)
13:45~

三ノ宮バス事故についてグッディでは周辺を取材していると、バス運転手は事故を起こす直前まで入院していることがわかった。他の運転手に言わせると、勤務態度は真面目だったのでなぜ事故が起きたのか、検証していく。

キーワード
三ノ宮駅
ドライブレコーダー
中央区(兵庫)

オープニング (その他)
13:46~

オープニング映像が流れた。

東京都お台場の中継映像とともに、今日の天気を伝えた。

キーワード
お台場(東京)

ニュース (ニュース)
13:47~

女性デュオ「あみん」で歌手デビューし、シンガソングライターとしても活動していた岡村孝子は自身のインスタグラムで急性白血病を公表していた。

キーワード
岡村孝子
夜のヒットスタジオ
待つわ
あみん
岡村孝子インスタグラムより
急性白血病

ニュース (ニュース)
13:50~

歌手の岡村孝子さんが自身のインスタグラムで急性白血病を公表していた。また、所属事務所は今後について長期の治療に入ることになったが、今後歌手として復帰する可能性も明らかにした。岡村さんは1982年、20歳の大学生の時に友人の加藤晴子さんと女性デュオ「あみん」でデビューし、自作シングル「待つわ」は120万枚の大ヒットを記録していたが、翌年の1983年に活動を休止していた。この時の心境について岡村さんは「当時は本当に忙しくていきなり待つわが一人歩きをしてしまってそこに私達がついていくという感じだった。大学の授業を終えてから新幹線で東京に行って歌番組に出演してその後ハイヤーで帰って翌日大学で試験を受けていた」などと話した。パートナーの加藤晴子さんの意思を尊重し解散したが、その後岡村さんはソロシンガソングライターとして復帰した。また、先月のラジオ番組ではファンの笑顔からパワーをもらって頑張る事を誓っていたが、その1ヶ月後に白血病のために入院していた。元夫の石井浩郎参院議員もコメントをよせていた。

長期治療へ…岡村孝子(57)病状は

歌手の岡村孝子さんが急性白血病を公表していた事について遼河さんは「同じ愛知県出身で同じ大学の先輩ということもあって、個人的に思い入れが強い」などと話した。岡村さんはインスタグラムで「アルバムが完成し、コンサートツアーで皆さんとお会いするのを楽しみにしていた。今は治療に専念する」などと直筆でよせ、事務所も「長期の治療に入る。岡村孝子はまた皆様の前に必ず元気な姿で戻って参ります」などとしていた。事務所関係者によると、岡村さんは1ヶ月ほど前から仕事を休むほどではないが疲れやすく感じており、今月17日に病院で検査して病名が判明し、18日に入院となった。愛知県岡崎市出身の岡村さんは、あみんとして「待つわ」でデビューして約120万枚の大ヒットし翌年に休止、それから2年後シンガソングライターとして「夢をあきらめないで」で再ヒットとなった。甲子園のテーマソングとしても起用されたこの曲は「OLの教祖」として女性から圧倒的な支持を得た。その後、元プロ野球選手の石井さんと結婚した岡村さんは、ソロ活動中は歌番組に歌わないというポリシーがあったという。

岡村さんは「バイキング」のインタビューで「相手を替えてあみんをっていう話もあったが、グループは加藤さんと私であみんなので他の人では考えられない」などと語っていた。スタジオの伊藤さんは「待つわは失恋の歌だとは知らなかった」と話す。そして岡村さんの元夫の石井浩郎さんは「今回の報道を受けてショックを受けている。私もプロ一年目のキャンプで急性肝炎を患って、夢をあきらめないでを何度も聴いて病に打ち勝つことができた」、辛島美登里さんは「同世代の身として涙が溢れる。絶対大丈夫。心配しないで治療に専念してくださいね」などとコメントしていた。

キーワード
岡村孝子
夜のヒットスタジオ
待つわ
あみん
岡村孝子インスタグラムより
急性白血病
岡村孝子オフィシャルホームページより
加藤晴子さん
バイキング
夢をあきらめないで
OKAMURA TAKAKO CONCERT 2015 “T’s GARDEN 〜渋谷公会堂 FINAL〜
石井浩郎参院議員
インターネットラジオ「T‘s GARDEN」
石井浩郎氏
NHK紅白歌合戦
辛島美登里

ニュース (ニュース)
14:15~

急性白血病岡村孝子(57)今後の治療は

岡村孝子の白血病について、白血病は血液中の白血球が悪性になるがんで2つにわかれている。急性白血病と慢性白血病があり急性のほうが割合が多く岡村孝子は急性白血病。急性白血病には急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病があり、症状は息切れ、感染症にかかりやすいなど基本的には一緒。治療法に関しては化学療法や抗がん剤などの必要性がでてくる。そのため慢性に比べると急を要するのだという。このあと数ヶ月間に渡って治療を行っていくが具体的にどういった流れになるのかをこのあとお伝えする。

キーワード
岡村孝子
急性白血病
西台クリニック
インスタグラム
白血病

ニュース (ニュース)
14:23~

兄弟・姉妹間で“遺産相続トラブル” 対処法

岡村孝子の白血病について、予想される治療方法について。まず、複数の抗がん剤を使って白血病細胞を減らす化学療法が用いられる可能性が高いという。これで効果がなかった場合は繰り返しこれを続けることになる。効果があった場合は予後が良ければ白血病細胞をさらに減らし再発を予防する療法に移る。予後が良くない場合は移植を検討するためドナー探しを開始、適合するドナーが見つかれば骨髄移植などを行う。見つからない場合は移植に備えて病状が悪化しないよう保つ療法を続ける。平均的に初期としての治療は数ヶ月から半年を要するという。

今全国各地で行われている遺産相続に関する相談会、60歳以上の参加者が急増しているという。遺産をめぐって兄弟姉妹が骨肉の争いをするケースが増えているとのこと。「弁護士は見た!よくある老後・相続トラブルベスト16」で最も多かったのは兄弟姉妹間の遺産分割によるトラブルだった。肉親だからこそ問題が長期化することが多く誰にでも起こりうる深刻な問題とのこと。3人兄弟の長男という40代の男性は1人で母親を支えてきたが、離れて暮らす弟たちが遺産を均等に渡すことを要求してきたという。60代の男性は6人きょうだいの長男で、妹である長女は親の介護をしていて財産を当てに家を建て、実家を自分の名義に変更していたという。さらに妹夫婦とトラブルになったという60代の男性、平成5年に父が亡くなり以降25年にわたって遺産相続のトラブルが続いているという。男性は老人ホーム、葬式代など多額の費用をすべて支払ったにもかかわらず、遺産の半分以上を要求してきたとのこと。

キーワード
岡村孝子
インスタグラム
白血病
遺産相続
プロが教える生前贈与徹底活用セミナー
弁護士は見た!よくある老後・相続トラブルベスト16
横浜市(神奈川)
大田区(東京)

ニュース (ニュース)
14:34~

兄弟・姉妹間で“遺産相続トラブル” 対処法

グッディでは40代以上の200人に「兄弟間の仲は?」という緊急アンケートを行った。すると58%の人が「関係良好とは言い切れない」とし、「最後に兄弟姉妹と会ったのは?」という質問では30%の人が1年以上会っていないと答えていた。不仲になった理由としては親の介護を押し付けられたことやお金を返さないなどで、最も多かった理由は「特になし」だった。不仲になった理由を掘り下げるため、兄弟間の遺産相続トラブルを紹介した。10年以上母と同居して介護していたAさんの兄弟は特に介護などに協力しなかった。母親が死亡するとAさんは介護をしたので多く受け取りたいと主張して揉めたという。こうしたトラブルが多発しているので、財産の意地や増加に貢献をした相続人が他の相続人より多く相続する「寄与分」という制度があるという。この制度は原則、相続人全員で協議し、立証するために日々の介護の日記や写真などを残して話し合いの際の資料にする。さらに、7月から施行される「新・相続法」では相続人以外でも介護への貢献分を相続人に請求が可能となるので、トラブルになる可能性が上がるという。

キーワード
遺産相続
寄与分
相続法

ニュース (ニュース)
14:48~

なぜ起きた?市営バス“暴走”勤務状況は

兄弟間の遺産トラブル。2つ目の例、Bさんの場合は「分けたくても分けられない…」。相続財産が発生し、実家は3000万円相当、預貯金は現金で1000万円の財産が残った。合計すると4000万円相当で3人兄弟で均等に分けることができない。平成29年の相続税の申告状況について、41.9%が不動産で分けにくいケースがこんなにある。主な分割方法は大きく分けると、財産の現金化・実家を受け取る・すべてを均等にの3つがある。専門家は問題の先延ばしを回避すべしと警鐘を鳴らす。多いのは財産の現金化と実家を受け取るで、お金が払えないので共有にしなければならない場合も出てくる。そうすると関係者が増えるので権利関係が複雑になる。

昨日、神戸市の三宮駅前で起きた市営バスの暴走事故。この事故で20歳の女性と23歳の男性が亡くなり、六人が重軽傷が負った。逮捕されたのはバス運転歴33年の、64歳のバス運転手。妻や近所の人も涙ぐんで「どうして」「そんな事故する人じゃない」とショックを隠しきれていない様子だった。バス運転手から運転の心得を教わった、近くに住んでいる大型のトラック運転手も「操作ミスするような人じゃない。『ミスしたら人を殺してしまうような車を扱ってるんだから、慎重に、遅れてもいいから安全運転しなさい』とアドバイスをくれるような人で、ドライバーの鑑みたいな人だったから信じられない」と話した。ちょうど1日前の午後2時、バスの後ろを走っていた車のドライブレコーダーによると、1台のバスが三宮駅前の停留所を出発した。すると、そのバスは赤信号にもかかわらずスピードを緩めず横断歩道に侵入し、多くの歩行者をはねて行く様子が撮影されていた。バスは中央分離帯に衝突すると一時停止したように見えたが、その後ふらふらと更に進行し、何かにぶつかりようやく停止した。目撃者の証言によると、自転車をひいたためにスピードが落ち、一時停止しているよう見えたと言う。事故直後、バス運転手は扉を開け、バスから慌てて降りて、交差点の方に走ってすぐに電話をしていた。バス運転手は警察の質問にしっかりうなずき、過失運転致死の現行犯で逮捕された。「ブレーキを踏んで発進準備をしている際にバスが急発進した」と供述している。しかし、映像にはバスのブレーキランプは点灯していなかった。目撃者によると「運転手は前を見ていた。前をちゃんと見ているのになんでそのまま行ってしまうんだと思った。意識を失っている感じではなかった」とのこと。バス運転手の妻は、「今まで事故なんて起こしたことなかった。車をちゃんと神経使って安全運転する人だった。昨日から今日にかけても普通で、普段どおり朝5時位に出勤した。私は主人がそんな嘘つかないと思ってるからブレーキ踏んだ主張を信じる。」と話した。バス運転手の妻を取材中、近所の人が「(バス運転手は)意識がなくなったの?」と心配そうに尋ね、妻は「わからない」と答え、近所の人は「かわいそうや、なんでだろうね」と泣き始めた。事故から3時間後、神戸市役所にて神戸市交通局が会見を開き、バス運転手は一旦60歳で定年しその後再雇用して現在5年目の職員だと説明した。バスの異常については、定期点検などでも見つかってなかったとのこと。バス運転手は血圧を下げる薬を飲んでいて、また事故を起こす4日前まで長い休みをとっていたが、それが原因かはまだわかっていない。

事故現場周辺は人の乗り降りが多い駅が周辺にあり、高架下も4車線あり多くの人が横断歩道をわたっていたという。事故を起こしたバスは停留所で乗客全員を降ろしていた。事故を起こしたバスには違和感がある。まず、バス発射直後に通常ルートを外れ右へ走行した。歩行者に衝突後、加速をし回避行動をしないまま進行方向を変えずに中央分離帯に衝突した。ブレーキをかけるような痕跡はドライブレコーダーの映像からは見当たらないという。

Cさんの場合、「相続したくない…」。Cさんの両親はすでに他界しており、お兄さんがいてお兄さんには家族があった。お兄さんが亡くなってしまい、消費者金融から「お兄さまの借金1000万円を支払ってください」と電話がかかってきた。亡くなった兄に生前借金があり、第1順位の法定相続人が相続権を放棄すると、第2位の法定相続人、第3位の法定相続人と相続権が移り、お姉さんのところに借金がやってくる。Cさんの場合、自己の相続の開始から3か月の間に相続放棄をしなければならない。3ヶ月を過ぎると法律上は相続放棄ができないが、最高裁の判例で修正があり、借金があったことを知らなかったことについて相当な理由がある場合は、借金があったことを知ってから3か月以内あればできるとなった。第3位の法定相続人が相続放棄をすると、基本的に債権者は誰にも請求できなくなる。トラブル回避方法は、相続放棄する前に下位の相続人への事前の連絡を。「何でも家族の誰かが責任を負わなくてはいけないのがトラブルの根本原因だと思う。」などと安藤さんらが話した。

事故はなぜ起きたのか。可能性として車体トラブルがあげられる。ブレーキを踏んで発信準備をしている際にバスが急発進した可能性がある。また、ブレーキとアクセルを踏み間違えた操作ミスも考えられている。バスは2008年製のもので、法定点検は12ヶ月・3ヶ月ごと。自主点検は2週間ごとに実施し、問題は指摘されていないという。バスの耐用年数は約20年のため、車体に問題はないとみられている。交通事故鑑定人の中島さんは「急発進しているように見える。アクセルをベタ踏みしたのでは」と述べている。

キーワード
JR三宮駅
市営バス
相続税
池袋(東京)
FNN
相続放棄
神戸(兵庫)
過失運転致死
神戸市交通局
神戸市役所
神戸市(兵庫)

ニュース (ニュース)
15:31~

スリランカ連続爆破テロ 邦人含む290人死亡

グッディ!の独自取材で、容疑者の体調について分かった。神戸市交通局は、容疑者が慢性腎臓病を抱えていることを把握していた。一方で、近隣住民は容疑者が糖尿病のためインスリン注射をしていたことも分かった。血圧を下げる薬も服用していたという。また、容疑者は4月1日から17日まで、慢性腎臓病の入院などで長期休暇を取っていた。医師によれば、血圧を下げる薬は、下がりすぎてめまいがすることがあり、糖尿病は血糖値が下がりすぎて意識朦朧とすることもあるという。運転士によれば、停めるときはしっかりブレーキを踏めないと、重いバスはゆっくり動き出してしまう。ただ、専門家が”暴走事故”の瞬間の速度を割り出しており、間違えてアクセルを強く踏み込んでしまったのではと見解を述べた。

キーワード
スリランカ
テロ
神戸市交通局
インスリン注射
神戸市(兵庫)
慢性腎臓病
糖尿病

最新のニュース (ニュース)
15:39~

東京・名古屋・大阪で初の夏日

スリランカ・コロンボで連続爆発テロが発生。犠牲者は290人、けが人は500人以上に登っている。また、死亡者の中には現地在住の日本人もいた。けが人の中には、出張中だったKDDIの男性社員が含まれている事が新たにわかった。

”オマーンルート”での特別背任罪で、東京地検特捜部は日産前会長を起訴をした。日産子会社からオマーンの販売代理店に支出した資金のうち、約5億5500万円を自身が実質保有する“GFI社”に還流させた。その資金は妻や息子の会社へ送金させ、指摘に流用されたと見ている。前会長はこれを否認している。弁護人は保釈請求した。

キーワード
KDDI
シャングリラホテル
テロ
コロンボ(スリランカ)
オマーンルート
特別背任罪
東京地検特捜部
GFI
オマーン
レバノン

番組宣伝 (その他)
15:41~

ネプリーグ、痛快TV スカッとジャパン、ラジエーションハウス、新説!所JAPANの番組宣伝。

ラジエーションハウスの番組宣伝。

天気予報 (ニュース)
15:44~

東京・お台場の現在の様子を背景に全国の気象情報を伝えた。

キーワード
台場(東京)

エンディング (その他)
15:49~

安藤優子は「きょうはいろいろなことを取り上げたが、このコマーシャルの間にもいろいろ有りました」などと話した。

  1. 前回の放送
  2. 4月22日 放送
  3. 次回の放送