バイキング 【求刑18年堺市あおり運転▽マライア・キャリー極秘ビデオで3億円訴訟】

放送日 2019年1月18日(金) 11:55~13:45
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:55~

テーマ曲 久保田利伸/Make U Funky

今日のラインナップ。「大阪・堺市あおり運転裁判」「贈賄疑惑でJOC竹田会長が会見も…」などを伝える。

キーワード
久保田利伸
Make U Funky
堺市(大阪)
竹田会長
JOC

オープニング (その他)
11:55~

大阪・堺市 あおり運転裁判/賄賂疑惑でJOC竹田会長が会見も…

バイキングテーマ曲 Make U Funky/久保田利伸

キーワード
日本オリンピック委員会
竹田恒和
東京オリンピック
東京パラリンピック
Make U Funky
久保田利伸
あおり運転
堺市(大阪)

衝撃映像ニュース (ニュース)
11:55~

インド西部にある駅のホームで撮影された映像。走行中の電車の下に手を入れる男性がいた。なんと男性が握っていたのは人の腕。駅のホームから転落した友人を救出、腕を引っ張り引き上げようとしていた。電車はホームに落ちた友人の頭上スレスレのところを通過し、危機一髪。男性は約20秒間、友人の腕を離さず必死に耐えていた。その結果、友人は電車に引かれることなく救出され、奇跡的にケガ1つなかったという。

雪におおわれたフランスのアルプスで撮影された映像。標高約2000mの雪山の地点で足にケガをしてしまい、動けなくなってしまった男性の姿。その男性を救うために山の向こうから救助ヘリが現れた。しかしそこは雪山の斜面で着陸は不可能。そこで救助隊員たちがとった方法、なんとヘリの機体は雪山に接近。斜面にあたるかあたらないかのところでピタリ。そして隊員はそのままヘリから下りて救助活動を開始。ケガをした男性の仲間がこの動画を投稿したところ相次ぐ賞賛の声、話題となった。

先月27日、アメリカ・オレゴン州のとある場所に設置された防犯カメラ。男はカギを切断し、自転車を盗もうとしている泥棒。次の瞬間、建物からすぐに出てきたのは警察官。自転車泥棒はあっさり取り押さえられてしまった。なぜタイミングよく警察官が出てきたのかというと、それもそのはず、警察署の真ん前だった。男はその後、抵抗することもできずあっという間に逮捕された。

今月14日、中国・山東省の町中で撮影された映像。人通りの多い道沿い、赤い旗を持った男性が誘導し、黒い服を着た女性たちが四つん這いで行進。中国ではノルマを達成できなかった従業員に対し、罰として四つん這いで行進させるという騒動が相次いでおり、社会問題となっている。警察は不適切だと即刻中止させたが、企業側は宣伝活動の一環で注目されるのが目的だったとしている。

あのアーティストの作品が都内で発見?

キーワード
インド
フランス
オレゴン州(アメリカ)
泥棒
山東省(中国)

衝撃映像ニュース (ニュース)
12:03~

東京都が所有する防潮扉に描かれていたカバンを持って傘をさしたネズミの絵。実はこの絵、世界各地で風刺画をゲリラ的に描くことで知られるバンクシーの作品の可能性があるという。バンクシーといえば、去年10月自分の作品をオークションで落札された瞬間にシュレッダーで裁断したことでも話題になった。その落札価格は約1億5500万円。今回の大発見に小池都知事も思わず絵の前で記念撮影。この絵はおととい撤去され、現在は都が管理する倉庫で保管されているという。

あおり運転の末、バイクに追突。運転していた大学生を殺害した罪に問われている男に検察側は懲役18年を求刑。

キーワード
バンクシー
小池都知事
あおり運転
堺市(大阪)
ドライブレコーダー

ニュース (ニュース)
12:08~

きのう、大阪地裁で元警備員男への論告求刑が開かれた。検察側によると男は去年7月、車を運転中バイクに追い抜かれたことに腹を立てて約1kmに渡りあおり運転を繰り返し時速約96kmでバイクに追突した。この事故でバイクの運転手だった男性が死亡した。衝突直後男のドライブレコーダーには「はい!終わりー」という声が記録されているという。検察は男に懲役18円を求刑。男は公判前関西テレビ記者との面会でこの発言について自分の今の立場などが終わったなどと主張。公判では殺意を否認した。弁護側は殺人罪にはあたらないと訴えた。

キーワード
あおり運転
ドライブレコーダー
大阪地裁
論告求刑
ハイビーム
関西テレビ
飲酒運転
殺人罪
堺市(大阪)

ニュース (ニュース)
12:14~

大阪・堺市のあおり運転裁判について、事故を起こした被告は運転前に、酒気帯びの反応はなく基準値以下だったが、事故1時間ほど前ビール2杯を飲んでいた。被告のドライブレコーダーでは、左側に車線変更をしようとしたところ被害者のバイクが横を抜けて行き、同じタイミングで左側車線へ。この時に被告が執拗にクラクションを鳴らしハイビームを照射していたが、被告は危険性を訴えるためにやったと言う。さらに、右車線に抜けたバイクを100km以上のスピードで猛追し、約96kmで衝突。この事からブレーキを踏んでいたとしても急減速ではないことが分かる。東国原は「後付の理由が無理矢理に聞こえる」、吉川は「一般道で100km以上で走っていることが危険」と被告の発言に矛盾があると指摘。土田は「酒を飲んでいる時点で冷静な判断は出来ない」と述べた。

被告はバイクにぶつかった後も約10秒間走行しており、停車後に「はい、終わり~」と発していた。映像を見た人によると明るい口調だったと言う。被告はこの発言に対し「自分の今の立場や生活が終わった」ということで「少し割り込みされたくらいで殺さなきゃいけないんですか」と主張。さらに、「ドライブレコーダーを切り取られて殺人というストーリーに当てはめられてるだけだと思う」と殺意を否認。車線変更した理由について「妻を迎えに行くため」で、加速した理由について「迎えに行くのに急いでいた」と主張していた。捜査段階では時速60~70kmで前方のバイクと追突したと言っていたが、公判の中では時速96km~97kmで追突しており、「スピード違反・危険運転をごまかしたかった」と話している。ハイビームの照射については「間違いない」と認めた。ブレーキについては直前にブレーキをかけていたが、「荷崩れをするからトラックで急ブレーキをする癖がない」と説明。被告はドライブレコーダーの映像を記録するSDカードを抜いており、「データが上書き保存されるため証拠映像が上書きされてはいけないと思い抜いた」と理由を話していた。

被害者の母が悲痛「ますます怒りがわきました」

キーワード
堺市(大阪)

ニュース (ニュース)
12:31~

贈賄疑惑でJOC竹田会長 会見も7分で打ち切り

大阪堺市で起きたあおり運転の裁判について。法廷で被害者の母親は心境について「ますます怒りがわきました、命を自分勝手な行動で奪った被告人を一生許すことはできません」などと話している。裁判で被告は「尊い命を奪ってしまったことについては深く反省したいと思います」などと供述。被害者の妹はこれに、本当に思っているようには聞こえなかった、反省しているようには見えなかったと思いを明らかにしている。検察側の主張としては回避を試みてないことから事故ではなく事件、弁護側は被告は自ら救急車を呼んでいるなどという理由から殺意を否定している。東国原英夫はあおり運転の厳罰化の流れから殺人罪が適用されるのではないかと推測した。中島博史は加害者が真剣に謝っている感情は割と伝わる、今回の遺族が全くそういった感情がわかなかったということからあおり運転の厳罰化は仕方ないなどと述べた。

あおり運転の裁判の過去の事例を参照する。2007年に栃木で男が無免許で乗用車をあおり、あおられた乗用車がガードレールに衝突し2人が死傷した事故は殺人罪では起訴されず危険運転致死傷罪で懲役9年の判決だった。2017年の東名のあおり運転死傷事故では家族4人が死傷したがこれも殺人罪ではなく危険運転致死傷罪で懲役18年の判決、控訴中となっている。横粂勝仁は背景として今回は直接的にぶつけ、直接的に死亡結果を導いている点から殺人罪での起訴となったことを説明。被害者の叔父は「これが過失で終わるならこれから殺人を犯す人は車でやったらいいんちゃう?と思いますもんね」などと語っている。横粂勝仁によると今回のケースはドライブレコーダーの映像によって速度や被告人の様子がわかり殺意が認定でき、殺人罪適用の可能性が高いそう。判決は1月25日に言い渡される。

キーワード
日本オリンピック委員会
竹田恒和
東京オリンピック
東京パラリンピック
あおり運転
過失運転致死罪
殺人罪
堺市(大阪)
危険運転致死傷罪
東名
大田原市(栃木)

ニュース (ニュース)
12:44~

国内外からも多くのメディアが集まった会見場。今週火曜日、2020年東京オリンピック招致を巡る贈賄疑惑でフランスの司法当局が本格的な捜査を始めたことについてJOCの竹田恒和会長が記者会見を行った。贈賄疑惑について改めて身の潔白を主張。今回取り沙汰されている疑惑は2013年、竹田会長が理事長がつとめていた東京五輪招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社に支払った2億3000万円を巡るもの。この会社の代表からセネガル人のパパマッサタ・ディアク氏を通じ、当時IOC委員だった父・ラミン・ディアク氏側に金銭が渡った疑いが持たれている。これを受け桜田五輪担当相は「正直なところイメージとしてはよくない」とコメント。会見ではフランスの司法当局が捜査中とのことで質疑には応じず7分程で竹田会長は退席した。

竹田会長の贈賄疑惑について。2013年、竹田会長が理事長とつとめていた投稿五輪招致委員会からシンガポールのコンサルタント会社ブラック・タイディングスに2億3000万円という額が支払われた。そのお金の一部がコンサルタント会社からセネガル人の親友であるパパマッサタ・ディアク氏に渡り、そこから当時IOCの委員だった父・ラミン・ディアク氏に賄賂として渡ったとみて捜査が進められている。竹田会長は一連の贈賄という容疑がかけられている。2016年にこの件については報道されていた。2016年5月13日に竹田会長がシンガポールのコンサルタント会社への送金を認めた上で「業務に対するコンサルタント料」と疑惑を否定。9月1日に外部の調査チームは契約に違法性はなく、国際オリンピック委員会の倫理規定違反に当たらないと結論。2017年2月にフランスから捜査共助要請に基づき、東京地検特捜部が竹田会長から事情聴取したことが判明。2019年1月11日フランス当局が竹田氏を容疑者に捜査開始決定と報道があり、15日に記者会見を行った。

フランス司法当局はロンドン五輪でのロシア選手のドーピングをロシア陸連とロシア反ドーピング機関が隠ぺい工作をしたとし、当時国際陸連トップも捜査対象とし長期捜査をしている。国際陸連の本部がモナコ公国に置かれていることからフランスが捜査に乗り込んだ。国際陸連前会長のラミン・ディアク氏を調べていた。

15日の竹田会長の会見。ブラック・タイディングス社との契約に関し、いかなる意思決定プロセスにも関与していない。調査報告書は招致委員会からブラック・タイディングス社への支払いはコンサルタント業務に対する適切な対価であったと結論づけている。贈賄にあたるような不正なことは何も行っていないことを説明したと話した。賄賂への関与を否定し、当初30分の予定を質疑には応じず7分ほどで退席。吉川氏は「これは現場にいたら怒る。メールやFAXなどですむ内容だった。これはあまりにも印象が悪すぎる」などとコメント。青島健太氏は「20年来の付き合いがある。会長という立場で見るとあの会見はまずかったと思う。自分たちの言い分をしっかり述べるのが会見。不十分な対応となった。質疑応答しなかったのはなんらかの理由があったのだろう。海外の取材が来ていたことがある」などと話した。

五輪招致に関するコンサルタント会社の業務について。1・IOCに提出する大量の書類の作成や提出方法のアドバイス、2・IOCにプレゼンする際の企画立案や演出のアドバイス、3・豊富な情報を駆使してロイヤルファミリー・政治家など多岐にわたるIOC委員への接触がある。IOC委員は立候補都市の訪問禁止、立候補都市側は個別にIOC委員を訪問禁止のためコンサルタント会社を通じてやり取りができない。

五輪開催地投票日の約2ヵ月前の調査でアフリカ票が入らないであろうことが発覚。アフリカ票の獲得が見込まれるブラック・タイディングス社に依頼したという。春日良一氏は「五輪は5つの輪がある。大陸を表しているが、アフリカだけがオリンピックをやっていない。アフリカ票がどこにいくかが狙い目。IOCのアフリカ出身の委員にコンタクトしてそこにアピールし、強化するというもの」だと説明。

贈賄疑惑がなぜ今

キーワード
日本オリンピック委員会
竹田恒和会長
東京オリンピック
東京パラリンピック
ブラック・タイディングス
国際陸上競技連盟
タン・トンハン
贈賄
パパマッサタ・ディアク氏
ラミン・ディアク氏
桜田五輪担当相
柳谷直哉企画部長
東京地検特捜部
ロンドン五輪
ロシア陸連
ロシア反ドーピング機関

とれたて! ニュースバイキング (ニュース)
13:14~

フランス当局によるJOC竹田会長の賄賂の捜査に対し、東京五輪関係者は特別背任罪で追起訴された日産自動車の前会長の状況の報復かと語った。また別の関係者は意趣返しにも思えるとこのタイミングでの捜査開始をいぶかった。(スポーツニッポン)日産前会長の再逮捕とフランス司法当局による竹田会長の事情聴取はどちらも去年12月10日。東国原さんは確実に意図的と断言。フランスは日付や時間にぶつけてくる文化だと見解を示した。会長の息子、恒泰さんは自身のツイッターにて2年以上前から捜査されていて犯罪を証明するものは出ていないのにフランスが蒸し返したのは日産元会長逮捕の報復と見るのが普通だと話している。

フランス司法当局がJOCの賄賂疑惑で起訴するかについて横粂弁護士はフランスから引き渡しの要求が来た場合には外務大臣などの審査で手続きをしていくが、日本で犯罪にならない・犯罪の証明が不十分などが拒絶要件。IOCが贈賄罪における公務員にあたるのか論点や、犯罪になっても証明が不十分なので日本としては拒絶するだろう、海外に行くとリスクはあるとした。春日さんは証拠がないと予審まで行かないフランスの法律がある、そこまで踏み切ったなら贈賄の確率が高い。フランスでは全ての人に贈賄罪が当てはまるので向こうが2年間拘束することも出来るのでオリンピックに関わると話した。

マライア・キャリーが脅迫されていた?

キーワード
日本オリンピック委員会
竹田恒和
東京オリンピック
東京パラリンピック
スポーツニッポン
日産自動車
特別背任罪
賄賂
フランス司法当局
竹田恒泰 ツイッター
竹田恒泰さん
IOC
贈賄罪
マライア・キャリー
脅迫

ニュース (ニュース)
13:22~

2015年3月マライア・キャリーに雇われたパーソナルアシスタントが、マライアのクレジットカードを使ったり、マライアの名前を使いディスカウントを受けていた。その結果、2017年11月に解雇。しかし、パーソナルアシスタントはマライヤ・キャリーの極秘ビデオをネタに脅迫。返却を求めるも聞き入れず、マライアは300万ドル以上の訴えを起こした。

キーワード
マライア・キャリー

ニュース (ニュース)
13:26~

マライヤ・キャリーが元パーソナルアシスタントに脅されたとして訴訟を起こしていると言う報道があった。マライヤ・キャリーは2015年3月にパーソナルアシスタントとして雇用するが、マライアのクレジットカードで自分の買い物をしたり、マライアの名前を使いディスカウントを受け、2017年11月に解雇された。マライアの恥ずかしい場面や私生活における行動を密かにビデオ撮影し、それをネタに800万ドルを要求。返却を求めたが聞き入れなかった。これらの行為は恐喝未遂となると弁護士は話す。動画は見苦しい内容だと言い、マライアは300万ドル以上の損害賠償を求めていると報じられている。島田によると「パーソナルアシスタントに払っていた報酬は年間32万7000ドルと報じられているにもかかわらず、クビにしたら恐喝してきた。マライアは相当な怒りのはず」だと言う。

キーワード
マライア・キャリー
インスタグラム
スペクター・コミュニケーションズ

ニュース (ニュース)
13:35~

2015年3月マライア・キャリーに雇われたパーソナルアシスタントが、マライアのクレジットカードを使ったり、マライアの名前を使いディスカウントを受けていた。その結果、2017年11月に解雇。しかし、パーソナルアシスタントはマライヤ・キャリーの極秘ビデオをネタに脅迫。返却を求めるも聞き入れず、マライアは300万ドル以上の訴えを起こした。

キーワード
マライア・キャリー
セクハラ

最新ニュース言いたい放題 バイキング×グッディ! (ニュース)
13:43~

坂上どうぶつ王国の番組宣伝テロップがでた。

スタジオトークで、出演者が体重管理について話した。30代は全然痩せないなどと話した。東国原は、胃を大きくしたいという。

原宿のクレープ店で火災があった。火があがった後、爆発音がしたという。これにより、水が吹き出しているという。

キーワード
原宿(東京)
竹下通り
  1. 前回の放送
  2. 1月18日 放送
  3. 次回の放送