春の高校バレー 第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会 男女1回戦

春の高校バレー、もしくは春高バレー(バレーボール甲子園とも)全国高等学校バレーボール選抜優勝大会 - 2010年まで開催されていた大会。全日本バレーボール高等学校選手権大会 - 2011年から毎年1月に開催される選手権大会。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年1月5日(金) 0:25~ 1:25
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
00:26~

オープニング映像。

今日の内容のダイジェスト映像。全日本バレーボール高校選手権2018、アツき情熱の物語が開幕!今年もやります情熱カメラ!つなげ、情熱!

アナウンサーの宮澤智、Sexy Zoneのマリウス葉、松島聡、佐藤勝利、コメンテーターの大山加奈、川合俊一、ゲストの迫田さおりが、東京体育館で、オープニングの挨拶をした。今日はここから、全日本バレーボール高等学校選手権大会の、男女の1回戦の模様を送る。開会式の模様がVTRで紹介されて、一同が今日の試合への期待を語り合った。

オープニング映像。

キーワード
全日本バレーボール高校選手権2018
Sexy Zone
東京体育館
全日本バレーボール高等学校選手権大会

春の高校バレー (バラエティ/情報)
00:30~

今回の全日本バレーボール高等学校選手権大会に出場する、高校や選手を紹介する。最初に紹介する高校は、女子の大阪の第1代表の金蘭会。金蘭会は、7年連続、7回目の出場。この金蘭会で、今回、コートに立つ唯一の3年生が、キャプテンの林琴奈。彼女が、3年生として唯一、コートに立つ者としての責任を語り、2年生の西川有喜、曽我啓菜、1年生の宮部愛芽世が、林琴奈に高校で初めての金メダルを取らせてあげたい、などと話した。

女子の1回戦の、文京学院大学女子vs金蘭会の試合の、ダイジェスト映像。2-0で、金蘭会が勝利した。

試合終了後、Sexy Zoneの佐藤勝利と、コメンテーターの大山加奈が、金蘭会の林琴奈に、インタビューを行った。林琴奈が、勝利した喜びや、次の試合への意気込みなどを語った。

Sexy Zoneの松島聡が、試合前のコートで、福井工大福井のウォーミングアップの模様をリポートした。

女子の1回戦に出場する、福井県の福井工大福井の紹介。キャプテンは3年生の上坂瑠子。彼女が、鈴木定監督を、日本一にしたいと話した。彼女は、U-18やU-19の全日本にも選ばれているが、高校では日本一とは無縁。彼女が、「このままでは高校3年間、終われない」などと話し、監督を日本一にしたいと話した。

女子の1回戦の、米沢中央vs福井工大福井のダイジェスト映像。2-0で、福井工大福井が勝利した。

試合終了後、Sexy Zoneの松島聡が、福井工大福井の上坂瑠子に、インタビューを行った。上坂瑠子が、勝利した喜びや、次の試合への意気込みなどを語った。

続いては、川合俊一とマリウス葉が、男子の1回戦に出場する、京都府の洛南高校を紹介する。川合俊一が注目する、洛南高校の「2年生カルテット」として、中島明良、大塚達宣、山本龍、垂水優芽の4人を紹介した。4人が一人ずつ、目標を訊かれると、全員が、「日本一です」と答えた。

男子の1回戦の、洛南高校vs城東のダイジェスト映像。2-0で洛南高校が勝利した。

試合終了後、川合俊一とマリウス葉が、洛南高校の「2年生カルテット」の、中島明良、大塚達宣、山本龍、垂水優芽に、インタビューを行った。4人が、勝利した喜びや、次の試合への意気込みなどを語った。

アナウンサーの宮澤智が、試合前のコートで、益田清風高校のウォーミングアップの模様をリポートした。

女子の1回戦に出場する、岐阜県の益田清風高校の紹介。益田清風の3年生の荒木美有は、小学生で空手初段を習得し、県大会で活躍。中学生では砲丸投げと女子相撲の県大会で活躍した。卒業後は、警察官になる事が決まっている。彼女が、人を守る仕事への意気込みや、春高バレーへの意気込みを語った。

女子の1回戦の、益田清風vs聖和女学院のダイジェスト映像。2-0で、聖和女学院が勝利した。

試合終了後、アナウンサーの宮澤智が、益田清風の荒木美有に、インタビューを行った。荒木美有が、負けた悔しさや、春高バレーへの思いや、今後の自分の人生への意気込みなどを語った。

会場内に設置されたカメラに、選手たちが自己アピールをする、春高恒例のコーナー。静清、城南、埼玉栄、伊勢原、聖和女学院の選手たちが、勝利した喜びや、次の試合への意気込みなどを語った。

「情熱大賞」投票募集中。詳細は春高公式HPへ。

キーワード
Sexy Zone
東京体育館
全日本バレーボール高等学校選手権大会
金蘭会
文京学院大学女子
福井工大福井
米沢中央
洛南高校
城東
益田清風
聖和女学院
静清
城南
埼玉栄
伊勢原
春高公式HP

春の高校バレー (バラエティ/情報)
00:59~

男子の1回戦の、東福岡vs水戸啓明のダイジェスト映像。2-0で、水戸啓明が勝利した。試合後、勝利した水戸啓明の内山裕瑛は記者会見で、勝利した喜びや、次の試合への意気込みなどを語った。敗れた東福岡の佐伯聖美は、廊下で涙ぐみながら、チームメイトを激励した。

男子の1回戦の、創造学園vs前橋商業のダイジェスト映像。創造学園は、全国大会で優勝の経験もある名門だと紹介された。2-1で、創造学園が勝利した。

女子の1回戦の、三重vs柏井のダイジェスト映像。2-0で、柏井が勝利した。

女子の1回戦の、札幌大谷vs京都橘のダイジェスト映像。2-1で、京都橘が勝利した。下北沢成徳の石川真佑も、客席からこの試合を見ていたと、アナウンサーの宮澤智が伝えた。

1回戦の涙のストーリーを紹介。滋賀県の近江高校は、去年は1回戦敗退だった。今年こそは1回戦を突破するつもりだったが、豊橋中央に0-2で敗れた。キャプテンの山仲菜月が、監督の高橋希望への感謝の思いを語った。鹿児島の川内商工の川畑俊輔監督は、就任1年目だった。0-2で愛工大名電に敗れ、選手たちに謝罪した。静岡の富士見の池谷夏穂は、今朝、監督からベンチ外を告げられた。しかし、客席から必死に応援し、2-1で城南に勝利した。奈良の添上の浦本大誠は、2年前、母を亡くした。母への思いを胸に臨んだが、0-2で静清に敗れた。神奈川の弥栄の堀川藍瑠は、3年生でマネージャー。0-2で都城工に敗れた後、内田大希ら選手たちから感謝の言葉をかけられた。

このあとは、2回戦も激戦必至 大注目のシード校。

キーワード
全日本バレーボール高等学校選手権大会
東京体育館
東福岡
水戸啓明
創造学園
前橋商業
三重
柏井
石川真佑
札幌大谷
京都橘
下北沢成徳
近江
川内商工
富士見
添上
弥栄
豊橋中央
愛工大名電
城南
静清
都城工

春の高校バレー (バラエティ/情報)
01:12~

大会1日目の、男子と女子の試合結果を、一覧表で紹介した。

アナウンサーの宮澤智、Sexy Zoneのマリウス葉、松島聡、佐藤勝利、コメンテーターの大山加奈、川合俊一、ゲストの迫田さおりが、東京体育館で話し合い。明日の2回戦の、注目の対戦カードが、一覧で表示され、女子の東九州龍谷の中川美柚のVTRを紹介して、明日への期待を語り合った。

Sexy Zoneの佐藤勝利と、アナウンサーの宮澤智が、下北沢成徳の石川真佑、椎名真子に、インタビューを行った。2人が、明日の試合への意気込みや、日本一への意気込みを語った。

アナウンサーの宮澤智、Sexy Zoneのマリウス葉、松島聡、佐藤勝利、コメンテーターの大山加奈、川合俊一、ゲストの迫田さおりの、エンディングトーク。明日への試合への期待を語り合い、エンディングの挨拶をした。明日は、深夜0時45分から放送される。

「春の高校バレー2018」の準決勝、決勝の番組宣伝。

このあとは、ここでしか見られない青春 情熱カメラ。

キーワード
全日本バレーボール高等学校選手権大会
東京体育館
Sexy Zone
中川美柚
東九州龍谷
下北沢成徳

エンディング (その他)
01:19~

会場内に設置されたカメラに、選手たちが自己アピールをする、春高恒例のコーナー。北陸、東洋、鹿児島南、増穂商の選手たちが、自己アピールをしたり、次の試合への意気込みなどを語った。

「情熱大賞」投票募集中。詳細は春高公式HPへ。

エンディング映像。

キーワード
全日本バレーボール高等学校選手権大会
東京体育館
春高公式HP
北陸
東洋
鹿児島南
増穂商

スポット

スクール/教育

益田清風
伊勢原
札幌大谷
添上
下北沢成徳
創造学園
京都橘
東洋
城東
城南
前橋商業
都城工
近江
富士見
静清
北陸
増穂商
三重
川内商工
文京学院大学女子
金蘭会
埼玉栄
鹿児島南
東九州龍谷

レジャー/交通

東京体育館
  1. 前回の放送
  2. 1月5日 放送
  3. 次回の放送