情報プレゼンター とくダネ! 2018年8月10日放送回

放送日 2018年8月10日(金) 8:00~ 9:50
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像。

出演者らが挨拶した。小倉智昭が「ブランドはお好きですか」と聞いたところ、山崎夕貴は「憧れはありますよ。中々買えないですけどね」と答えた。

ニュース (ニュース)
08:00~

木村拓哉さんと工藤静香さんの次女Kōki,さんがブルガリアンバサダーに就任。日本人初で世界最年少での抜擢。ブルガリは「美意識の高さ」「豊かな感受性」などを評価し抜擢したという。身長170センチのKōki,さんの公式インスタグラムのフォロワー数は100万人を超えた。今後はブルガリのPRのため国内外のイベントで活躍する予定。

Kōki,さんがブルガリアンバサダーに就任したことについて。日本初で世界最年少での抜擢。中瀬ゆかりは「美しさもあるが、話題性やファミリーブランドもあり最適だった」とコメントした。

小室圭さんがきのう初めて留学先の大学を訪問した。婚約が内定している眞子さまから遠く離れた場所での新生活となる。

キーワード
木村拓哉さん
工藤静香さん
Kōki,
ブルガリ
Kōki,公式インスタグラム
Kōki,さん
小室圭さん
眞子さま
ニューヨーク(アメリカ)

ニュース (ニュース)
08:07~

日本大学がきのう応援リーダー部「ディッパーズ」の女性監督を解任したと発表し、パワハラを受けた女子学生が文書を公表した。文書によると今年1月が発端で、大雪で練習が無くなり喜んだことを咎められ、連帯責任で謝罪を求められた。部員全員の前で「事務員に練習が無くなるよう電話をかけてほしいと頼んだ」などと嘘を言われ謝罪させられた。

「チアリーディングって体育会に入るんですかね?」「競技部という形で非常に厳しい練習でもちろん応援するということもあるでしょうし競技としてのチアリーディングもあるんだと思うんですが」などと語られた。日大のチアリーディングは厳しい練習で知られていたが一人の女子学生がパワハラを訴えていたことが明らかになったと語られた。きっかけは1月の大雪の日に多くの部活は休みになったがチア部には中止連絡がなく、女子学生が事務員に話したところ部の監督に電話をしたが出なかった。その後監督から部活中止の連絡があり、事務員の前でオフになったと喜んだ。その後2月1日、監督から部の全体LINEに該当学生と同期部員を注意する文面が流れ、翌日女子学生は全部員に謝罪、監督にもLINEで謝罪したという。普段どおりに練習をしたが、先輩から反省してるように見えないと言われたという。3日に監督から報告はないのかというLINEが送られたがこの日は直接謝れず、4日も監督が現れず、この時点で厳しい言葉が浴びせられる空気があったという。5日、監督は再び部員の前で該当の女性を注意し「事務の中では顔が白くてうるさい子って有名」などという言葉を浴びせたという。 6日には学年ミーティングで追求されて過呼吸になり、同期から「どうせ演技でしょ」などと言われ自殺まで考えるようになったという。タックル事件よりも前の事なので、後だったら全然対応が違っただろうなどと語られた。

眞子さまと婚約が内定している小室圭さんがきのう留学先の大学を訪れた。秋篠宮ご夫妻は小室さんと母親に金銭トラブルの解決を求めるとともに納采の儀を「このままでは行えない」との意向を伝えられた。小室さんは3年間法律を学び現地の弁護士資格取得を目指す。3年間の学費約2000万円は奨学金で全額免除される。

仲間からも責められるようになり孤立し、ミーティングの場で過呼吸に陥いった。学校に行けなくなり、保健体育審議会に相談するも「日本大学としてできることはもうない」と言われた。事務局長を務めていたのはアメフト部前監督で、アメフトの騒動の中、日大が学生に向けて「学生の皆さんを必ず守る」とHPに記載していたが「今回の文書はアメフトの件に関してなので◯◯さんの事とは関係ない」と言われた。日大は事実関係を確認中としながら、女性監督を解任した。女子学生の母親は「真摯に対応してくれていたら、今のようにはならなかったと思う」とコメントした。

小室圭さんが通うフォーダム大学ロースクールには日本出身が6人いるという。グローバーは「貴重な年に経験をすることでプラスになるのは間違いない。場所が移ることで良くなった」とコメントした。

女性監督は30代前後で、女の園の一番悪いところが出ているなどと語られた。女性が集まれば必ずこうなるわけではないがかなり陰湿に追い詰めており監督だけでなく先輩や同期にも追い詰められパワハラといじめの複合で追い詰められたいったと語られた。また出身高校のスウェットを着ていたら「学校の恥だよ今すぐ脱げ」などと言われたり、全員の前で名指しで同期に「同じ代にこんなやついるけどもどう?」と聞き「あり得ないです」などと答えさせたなどもあったという。また該当の女性は昨年夏にけがで手術をしていたが、暗にもう治ってるんじゃないかと責められたり診断書を出し、同期と一緒に受信して診断説明も同期がやれと言われたという。女性は部活に行かなくなり、連れ戻される恐怖心から家出までしたという。

キーワード
日本大学
ディッパーズ
パワハラ
LINE
小室圭さん
眞子さま
「大山開山1300年祭」記念式典
納采の儀
世田谷区(東京)
秋篠宮ご夫妻
ニューヨーク(アメリカ)
米子市(鳥取)
フォーダム大学ロースクール
日大
保健体育審議会
石渡嶺司

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月10日 放送
  3. 次回の放送