土曜ワイド ジェネレーション天国

土曜ワイド (どようワイド) テレビ朝日系列『土曜プライム』で一企画扱いとして放送されていたサスペンスドラマ番組枠。⇒「土曜ワイド劇場」TBSラジオで放送されているラジオ番組「土曜ワイドラジオTOKYO」。「永六輔の土曜ワイドラジオTokyo」「三國一朗の土曜ワイド」「土曜ワイドラジオTOKYO」「毒蝮三太夫の土曜ワイド商売繁盛」「土曜ワイドハッピーTOKYO」「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」- 現在放送中。文化放送でかつて放送されていたラジオ番組。「伊東四朗のあっぱれ土曜ワイド」「石倉三郎のどーん!と土曜ワイド」「露木茂のHOTほっと土曜ワイド」フジテレビで土曜午後に「赤と黒のゲキジョー」(旧:「金曜エンタテイメント」→「金曜プレステージ」。現:「金曜プレミアム」)、「土曜プレミアム」などの再放送やバラエティーの単発番組などを行う放送枠。→「土曜ワイド (フジテレビ)」CBCラジオでかつて放送されていたラジオ番組。⇒「土曜ワイド 広瀬隆のラジオでいこう!」とり・みきとゆうきまさみの共作による漫画作品。⇒土曜ワイド殺人事件琉球放送でかつてテレビ・ラジオで放送されていたローカル番組(テレビ・ラジオともに同タイトルだがそれぞれ別番組)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年3月23日(土) 15:30~17:25
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
15:30~

スペースインベーダーの映像。

中尾彬やマイケル富岡ら各世代からのゲストを紹介。

今田耕司と山下智久が挨拶し、山下智久は初のバラエティ司会だとトーク。アシスタントは中村仁美が育休中のため、山崎夕貴が務める。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

キーワード
スペースインベーダー
中村仁美

冬のおしゃれなファッション (バラエティ/情報)
15:32~

60歳以上からなる創世記バナナ世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。美智子様が皇太子妃に決定した昭和33年にはきつねの襟巻きが流行し、コーデュロイのことを「コール天」と呼んでいた。(写真:週刊サンケイ、メンズクラブ)

またタートルネックは「とっくり」と呼ばれ、遊び心のわかる男のアイテムとして重宝された。(写真:メンズクラブ)

スタジオではバナナ世代が今でも「とっくり」と言ってしまうとトーク。黒沢年雄がとっくりを着ている写真やきつねの襟巻きが紹介された。

40代を中心とする絶頂期キウイ世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。80年代後半は薄手のボディコンとともに毛皮のコートが流行、男性の間ではカシミヤがブームとなった。(写真:週刊女性、週刊朝日、週刊サンケイ、DANSEN)

1986年にトム・クルーズ主演の「トップガン(パラマウント・ジャパン)」が公開されると「MA-1」が売れた。

意外な事実にキウイ世代赤面。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

キーワード
美智子様
週刊サンケイ
メンズクラブ
タートルネック
ボディコン
週刊女性
週刊朝日
カシミヤ
DANSEN
トム・クルーズ
トップガン
パラマウント・ジャパン
MA-1

冬のおしゃれなファッション (バラエティ/情報)
15:44~

40代を中心とする絶頂期キウイ世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。映画「トップガン」の影響で「MA-1」が大ヒットしたが、アーミーファッション雑誌の福原洋平によるとトム・クルーズは映画の中でMA-1を着用しておらず、G-1と呼ばれるものだったという。

スタジオでは山下智久らがMA-1は今でもあるとトーク。MA-1が流行した当時の川合俊一の写真が紹介され、黒田アーサーは「トップガン」のセリフを披露。武田修宏はカシミヤが流行した時代のバブリーな遊びについて語った。話を聞いた山下智久は、毎週この番組をやればやるほどキウイ世代に憧れると話した。

20代を中心とする現代マンゴー世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。東京ガールズコレクションなどでも登場するファーアイテムは女子の必須アイテムで、スマホ用手袋も人気のアイテム。最近ではレザータイプも発売されている。

男子の間ではスウェットパンツが流行。

バナナVSマンゴーファッション抗争勃発!

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

キーワード
トム・クルーズ
トップガン
MA-1
G-1
カシミヤ
東京ガールズコレクション
ファー
スマホ
スウェットパンツ

冬のおしゃれなファッション (バラエティ/情報)
15:52~

20代を中心とする現代マンゴー世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。男子の間ではスウェットパンツが流行しており、「I・D・Clothing・Heart」で販売されているWJKは3万円を超えるなどファッションアイテムとして普及している。ちなみにMCの山下智久も「LOVE CHASE」のMVでスウェットパンツを着用している。

スタジオではスウェットパンツをおしゃれアイテムに使うことについてトーク。高橋ひとみは「膝が出る」のではと不安を述べたが、マンゴー世代は理解できなかった。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

60歳以上からなる創世記バナナ世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。オリンピック3冠を達成したトニー・ザイラーが来日した際は、ザイラーブラックと呼ばれる黒ずくめのスキーファッションが人気となり、東レは来日に合わせて上下黒のスキーウェアを販売した。(写真:毎日グラフ、読売新聞)

昭和30年代半ばにはカラータイツが登場。男性はオーバーと呼ばれるアウターを着用していた。しかし当時は色のバリエーションが少なく、人違いが多発したという。60年代にはアメリカ名門大学生のファッション「アイビー」が大流行し、男性はコートを着用するようになった。(メンズクラブ)

スタジオではオーバーについて、すごく重たいとトーク。当時流行したダッフルコートはかなり高級だったが、それでも飛ぶように売れたという。カラータイツを履いた小川知子の写真が紹介された。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

40代を中心とする絶頂期キウイ世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。「私をスキーに連れてって」が公開されるとスキーブームが到来し、街中でスキーウェアを着る人が登場。90年代に入ると冬休みの海外旅行がブームとなり、お土産はスカーフが定番になった。(写真:週刊女性)

男性は冬でも日焼けサロンで日焼けをするようになり、家用の日焼けマシンも登場した。(写真:週刊読売)

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

ジェネレーション天国の番組宣伝。

キーワード
スウェットパンツ
WJK
attack the mnd 7
LOVE CHASE
トニー・ザイラー
毎日グラフ
読売新聞
東レ
カラータイツ
メンズクラブ
私をスキーに連れてって
週刊女性
スカーフ
週刊読売

冬のおしゃれなファッション (バラエティ/情報)
16:06~

男性は冬でも日焼けサロンで日焼けをするようになり、家用の日焼けマシンも登場した。(写真:週刊読売)

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

スタジオでは黒田アーサーが家用の日焼けマシンを持っていたとトーク。山下智久はジュニア時代、合宿所に日焼けマシンがあり「YOU焼いちゃいなよ」と言われたことを明かした。またスキーブームについては「私をスキーに連れてって」が本当に流行ったと話した。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

20代を中心とする現代マンゴー世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。女子の間では「gelato pique」から発売されたふわもこアイテムが流行し、キャンディファクトリーからは「おやすみソックス ムース」などが発売された。

昨年には男子の間でステテコが人気になった。ブームのきっかけを作ったステテコドットコム ソララボはこの冬「Momo-hiki」をフィーチャーしている。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

バナナVSマンゴー抗争再び。

ジェネレーション天国の番組宣伝。

キーワード
週刊読売
私をスキーに連れてって
おやすみソックス ムース
キャンディファクトリー
ヒップウォーカー メガカップケーキ
ステテコ
Momo-hiki

冬のおしゃれなファッション (バラエティ/情報)
16:14~

20代を中心とする現代マンゴー世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。女子の間では「gelato pique」から発売されたふわもこアイテムが流行し、キャンディファクトリーからは「おやすみソックス ムース」などが発売された。

昨年には男子の間でステテコが人気になった。ブームのきっかけを作ったステテコドットコム ソララボはこの冬「Momo-hiki」をフィーチャーしている。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

20代を中心とする現代マンゴー世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。ステテコブームを生み出した「ステテコドットコム ソララボ」ではこの冬「Momo-hiki」をフィーチャーしている。

女子の間ではタトゥータイツが人気で、「sevens 原宿」では様々な柄のタトゥータイツが販売されている。

スタジオでは鈴木奈々がタトゥータイツを披露。前田美波里はふわもこは家でやれと述べ、StetecoとMomo-hikiについては藤森慎吾も利用していると話した。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

三世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。60代以上からなるバナナ世代は映画「新婚道中記」でのケイリー・グラントに憧れ、ナイトガウンを着ていた。

40代が中心のキウイ世代は冬一番のイベントがクリスマスで、バスローブを着用していた。

若者世代はストールを着用。

ジェネレーション天国の番組宣伝。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

キーワード
gelato pique 渋谷ヒカリエ ShinQs店
おやすみソックス ムース
キャンディファクトリー
ヒップウォーカー メガカップケーキ
ステテコドットコム ソララボ
ステテコ
Momo-hiki
シルクミックス モモヒキ
ソフトパイル モモヒキ
タトゥータイツ
Steteco
新婚道中記
ケイリー・グラント
ガウン
クリスマス
バスローブ
ストール

冬のおしゃれなファッション (バラエティ/情報)
16:24~

スタジオではストールについてトーク。JOYは巻き方にゴールなんかないと述べ、黒田アーサーはバスローブの使い方について紹介した。

三世代の冬のおしゃれなファッションを紹介。若者世代はストールを着用、「レコルト 中目黒店」では大判タイプからポンチョタイプなども販売している。また巻き方も様々となっている。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

キーワード
ストール
バスローブ
ガウン

カッコいい青春の遊び (バラエティ/情報)
16:27~

60歳以上からなる創世記バナナ世代のカッコいい青春の遊びを紹介。1つ目はマイカーで、都電やバスが主流だった高度経済成長期には庶民にも手が届く車が発売された。(朝日新聞)

2つ目はボウリング。アメリカンな空間がおしゃれとブームになり、プロボウラーの中山律子は美貌とミニスカートで人気を博した。また当時はスコアが手書きで、素早く計算できる男子がモテたという。

当時は「カサブランカ」のハンフリー・ボガートなどアメリカ映画のワンシーンに憧れ、カッコよく酒を飲むのを真似した。中でも「最後の20セント」など絨毯バーには多くのカップルが足を運んだ。

スタジオではバナナ世代の遊びについてトーク。当時ボウリングは人の手でピンを並べており、自動の機械はなかったという。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

40代を中心とする絶頂期キウイ世代のカッコいい青春の遊びを紹介。1つ目は「左ハンドル」で、バブル時代の六本木は外車の博覧会状態だった。ちなみに当時は横浜ベイブリッジが開通したばかり。

2つ目はスキーリゾートで「私をスキーに連れてって」がきっかけでブームとなり、スキー場のステッカーを車に貼るのが流行した。中でも苗場スキー場は正月には明治神宮やディズニーランドに次ぐ人出で、苗場プリンスホテルは夏から予約が必要だった。

3つ目はプールバー。「ハスラー2」の公開でビリヤードが流行した。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

ジェネレーション天国の番組宣伝。

キーワード
高度経済成長期
朝日新聞
中山律子
ボウリング
カサブランカ
ハンフリー・ボガート
バブル
六本木(東京)
横浜ベイブリッジ
私をスキーに連れてって
J TRIP BAR 苗場
ビリヤード
ハスラー2

カッコいい青春の遊び (バラエティ/情報)
16:39~

40代を中心とする絶頂期キウイ世代のカッコいい青春の遊びを紹介。3つ目はプールバーで、「ハスラー2」の公開でビリヤードが流行した。ハウスキューの扱いなどプールバーでのカッコいい振る舞い方が紹介された。

スタジオでは今田耕司がプールバーでのカッコいい振る舞いを全部やっていたとトーク。加藤雅也は当時はまだモデルで俳優やタレントとは扱いが全然違ったと振り返った。

川合俊一は当時はアッシーくんに女性を連れてきてもらってご飯を食べる側だったと話し、モト冬樹に聞けばアッシーくんについてよくわかると教えた。

現代マンゴー世代のカッコいい青春の遊びを紹介。1つ目はどこでもDJを楽しめる「d jay」。タブレットやスマホ用のアプリで、自宅でクラブ気分を味わえる。

2つ目はスケボーの進化版「ペニー」。ペニーとは「ムラサキスポーツ BOARDERS FACT 原宿店」などで販売されているスケボーブランドで、街乗り用のスケボーとしてヒットした。またペニーはおしゃれアイテムとしても話題。(Fine)

3つ目はコスプレで、コスプレをする人をマンゴー世代はレイヤーと呼んでいる。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

ジェネレーション天国の番組宣伝。

キーワード
ビリヤード
ハスラー2
モト冬樹
d jay
スケボー
ペニー
Fine
コスプレ

カッコいい青春の遊び (バラエティ/情報)
16:50~

現代マンゴー世代のカッコいい青春の遊びを紹介。3つ目はコスプレで、コスプレをする人をマンゴー世代はレイヤーと呼んでいる。レイヤーの天使みゅ。さんに楽しみ方を聞いたところ、まずはフォトスタジオで撮影会を行い、イベントでコスプレを披露していた。

スタジオでは吉木りさが人気のレイヤーの写真を撮るのに2時間待ちの場合もあるとトーク。コスプレは日本で作られた和製英語だが、現在は海外の辞書でも「COSPLAY」と表記されている。亜里沙のコスプレ写真が紹介され、ペニーについては北山宏光が、マンゴー世代がフランスパンを持つのと同じだと話した。

マイク眞木がペニーのイカす抱え方を披露。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

60歳以上からなる創世記バナナ世代のカッコいい青春の遊びを紹介。4つ目はギターで、中でもフォークギターが人気だった。当時はピーター・ポール&マリーやキングストン・トリオらに憧れ、エレキギターも人気となった。

5つ目は海で、当時のカップルは家の車で海を訪れていた。

6つ目は加山雄三。「アルプスの若大将」など映画で人気となり、父は二枚目の上原謙。

スタジオでは山下智久が、今の中高年の散歩ブームも加山雄三がお手本になっているとトーク。西岡徳馬らが加山雄三への憧れを語った。

40代を中心とする絶頂期キウイ世代のカッコいい青春の遊びを紹介。1976年には雑誌「ポパイ」が創刊され、サーフィンが流行。当時は「オールナイトフジ」がスタートしており、番組ではドジ井坂によるサーフィンコーナーが設けられていた。サーファーの聖地は湘南で、アメリカ扱いされていた。

5つ目は「競馬」で、1987年には武豊がデビュー。オグリキャップの人気もあり、競馬場にはキウイ女子が殺到した。大井競馬場ではトゥインクルレースが開催され、ロマンチックな雰囲気がカップルに人気となった。(読売新聞、サンデー毎日)

6つ目はクルーザーパーティー。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

ジェネレーション天国の番組宣伝。

キーワード
コスプレ
ワンダーフェスティバル2013[冬]
ペニー
ギター
ピーター・ポール&マリー
Puff
キングストン・トリオ
花はどこへ行った
ベンチャーズ
パイプライン
アルプスの若大将
加山雄三
上原謙
サーフィン
ポパイ
オールナイトフジ
ドジ井坂
湘南(神奈川)
競馬
武豊
オグリキャップ
読売新聞
トゥインクルレース
サンデー毎日

カッコいい青春の遊び (バラエティ/情報)
17:06~

40 代を中心とする絶頂期キウイ世代のカッコいい青春の遊びを紹介。6つ目はクルーザーパーティーで、プレジャーボートの保有数は80年代に急激に増加。係留するマリーナが不足し、逗子マリーナや葉山マリーナの係留費は1億円とも言われた。

スタジオでは川合俊一がクルーザーパーティーの様子を紹介し、山下智久は今年の夏どうにかならないかとお願いした。競馬については佐々木主浩が名残で馬主になっていることを明かし、ドラマ「やまとなでしこ」を見て馬主になろうと思ったと話した。

20代が中心の現代マンゴー世代のカッコいい青春の遊びを紹介。4つ目はRUNコンで、東京マラソンの開催をきっかけにおしゃれなスポーツとして広まった。(写真:東京ウォーカー/角川マガジンズ、Gainer ロケ地:サクラカフェ神保町)

5つ目はヒトカラ。一人カラオケの略で、ワンカラ新宿大ガード店などヒトカラ専門店もオープン。第一興商「LIVE DAM」の採点で、全国ランキングの上位を目指す人もいる。(写真:月刊レジャー産業資料、宝島)

6つ目は「ニコ動」。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

ジェネレーション天国の番組宣伝。

キーワード
競馬
やまとなでしこ
サーフィン
東京ウォーカー
RUNコン
角川マガジンズ
東京マラソン
Gainer
ヒトカラ
月刊レジャー産業資料
宝島
LIVE DAM
第一興商
ニコ動

カッコいい青春の遊び (バラエティ/情報)
17:15~

20代が中心の現代マンゴー世代のカッコいい青春の遊びを紹介。6つ目は「ニコ動」で、「実写版 ぼくのふゆやすみ」など様々な動画が投稿されている。特に人気なのは「歌ってみた」シリーズで、ニコ動の神と呼ばれている愛川こずえさんに話を聞いた。

スタジオでは北山宏光が、歌ってみたシリーズの投稿者が集まってグループを結成したりしていると紹介。高橋ユウはヒトカラをよくやると話した。

三世代のカッコいい青春の遊びの中から、ダンスをテーマに紹介。60歳以上からなるバナナ世代はダンスパーティーで、貸ホールや喫茶店でダンパを開催していた。

40代が中心のキウイ世代はTANGOやインクスティック芝浦ファクトリーなどのウォーターフロント。91年にはジュリアナ東京がオープンし、ジュリ扇の路上販売まで出現した。(Hanako)

20代が中心のマンゴー世代はダンエボ。98年に登場したダンスダンスレボリューションの進化版で、キャラに合わせてダンスする。ダンエボの達人と呼ばれるaiすくりぃむ.iさんをジャパンアミューズメントエキスポ2013の会場で取材、ももクロのダンスを披露してもらった。

スタジオでは各世代のダンスについて、中尾彬がマンゴー世代は人との関わりあいがないとトーク。バナナ世代とキウイ世代はチークダンスについてマンゴー世代に教えた。

アンフェアSPの番組宣伝。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

ジェネレーション天国の番組宣伝。

ジェネレーション天国の番組宣伝テロップ。

キーワード
ニコ動
ヒトカラ
インクスティック芝浦ファクトリー
Hanako
ウォーターフロント
MZA有明
ジュリアナ東京
ダンスダンスレボリューション
ダンエボ
ジャパンアミューズメントエキスポ2013
ももクロ

キャスト

スポット

グルメ

サクラカフェ神保町
最後の20セント
TANGO

ファッション

I・D・Clothing・Heart
gelato pique 渋谷ヒカリエ ShinQs店
ステテコドットコム ソララボ
レコルト 中目黒店
sevens 原宿

レジャー/交通

大井競馬場
GOLD
苗場プリンスホテル
ワンカラ新宿大ガード店
ディズニーランド
苗場スキー場
葉山マリーナ
逗子マリーナ

宗教

明治神宮

趣味/スポーツ

ムラサキスポーツ BOARDERS FACT 原宿店
  1. 前回の放送
  2. 3月23日 放送
  3. 次回の放送