出雲全日本大学選抜駅伝 第30回

放送日 2018年10月8日(月) 13:00~15:25
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

フジテレビ系列スポーツ中継「S-PARK」のオープニング映像。

スタート地点の出雲大社前から、出雲全日本大学選抜駅伝の出場選手らのようすを中継した。

出雲全日本大学選抜駅伝のオープニング映像。歴代の名勝負などの場面を解説文とともに紹介した。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継1) (スポーツ)
13:00~

スタート地点の出雲大社前から、出雲全日本大学選抜駅伝の出場選手らのようすを中継した。ゲストの柏原竜二さんは、この大会は1区で勝負が決まるといわれスタートダッシュが鍵になる、選手たちの緊張が伝わってくると答えた。

BGM:フジテレビ系スポーツ情熱ソング「歓喜の舞台」/関ジャニ∞

フィニッシュ地点の出雲ドーム前と中継を結んだ。瀬古利彦さんが先のシカゴマラソンでの大迫傑選手の活躍について聞かれ、後輩たちにも続いてほしいと答えた。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
歓喜の舞台
関ジャニ∞
大迫傑

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継2) (スポーツ)
13:03~

スタート地点の出雲大社前から、出雲全日本大学選抜駅伝の出場選手らのようすを中継した。東海大学、青山学院大学など注目校のメンバーを紹介した。

出雲全日本大学選抜駅伝がスタート。1区の選手たちが出発した。

設楽悠太は出雲駅伝・第23回大会(2011年)で3区区間賞。大会について聞くと、結果を残せたことが次の大会につながったと答えた。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
出雲大社
東海大学
青山学院大学
東洋大学

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継3) (スポーツ)
13:11~

出雲全日本大学選抜駅伝、1区の先頭が4キロを通過。全21チームの選手が固まっている。

青山学院大学は去年の出雲駅伝で東海大学に敗れ2位。今年は箱根駅伝とはチームを変え、出雲駅伝に合った選手を起用することを決めた。スピード自慢の選手が台頭し、トラックで多くの結果を残した。1区を走る橋爪大慧(たいせい)らが取材に答えた。

出雲全日本大学選抜駅伝、1区の先頭が中継所に入った。トップは青山学院大学。

出雲全日本大学選抜駅伝、2区の先頭が1キロを通過。トップは青山学院大学。

渡辺康幸さんは第5回(1993年)、早稲田大学から出雲駅伝に出場し2区区間賞。その後同大学の監督となり、第22回(2010年)に優勝、駅伝三冠に導いた。選手時代について聞くと、山梨学院大学の「ステファン・マヤカ」(現:真也加ステファン)との戦いが印象的だったと答えた。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
青山学院大学
早稲田大学
ステファン・マヤカ

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継4) (スポーツ)
13:34~

出雲全日本大学選抜駅伝、2区の先頭が2キロを通過。トップは青山学院大学。

1区区間賞の青山学院大学・橋詰大慧にインタビュー。タイミングのよい位置でスパートをかけることができた、後続の選手も十分に実力があるので信じてトップを守ってほしいと答えた。

出雲全日本大学選抜駅伝、2区の先頭が4キロを通過。トップは青山学院大学。

東海大学・館澤亨次への事前インタビューを紹介。出雲駅伝ではおととし・去年と区間2位に終わっている、今年ことは区間賞をとりたいと答えた。

出雲全日本大学選抜駅伝、2区の先頭が中継所に入った。トップは青山学院大学。

出雲全日本大学選抜駅伝、3区の先頭が1キロを通過。トップは青山学院大学。

フジテレビ出雲駅伝公式サイトの案内。映像が乱れたため中断した。

出雲全日本大学選抜駅伝、3区の先頭が1キロを通過。トップは青山学院大学。

フジテレビ出雲駅伝公式サイトの案内。富士通より上位3校に「Lifebook UH」シリーズを進呈、森永製菓より「inゼリー」エネルギー・プロテイン計1000個を提供など、スポンサーからのお知らせをあわせて紹介した。

出雲全日本大学選抜駅伝、3区の先頭が3キロを通過。トップは青山学院大学。

2区区間賞の青山学院大学・鈴木塁人(たかと)にインタビュー。1区から最高の流れで引き継ぐことができた、ライバルをさらに引き離すことができたと答えた。スタジオからは、監督が追い上げとスパートに信頼を置いていた、去年は負傷に悩まされたが復活を果たしたと紹介した。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
青山学院大学
東海大学
富士通
LIFEBOOK UH
inゼリー
森永製菓

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継5) (スポーツ)
13:57~

出雲全日本大学選抜駅伝、3区の先頭が6キロを通過。トップは青山学院大学。

監督室から中継。トップの青山学院大学・原晋監督に話を聞くと、ここまで皆が理想的な走りを見せてくれている、選手には最後まで気を抜かないでほしいと答えた。

佐藤悠基(日清食品グループ)は出雲駅伝に第17回大会(2005年)から4年連続出場、東海大学3連覇に貢献した。大会について聞くと、チームで戦うという貴重な体験を味わいつつ悔いなく走ってほしいと答えた。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
東海大学

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継6) (スポーツ)
14:07~

出雲全日本大学選抜駅伝、3区の先頭が中継所に入った。トップは青山学院大学。

出雲全日本大学選抜駅伝、4区の先頭が1キロを通過。トップは青山学院大学。

出雲駅伝の第1回大会は1989年、平成元年に行われた。当時の官房長官・小渕恵三が「平成」の新元号を発表する映像を紹介した。当時はタスキリレーの制度はなく、走者がボディタッチで引継ぎを行っていた。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
小渕恵三

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継7) (スポーツ)
14:17~

出雲全日本大学選抜駅伝、4区の先頭が3キロを通過。トップは青山学院大学。

3区区間賞の拓殖大学、ワークナー・デレセにインタビュー。初出場だったが区間賞を目指していたので取れてうれしい、最後の年のよい思い出になったと答えた。

出雲全日本大学選抜駅伝、4区の先頭が4キロを通過。トップは青山学院大学。

出雲駅伝の第7回大会は1995年に行われ、山梨学院大学が「ステファン・マヤカ」らの活躍で5連覇。歴代最多の記録となった。同年に阪神・淡路大震災が発生、被災地への応援を合言葉としたオリックスがリーグ優勝。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
拓殖大学
山梨学院大学
ステファン・マヤカ
阪神・淡路大震災
オリックス・ブルーウェーブ

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継8) (スポーツ)
14:24~

出雲全日本大学選抜駅伝、4区の先頭が中継所に入った。トップは青山学院大学。

出雲全日本大学選抜駅伝、5区の先頭が1キロを通過。トップは青山学院大学。

出雲駅伝の1998年・第10回大会は、スタート地点が出雲大社前に移った大会。同年には冬季五輪の長野オリンピックが行われ、スキージャンプ日本代表らが活躍した。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
長野オリンピック

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継9) (スポーツ)
14:34~

出雲全日本大学選抜駅伝、5区の先頭が3キロを通過。トップは青山学院大学。

4区区間賞の青山学院大学・吉田圭太にインタビュー。差を広げることができた、後続の選手にも1位を守りきってほしいと答えた。

出雲全日本大学選抜駅伝、5区の先頭が6キロを通過。トップは青山学院大学。

出雲駅伝・第28回大会(2016年)は、青山学院大学が大会2連覇。学生駅伝三冠を達成した。同年にはリオ五輪が行われた。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
青山学院大学
リオ五輪

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継10) (スポーツ)
14:44~

出雲全日本大学選抜駅伝、5区の先頭が中継所に入った。トップは青山学院大学。

出雲全日本大学選抜駅伝、6区の先頭が1キロを通過。トップは青山学院大学。

監督室から中継。2位の東洋大学・酒井俊幸監督に話を聞くと、アンカー同士では1位の青山学院大学よりタイムでは勝っている、落ち着いて差を縮めていってほしいと答えた。

出雲全日本大学選抜駅伝、6区の先頭が3キロを通過。トップは青山学院大学。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継11) (スポーツ)
14:57~

出雲全日本大学選抜駅伝、6区の先頭が4キロを通過。トップは青山学院大学。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝

第30回 出雲全日本大学選抜駅伝(中継12) (スポーツ)
15:01~

出雲全日本大学選抜駅伝、6区の先頭が5キロを通過。トップは青山学院大学。

5区区間賞の東洋大学・今西駿介にインタビュー。去年は自分の遅れで順位を落としたので区間賞は最低限の条件と考えていた、アンカーにも気を緩めず戦ってほしいと答えた。

出雲全日本大学選抜駅伝、青山学院大学がトップでフィニッシュ。優勝タイムは速報で2時間11分57秒となった。

出雲全日本大学選抜駅伝のフィニッシュ地点から、4位の拓殖大学までのゴールを伝えた。

優勝した青山学院大学の選手と監督にインタビュー。アンカー・6区の竹石尚人は、大きなリードをもらって気持ちよく走れたと答えた。1区の橋詰大慧は、スタートが肝心と考えていた、区間賞をとれてうれしいと答えた。2区の鈴木塁人は、これまで1区かアンカーの激戦区で区間賞とは無縁だった、今年は初めて区間賞をとれたと答えた。3区の森田歩希は、先輩として後続が安心して走れるようリードを広げることができたと答えた。4区の吉田圭太は、先輩たちの走りのおかげで気持ちよく走れたと答えた。5区の生方敦也は、区間賞はとれなかったがリラックスして走れたと答えた。原晋監督は、選手自身が高め合う仕組みを作れたことが優勝につながったと答えた。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
東洋大学
青山学院大学

エンディング (その他)
15:24~

今年の出雲駅伝の優勝は青山学院大学。選手たちに、喜びと駅伝三冠奪取の決意の叫びをあげてもらった。

エンディング映像。

キーワード
出雲全日本大学選抜駅伝
青山学院大学

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 10月8日 放送
  3. 次回の放送