zero選挙 2019 新時代の大問題第2部

放送日 2019年7月21日(日) 23:50~ 2:10
放送局 よみうりテレビ

番組概要

ニュース (ニュース)
23:50~

きょう未明から「線状降水帯」と呼ばれる帯状の発達した積乱雲がかかり続けた九州北部では記録的な大雨となった。佐賀・鳥栖市、福岡・久留米市では24時間雨量が観測史上最大となった。広島県の一部地域に出されていた避難指示・勧告はすべて解除となったが、福岡県・佐賀県・高知県の一部地域には避難指示・勧告が出ている。西日本では夜になっても局地的に激しい雨が降っていて気象庁はあすにかけても土砂災害などに警戒するよう呼びかけている。

香港ではきょう逃亡犯条例改正に反対する大規模なデモが再び行われた。主催者発表によると約43万人が参加した。一部参加者が中国政府の出先機関の敷地に侵入して警察に強制排除された。民主派団体は警官隊が過剰な暴力行為を行ったと主張し、独立した調査委員会での責任追求を要求している。

キーワード
線状降水帯
大雨
鳥栖市(佐賀)
久留米市(福岡)
広島県
安佐北区(広島)
川崎町(福岡)
福岡県
佐賀県
高知県
逃亡犯条例
香港(中国)

開票速報 (ニュース)
23:53~

有働由美子、鈴木奈々らによるオープニングトーク。岡田結実や田中卓志は今日、投票に行ったと話した。

番組Twitterの告知テロップ。

東京選挙区の当落を紹介。当選確実となった塩村文夏は、セクハラヤジを受けた元都議。塩村文夏は就職氷河期に自身も非正規で働いていた経験から、待遇改善する法整備を進めたいとしている。

沖縄選挙区の開票結果を伝えた。高良鉄美が当選確実となった。

青森選挙区の開票結果を伝えた。滝沢求が当選確実となった。

香川選挙区の開票結果を伝えた。三宅伸吾が当選確実となった。

大分選挙区の開票結果を伝えた。安達澄が当選確実となった。

比例選挙でれいわ新選組は、船後靖彦と木村英子が当選確実となった。船後靖彦は障害者の声を国会に届けたいとしている。

比例選挙、立憲民主党は、岸真紀子・小沢雅仁・水岡俊一・吉川沙織が当選確実となった。タレント候補の市井紗耶香は厳しい状況。

比例・社会民主党の開票結果を伝えた。

比例・国民民主党の開票結果を伝えた。

比例・日本共産党の開票結果を伝えた。

最終予測議席を紹介。自民党は59議席、公明党は14議席で与党は73議席を獲得する見通し。野党は立憲民主党が18議席国民民主党は5議席、日本共産党が7議席、社民党が1議席、野党共闘が7議席、日本維新の会が10議席を獲得する見込み。小栗泉は、気になるのは投票率の低さで5割を割り込む見通し、有権者の半数にとって冷めた選挙をしていたということだったと言えるなどと述べた。

キーワード
ウドウ解決所
丸川珠代
山口那津男
吉良佳子
塩村文夏
武見敬三
音喜多駿
山岸一生
野原善正
高良鉄美
安里繁信
玉利朝輝
磯山秀夫
滝沢求
小田切達
小山日奈子
三宅伸吾
尾田美和子
田中邦明
安達澄
礒崎陽輔
牧原慶一郎
船後靖彦
木村英子
山本太郎
大西恒樹
岸真紀子
小沢雅仁
水岡俊一
吉川沙織
立憲民主党
れいわ新選組
森屋隆
石川大我
藤田幸久
須藤元気
川田龍平
中村起子
市井紗耶香
斉藤里恵
社会民主党
吉田忠智
仲村未央
矢野敦子
大椿裕子
国民民主党
浜野喜史
田村麻美
石上俊雄
礒崎哲史
日本共産党
小池晃
紙智子
山本訓子
仁比聡平
立憲
共産
国民
社民
維新

ウドウ解决所 (バラエティ/情報)
00:04~

coming up ウドウ解決所 “無断欠勤OK” 驚き改革。

働き方改革関連法で、残業時間は原則月45時間、年360時間以内となり、超過した企業に罰金が課せられるようになった。その結果、ハッピーな人達がいる一方、仕事を家に持ち帰る人や、残業禁止で丘陵が激減したなどと話す人もした。1000人アンケートで働き方改革によってマイナスになったと答えた人は19.9%で、プラスと答えた人の倍以上いた。運送業の男性は、給料減でドライバーが一気に転職してしまったなどと述べた。

スタジオトーク。働き方改革がプラスかマイナスかという質問に対し、20代はわずかながらプラスと答えた人が多かったが、30~50代は圧倒的にマイナスと答えた人が多かった。お笑い芸人に働き方改革はあるのかと聞かれた吉村崇は僕たちはフリーのようなものでないと話した。田中卓志は、自分の周りではディレクターに多いのが、深夜まで編集する際にADを帰してしまって、AD業務も自分でやっている、ADも成長できないなどと述べた。落合陽一は、働き盛りかどうか、家庭を持っているかどうかで違うのではなどと述べた。若槻千夏は、自分で選択できたら良いと思うなどと述べた。村井英樹は、働き方改革はモーレツ社員を前提とした改革のため色んな問題が生じているなどと述べた。小川淳也は、国家公務員は労働基準法の対象外で残業禁止もないし残業代も出ない、それも変えていかなければならないなどと述べた。

東松寛文は、毎週のように海外旅行を満喫する暮らしをしているリーマントラベラー。7年間で58ヵ国123都市を訪れた。

スタジオに東松寛文が登場した。東松は働き方改革で幸せになれないという人に対して、「休み方改革」で幸せになれると解決法を提唱した。東松は「休みたくなる趣味を見つける」「先にチケットを予約する」「効率&評価がWアップ!」とした。田中卓志はキャラクターが明るいからやれそうだけど俺はキャラクター的にできなさそうなどと述べた。東松はそれまで全く休みが取れない仕事をしていたが、勇気を持って休みをもらって旅行に行ってから人生が変わったなどと述べた。東松は時短として、単語登録を多くしていて、「よろ」と打つと「よろしくおねがいします」と出るようにしているなどと述べた。そして、給料は残業がなくなって減っているが、自己実現の時間が増えたなどと述べた。

キーワード
働き方改革関連法
新橋(東京)
働き方改革

ウドウ解决所 (バラエティ/情報)
00:24~

0時40分ごろからの「ウドウ解决所」は、教員不足で“授業ができない”。

coming up 激戦に決着は…当落速報。

大阪・茨木市のパプアニューギニア海産では、パート従業員に「出社時間は自由」「無断欠勤OK」「嫌いな仕事禁止」というルールを設けた。すると、従業員の意欲が上がり、作業効率がアップし、離職率が低下したという。パートが誰も工場に来なかった日は6年間で1回だけだという。パプアニューギニア海産の武藤北斗工場長は「自分で決めればサボろうという気持ちにはならない」としている。また、ソフトウエア開発会社「ソニックガーデン」ではオフィスを廃止して、全員自宅などで仕事しているという。Web上に仮想オフィスを作り、オンラインで出社するのだという。日常的にオンラインで会議はしていて、飲み会もオンラインで行うという。若槻千夏は、自身の会社について、小さい会社の為、社員の都合に合わせてシフトを組んでいるなどと述べた。

東松寛文は「残業しないボーナスを!」として、休んだ人が会社でも評価される仕組みができれば休みやすくなって個人も改革できるのではなどと述べた。小山淳也は良い考え方だと思うが、そもそも日本は給料が低すぎる、残業代で生活が成り立っていることがおかしいことに気づかないとなどと述べた。村井英樹は、働き方改革は1人1人が主役、職場の試行錯誤でもっと改善できるはずだなどと述べた。

キーワード
参議院議員選挙
働き方改革
武藤北斗工場長
ソニックガーデン
茨木市(大阪)

開票速報 (ニュース)
00:35~

先ほどの大雨のニュースで佐賀県の一部地域に「避難指示」が出ているとの字幕が表示されたが、正しくは「避難勧告」だと訂正してお詫びした。

このあとは…ウドウ解决所。教育現場の“大問題” 教員不足で“授業ができない”。

滋賀選挙区は野党統一候補の嘉田由紀子が当選確実となった。

岩手選挙区は野党共闘の横沢高徳が当選確実となった。横沢氏は事故で下半身不随となり、バンクーバーパラリンピックで日本代表に選ばれている。現職の平野達男候補の敗戦の弁を伝えた。

三重選挙区は自民の吉川有美が当選確実。三重で初の女性参議院議員となる。

京都選挙区は自民・西田昌司、共産・倉林明子が当選確実。立憲・増原裕子は落選確実。増原氏は同性愛者で、パートナーは経済評論家の勝間和代。

兵庫選挙区は維新・清水貴之、公明・高橋光男、自民・加田裕之が当選確実。

大阪選挙区の開票結果を伝えた。

岐阜選挙区は自民現職の大野泰正が当選した。

ここまでの情勢について、視聴者の声を紹介した。「投票に若者が行かない→若者が苦しむ政策が増えるのも当たり前」「こんなに投票率低い選挙は有効なの?」といった意見があった。

続いては、スタジオの一同が、野党共闘について話し合う。ここまでは、32の一人区で、野党共闘の候補者が、9つの選挙区で当選確実となっている。3年前は11だった為、今回はそれに届かなかったという事になる。これについて小栗泉が、「野党共闘に本格的になるのが、遅すぎた。4月に統一地方選挙があって、野党の間でもしのぎを削っていた。これの影響がある」などと話した。そして、次の選挙で、野党がどういう風に組むのか、あるいは組まないのかがポイントだと、一同が話し合った。また、改憲勢力が3分の2を取る事は、厳しくなったと話し合った。

キーワード
大雨
佐賀県
嘉田由紀子
横沢高徳
バンクーバーパラリンピック
平野達男
吉川有美
西田昌司
倉林明子
増原裕子
共産
立憲
勝間和代
清水貴之
高橋光男
加田裕之
維新
梅村みずほ
東徹
杉久武
太田房江
大野泰正
参議院議員選挙
統一地方選挙
野党共闘
憲法改正

ウドウ解决所 (バラエティ/情報)
00:45~

coming up ウドウ解决所 生徒も満足!学校改革。

北海道の小学校では5月から担任が1人足りない。トイレを行く時間もなく、教頭が全国で探しているが見つかっていない。宮城県の中学校では今月、2人の先生が減ったため2年生の国語の授業ができない状態。教員の労働時間は小中学校で平均約12時間で精神疾患による休職者は20年前の約3倍の5077人となっている。番組調べでは公立の小中学校の教員欠員数は全国で1329人だった。また、ある学校の現場では教頭が担任の先生を指導しながら授業をしていた。

深刻な教員不足について現職の小学校教師・丸山氏はやることが多すぎる、自宅に持ち帰って仕事をしている人もいるなどとし、業務の種類や事務作業などの授業外のことが多いため長時間労働になっていると話した。

現職の小学校教師・丸山氏は教員不足で先生が疲弊する問題の解決策に「職員室のモノを思い切って捨てる!」と提案。これにより不用品が消えて効率がアップする。昭和から使っている古い机などを捨てる。不用品置き場を設け、捨てるという先生の意識改革をすることで当たり前をやめて行事を削減することにつながると解説。そのほか、丸山氏は勤務外の対応をやめたと話すと、反対だという若槻千夏はもっと他に削減できるところはないのかと訴えた。

キーワード
北海道
宮城県

ウドウ解决所 (バラエティ/情報)
01:02~

coming up 注目候補に明暗“運命の一日”。

東京の千代田区立麹町中学校は1人の先生が1つのクラスを担当する担任制をやめて、複数の先生が複数のクラスを担当する全員担任制を導入した。先生の責任が分散され、生徒も先生を選べるので相談しやすくなったという。

千代田区立麹町中学校の工藤校長は教員不足による教員疲弊の解決策として「放課後の教室のレンタル」を提案した。開業コストがかからず、学校に家賃が入り、先生の副業OKなら副収入になるなどのメリットがある。自民党の村井英樹議員は現行制度でも学校の貸出や先生の副業は認められているが、塾に貸すとなるとお金を払える子供しか利用できない。さらに学校の先生が副業をする時間があるのかなどと問題提起した。

愛知県内の公立小学校教師である丸山瞬さんは、教員不足による教員疲弊の解決策として「教師の人気回復」を提案した。子供が分かった瞬間が魅力だと語った。教員は給特法によって4%が残業代としてあらかじめ支給されているが、何時間残業しても増えることはない。教員にも非正規が増えていて待遇が悪いという。丸山さんは給特法を変えることも働き方改革になると語った。

coming up 午前1時25分ごろから「結婚したいのに…」の解決策。

キーワード
丸川珠代候補
塩村文夏候補
塚田一郎候補
参議院議員選挙
工藤校長
給特法

開票速報 (ニュース)
01:13~

coming up ウドウ解决所 ○○を楽しく ノブコブ吉村の“大問題”。

参院選、立憲民主党候補の塩村文夏候補は、今夜8時頃、当選確実となりスタッフと共に喜びを分かち合った。また高良鉄美候補も当確となった。一方で道路の整備政策における忖度発言で国交副大臣を辞任した自民の塚田一郎候補は、新潟選挙区で落選した。他ではにしゃんた候補や原谷那美候補が落選した。

番組Twitterの告知テロップ。

今回の参院選で目立ったのは、津田沼駅前などで安倍首相が演説を行った際の野党批判。一方で自民党内では石破茂元幹事長は人の嫌悪感などを煽るやり方は一線を越えた感じがするなどとコメントしている。安倍首相の街頭演説では応援コールと抗議ヤジが入り交じる荒れ模様となったが、世耕弘成候補など多くの当選確実を手にした。公明党では山口那津男代表が党員の当選を祝う中、自身の当選もアピールしていた。自民・公明は改選議席の過半数を確保した。野党では立憲民主党が議席を大きく伸ばしてが、野党全体では与党にリードを許す結果となり、今後の戦略に課題が残った。

れいわ新選組の山本太郎代表が今夜8時頃、参院選候補者の当選確実をマイクパフォーマンスを交えて伝えた。れいわ新選組は比例の2議席で当選確実となり、山本代表は政権を狙っていくなどとコメントした。

今回の参院選で国政政党として存続できるのか崖っぷちに立たされていた社民党は吉川元幹事長が正念場の戦いでもあったとコメントしていた。現在も続いている開票作業は午前中にも結果が判明する見通しとなっている。

キーワード
ウドウ解決所
塩村文夏候補
塚田一郎候補
にしゃんた候補
原谷那美候補
立憲民主党
参院選
高良鉄美候補
河井案里候補
丸川珠代候補
枝野幸男代表
安倍首相
石破茂元幹事長
世耕弘成候補
山口那津男代表
れいわ新選組
山本太郎代表
吉川元幹事長
社民党

ウドウ解决所 (バラエティ/情報)
01:21~

coming up ウドウ解决所 出会いがない!「結婚したいのに…」の解決策。

吉村崇は納税が楽しくないので、1割ぐらいは自分で使い道を決めさせて欲しいと主張した。自民党の村井英樹議員は似たような制度としてふるさと納税がある。外国ではNPOなどに寄付をすると税額が控除される仕組みがあると説明した。吉村はさらに税務署が暗いからもっと明るくして欲しいと語った。田中は週刊誌の抱かれたくない芸能人ランキングをやめて欲しいと主張した。

キーワード
ふるさと納税

開票速報 (ニュース)
01:26~

参院選・新潟選挙区の最新情報を伝えた。

参院選・最新の当落情報・比例 れいわ新選組を伝えた。

参院選・東京選挙区の最新情報を伝えた。

キーワード
石垣のり子
参院選
打越さく良
船後靖彦
木村英子
れいわ新選組
丸川珠代
山口那津男
吉良佳子
塩村文夏
武見敬三
音喜多駿

ウドウ解决所 (バラエティ/情報)
01:29~

永田夏来さんは結婚したいのにできない問題の解決策として「ロックフェスを政府が支援」すること提案した。CMのあと、そのワケを語る。

婚活パーティーで結婚できない理由を聞くと、自分に自信がない、仕事優先だったなどという声もあったが、「出会いがない」という声が多かった。

スタジオトーク。田中卓志は、婚活のようなこともやっているが、告白してもフラレてしまう等と話した。吉村崇は、結婚を考えなければいけない年だが、まだフワフワしていたい等と話した。有働由美子は、適齢期の時に、仕事を辞めて家庭に入ってくれと言われ、仕事で脂が乗ってきたときは辞めるのではないかと思われないように過ごしていて今に至る等と話した。

50歳時の未婚率は最新のデータだと女性で14.1、男性で23.4と急増していて、さらに上がると見られている。18歳から34歳の人に結婚の意志はあるかと聞くと、9割近くの男女がしたいと答えたが、様々な理由で踏み込めないようだ。

永田夏来がスタジオに登場した。永田さんは解決策を「仕事を休もう」とした。永田は結婚はオンオフで言うならオフの時間のため、仕事を休む時間を作ることで、仕事場以外の人間関係を作ることが大事だ等と話した。永田は結婚は過程であって、生き方を切り替える準備段階として仕事を休むことは良いと思う等と話した。仕事場での恋愛については、非正規雇用の人が入ってきたことで長い目で見ることが出来なくなってきたことで減ってきている等と話した。

結婚生活への不安要素を尋ねると、20~30代の男女約6割が「経済的に十分な生活が出来るかどうか」と答えた。若槻千夏は、結婚はコスパが悪いという意見もあるが、自分は協力者が増えてよかった、しかし、子育てにはもっと国が制度を整えてくれると良い等と話した。若槻千夏は「子育て支援をもっと大胆に」という解決策を紹介し、現在の子育て支援はちょっとずつの支援であまり響いていない、共働きでも子育てしやすい環境を作っていってほしいなどと述べた。小川淳也は、北欧では大学まで子育てに一切お金がかからないというのがスタンダードになっている、日本は給与はそうなっているが社会が追いついていないと話した。落合陽一は、自分は一日中働いていて妻に家のことを任せている、すると海外の友達には「妻を犠牲にしている」と指摘された、家事負担を減らす制度があればいいと思ったなどと述べた。

キーワード
結婚
青山(東京)

ウドウ解决所 (バラエティ/情報)
01:47~

coming up 深夜になっても…激戦の行方。

結婚したいのにできない問題の永田夏来の解決策は「ロックフェスを政府が支援」。永田氏は自分の中身で付き合えるとし、色んな趣味活動の支援と説明。また、中には趣味を通じで結婚した例があり日本最大級の読書会「猫町倶楽部」では2か月に1組のペースでこらまで60組結婚している。ここまでの解決策について村井議員は大胆でわかりやすい子育て支援が重要だと話した。

番組Twitterの告知テロップ。

キーワード
参議院議員選挙
猫町倶楽部
ウドウ解決所

開票速報 (ニュース)
01:56~

coming up 有権者の“審判”は…。

広島選挙区の開票結果を伝えた。森本真治、河井案里が当選。

鹿児島選挙区の開票結果を伝えた。尾辻秀久が当選。

比例代表で立憲民主党は8議席獲得。岸真紀子、小沢雅仁、水岡俊一、吉川沙織が当選。

熊本選挙区の開票結果を伝えた。馬場成志が当選。

鳥取・島根選挙区の開票結果を伝えた。舞立昇治が当選。

岡山選挙区の開票結果を伝えた。石井正弘が当選。

栃木選挙区の開票結果を伝えた。高橋克法が当選。

キーワード
参院選
森本真治
河井案里
溝手顕正
尾辻秀久
立憲民主党
岸真紀子
小沢雅仁
水岡俊一
吉川沙織
須藤元気
市井紗耶香
馬場成志
阿部広美
舞立昇治
石井正弘
高橋克法

開票速報 (ニュース)
02:01~

coming up 「新時代の大問題」に届いた声。

残る議席は4つとなった。現在当選確実の議席は自民党が56議席、公明党は13議席、野党は立憲民主党が17議席、国民民主党が6議席、共産党が7議席、社民党が1議席、無所属野党統一候補が8議席、日本維新の会が9議席。その他は3議席で、れいわ新選組は2議席の当選を確実にしている。改憲勢力の獲得議席は78議席。改正の発議に必要な全体の3分の2に達する可能性はなくなった。小栗は「これからのポイントは内閣改造と役員人事」「注目は菅官房長官、二階幹事長、麻生財務大臣を残すのかどうか」などと総括した。

キーワード
れいわ新選組
立憲
共産
国民
社民
維新
菅官房長官
二階幹事長
麻生財務大臣

エンディング (その他)
02:06~

番組視聴者の声を紹介した。

落合は「今回の選挙を見ててテクノロジーのことを言う人が少ない」「技術的な問題を解決するのは大切なこと」などとコメント。若槻は「子供のことになると熱くなってしまう自分がいた」などとコメント。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 7月21日 放送