かんさい情報ネットten. 【旬感中継!新感覚トレーニング「バンジーフィットネス」とは?】

『かんさい情報ネットten.』(かんさいじょうほうネット・テン.)は、読売テレビで2009年(平成21年)3月30日から、平日に放送されている関西ローカルの夕方ワイドニュース番組である。2013年3月22日までは『かんさい情報ネットten!』(末尾のピリオドが感嘆符であった)の番組名で放送されていた。キャッチコピーは「月〜金、夕方、テンの声。」→「かんさいの今とつながる。今を楽しむ夕方テレビ。」→「いざっ! メインキャスター・清水健! これまでの殻、破ります!」→「見るべき点が、見えるten.」→「全方位に、全力。」→「伝えます、ten.のチカラ。」。新聞のテレビ欄には、番組名が「[N]ten.」と表記されている。略称は「ten.」。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月22日(木) 16:47~17:53
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
16:47~

今日のニュースラインナップを放送した。

オープニング映像。

きょうのトップ (ニュース)
16:47~

今日午後大阪の枚方でポンプ車が歩道を暴走して2人が怪我をした。ポンプ車は対向車線の軽自動車に接触してその後歩道に乗り上げるなどして100m以上暴走して住宅の壁にぶつかってようやく止まった。ポンプ車を運転士ていた男性と巻き込まれた車の運転手が軽傷を負ったが命に別条はないそう。

今回は見晴らしもよく、病気か何かの発作も考えられるが、ぶつかったのは作業者なので雇用主がどこまで把握していたのかが今後の捜査の焦点になるとしている。

今日夏の高校野球決勝が行われ、履正社と星稜が対戦した。履正社の地元豊中市役所では多くの人が集まって応援していて、大阪府の吉村知事もアルプス席で応援に駆けつけている。履正社は1回から先制点のチャンスを掴むが星稜の奥川投手がそれを阻む。しかし3回に井上広大選手の3ランホームランで逆転したが、7回に星稜が粘りを見せて試合を振り出しに戻すとその直後に履正社は怒涛の反撃で2点を返して5対3で履正社が初優勝を成し遂げた。

野村さんも決勝を甲子園で見ていたそうで星稜の奥川投手と履正社の打線の勝負がすごかったとしている。履正社は春のセンバツでは星稜に負けていて、履正社の監督は練習から対策を立てていて、その成果が実ったのではないかなどと話していた。吉村知事もよう勝った、最後まで諦めないで打ち勝った、全部見習わなければなりませんねなどとコメントしている。

昨日午後6時過ぎ、山口組系「弘道会」の事務所前で男が銃を発砲し、六代目山口組系組員の男が重体となった。男は少なくとも六発発泡し、撃った男は拳銃を持ちバイクで逃走した。周辺中学校では予定していた行事を中止した。

現在山口組は、「六代目山口組」「神戸山口組」「任侠山口組」に分裂している。対立抗争が相次いでいて、今年4月には、神戸山口組系の組長が六代目山口組傘下組織の組員に刺され重傷を負う事件が起こっている。警察は弘道会の事務所を家宅捜索し、逃げた男の行方を追っている。

スタジオトーク。野村修也は分裂した後抗争が続いている、特定構想指定暴力団という指摘をすればもっと厳しく管理できる、そこも選択肢に入れていってほしいなどと述べた。山川友基は弘道会は山口組の本流に位置する組、ここ数ヶ月で神戸山口組傘下組員とのトラブルが相次いでいる、組事務所は住宅街にあることも多いため、抗争は街の人を巻き込んだエスカレートしたものになっているなどと述べた。

キーワード
枚方市(大阪)
夏の高校野球
吉村知事
奥川恭伸投手
井上広大選手
星稜
履正社
奥川投手
吉村洋文知事
山口組
弘道会
六代目山口組

ヤマカワ目線 (ニュース)
16:59~

山川友基は日韓軍事協定を巡り、今日、韓国政府でGSOMIAを延長するかどうかを話し合っている、この問題の背景には、文大統領が将来の朝鮮半島の姿、「文大統領の野望」が見えてくるなどと述べた。

GSOMIAが明後日延長期限を迎える。北朝鮮は5月以降ミサイルを含む飛翔体を計6回発射している。先月は、ロシア軍機が竹島上空を領空侵犯し、東アジアの安全保障にも懸念が広がっている。さらに、長崎・対馬市でも多くの外国人観光客で賑わっていたが、日韓の対立以降、激減したという。韓国航空会社は路線を縮小するなど亀裂は広がっている。

スタジオ解説。山川友基はGSOMIAについて、日米韓で情報を共有しあっているが一国抜けると除法がうまくまわらくなるため、アメリカにとっても不利益であるなどと述べた。野村修也は、GSOMIAはアメリカ主導で始まったもの、これは日本でも大事だが、韓国にとっても大事、韓国としても身長な判断が必要だなどと述べた。

韓国がGSOMIAを渋る理由の1つが「ホワイト国除外への対抗策」。さらに文大統領は金正恩委員長に対する顔色を伺っていて、文大統領の目的は南北統一のため、北朝鮮を包囲するような協定は障害になりえるとして、消極的になっている側面もある。文大統領は現在南北統一のために、韓国と北朝鮮で平和経済を作る構想を持っていて、南北で巨大市場をつくり、国防費を削減、少子高齢化に歯止めをかけ、2045年に南北統一を目指しているという。朴一は、文大統領が目指す南北統一に冷ややかな目を向ける韓国国民も多い、果してメリットがあるかは結論が出にくいなどと述べた。野村修也はこれは夢物語、日本としては日米韓の関係を維持することに目を向けないと、韓国は誰からも信頼されない国になってしまうのではなどと述べた。山川友基は文大統領は、目の前のことより理想に動くきらいがあり、心配する声もあがっていたなどと述べた。

文大統領からして、経済でみれば日本がホワイト国から韓国を除外することで、主力産業成長の足かせになる。歴史でみれば、日本は徴用工問題は解決済みとしているが、新朝鮮半島のために歴史を上書きしたいと考えているのでは。野村修也は請求権協定に向き合うべき、その議論を避けて朝鮮半島統一に持っていくと日本側との交渉はうまくいかないなどと述べた。安保からみて、文大統領はGSOMIAを延長しないほうがいいが、トランプ大統領の存在がある、米朝関係の改善は南北の融和が進むことを期待しているとみられる。野村修也は韓国が南北統一を目指すなら北朝鮮に非核化を促すべきだなどと述べた。

文大統領は日本に対し「北朝鮮と対話を進めている現実を直視してほしい」とメッセージを送っている。しかし日本側は、「本当に北朝鮮は非核化するのか」と懐疑的になってしまい、核・ミサイル・拉致の解決が遠のく恐れがある。朴一は北朝鮮が韓国の誘いに乗ってこないため、非核化と経済が噛み合っていかないなどと述べた。野村修也は北朝鮮が核を保有しているのは金王朝を維持するため、これを解決せずに経済協力に進むと足元をすくわれるなどと述べた。

キーワード
GSOMIA
河野太郎外相
対馬市(長崎)
日韓軍事協定
文在寅大統領
徴用工問題

きょうのニュース (ニュース)
17:21~

京都アニメーションへの支援金は先週時点で20億円近くにのぼっていて、京都アニメーション側からは政府になるべく多くの被害者に支援金を届けたい意向を示されている。そこで政府は寄付をすれば税の負担を軽くすることを検討している事がわかった。企業は税の負担が軽くなる寄付額に上限があるが、今回は災害義援金と同じ扱いで寄付額の上限を外す方向で検討している。個人については、ふるさと納税と同じような扱いで所得税から寄付額を差し引くことを検討している。

キーワード
京都アニメーション

特集 (バラエティ/情報)
17:22~

世界文化遺産・姫路城には年間約260万人が訪れる。しかし、姫路市の観光客数は減少傾向にある。その理由の一つが「有名な特産品がない」こと。地元の人が目をつけたのはロシア人の捕虜たちが育てた食材。

姫路市夢前町では、地中海原産のビーツを栽培している。ロシアではボルシチに使われる。ビーツは火を通すと甘みが出るのが特徴で、ビタミンA・B・Cやミネラル・鉄分が豊富で食べる輸血とも呼ばれている。

「捕虜たちの赤かぶら」は、作者・三木治子が祖母から聞いた幕末から明治にかけての姫路の生活や出来事をまとめた著書。日露戦争当時、ロシア人の捕虜約2200人が姫路市内に抑留されていた。地元の人はこの縁の深い野菜を特産品にしようと「姫路ビーツプロジェクト」を発足した。栽培し、「姫路ビーツ・捕虜たちの赤かぶら」で商標登録した。

  1. 前回の放送
  2. 8月22日 放送
  3. 次回の放送