映画『鎌倉ものがたり』キャスト篇 2018年1月5日放送回

放送日 2018年1月5日(金) 5:03~ 5:08
放送局 よみうりテレビ

番組概要

映画『鎌倉ものがたり』キャスト篇 (バラエティ/情報)
05:03~

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」で主演をつとめる堺雅人、高畑充希が挨拶した。

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」(原作:西岸良平「鎌倉ものがたり」/集英社「月刊まんがタウン」掲載、監督:山崎貴、主題歌:宇多田ヒカル「あなた」)の予告映像が流れた。古都・鎌倉を舞台に堺雅人演じるミステリー作家・一色正和と高畑充希演じるその年若い妻・亜紀子の不思議な日常、また人間と人ではないいきもの、生者と死者との交錯するさまざまな思いを描く物語で、映画「ALWAYS三丁目の夕日」を手掛けたチームが手がける、不思議でどこか懐かしい黄泉の世界も見どころの一つだ。

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」で主演を務める2人が自身の演じた役について語った。鎌倉在住のミステリー作家・一色正和を演じた堺雅人は「妻を思っている人。自分1人でなにかをやるというよりは、妻と息を合わせてやるというお芝居だった」と話し、その年若い妻・亜紀子を演じた高畑充希は「序盤は緊張していたが、途中から正和さんを大好きな気持ちだけになっていて、一緒に時間を過ごすことが当たり前になってきていた」と述べた。

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」で初共演となった2人がお互いの印象を語った。高畑充希は「自分が引っ張っていかなきゃ、ではなく、どっしりと立っている存在に寄りかかっている感覚が居心地よかった」と話し、堺雅人は「高畑さんはすごくしっかりしていた。すごく堂々としていて引っ張ってもらった感じがした。後から年齢聞いて、思ったより随分若かったんだなあと」とコメントした。

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」では主人公・一色正和とは腐れ縁で編集者の”本田”を堤真一、鎌倉を管轄する陽気な”死神”を安藤サクラ、一色家に住み着く”貧乏神”を田中泯、一色家の家政婦で推定年齢130歳の家政婦を中村玉緒が演じるなど、日本を代表する俳優が数多く出演している。中でも印象的なキャストについて、堺雅人は堤真一の名前を挙げ「映画は堤さん演じる本田のシーンからはじまる。共演は久しぶりだが温かい方」とコメント、高畑充希は「貧乏神の田中泯さんと中村玉緒のキンさんはお家に来てくれたので印象深い」と話した。

堺雅人と高畑充希が映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を宣伝した。

キーワード
DESTINY 鎌倉ものがたり
鎌倉ものがたり
西岸良平
ALWAYS 三丁目の夕日
月刊まんがタウン
集英社
山崎貴
宇多田ヒカル
あなた
堺雅人
高畑充希
一色正和
一色亜紀子
堤真一
安藤サクラ
田中泯
中村玉緒
大河原キン
本田
死神
貧乏神
要潤
神戸浩
鶴田真由
吉行和子
三浦友和
山崎貴監督
市川実日子
ムロツヨシ
大倉孝二
國村隼
古田新太
橋爪功
  1. 前回の放送
  2. 1月5日 放送