100億上ル 売り上げ100億を目指す企業を応援します!

放送日 2018年6月3日(日) 4:00~ 4:17
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
04:00~

オープニング映像。

キーワード
ytv
GREE

100億上ル (バラエティ/情報)
04:00~

廣田株式会社は、お客様の要望を形にする会社。期待を超えた驚きでお客さんが使いたいと思う商品を実演販売でやりたい。テレビと伝える手段は変わっても、お客様と1対1で対面販売するという形には変わりはない。自社商品「時短釜」の紹介。ご飯が美味しく炊ける。おかずも、時短、早い、おいしい三拍子が揃っている。五十嵐みゆきシェフと共同開発した「美虎のやる気鍋」がテレビショッピングで売れている。原田泳幸は、「素晴らしいセールストーク。上海では物が売ってなくて、経験を売って、ニーズを掘り起こして物販していた。それと商売の根本は変わらないと感じた。」などとコメント。廣田株式会社が「ベストトーク賞」を獲得。

株式会社ALEFSは、レディースアパレル会社で、あらゆる大人の女性のニーズの答えている。従業員の9割がお客様と同世代の女性スタッフ。体型が気になる服や、子供と一緒に遊べる楽な服が欲しい方などなどに合わせてブランドをセグメントしている。”EC通販”、”実店舗”、”ECモール”といった販路を使用し、現在も更に広げていっている。今後、「美容・コスメ」や「健康」など女性のライフスタイルをトータルプロデュースできるよう事業拡大を目指していく。久田真紀子は、「40代、50代である程度良いものを着ないといけないところに広げていくと、非常に広がるのでは。」などとコメント。原田泳幸は、「一番の挑戦はサプライチェーン。」などとコメント。ALEFSは「女性の見方賞」を獲得。

株式会社ダイワは、大阪堺を拠点に乳酸菌の製造・販売を行っている。ダイワは安心・安全の農作物を提供できるよう事業を展開している。遺産でも死なない腸まで届く乳酸菌を、大豆で培養している。「V-LAB」と呼ばれる植物性乳酸菌は日本人のお腹になじんだ乳酸菌とされ、ダイワはこれにサプリメントやドリンクなどを開発。遺伝子組換えされていない大豆エキスと天然水で培養されているのが特徴。放射能の低減や除去についても大阪府立大学と取り組んでいる。原田泳幸は、「広報戦略、販路戦略、V-LABをどのように維持して提供していくかで可能性が広がる。すばらしいテクノロジー。」などとコメント。「テクノロジーで身体想い賞」を獲得。

キャトル株式会社は、”楽しい”をもっと身近に、共有しよう、を掲げている。”キャトルシティ”という街を作り、趣味やライフスタイルというカテゴリを人と人を結ぶ。ユーザーと企業を繋げるデータを考えていく。原田泳幸は、「便利にしたけど幸せにしてきたのかと考えてきた。必ず社会的問題が起きるけど、バランスを考えてやってほしい。」などとコメント。「新しい幸せ創造賞」を獲得。

スポーツコミュニティ株式会社は、子供の体操教室を運営している。自社施設を持たず、地域の体育館で活動。昨年から全国展開し、約600教室、1万5000人の会員を保有。1教室あたり40人程度で開かれる。大型のトランポリンを使用し、運動が苦手な子でも抵抗がなく始められる。体操教室では挨拶、礼儀、社会的マナーを教えている。スポーツを通して人間教育を行っていく。5年後には全国展開を終え、5万人保有を目指し、中国で10万人保有を目指していく。原田泳幸は、「可処分時間を顧客目線で考えたら、さらにうまくいくかも。」などとコメント。”次世代スポーツ教育賞”を獲得。

株式会社HRは、未来メーカーとして2013年創立。「エコミラ」は、消費電力の大きい空調の電力を30%削減する技術。「エコミラ」は、空調を止めず快適、省エネルギーセンターの最優秀賞受章、特許取得済み、約400店舗の実績、空調電力の30%以上の削減が可能。コスト削減や環境対策で企業のイメージアップにもつながる。「エコミラ」を環境対策のシンボルとして広めていくことが夢。原田泳幸は、「節電によってどれくらいお客さんに課金されているのか知りたかった。」などとコメント。”節電ハッピー賞”獲得。

キーワード
廣田
時短釜
五十嵐みゆきシェフ
美虎のやる気鍋
アボカド
春キャベツ
ALEFS
ZOZOTOWN
ダイワ
V-LAB
文部科学省
大阪府立大学
キャトル
大豆
スポーツコミュニティ
HR
省エネルギーセンター
エコミラ
  1. 前回の放送
  2. 6月3日 放送
  3. 次回の放送