前代未聞の衝撃作!『シン・ゴジラ』大解剖SP 2016年7月29日放送回

放送日 2016年7月29日(金) 3:19~ 3:52
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
03:20~

オープニング映像。「シン・ゴジラ」この夏全国でゴジラ現象が勃発。渋谷のど真ん中にゴジラ。空港にもゴジラ。日本中がゴジラで埋め尽くされている。シン・ゴジラとは一体何者なのか?出演者3人にスペシャルインタビュー。さらに秘蔵メイキング映像を初公開。

キーワード
シン・ゴジラ
ゴジラ
竹野内豊
石原さとみ
長谷川博己
日本
渋谷(東京)

7.29公開 前代未聞の衝撃作!シン・ゴジラ大解剖SP (バラエティ/情報)
03:21~

「シン・ゴジラ」に出演している長谷川博己さん、竹野内豊さん、石原さとみさん、松尾諭さんを紹介。

7.29に公開される「シン・ゴジラ」はシリーズ最新作にして最高傑作との呼び声高い。話題となっているのはスクリーンを彩る豪華キャスト。数は総勢328名。中でも物語の鍵を握る人物は内閣官房副長官・矢口蘭堂を演じる長谷川博己。内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹を演じる竹野内豊。米国国務省大統領特使・カヨコ・アン・パンターソンを演じる石原さとみ。現代日本に現れた巨大不明生物。驚くべき正体とは。

シン・ゴジラ大解剖SP。出演が決まった時どう思った?長谷川さんは「こんな大役を頂けるとはという気持ち」、竹野内さんは「本気のゴジラ映画にするとは」、石原さとみさんは「以前からゴジラが映画化されることを聞いていて、なんでも良いから出たいとマネージャーにLINEを送っていた。決まった時は嬉しかった」と話した。

「シン・ゴジラ」を観た衝撃は?長谷川さんは「すごい映画だと思った。エンターテイメント性もあって発見みたいなものもあるなという気持ちになった」、竹野内さんは「本当に深くてすごい映画だと思った」、石原さとみさんは「子供たちが観ても女性が観ても楽しめる映画になっている」とコメント。

ゴジラが誕生したのは約60年前の1954年。記念すべき第一作は当時の日本人10人に一人が劇場に足を運ぶほどの爆発的大ヒットを記録。ゴジラは海外にも広まり、KING of MONSTERSと呼ばれるまでになった。その後、次々と続編が制作され、ゴジラは大ヒットシリーズとして今も世界中の人々を魅了し続けている。2014年には巨額の予算を投じたハリウッド版ゴジラが興行収入570億円の爆発的大ヒット。

前作から12年が経過していた日本のゴジラもまた深い眠りから目覚めようとしていた。日本映画界のプライドをかけ、今回総監督を託されたのは庵野秀明。日本が世界に誇るSFアニメの金字塔「エヴァンゲリオン」シリーズで世界中にその名を轟かせ、社会現象となる爆発的大ヒットを起こした人物。

総監督・庵野秀明の印象は?長谷川さんは「何かをずっと思考しているなというのは感じた。すごいこだわりを持っている人」、竹野内さんは「そういう人じゃないとゴジラは作れないんじゃないかな」などと話した。完璧主義者で知られる庵野監督は「シン・ゴジラ」で掲げたテーマが「リアリズム」。脚本執筆の段階から、首相官邸、防衛省など各省庁に徹底取材。指揮系統や人員配置、また想定外の非常事態に必要な法整備などあらゆる直面に関しての取材が行われた。綿密な調査に基づいてリアリティを持つ濃密な脚本が完成。

「シン・ゴジラ」のストーリーについて、長谷川さんは「台本は重厚な本で、これは凄いリサーチしてなければこんなこと書けないなと思った」、石原さとみさんは「3.11があったからこそ書かれたんだなと思った」などと述べた。

「シン・ゴジラ」の会話劇について、竹野内さんは「超高速会話劇ですよね。二方大変だったと思う」、石原さとみさんは「台本読んで愕然としました」などと話した。

CMのあとは…秘蔵映像を初公開!

キーワード
シン・ゴジラ
竹野内豊
石原さとみ
長谷川博己
松尾諭
矢口蘭堂
赤坂秀樹
カヨコ・アン・パンターソン
LINE
ゴジラ
本多猪四郎
村田武雄
東宝
ロサンゼルス(アメリカ)
庵野秀明
エヴァンゲリオン 新劇場版:破
エヴァンゲリオン
宮崎駿監督
首相官邸
防衛省

7.29公開 前代未聞の衝撃作!シン・ゴジラ大解剖SP (バラエティ/情報)
03:35~

ゴジラ映画に欠かせないのが人々が逃げ惑うパニックシーン!!今回の撮影では日本映画の常識を超える壮大なスケールで行われた。都内駅前を完全封鎖するなど。エキストラにまぎれて監督などが様子をスマホで撮影。夜のシーンでは130台の車両を使い大迫力の撮影が行われた。エキストラの数は全国で4660人。本物の自衛隊駐屯地での撮影など。その後、メイキング映像が流れた。

CMのあとは…シン・ゴジラ 誕生の秘密を初公開!

キーワード
シン・ゴジラ
尾上克郎
庵野秀明
樋口真嗣
スマホ
東京駅

7.29公開 前代未聞の衝撃作!シン・ゴジラ大解剖SP (バラエティ/情報)
03:40~

ゴジラといえば、日本伝統の「特撮」。映画「ゴジラ」の映像が流れた。シン・ゴジラにも特撮映画がはいっているが今回は国内シリーズ初の「フルCG」が採用。シリーズ史上最大118.5mと圧倒的存在感を誇る。新しいゴジラを作り上げたのはCG制作会社「白組」。これまでの着ぐるみでは表現不可能だったゴジラが緻密な作業にて誕生。予告編で話題となったゴジラと自衛隊の戦闘シーンではすべてが最新CGにより描かれていた。

国内シリーズ初!フルCGゴジラをスクリーンでみたときの迫力について、石原さとみは「怖くて夢に出てくる」などと話した。また、竹野内豊は「庵野さんの魂がゴジラに凝縮されている」などと語った。シン・ゴジラは通常のスクリーン上映に加え、IMAX、MX4D、4DX、D-BOXでの上映も決定。

「CMのあとは…シン・ゴジラタイトルの謎に迫る!!」とテロップ表示。

キーワード
ゴジラ
東宝
本多猪四郎
村田武雄
白組
STAND BY ME ドラえもん
ALWAYS 三丁目の夕日
ハリウッド
CG
庵野さん
IMAX
MX4D
4DX
D-BOX
シン・ゴジラ

7.29公開 前代未聞の衝撃作!シン・ゴジラ大解剖SP (バラエティ/情報)
03:46~

大きな話題となっている謎が・・・カタカナで表記された「シン」の意味。タイトルを出演者の皆さんに漢字1文字で書いてもらった。長谷川博己さん、竹野内豊さんは「神」。石原さとみさんは「芯」。松尾諭さんは「進」。石原さんらは「映像よりも台本を読んでこの人が一言がまさしくだなとか言い方によっては凄い鋭い言葉だなとか芯を突くような台詞が多くて思いうかびました」などと語った。

石原さとみさんらは「アクシデントが起きた時って皆情報が溢れかえっていてどうしたらいいのか分からなくなると思うんですね。疑似体験じゃないですけどゴジラがもし目の前に現れたらどうしようって一緒にハラハラしながら戦ってほしいなって思います。絶対に劇場で見に行くべきですし、100%の仕上がりになっています」などと言った。

7月29日公開。映画「シン・ゴジラ」の予告編映像が流れた。

キーワード
シン・ゴジラ
庵野監督
プリヴィズ
ゴジラ
  1. 7月29日 放送