そこまで言って委員会NP 人気作家が緊急提言!!“尖閣侵攻”シナリオ

『そこまで言って委員会NP』(そこまでいっていいんかい エヌピー)は、読売テレビ (ytv) とBOY'Sの共同制作で放送されているバラエティ番組。放送開始時は『たかじんのそこまで言って委員会』(たかじんのそこまでいっていいんかい)で司会を務めていたやしきたかじんの冠番組。没後の2015年4月に改題。リアルタイム字幕放送(2006年11月 - )、ステレオ放送(2011年10月9日 - )を実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月19日(日) 13:30~15:00
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:31~

5月4日の天皇陛下の一般参賀と同じ日に北朝鮮は複数の飛翔体を日本海に向けて発射。5月9日のも発射し、安倍総理は「国連安保理決議違反するものである」などpと述べた。一方、アメリカ国防総省は年次報告書を発表し、中国がアジアで影響力を拡大していると指摘した。また、中国は尖閣諸島周辺に常時4隻の巡視船を派遣し日本海で訓練しているとも分析している。

ベストセラーマンガの「空母いぶき」が実写化され、5月24日から公開される。艦長には西島秀俊さんが演じていて、監督は若松節朗さん、企画には作家の福井晴敏が携わっている。

きょうのテーマは「日本の安全保障を考える」。航空自衛隊のF-35Aの安全性や北方領土問題などのニュースラインナップが紹介した。ゲストの福井晴敏さんと井上和彦さんが紹介された。

番組ホームページwww:dot:ytv:dot:co:dot:jp:dot::sls:iinkaiのテロップが表示された。

ゲストの福井さんらが紹介された。福井は番組にでたことについて「映画を宣伝してもらえるなら」とコメントした。福島さんは元陸上自衛で現在も予備自衛官として年に5回訓練に参加している。前防衛大臣の小野さんらが紹介された。ロバート・エルドリッヂさんは「人口減少と自衛隊」という著書を出している。

キーワード
天皇陛下
一般参賀
安倍総理
国連安保理決議違反
国防総省
空母いぶき
ビッグコミック
秋津
西島秀俊
新波
佐々木蔵之介
垂水
佐藤浩市
沈まぬ太陽
ホワイトアウト
若松節朗
亡国のイージス
終戦のローレライ
福井晴敏
航空自衛隊
F-35A
北方領土問題
尖閣諸島
自衛隊
米軍
令和
番組ホームページ
旭川駐屯地
155mmりゅう弾砲
東京マラソン
人口減少と自衛隊
北海道

映画「空母いぶき」公開記念「令和」新時代 日本の安全保障を考える (バラエティ/情報)
13:38~

F35A LIGHTNINGIIが、青森県沖に墜落した。操縦していた40代の空佐は今も行方不明だ。ロッキード・マーティン社の最新鋭戦闘機だ。機体が一部でも奪われると、軍事秘密が漏洩する。一部は発見されたが、メモリーは見つからず。事故原因の究明には時間がかかる。なぜ墜落したのか。F35A は、国内配備は13機。5機が操縦系統や、燃料系統の不具合を起こしている。緊急着陸は7件発生している。今回の機体は過去2回、緊急着陸をしていたという。不具合と墜落の因果関係は明らかになっていない。アメリカでは、F35Aの墜落事故は一度もない。F35Aには、966件の未解決な欠陥がある。F35AとF35Bを合計147機態勢にするという自衛隊。岩屋防衛大臣は、調達計画の変更はないと言っている。計画は見直すべきだという声がある。1機は116億円するという。F-15を200機保有している航空自衛隊。半分は時代遅れの戦闘機だ。新たに最新機器を購入したほうがいいという声もある。防衛関係者はF-35を配備するしかないと強調する声もある。いずも型護衛艦の甲板を改修した。いずもを空母化してF35Bを搭載する可能性もあるという。これ以上F-35を購入・配備する必要はある、ない。どちらかという出演者たちへの質問が出された。

まっぷたつに意見は分かれた。田島さんは、必要ないという。F35は日本人が組み立てているという。墜落の原因を調べるのに、日本人は関与できない。アメリカが変だと言っているものを購入するのはおかしい。F2後継機を作るべきだと竹田さんがいう。小野寺五典さんは、良い戦闘機は自前で作れたかもしれないという。世界中でF-35は飛んでいるという。F-35Aの墜落原因はまだ究明できていない。F-35Aで事故が起きたのは日本だけだという。辛坊さんは、戦闘機に乗ったことがあるという。気圧の関係で失神する可能性はあるという。F-35Aだけに欠陥があるわけではないと小野寺さんがいう。初期不具合は必ずあるという出演者。完璧に不具合をゼロにすることは不可能だ。戦闘機は抑止力になっているという。戦闘機は無駄だという田嶋さん。

時代遅れ? 自衛隊の武器は「切れない包丁」!?

キーワード
F35A LIGHTNINGII
ロッキード・マーチン社
岩屋防衛大臣
トランプ大統領
航空自衛隊
いずも型護衛艦
F-15
青森県
F2
自衛隊

映画「空母いぶき」公開記念「令和」新時代 日本の安全保障を考える (バラエティ/情報)
13:51~

F35の購入と配備は必要があるかという問いかけに賛成反対が出た。賛成者は日本経済のために仕入れ用空母として必要だと説明した。逆に必要性を感じるが日米同盟を長期的に考えた時、墜落事故の原因解明をしなくては問題点を挙げた。また、滑走路が1本しかない空港が多い日本ではF35Bが有用だという意見も出た。そこから保有の話しに移り、ベトナム戦争時のF4を日本は未だ使用しており、老朽化が進む戦闘機に自衛隊員を乗せられないという意見も出た。F15も含め、トランプ大統領からの指摘以前から話し合っていると強調した。F2後継機の実現は日本主導と話した。また、他国のJ-20や31にも触れ、日本が注目しているステルス機を発見できるレーダーの技術を同時にすすめていけばと話した。次のテーマは日本固有の領土に新たに米軍基地が作られる可能性について。

多くの日本人は北方4島はいつか帰ってくると信じている。安倍首相は1月の日ロ首脳会談で平和条約締結交渉を進めることで合意した。しかしロシアとの交渉は難航している。前在日米軍の司令官も北方領土に戦力配備の計画はないとしているがロシアは全然納得していない。ロシアが返還を渋っているのは日米地位協定が理由とされている。

米軍基地はこれ以上必要かの質問でスタジオでは日本ではもう少し外交カードを使ったほうが良い、などの意見が飛び交った。ロバートさんは米軍は在り方が問題だとしている。小野寺前防衛大臣はこの問題は質問の内容によって答えが変わってしまうので難しいとしている。

中国が尖閣沖侵入しても自衛隊は何もできない!?

キーワード
F35
F35B
自衛隊
F35A
航空自衛隊
F15
F-4
トランプさん
G20大阪サミット
F-2
安倍首相
J-20
プーチン大統領
屋良朝博氏
J-31
日米地位協定
中国
ロシア
マルティネス中将
イージス・アショア
トランプ大統領
歯舞群島(北海道)
択捉島(北海道)
色丹島(北海道)
国後島(北海道)
カムチャッカ半島(ロシア)
尖閣諸島(東京)

映画「空母いぶき」公開記念「令和」新時代 日本の安全保障を考える (バラエティ/情報)
14:10~

これ以上の在日米軍基地は必要だと訴える井上さんは「自衛官の数24万人というのは世界の標準にしてどうなのかと言った時」「中国のこの状況を見た時どうするのか」などと述べているが、須田さんが日中の緊迫は尖閣諸島の国有化が原因なのではないかと訊くと、森本さんは「あれは正しかったと思う。あの島は私有地だった。中国系の企業に買われたらどうなります?日本が国有財産として編入したということは、だから日本が国家責任においてあの島を守れる」などと述べていた。また、森本さんは米軍基地よりも自衛隊機能を問題視しており、「日本の南側で米にとって使い勝手の良い基地が必要になる。そういうことをしないと南から入ってくる航空機の脅威に対応できない」などと述べた。

北方領土返還後、米軍基地建設の可能性を訊かれると森本さんは「これが仮に歯舞、色丹だったとしましょう。米軍はここに基地を作る必要はないと思っている。必要があると思うなら冷戦時代の北海道に作っていたはず」などと述べており、日本の国防については田嶋さんが「戦争を止めるため外交で解決すべき。日中はどう競争したって国力で叶うわけない」などと述べていた。一方で竹田さんは「中国は抑止力が効く国。孫子の兵法でも負けが分かっている戦争なんかやらない。日本が守りを固めることによって中国は手出しできない」などとコメントしている。

「中国が尖閣諸島を占領する日」

キーワード
米軍
安全保障
自衛隊
海兵隊
普天間
海上保安庁
民主党
石原慎太郎さん
東京都
安倍
首相官邸
対馬(鹿児島)
横須賀(神奈川)
佐世保(長崎)
尖閣諸島
北方領土
冷戦
INF
日米地位協定
イージス・アショア
F35B
いずも
孫子
孫子の兵法
日米同盟
北海道
那覇(沖縄)
歯舞群島
色丹島
松和島
択捉島
硫黄島

映画「空母いぶき」公開記念「令和」新時代 日本の安全保障を考える (バラエティ/情報)
14:27~

5月14日公開の映画「空母いぶき」。原作コミックでは中国軍による尖閣諸島への侵攻が描かれているが、映画では国籍不明の軍地勢力に改められている。今回は原作に立ち戻り、もし中国が突然侵攻し尖閣諸島が占領されてしまったことを想定。どのように対抗するのか井上氏と福井氏が独自にシミュレーションを行った。

井上氏のシミュレーション。中国の漁民の扮した海上民兵が乗り込んだ漁船が偽装遭難して魚釣島に漂着。これを救助するため中国海警局の船舶が向かうシナリオなら日本政府は警察・海保案件として対処し、対応に手を拱いている隙に魚釣島奈良原岳最頂部に五星紅旗を掲げ領有権を内外に喧伝する。同時に中国民航機が那覇空港で故意に故障を起こせば空自機が発進できない状態が起きる。中国本土から予め準備した空挺部隊が尖閣諸島に降下し占領を宣言する。

また井上氏は潜水艦によって輸送されてきた特殊部隊が闇夜に乗じ魚釣島に上陸し領有を宣言するケースも想定している。いずれも中国の武力侵攻を受けたと判断した日本政府が防衛出動を命じ、航空自衛隊F15戦闘機の護衛のもと築城基地からF-2戦闘機が対地攻撃を実施し敵上陸部隊を攻撃。那覇基地から飛来したP-3C哨戒機が周辺海域の洋上哨戒及び敵潜水艦探知を実施すると共に、同じく飛来したE-2C早期警戒機が接近する航空機の探知に務め、佐世保基地から急行した海上艦艇が周辺海域で警戒にあたり中国艦艇の接近阻止行動を実施。この時敵上陸部隊を孤立化させ増援部隊の接近を阻止することが重要となる。日米安全保障条約に基づき米軍も出動、嘉手納基地の第18航空団のF15戦闘機が警戒、空母ロナルド・レーガンが東シナ海に急行。佐世保基地の機動連隊がMV-22オスプレイによって空輸され尖閣諸島に降下、敵残存部隊を殲滅する。

井上氏のシミュレーションにリアリティはあるか出演者らに問うと「リアリティはない」とする意見が多数を占めた。小野寺氏は「そのシナリオは織り込み済み」とした。竹田は「島民を人質にとるから映画の方が質が悪い」とコメント。森本氏は「よく考えられている」として上で「憲法上防衛出動するまでに事態は終わっている」などと違和感を指した。村田氏は「シミュレーションは大事だが、政治的文脈も考えないとリアリティに欠ける」として「日本が手を出した形にしたいはず、海保のレベルでどれだけ守りきれるかが問題」などと意見した。

仮定ではなく現実?中国国内にうごめく「反習近平勢力」。

キーワード
空母いぶき
中国海警局
那覇空港
魚釣島
奈良原岳
尖閣諸島
F-15戦闘機
航空自衛隊
F-2戦闘機
那覇基地
P-3C哨戒機
E-2C
嘉手納基地
ロナルド・レーガン
MV-22オスプレイ
自衛隊

映画「空母いぶき」公開記念「令和」新時代 日本の安全保障を考える (バラエティ/情報)
14:38~

中国が武力行使で手を出してくるリスクが大きい。現実的には周辺国と戦争していたがアメリカと直接ぶつかることになるという。佐世保基地にはアメリカのコーストガードの重武装の船が1隻いる。これは朝鮮半島の瀬取りのための警備で、中国の海警が出てきた時にに対する対抗措置としてアメリカもコストガードを持ってきてるという。また、中国が侵攻する前に尖閣の実行支配を進めるべきだという。

中国軍による尖閣諸島占領。続いては福井晴敏氏のシミュレーション。漁民に扮した中国軍兵士が漁船で尖閣諸島・魚釣島に上陸。海上保安庁は巡視船を沿岸部に派遣するが中国兵は武装していて島に近づけない。しかし、中国兵からの宣言はなく目的は不明。日本政府の抗議に対し中国政府は沈黙したままで中国政府による武力侵攻か一部中国兵の不審な行動なのか日本政府は図りきれず、官邸や防衛省は情報収集にやっきとなる。この背後には習近平政権打倒を企む中国共産党の権力者Xの存在があった。秘密裏に中国軍部の配下を使い尖閣諸島上陸を指示した。

一方、日本政府はアメリカなどあらゆる外交チャンネルを使って問題解決の協力を仰いだ。しかし、日本国内では保守勢力の先導行動によって一部の右翼グループは火器や猟銃で武装し漁船で尖閣諸島を目指し始めていた。右翼グループの情報を手に入れた日本政府は海上自衛隊艦艇より警告をしても停止しない漁船に対し、軍事ヘリコプターで阻止する。しかし、右翼グループはそれをスマホで撮影しSNSに動画をアップする。国内世論は混乱状態に。

事態は膠着の中、アメリカ政府の仲介により会談が実施され日米以外に中国とオブザーバーを務めるロシア。どの国も日中の戦争状態は望んではいなかった。中国は魚釣島の上陸は軍の一部と政権への反乱分子の行動だと説明。魚釣島の中国兵に対して帰還命令を出す。その後、Xと反乱分子らは逮捕・粛清される。アメリカとロシアは”与し易い相手”として習近平を存続させる。こうして、混乱は沈静化したが尖閣諸島を巡る問題は何も変わらなかった。

福井氏のシミュレーションにリアリティーがあるかについては半々だった。リアリティーはないと答えた人は「自衛隊が右翼グループを射撃できる法的根拠がない」と答えた。リアリティーはあると答えたひとは「反習勢力のシナリオはあり得る」などと答えた。

実は「中国は尖閣を占領したくない」?

キーワード
佐世保基地
アメリカ軍
コーストガード
中国の海警
中国軍
中国共産党
習近平
魚釣島
国連
自衛隊
中国

映画「空母いぶき」公開記念「令和」新時代 日本の安全保障を考える (バラエティ/情報)
14:50~

小野寺氏が習近平国家主席など上の目が行き届かずにレーダー照射をした例をあげて説明した。日本の右翼団体による国内撹乱がリアリティがあって心配だという話題と中国は尖閣の軍事的占領を望んでいないという点にリアリティを感じたと話題があがった。森本氏は中国の狙いは台湾統一であり、尖閣はそのためにどうするかという考えがあると説明した。小野寺氏はこれまでの反省をして様々なことを想定して対応していると話した。

本当の危機、台湾、尖閣、沖縄。

キーワード
習近平国家主席
共産党
北京(中国)
西表島(沖縄)
台湾(中国)
沖縄県
尖閣諸島

映画「空母いぶき」公開記念「令和」新時代 日本の安全保障を考える (バラエティ/情報)
14:57~

ロバート氏は台湾が失われれば、尖閣と沖縄が危なくなり、尖閣が失われれば台湾が確実に失われるため日本は台湾を重視するべきと話した。森本氏は国際政治の実態としてこの朱の紛争はサイバーと電磁波と宇宙が複雑に絡み合っている説明した。

乱歩賞作家の心に留まる「あの人」。

スタジオ観覧ご希望の方は番組公式サイトまたはハガキでご応募を。

キーワード
WEBでも言って委員会
番組公式サイト
台湾(中国)
沖縄県
尖閣諸島

エンディング (その他)
14:58~

エンディング映像。月曜日ごご6時から「ytv MyDo!」で最新話を無料配信。

キーワード
ytv MyDo!
  1. 前回の放送
  2. 5月19日 放送
  3. 次回の放送