そこまで言って委員会NP 古い価値観よさらば!“見直しの秋”スペシャル

『そこまで言って委員会NP』(そこまでいっていいんかい エヌピー)は、読売テレビ (ytv) とBOY'Sの共同制作で放送されているバラエティ番組。放送開始時は『たかじんのそこまで言って委員会』(たかじんのそこまでいっていいんかい)で司会を務めていたやしきたかじんの冠番組。没後の2015年4月に改題。リアルタイム字幕放送(2006年11月 - )、ステレオ放送(2011年10月9日 - )を実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年10月14日(日) 13:30~15:00
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:31~

オープニング映像。リュウグウにはやぶさ2が到着したニュースなどの項目を紹介した。今回は、「日本の宇宙技術はどこまで進んでいる?」「国際宇宙ステーションって何?」などをテーマに徹底討論する。

辛坊治郎は、昨日が七夕だったことについて、うちが流されそうでそれどころじゃなかったなどと話した。また、出演者を紹介した。

10月6日、築地市場が83年の歴史に幕をおろした。2016年には、小池都知事が豊洲市場への移転延期を発表。2年遅れのオープンとなた。安倍首相は、自民党総裁選で3選をはたした。第4次安倍改造内閣を発足させた。改憲案提出に意欲をしめしている。前自由党衆議院議員の玉城デニー氏が沖縄県知事選に初当選した。普天間飛行場の県内移設計画に反対している。高額な返礼品が問題化しているふるさと納税制度。京都大学特別教授の本庶佑氏がノーベル賞を受賞。生命科学に投資しない国は未来がないと述べている。企業の採用の見直しが迫られている。生活保護費の見直しが迫られている。受給世帯全体の67%が減額となる。脱現金化が進まない日本。元神戸市議との不倫が発覚した今井絵理子参議院議員。現在も交際中だという。見直しの必要はあるのか。宮崎謙介氏も緊急参戦する。

ついに築地に幕がおろされたという辛坊さん。ネズミが一万引きいたという。被ばくした第5福竜丸のマグロやサメは築地市場の地中に埋められたとされている。ゲストを紹介した。元衆議院議員の宮崎謙介さんが初登場した。今はコンサルティングをしているという。シンクタンクで上場企業の手伝いをしているとのこと。議論のテーマは6つ。現金主義、基礎研究費、不倫議員、生活保護、ふるさと納税など。

キーワード
金井宣茂さん
W杯
MOMO 2号機
織姫
彦星
リュウグウ
はやぶさ2
嫦娥4号
国際宇宙ステーション
アポロ計画
七夕
お茶の水女子大学
東京大学
週刊現代
はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH
豊洲市場
小池百合子都知事
ふるさと納税
玉城デニー氏
安倍首相
築地市場
第5福竜丸
普天間飛行場
マグロ
サメ
ネズミ
そこまで言って委員会NP ホームページ
AI時代の新・地政学
金子恵美

そこまで見直し本舗 (バラエティ/情報)
13:38~

ふるさと納税制度を見直す。9月11日、野田前総務大臣はふるさと納税制度の見直しを検討することを発表。制度は都市と地方の税収さを回収するために2007年に当時の菅総務大臣が創設を表明。本来居住地に納めるべき税金の一部を自らが応援したい他の自治体に寄付すると、自己負担2000円を除いた学が国税の所得税や居住地の住民税から減額される仕組み。さらに寄付した自治体から返礼品を受け取れるという制度からブームとなり、税収を伸ばそうと過度に高額な返礼品を用意した自治体に寄付が集中するなどした結果、2018年度、東京23区では合計321億円の税収減が見込まれるなど問題化していた。そこで総務省は返礼品について、調達価格を寄付額の3割以下にすることや地場産品を使うよう自治体に通知を出していたが、それでも調達価格が寄付額の3割を超えるハワイのホテル宿泊券や旅行ギフトカード、地場産品とは言い難いものを返礼品にする自治体が横行していた。そうした中、新たに就任した石田総務大臣も制度の見直しという認識をしめしていて、今後3割を超える高額の返礼品で寄付を集める自治体は制度から除外される方向。昨年度ふるさと納税で全国1位となる135億円物寄付を集めた大阪府泉佐野市の担当者は「なぜ割合が3割なのか、何を持って地場産品とするのか納得できるような議論を得た上での基準づくりが必要」としている。千葉県館山市は返礼品として人気を集めていたYOSHIKIさんプロデュースのカリフォルニア産ワインなどについて今月末で取扱を辞めることを決めた。

ふるさと納税制度を見直すべきかどうかトーク。長谷川さんらは「納税者自身が選ぶシステムがこの問題の根幹。そうすると役人が中抜きされてしまうので中抜きされた役員が自分の権限を残そうと3割という話をしている。3割にはなんの根拠もない。東京で税が減るというのは趣旨」などとと話した。須田さんらは「総務省の官僚などが自分たちの権益が脅かされるから釘を指した。代理寄付制度があり、熊本地震の寄付の半分は代理寄付制度。返礼品だけをピックアップするのはナンセンス。地場産品を売るのは賛成だが、スペイン産のものは違う」等と話した。辛抱さんらは「地域で育ったのに東京で納税をするのが問題で戻すのにふるさと納税が出てきた。明確に何を使うのか示した上でクラウドファンディングすべき」等と話した。須田さんは「お金持ちとそうじゃない人達の間に差がついてしまっている。」等と話した。ざこばさんは「知ってる人はだれも居ない」と話し、スタジオの人に聞くと多くの人がやっていた。辛坊さんは「御堂筋のライトアップに50万円ほどふるさと納税したら紙一枚でありがとうございます。クリスマスになったらこの明かりは俺が付けていると話せる』と話した。

就活ルールを見直すべきか、見直すべきでないかとの出演者への質問で、全員が見直すべきと回答した。

「就活ルール」見直しで大学崩壊!?。

就活ルールについて。現在経団連は学生の就職活動のルールとして、6月に採用面接を解禁し、10月以降に内定を出すなどの指針を策定しているが、今月9日の会議で2021年春以降に入社する学生向けの就活ルールを廃止することを決めた。経団連は近年毎年のように採用選考に関する指針の見直しを検討し、1400もの会員企業に遵守を求めてきたが景気回復にともなう学生の売り手市場が続く中、ルールを守らない企業が多数あり、強制力のない指針の形骸化が懸念されていた。今回廃止に踏み切った背景には経団連内部でルールを守ったところがバカを見ていると不満が高まっていたこともあると見られている。大学の関係者などで構成される就職問題懇談会は採用活動に関する一定の秩序が失われ、学生企業の双方に大きな混乱が生じるとコメントを発表。中小企業の採用活動は大企業が終わってから始めるため、中小企業で構成する日本商工会議所はルールがないと就活は際限なく早まってしまうと指針廃止の影響への不安を表明。事態を受け政府は、混乱を避けるため、2021年卒業の生徒については現行の日程を維持する方向で検討する方針。産業界からはどこがルールをつくっても破るところはでてくる、雇用慣行全体を問い直すべきだという指摘が出ている。

キーワード
ふるさと納税
野田聖子総務大臣
菅義偉総務大臣
石田真敏総務大臣
YOSHIKI
泉佐野市(大阪)
館山市(千葉)
クラウドファンディング
中西宏明会長
就職問題懇談会
日本商工会議所
三村明夫会頭

そこまで見直し本舗 (バラエティ/情報)
13:53~

不倫議員を見直すべきか。沖縄知事選では、自民党の擁立候補が完敗した。自民党の佐喜真淳氏が落選。今井絵理子議員は、略奪愛をスピード成就させた。2016年には比例候補として擁立された。背景には、基地問題で揺れる沖縄出身であることが影響したという。神戸市議会議員の橋本健被告との不倫が話題となった。両者とも一線は越えてないという。昨年末に橋本被告は、妻との離婚が成立。今井議員の自宅で橋本被告は過ごし、ショッピングも一緒にしたとスクープされた。今井絵理子議員は佐喜真淳候補の応援で沖縄入りした。今井絵理子議員は、交際は、橋本被告の離婚後だとコメントし、不倫はしていないという。宮崎謙介氏は、不貞行為を認め、謝罪し、潔く議員辞職した。

パネリストの就活経験の有無を聞くと、宮崎謙介や中田宏などが挙手した。中田宏は「僕の時はバブルだったから証券会社などから分厚いステーキなどを食べさせてもらい、いい思いをした。」と話した。それに対し宮崎謙介は「逆に就職氷河期だったから薄い焼き肉を食べていた。」とコメントした。長谷川幸洋は「就活ルールはVTRに出てる通り壊れている。外資などの金融が魅力的でそのあとに法人に行く流れになっている。」と話し、須田慎一郎は「ユニクロなどは1年生の時から応募を受けて付けている。人気のある企業が前倒しになっている以上、人気のない経団連などの加盟企業は誰も行かなくなっている。」と解説した。さらに宮家邦彦は「新卒が一斉に就職すること自体が国際ルールじゃない。日本の労働市場をもっと流動化させたほうがいい。」と話した。宮崎謙介は「一番欠けているのは社会を知ることであり、どういう風に行きていくのかというキャリア形成の機会が少ないことである。」などと付け加えた。中田宏は「企業側は自分達の好みに合わせるために今の制度で、就職シーズンだけ変えても自分達では解決できない。」と語った。

今井絵理子議員は、議員活動を見直すべきか、見直さなくてもいいか。好きなようにしたらいいと桂ざこばさんがいう。ハシケンとミヤケンの見分けがつかないと辛坊さんがいう。

元イクメン不倫議員が「不倫」を叱る!!

中田宏は「海外の企業のようにインターンを受け付けて良い若者を随時取っていく仕組みができないとダメだ。」と意見を述べた。竹田恒泰は「インターンが就職ルールの抜け道になってしまっていて意味がない。」と話し、長谷川幸洋は「日本と海外のインターンは別物、外国のインターンは実際に働かせ、給料が出る試験のようなものだ。」と解説した。須田慎一郎は「もう1つのポイントとして採用条件に国籍を問わないというのが入っている、国際標準に合わせないと人気企業に多数の外国人が入っていくという状況になりかねない。」と補足した。宮崎謙介は「日本はインターンなど即戦力が取れる仕組みではないので、今のままでは若者の失業率が増えるようになる。」などと話した。

日本特有の採用ルールの話になり、竹田恒泰は「日本は企業と労働者の結びつきが良くも悪くも強い、日本で職探しする際の一生お世話になるという姿勢は良いものだ。」などと話した。辛坊治郎は「就職ルールが無くなり企業が前倒しで採用試験との事になれば成績が関係なくなるのでは。」と問題を提起した。これに対し長谷川幸洋は「欧米でも大学1年はインターンは無い、2年の夏休みから。」と補足したが、須田慎一郎は「1年2年で決まらなかったら4年間就職活動する状況になり、どちらにしろ大学教育は崩壊するのでは。」と意見した。

中田宏は「大卒ばかりでなく高卒にも影響を与える」と話し、辛坊治郎は「ひどいのは高卒ルールで、1人1社制で選択権が無い。」長谷川幸洋は「職業選択の自由があるのだから憲法違反だよね。」とコメントした。 桂ざこばの弟子入りの話では「15歳の何も知らない時期に弟子として取ってくれた。」と 話した。

キーワード
橋本健被告
今井絵理子議員
佐喜真淳
ユニクロ
アメリカ

そこまで見直し本舗 (バラエティ/情報)
14:09~

政治家としての仕事をしなければいけない。政治家としての行為おしていない。公人であるなら、関係は断つべきだ。永田町にいたら、もっととんでもないことをしていただろうと宮崎謙介さんはいう。選挙は聖人君子を選ぶ場ではない。不倫で議員辞職したのは宮崎謙介さんが初だ。今井絵理子議員の政治家としての態度が許せないという出演者もいる。有権者は、今井絵理子に期待していたのだろうか。比例区で出たから仕方ないという声もある。自分なら体をはると宮崎謙介氏がいう。今井絵理子さんは、議員辞職にあたいしないと須田さんがいう。でも相手の家庭を壊したのでアウトだとのこと。選ぶほうが悪いのだと辛坊さんがいう。ハシケンは、刑事被告人だ。わたしは一線を越えたと宮崎謙介さんがいう。

長谷川幸洋65歳、はじめてのSuica!!

キーワード
橋本健被告
今井絵理子議員
佐喜真淳
Suica

そこまで見直し本舗 (バラエティ/情報)
14:18~

現金主義について。クレジットカードなど日本や使えるキャッシュレス決済の手段種類が豊富だが、未だ現金の牙城を崩すには至っておらず、他国に比べて脱現金化が大幅に遅れていると指摘されている。2016年の各国のキャッシュレス決済の比率を見ると、アメリカが46%、オーストラリアが59%、韓国では96.4%などとなっているが、日本は19.8%と2割を切っている。経済産業省は2025年に向けてキャッシュレスビジョンを作成し、目標を40%まで引き上げる目標を掲げている。今年6月にはLINEが手がけるスマートフォン決済サービスのLINE Payが3年間の加盟店手数料無料化を発表していらい、スマホ決済を中心にキャッシュレス可の動きは加速していて、政府は8月にQRコードを使った決済基盤を提供する事業者への補助金や決済サービスを導入する中小の小売店への税制優遇を検討すると発表。神奈川県は既に下水道料金の支払方法にLINE Payを導入している。9月6日に発生した北海道地震の際、キャッシュレス生活のため手元に現金がなく、停電中のコンビニで日用品も買えないとの声が上がるなど災害時には機能しないという弱点も指摘されている。日本人が現金を使う理由の一つに使いすぎの心配がないということがあり、お札の顔を見ない買い物は使いすぎの危険性をはらみ、一昔前にはカード破産も社会問題化した。日本社会でキャッシュレス化を進めるには消費の計画性を重視する日本人の特質を考慮した機能を付加することも必要で、さらにセキュリティやプライバシー保護についても顧客の安心を確保しなければならない。日本人へのキャッシュレスへのモチベーションも引く要因には、元気払で不便がないという環境も大きく影響している。

現金主義を見直すべきかどうかトーク。ざこばさんの財布をチェックし、辛坊さんらは「我々の世代は財布に札が入っていないと不安。大相撲の懸賞金をもらうときにQRコードでは面白くない。インターネットへの過度な依存は危険、中国では情報が全部取られている。」等と話した。宮家さんらは「人が減ったときに生産性を高めるときに釣り銭用意するなどは手間。自然に勧めていくべきだが、技術で前進させていく努力が必要。キャッシュレスに慣れている人が来るときにカードを使えない店が多い。カード会社には手数料を払わなければいけないため余計利益を生むために経済活動をしないといけない。アメリカで現金を持っていると危険だからクレジットカードが出来た、日本は安全で引き出せるからカードを使う必要がない」などと話した。須田さんらは「これから普及させようとしているのは電子マネー。利点は手数料が取られないこと。加盟店が手数料を払っている、Line payは3年後にお金を取り始める。」などと話した。竹田さんらは「高齢者は電子マネーは使えない。ある時たまたまsuicaで払ったら便利で目覚めた。五島列島では過疎化が進んでいる地域で買い物に困っていると思うが、県などが講習を開いて使い方を教え、お年寄りがアマゾンで買っていて困っていなかった」などと話した。須田さんらは「インバウンド向けにキャッシュレス化を進めるべき。中国人観光客はアリペイがないところにはいかない。中国が機材をただで付けているので中国に筒抜けになってしまうため、日本側も努力して勧めていかないといけない」などと話した。辛坊さんは「日本レジの技術はすごい。1日が終わったときに誤差があると、硬貨が入った時の記録が残っていてわかるようになっている。画面で金額が表示されると0一個の差だが、現金はぜんぜん違う」等と話した。

「生活保護費」を電子マネーで支給!?

キーワード
キャッシュレス
LINE Pay
北海道胆振東部地震
神奈川県
Suica
アリペイ

そこまで見直し本舗 (バラエティ/情報)
14:32~

この10月から生活保護の支給額が変わった。厚生労働省によると、7月に生活保護を受給した世帯は、163万7745世帯だ。約半数が、65歳以上の単身高齢者世帯だ。1950年に成立してから、憲法25条で規定した健康で文化的な最低限度の生活を保証するために生活に困窮した人たちを支えてきたという。2013年に改正された。10月からは生活扶助の支給額が変更された。都市部では、単身高齢者世帯、子どもが多くいる世帯の受給世帯全体の67%が減額された。ち方では受給者世帯の全体の26%が増額となる。東京23区などの大都市の場合、40代夫婦世帯は、月20万5000円から月20万2000円になる。65歳の単身世帯は、月8万円から月7万8000円となる。地方の場合は、30代親1人と小学生1人世帯は、12万2000円から12万5000円となる。50代の夫婦世帯は、月9万7000円から月10万円に増額する。厚生労働省が生活扶助の基準を見直したのは昨年。見直しによる削減額は、2018年度で15億円。2020年度10月見直し完了後には、総額約160億円となる。今回の改定は、最下位10%の世帯にあたる低所得層の消費水準に合わせて見直したものだ。健康で文化的な最低限度の生活が守れるのか。

生活保護法は見直すべきか、そうではないか。働ける若者と中年は思い切って削減する。最低賃金以下にすべきだと竹田さんがいう。生活保護は自立支援だという。今の状況は、年金制度の不備が原因だという。必要とする人には、支給すべきだ。生活保護が必要なのにもらっていない人が多い。生活保護支給額は、国民年金よりも多い。制度の問題が大きい。不自由な生活は仕方ないと思わせる制度も必要だと中田氏がいう。現物支給も考えないといけない。生活保護費の支給額の日には、パチンコ店に行列ができる。生活保護支給費で、病院はもうけている。必要な人には、全額出すことが必要だと辛坊さんがいう。公平感が高い方法をとるべきだ。

滞留と連鎖を考える必要があると宮崎謙介さんがいう。親が働く姿を子どもに見せる方がいい。給食費を払わないなどは、負の連鎖が続く。滞留しないよう、生活保護に陥らないように、厚生労働省は努力しているが、まだ追いついていない。中田さんは、国が生活保護者にお金を支給し、年金は支給しない方がいいという。生活保護者へのケアは必要だという。生活保護者をくいものにする人もいる。生活保護ビジネスという。生活保護費、生活扶助費をとりあげる。その仕組もある。

オジキ「小保方晴子氏」は悪くない!?

キーワード
厚生労働省
生活保護法
読売新聞
小保方晴子氏

そこまで見直し本舗 (バラエティ/情報)
14:46~

基礎研究費について。今年のノーベル生理学医学賞に京都大学の本庶佑特別教授が選ばれた。長年の研究の成果ががん治療薬オプジーボの開発につながった功績が認められた。日本人の生理学医学賞は2016年の大隅良典東京工業大学栄誉教授に続く5人目でこの分野での日本の実力を世界に示すもの。明るい話題の一方で学術論文を生み出す日本の研究力は近年低下していて、背景には国内の基礎研究費の低迷があり、日本の科学技術予算は横ばいが続いていて、2015年に20兆円を突破した中国との差は拡大するばかり。国は主要な研究機関である国立大への運営費交付金を大幅に削減する一方、公募型の競争的資金という研究費を増加し、選ばれた一人の研究者に大量の資金が集中するという仕組みを取っている。この仕組では資金獲得のために実用的な研究や流行の研究に向かいがちになり、運良く採択されても数年の期限で成果を上げることが求められる。本庶教授に世紀の発見をもたらした基礎研究の分野は科学者が自身の自由な好奇心や発想に基づいて新たな自然の原理などを見つけようとする研究で短期間で実用化に結びつけにくく研究費の獲得は難しい。こうした現状に国立大学協会長を務める山極総長は現在の国の政策が研究力の低下を招いたとして明らかに間違いだと批判している。今後本庶教授はノーベル賞の賞金やオプジーボの販売で得られたロイヤリティなどを投じて若手研究者を支援する基金を京大に設立する意向を示している。その上で生命科学に投資しない国は未来がない、1人に1億ではなく10人に分配スべきと政府の支援が不十分であることを訴えている。

基礎研究費について見直すべきかスタジオでトーク。三宅さんは「一生懸命研究していてどれが花咲くかは10・20年しないとわからない、広く薄くやるか狭く厚くするかの2つしか無く、永遠のテーマ」と話した。中田さんらは「「民主党政権の罪。1番じゃなきゃだめですかという話が有名だったがここが転換点。削っちゃいけないものを削ってはいけない。基礎研究はいつどう利益になるかわからないから削られにくい。金になりそうな技術ほど金にならなかったりする。目先の利益でやっちゃうのはだめ」等と話した。長谷川さんらは「世紀の大発見は間違いとか偶然とかの中でたまたまというのが多い。みんなが出来るべきだが、支援をもらうにはどう社会に貢献できるかを文章にしないといけないため、自分の発想でしか物事が膨らまない。それを超えた発想にはお金が降りない仕組みになっている」などと話した。須田さんは「本庶佑教授が基礎研究というのは最終的にものになるのは多くて一割と言っていて、学術論文氏の9割が嘘で10年建ったら残って1割と話している。一つに集中すると基礎研究は成長できない」と話した。宮家さんらは「甘えの構図も一部にある。一回公費がつくとなると世の中との接点を持たずにそれだけやり始め、研究開発費をなるべく寄付でもらうようにしようというのは自己努力もしなさいということ。大学自身が変わらないといけない、アメリカは私学のファンドがあり収益で世界から呼び寄せて研究している。学生起業家を支援しているため寄付が来ている。本庶さんの基金は循環させて行くことは大事」などと話した。須田さんらは「基礎研究の受け止め方が問題。小保方さんは基礎研究をしていて、細胞がなくてもいいがなぜお金を出しているのかという批判があり、基礎研究を伸ばすということにはつながらない。要人に日本人の良いところを行くとモラルと基礎研究がすごいと話す」等と話した。

ニッポンの「明るい未来」のために…

キーワード
ノーベル生理学医学賞
本庶佑特別教授
PD-1
オプジーポ
大隅良典名誉教授
山極寿一総長
基礎研究
本庶佑
ノーベル生理学・医学賞
ネイチャー
サイエンス
小保方氏

そこまで見直し本舗 (バラエティ/情報)
14:57~

基礎研究費についてスタジオでトーク。辛坊さんは「1割しか本物がないならベンチャー投資と一緒。1億あったら10人に撒くのが良い。学生でも起業しようとしたら50万で出来る、結構良いビジネスする」等と話した。

放送後WEB限定動画配信。丸田先生の目に青タンが!?WEBでも言って委員会で検索とテロップの表示。

スタジオ観覧希望の方は番組公式サイト又ははがきで応募を。とニッポンの危機、DVD第二弾絶賛発売中と宣伝テロップの表示。

キーワード
基礎研究
本庶佑
WEBでも言って委員会
ニッポンの危機
番組公式サイト

エンディング (その他)
14:58~

エンディング映像。ytv MyDo!で最新話を無料配信。

キーワード
ytv MyDo!
  1. 前回の放送
  2. 10月14日 放送
  3. 次回の放送