八方・陣内・方正の黄金列伝! 【片岡鶴太郎】ひょうきん族仰天裏側&(秘)波乱半生

放送日 2019年7月14日(日) 16:30~17:30
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
16:30~

東京・浅草にある「瓢庵」で、本日のゲストの片岡鶴太郎を紹介した。

オープニング映像。

キーワード
瓢庵
片岡鶴太郎
ブラックスキャンダル
明石家さんま
ビートたけし
島田紳助
浅草(東京)

片岡鶴太郎 芸人 俳優 ボクサー 芸術家 ヨガ 自分と戦い続ける究極ストイック人生 (バラエティ/情報)
16:32~

ゲストの片岡鶴太郎にまつわるエピソードをもとに、スタジオでトークが展開した。今では片岡鶴太郎は俳優やヨガ、芸術家といったイメージが強いが、昔はお笑いをやっていたという。片岡鶴太郎は小さい頃からお笑いの道を目指していたが、高校では演劇部に所属し役者の勉強も行っていた。

片岡鶴太郎は、「次に九州の仕事がある時にドロンして、当時の事務所の社長にお前を干すと言われた」などと話した。グループから無断で逃げ出した鶴太郎はその後雲隠れするように愛媛県の道後温泉でピン芸人として活動。23歳で上京し浅草松竹演芸場などに出演するようになった。鶴太郎はその時に、ビートたけしが所属していたツービートと出会う。「たけしは面白いと噂が広まってた」などと当時のことを話した。鶴太郎はその後TV番組「ひょうきん族」で大ブレイク!近藤真彦のモノマネは大ウケだったという。

個性豊かなひょうきん族メンバーの中で、マッチのモノマネで存在感を放つようになった鶴太郎。ひょうきん族で共演していたラサール石井は当時の鶴太郎について、今の鶴太郎とは180度違い、チャラかったなどと話した。ひょうきん族で人気者になった鶴太郎はその後様々な冠番組を持つなど大ブレイク!幸せグラフも右肩上がりで、31歳では幸福度が100に。31歳の時には以前からやってみたかったドラマの仕事のオファーがきて、「男女7人夏物語」に出演したという。

「『男女7人夏物語』の名シーンを大公開!」、「俳優転身後に襲った地獄の日々」

キーワード
片岡鶴太郎
渥美清
片岡鶴八
隼ジュン
浅草松竹演芸場
たけし
ひょうきん族
近藤真彦
ツービート
フジテレビ
道後温泉
マッチ
ラサール石井
ビートたけし
明石家さんま
島田紳助
男女7人夏物語
西川のりお
大竹しのぶ
コント赤信号

片岡鶴太郎 芸人 俳優 ボクサー 芸術家 ヨガ 自分と戦い続ける究極ストイック人生 (バラエティ/情報)
16:48~

ドラマ「男女7人夏物語」。鶴太郎は池上季実子演じる千明に思いを寄せる心優しい貞九郎を演じた。高校時代は演劇部に所属していた鶴太郎にとって、ドラマ出演は夢がかなった瞬間だったという。32歳にかけて幸せグラフがゼロに。明石家さんまら天才芸人たちとの共演を通じて、モノマネ以外に武器がないことに不安を感じていたなどと話した。そこで鶴太郎は役者への転身を決意したという。

芸人としての実力に限界を感じ俳優へ転身を決めた鶴太郎。その決断と共に鶴太郎はある行動に出た。鶴太郎は、役者の世界に行くには手土産が必要だと感じ、体を絞るために子供の頃からやりたかったボクシングをはじめたなどと話した。33歳でプロテストに合格。20kgぐらい体重を落としたという。

プロボクサーのライセンスを取得した鶴太郎は同じジムの世界チャンピオン「鬼塚勝也」のマネージャーとしてセコンドにたち引退まで支え続けた。芸人から転身した俳優業では「麻酔」などに出演し、芸人時代とはうってかわってシリアスな役柄を演じた。幸せグラフは39歳で下降気味に。39歳の時には長年出演していた「季節はずれの海岸物語」が終了。さらに鬼塚勝也も引退。生活の中心にあった仕事を失った。鶴太郎は、生きがいをなくして何をして生きるか路頭に迷っていたなどと当時のことを話した。誰も見ていないのに自分の生を全うしようとする花の姿に惹かれた鶴太郎は画家の道へ進むことを決めた。

39歳で見つけた表現者としての光。素人だった鶴太郎だが独学で毎日絵を描く日々を送りはじめた。1年後の40歳で個展が決定。鶴太郎はひたすら絵を描き続け、1年間で120枚の作品をかきあげた。個展は大盛況に終わり売り上げは3000万円以上だったという。絵と出会ったことで幸せグラフは頂点100をまっしぐら。

50歳ころに再び幸せグラフが下降。鶴太郎は、「男の更年期障害」に見舞われ、心が沈み込む感覚に襲われたなどと話した。俳優業のセリフ覚えにも影響が出始めたが、鶴太郎は新たな光を見つける。セリフ覚えのために何か良い方法がないか先輩俳優にたずねたところ瞑想が良いとのことで瞑想をはじめ、瞑想はヨガへと結びつく。鶴太郎はインド公認のインストラクターの資格も取得。64歳の今でも、ヨガは鶴太郎の生活に欠かせないという。

「片岡鶴太郎の仰天究極生活!」

キーワード
明石家さんま
大竹しのぶ
池上季実子
小林旭
ビートたけし
島田紳助
野沢直子
ダウンタウン
男女7人夏物語
夢で逢えたら
渡嘉敷勝男
麻酔
金田一耕助シリーズ
鬼塚勝也
季節はずれの海岸物語
心の中に「静」をもつ

番組宣伝 (その他)
17:10~

「ザ!鉄腕!DASH!!」「世界の果てまでイッテQ!」「行列のできる法律相談所」「日曜ドラマ あなたの番です」の番組宣伝。

片岡鶴太郎 芸人 俳優 ボクサー 芸術家 ヨガ 自分と戦い続ける究極ストイック人生 (バラエティ/情報)
17:13~

57歳でヨガをはじめて今年で8年。鶴太郎は2年前、62歳で熟年離婚。今は1人ぐらし。鶴太郎の1日のスケジュールを紹介。深夜1時に起床し5時30分までヨガ。この生活は今年で8年。1日も休んだことはないと鶴太郎は話した。5時30分から7時30分まで2時間朝食。野菜を中心に食べる。1日1食生活で、内臓を休ませているという。鶴太郎はこの生活について、皆さんは禁欲的というけど自分にとっては快楽的。3食食べていたときと比べて起きた時の不快感なども減り、研ぎ澄まされるので台本を覚えるのも楽しくなったなどと話した。鶴太郎は瞑想について説明。起きながら寝ている状態にするような感じで、自分の中の奥の奥に沈んでいくイメージ。気持ち良い物質が分泌されるような感じがあり、幸福感に包まれるなどと話した。

「求道者・片岡鶴太郎の『これから…』とは?」

キーワード
デイリースポーツ
片岡鶴太郎

片岡鶴太郎 芸人 俳優 ボクサー 芸術家 ヨガ 自分と戦い続ける究極ストイック人生 (バラエティ/情報)
17:25~

片岡鶴太郎が「これから…」について語る。野菜を食べることが多いので、野菜料理をしっかり勉強したい。好きなことをゆっくりやって、125歳まで生きるのが目標などと話した。

エンディング (その他)
17:27~

次回予告を伝えた。

パンジョ専門店・泉北タカシマヤ開店45周年特別企画 片岡鶴太郎展「祝祭花」のイベント宣伝。

キーワード
パンジョ専門店・泉北タカシマヤ開店45周年特別企画 片岡鶴太郎展「祝祭花」

告知 (その他)
17:27~

「超新感覚エンタテインメント NO BORDER」のイベント宣伝。

キーワード
NO_BORDER
  1. 前回の放送
  2. 7月14日 放送
  3. 次回の放送