八方・陣内・方正の黄金列伝! 【和牛】3度のM1準優勝地獄&解散危機(秘)激白

放送日 2019年2月10日(日) 16:30~17:30
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
16:30~

グランドプリンスホテル新高輪の「和室 秀明」から、出演者があいさつ。今日のゲストは実力がありながら頂点に立てないコンビ、和牛。和牛の漫才について、月亭八方は「出始めの頃から知ってるけど、漫才が変わった」とコメント。

今回は和牛の芸人人生を徹底解剖する。今最もライブチケットが取れないコンビと言われる和牛。M-1グランプリでは3年連続で準優勝達成したが、和牛にしかわからないM-1地獄を告白。そして若き日の苦悩とは?さらに、新ネタ作りの模様を独占密着。将来への意外な思いも吐露。

キーワード
和牛
港区(東京)
和牛 漫才ライブ2017~全国ツアーの密着ドキュメントを添えて~
よしもとミュージックエンタテインメント
M-1グランプリ

八方・陣内・方正の黄金列伝! (バラエティ/情報)
16:33~

和牛の同期(2003年)には、かまいたちなどがいる。月亭方正は、娘が”川西の追っかけをしたい”と言っていると明かした。2003年にNSCに入学した2人だったが互いに面識はなく、出会ったのは卒業から2年経ってからだった。愛媛・伊予市出身の水田は、昔からダウンタウンなどの番組に夢中になっており、14歳には芸人を志していた。だが、高校卒業後は調理学校に入学した。水田は「相方候補が通うので追いかけたが、相方候補がやめてしまった」とその経緯を話した。実家には”芸人になる”と言えず、”料理をやる”と身一つで神戸に入ったのだった。調理学校を出てしばらく料理人として働いたが、お笑いを捨てきれず、23歳の時NSCに入学したのだった。東大阪市出身、水田より3歳年下の川西はお笑い好きだったが、進学校に通っていたため大学に進学。しかし、芸人への思いを捨てきれず、1年で大学をやめてNSCに入学した。

その後、グラフが下がっていった2人だが、この頃何人も結成と解散を繰り返していた。水田と組んだ人は、細かすぎる性格にギブアップしていた。同期が頭角を現す傍ら、相方が見つからないまま3年が経過していた。そんな時、2人は偶然、バイク川崎バイクに「誰かおらへん?」と同時に相談を持ちかけていた。バイク川崎バイクの仲立ちで、2人はビックカメラの前で出会ったのだった(2人とも、バイク川崎バイクと組むことは考えなかった)。

現在の和牛と言えば、水田がボケで川西がツッコミ。しかし、以前は2人ともボケで、2人がネタを書いていた。出会った日、2人はネタ帳を見せあう事で実力を知り、すんなり水田がボケと決定した。ネタではやはり、水田は”でにをは”まで指摘するなどの細かさを見せたが、川西はもともとツッコミでなかったことなどからそれを受け入れ、ぶつからなかったのだと振り返った。私生活も細かい水田を受け入れた川西。水田は「エエやつ」と思っていた。

親友でありライバルの同期・かまいたちが和牛を語る。かまいたちによれば、デビュー当時の和牛は、他の同期とつるんでいなかったという。当時山内がバイト中に水田に会ったときには、話が弾まなかったと話した。濱家は、川西はインナーで洗った顔を拭くような「男々しい」人だと話した。

かまいたちからのメッセージVTRを振り返りトーク。和牛からみたかまいたちはとっくに前を走っていてそれを追いかけている状態だったと話す。和牛の同期であるかまいたちは2007年の「ABCお笑い新人グランプリ」で最優秀賞を獲得、藤崎マーケットは「ラララライ体操」で全国区へ進出するなど売れていく。一方、和牛はオーディションを受けて小さなライブハウスでネタをする日々を送っていた。当時は同期たちへの劣等感などを感じていた。オーディションで受けて出たライブのMCがかまいたちだったこともあったと明かす。

このあと…水田が若き日の地獄を激白!

キーワード
かまいたち
天竺鼠
藤崎マーケット
ハリセンボン
しずる
和牛
和牛 漫才ライブ2017~全国ツアーの密着ドキュメントを添えて~
ダウンタウン
とんねるず
ウッチャンナンチャン
NSC
伊予市(愛媛)
神戸市(兵庫)
川西
水田信二
川西賢志郎
水田
笑っていいとも!
バイク川崎バイク
ABCお笑い新人グランプリ
ラララライ体操

八方・陣内・方正の黄金列伝! (バラエティ/情報)
16:50~

水田信二さんは、2010年には-100だったという。謹慎をくらったという。水田さんが自分主催のLIVEに寝坊したという。無期限謹慎処分だった。自分から解散を言ったという。そこから上昇した。川西さんが急降下した。一番底まで落ちたとのこと。5upよしもとでは階級わけされ、一番下に降格した。うけなくなっていたという。しかも印象がうすかったとのこと。キャッチフレーズがなかった。くすぶっていたという。

たむらけんじさんが、和牛がくすぶっていた頃のことを話した。プライベートで親交が深いという。ぜんぜん大丈夫だとたむらさんは言っていたという。人としていいやつは、絶対出てくるとのこと。

たむらさんは、水田さんのことは、オネエ気質があるとのこと。女性っぽいので細かいことに気がつくとのこと。賢志郎は男っぽいという。

プライベートでたむけんには世話になったとのことだが、芸の世話については、「勇気もらえる時はあった」という。 長い階段を獅子舞をかぶったたむけんの背中がかっこいいと語った。

NHK上方漫才コンテストで優勝し、松本人志も絶賛し、和牛の代名詞となった「へりくつ漫才」。登場する時「”頑張っていきましょう”言うてやってますけども」と始まり、実際言ってないことを最後まで引っ張っていくネタの紹介をした。

ネタのきっかけになったのは、イベントでお笑いコンビアインシュタインの河井ゆずるが着用していたベルトのバックルとTシャツの鷲柄で、鷲が掴んでいるように見えたことで水田が見つけて、何度も指摘したことから川西がヒントを得たという。また水田は、自身のリアル考えをネタに生かしていると意識している説明した。

和牛は結成当初から探し続けた「和牛の色」を見出し、その後もへりくつ漫才を量産した。「結婚式を抜け出した花嫁」など和牛のへりくつ漫才を紹介した。へりくつ漫才を確立した和牛は、2015年のM-1グランプリで決勝に初進出した。

和牛は2016年のM-1グランプリで、敗者復活戦から勝ち上がり準優勝を達成した。和牛は2017年のM-1でも準優勝となり、「2回連続で準優勝はへこんだ」などと当時を振り返った。和牛は2018年のM-1も準優勝だったが、「自分たちが面白い思うネタをきちんとやれたので清々しい気持ちだった」などと述べた。和牛は現在も毎月1本新ネタをつくっていて、CMのあと和牛の新ネタづくりのようすを紹介する。

「和牛の新ネタ作り大公開!」

キーワード
和牛
たむけん
獅子舞
NHK上方漫才コンテスト
松本人志
河井
稲田
アインシュタイン
和牛 漫才ライブ2017~全国ツアーの密着ドキュメントを添えて~
M-1グランプリ
2016年 M-1グランプリ
2017年 M-1グランプリ
和牛がチャンピオンになるための全国ツアー
霜降り明星
2018年 M-1グランプリ
M-1
2019年のM-1

八方・陣内・方正の黄金列伝! (バラエティ/情報)
17:13~

和牛の新ネタ作りのようすを紹介。2人は「これまでの人生でターニングポイントはいつだったのか?」というテーマのネタを、「一貫性があるか?」、「不自然なやりとりはないか?」など実際に問答しながら作った。

和牛の新ネタ作りのようすを紹介したVTRを振り返ってのトーク。水田信二は「お互いがノってきたらそのまま役入ってネタ入って問答を繰り返してネタを作っています。そうすることでネタが自然なやり取りになります。また、一貫性も大事にしています」などと述べた。

「和牛の将来への意外な思いとは!?」

キーワード
和牛
吉本興業
ビックカメラ

八方・陣内・方正の黄金列伝! (バラエティ/情報)
17:22~

スタジオトーク。陣内智則が「テレビに出たいという思いと、『漫才をしたい』という思いどちらが強いの?」などと和牛に質問し、水田信二は「一番重きをおいているのは『漫才』。テレビに出たい!という思いはそこまで強くない」などと述べた。その後和牛は普段は言えない相方へのメッセージを発表。川西賢志郎は水田に「今が一番面白いシルエットだから食べ過ぎ注意」、水田は川西に「根気よくやっていきましょう」というメッセージを送った。

「平成紅梅亭東西特選落語会」の宣伝テロップ。

キーワード
和牛
平成紅梅亭東西特選落語会
チケットぴあ

エンディング (その他)
17:26~

エンディングトーク。陣内智則が「和牛のターニングポイントはいつなの?」などと和牛に質問し、水田信二がターニングポイントを説明した。

次回予告。

キーワード
和牛 漫才ライブ2017~全国ツアーの密着ドキュメントを添えて~
和牛
  1. 前回の放送
  2. 2月10日 放送
  3. 次回の放送