八方・陣内・方正の黄金列伝! 【具志堅用高】壮絶!チャンピオン陥落後の地獄

放送日 2018年1月21日(日) 16:30~17:30
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
16:30~

陣内智則が挨拶し東京のグランドプリンスホテル新高輪「秀明」にきていると話した。今日のゲストはアスリートタレントのパイオニアである具志堅用高さん。

オープニング映像。今回は具志堅用高の波乱の人生を徹底解剖する。

キーワード
グランドプリンスホテル新高輪
具志堅用高
比嘉大吾選手

第70回 具志堅用高 (バラエティ/情報)
16:32~

チャンピオンの座を失った地獄の日々

具志堅用高は18~24歳を、マイナス50だと振り返った。沖縄県石垣島で生まれ育ち、15歳で那覇市の興南高校へ進学。ボクシング部に入部しインターハイで全国優勝を果たすと、名門・協栄ジムにスカウトされ卒業後に上京した。しかし当時は沖縄返還から2年後で、一部では差別的な考えも残っていたという。不動産でアパートを契約できなかったり、「ちゃんと日本語喋れ」と言われたり、言葉や生活環境で逆境を味わった。その後ジムの紹介でトンカツ屋に下宿することになったが、そこで出会ったマスターがボクサー人生を大きく変える恩人となったという。マスターの卯木照邦さんは、現在も多くの門下生を抱える剣道の師範。具志堅のために、勤務時間は午前11時から午後3時の4時間のみ、部屋も食事も無料など、トレーニングに専念できる環境を整えてくれた。卯木さんは具志堅の印象について「東京の大きさに驚いていて、大人しかった。喜怒哀楽をはっきり出さず手のかからない子だった」などと語った。さらにトレーニングの様子については「普段の生活とは全然違くてボクサーの顔になっていた。絶対にチャンピオンになるという意志があった」などと語った。

具志堅はデビューから負け無しの8連勝を飾った。そして21歳、アルバイト中に「世界タイトルマッチが決まった」と電話が来たのだという。そして、当時の日本最速記録9戦目の試合で世界チャンピオンに。対戦相手は、21勝中18回がKO勝ちというファン・グスマン。当時の試合映像を振り返った具志堅は「一生忘れられない。ファン・グスマンのは、今までもらったことないパンチだった」などと語った。月亭方正が「殴られたときって痛いと感じるのか」と聞くと「痛いと思う前に虹とか星が見える」などと答えた。ファイトマネーは、デビュー戦では1万5000円だったが、世界タイトル戦では手取り80万円だった。しかしこのお金はトンカツ屋の客に騙し取られてしまったという。それでも防衛を重ねてファイトマネーは数百万円単位で増え、大金を手にするようになった。チャンピオンになってもずっとトンカツ屋に住み続けたという具志堅は「マスターの素晴らしさで出ることができない。お世話になったから辞められない」などと語り、変わらない生活スタイルでトレーニングを続けたことを明かした。その後当時の日本記録6回連続防衛をクリアし、4年間で13回連続防衛まで伸ばした。ファイトマネーも破格の値段になり、「1億円超えた時もあった」などと語った。当時王貞治さんの次に高額所得を得ていたプロスポーツ選手だったという。

21歳でチャンピオンになって100を超えていたグラフは、その後なぜか急降下。ファイトマネーは賞金扱いで、当時は7割近くが税金に消えてしまったからだという。やがて具志堅用高の名は、芸人が「ちょっちゅね~」を真似したことがきっかけでバラエティーでも有名になった。当時の思いについて「沖縄の言葉で”そうっすねー”と言う。ちょっちゅね~とは言ってないし、面白くない」などと語った。その生みの親である片岡鶴太郎は「彗星のごとく現れた具志堅の勇姿を見てすごいのが出てきたと思っていた。でも言葉がたどたどしいというギャップに驚いた」などと語った。「そうっすねーが面白くなってきてしまって、デフォルメしてちょっちゅね~にしてしまった」などと振り返り、「具志堅さんが怒っているという情報を耳にしていたので会うのは怖かった」などと語った。陣内智則が「最近のバラエティではちょっちゅね~と言っていますよね」と言うと、具志堅は「今、好きです」と答えた。

具志堅用高さんの世間の評価について具志堅さん本人は小学生などが「面白いおじさん」など言っていたことを話した。芸能生活については具志堅さんは太田プロに入って7年だという。しかし、かつては世界戦13回連続防衛という前人未到の日本記録を持つ伝説のボクサー。

25歳~38歳について、具志堅はマイナス100だと振り返った。理由は14回目の沖縄での防衛戦で、負けて引退したことだった。

キーワード
興南高校
協栄ボクシングジム
ファン・グスマン
ひょうきん族
太田プロ
沖縄返還
那覇市(沖縄)
東京都
石垣島
王貞治さん
沖縄県

第70回 具志堅用高 (バラエティ/情報)
16:52~

鶴太郎との再会で見せた 具志堅用高の爆笑エピソード!

55歳からグラフは急上昇。片岡鶴太郎とバラエティー番組で共演したことをきっかけに、太田プロへの所属が決まった。

21歳で世界チャンピオンに輝いた具志堅は、その後4年間で13回の連続防衛に成功した。ところが故郷・沖縄での14回目の防衛戦でペドロ・フローレスに敗北。当時の試合の映像を見た具志堅は、「パンチを浴びせられたことも試合が終わった時のことも覚えていない。ジェットコースターから底に落とされた感じ」と語った。王座陥落後、ジムからはリターンマッチを勧められたが、負ければ引退と決意していた具志堅は「悔いはありません」と引退を発表した。13回連続防衛の記録はこれまで誰にも破られていない。ジムの後輩・渡嘉敷勝男は、初回のスパークリングで具志堅に鼻を折られた時のエピソードを披露し、「10回以上防衛する人は超人」と話した。

どん底を味わった具志堅だが、グラフはすぐに上昇。2年交際していた香澄さんと結婚したのだった。しかし、チャンピオンの座を失いトレーニングの必要もなくなった日々は不安との戦いだったという。外にも出られず、夜にばかり出かける生活がしばらく続いた。引退から3年後にテレビ出演した際の映像を紹介。番組の中では引退から2年後にオープンしたハンバーガーショップ「チャンプ」のチェーン化の夢などを語っていた。長女・麻衣さんは具志堅について怒られた記憶がない、とにかく優しいとコメント。26歳で結婚式を開いた時には、悲しみのためかものすごい速さでバージンロードを歩いたという。

30歳を越えてからはラーメン屋の経営も行い、売上も順調に。飲食店の経営者として右肩上がりの暮らしを送っていた。ところが、39歳から再びグラフが急降下。 日本人初の世界チャンピオン・白井義男に誘われてボクシングジムを開設した具志堅は、順調だった飲食店経営を全て辞め、ボクサーの育成に専念した。しかしボクシング業界のことは全く分からず、経営がなかなかうまくいかないという苦悩の日々が続いた。

キーワード
鶴太郎
太田プロ
ダウンタウンDX
ペドロ・フローレス
香澄さん
2時のワイドショー
麻衣ちゃん
チャンプ
用輔さん
白井義男さん
白井・具志堅スポーツジム

第70回 具志堅用高 (バラエティ/情報)
17:12~

2010年、具志堅用高は片岡鶴太郎に声をかけられて太田プロへと所属した。鶴太郎は当時を振り返り、所属直後から「先輩!」と態度が変わった、メールアドレスにあれだけ怒っていた「ちょっちゅね~」を使っていた、などのエピソードを語った。本格的にタレント活動を開始した具志堅は天然ボケと愛されるキャラクターで一躍人気者に。鶴太郎は沖縄訛りや天然のボケが本人の芸として開花していると話した。具志堅は今では「ちょっちゅね~」と言われるのが嬉しく、わざと中学生の通学路を歩くこともあるという。また、番組収録の帰りには反省することも多い。怖い司会者はさんまさん、瞬きしないから、とも明かした。

昨年、ジムに所属する比嘉大吾選手がデビューから3年で世界チャンピオンに。ジム設立から22年、初めての世界チャンピオン誕生に具志堅はリング上で思わず涙を流した。 比嘉選手がジムに所属したきっかけは、沖縄県の高校まで出向いた具志堅が一目惚れしてスカウトしたからだという。具志堅は「相手を倒せる破壊力を持っていた、あと勇気。(比嘉大吾が)世界獲れなければジム辞めると女房にも言った」 と語った。 比嘉選手がチャンピオンになった時は、自分がチャンピオンになった時やクイズ番組で正解した時と同じぐらい嬉しかったという。

防衛戦間近のチャンピオンと2人3脚 ジムでのトレーニング指導に密着!

キーワード
さんまさん
比嘉大吾選手
ジム
太田プロ
白井・具志堅スポーツジム
報知新聞

第70回 具志堅用高 (バラエティ/情報)
17:22~

具志堅用高がボクシングジム設立以来、初めて誕生した世界チャンピオン比嘉大吾選手。2月4日沖縄で2回目の防衛戦を行う。ジムでの様子を取材した。白井・具志堅スポーツジムは現在プロボクサー13人が所属している。比嘉大吾は「自分の夢を叶えたら自然に会長の夢だったのが良かった」などと話した。具志堅用高は「強いだけじゃないんだ、性格もいい。この世界は性格が悪ければ長持ちしない途中で崩れていく」などと話した。ミット打ちをした比嘉大吾は「普通あの年でミットはもてない。会長のおかげで世界チャンピオンになることができた。恩返しはできたかな」などと話した。現在は100人の練習生を抱えている。具志堅用高は「1人でも多くチャンピオン作りたいよね」などと話した。

具志堅用高は「ジムの中に入ったら笑いは無いですね。生徒が真面目にやってるんですよ」などと話した。

キーワード
比嘉大吾
白井・具志堅スポーツジム

エンディング (その他)
17:27~

本日の反省点を聞かれ具志堅用高は「ほぼ反省はないですね~」などと話した。

八方・陣内・方正の黄金列伝!の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 1月21日 放送
  3. 次回の放送