紅葉の京都ぶらぶら旅! 2013年12月7日放送回

放送日 2013年12月7日(土) 10:30~11:25
放送局 よみうりテレビ

番組概要

オープニング (その他)
10:31~

紅葉めぐりとして、真如堂をはじめとする京都の紅葉スポットを田中健・京子スペクター・藤田紀子がめぐる。

キーワード
京都
紅葉

紅葉の京都ぶらぶら旅! (バラエティ/情報)
10:33~

田中健らが京都を散策、がま口を看板としたまつひろ商店を訪ねた。3人は小銭入れやお化粧ポーチなどを物色。同店はもともと金具を扱っていたことをきっかけに、色々ながま口を考案したという。旅の始まりだったが3人とも大量に購入した。

伊吹吾郎・ガッツ石松・生田悦子が京都・東寺の弘法市を訪ねた。市に訪れるのは一日に20万人という。3人は包丁の実演販売を覗き、店主と談笑した。

伊吹一行らが京都御所周辺を散策した。

伊吹一行らが「ふさとひも 宮本」を訪ねた。祭りや寺などで使われる房や紐類の製造販売で、組紐に房や飾り結びをして付加価値をつける職業という。当代の宮本武史さんが5代目、甲冑や掛け軸などの装飾にも使われる。家宝として、二代目が納めた二条城の広間に使われる引手房を披露、また伊吹が水戸黄門出演時に使った印籠の房も製作した。

伊吹ら一行が二条城周辺を散策、伊吹は以前二条城でロケをした経験を話した。

伊吹ら一行は店名に惹かれ「チャーミングチャーハン」に入店。”チャーハン付焼飯”という不思議なメニューを頼んだところ、1人前の同じチャーハンが2皿セットで出てきた。学生が多く焼飯大盛りを頼む客が相次いだので、こうしたセットを用意したという。チャーハンには焼豚ではなく合挽肉を使用しているのがポイント、チャーハンセットは一日100セット以上注文が入るという。

田中ら一行が「nikiniki」を訪ねた。新しい生八ツ橋の食し方を提案するとして、カラフルな5種の生地と8種の具材を組み合わせ自分好みの生八ツ橋を食べられる。3人はそれぞれに組み合わせた生八ツ橋を味わった。

田中ら一行が「安藤人形店」 を訪ねた。京人形の専門店で、還暦用をはじめ緑寿、卒寿など長寿雛がある。長寿雛はひな祭りに限らず1年中飾ることができる。展示広間には100体以上の雛人形が並び、中には900万円のものも。当主の安藤忠彦さんは着付け師と呼ばれる人形職人で、現代の名工でもある。お内裏様が右となるのは京都伝統の並びという。

伊吹ら一行が白峯神宮を訪れた。同神宮は、蹴鞠を楽しんだ公家が住んでいた土地であったことから蹴鞠の守護神が祀られており、そこから転じて”スポーツの神様”として親しまれているという。野球やサッカーの選手がこぞって参拝し、本田選手の絵馬もあった。境内には世界的合気道家のジャック・バイエ氏の道場があり、外国人指導員が世界中からきた生徒に合気道を教えていた。

田中ら一行が「grand kitchen TADA」を訪ねた。石窯料理を中心とした創作料理を提供する店で、3人は「淡路産 たまねぎの石窯焼き」「瀬戸内 天然真鯛のカマ黒胡椒焼き」などを食した。石窯に蓄熱される熱で食材が焼かれ、また薪による対流で素材の味を生かした出来になるという。

日本でのがん死亡者数第2位は胃がん。日本人の胃がん率は欧米人より飛びぬけて多いなか、胃がん患者の94%にピロリ菌が見つかったという。ピロリ菌は特殊なタンパク質で胃の細胞を破壊、感染すれば必ず胃炎を起こし胃がんのリスクも高めている。日本人にピロリ菌感染者が多いのは、水道普及が遅かったことでピロリ菌に汚染された井戸水を飲んでいた世代がいること、またその世代が子へ口移しすることで、別世代への感染拡大の可能性も。

今回の旅で訪ねたお店の人々に予めピロリ菌検査に協力頂いた。ふさとひも 宮本では5人中、当代の主人含め2人が感染。安藤人形店では、5人中1人が感染していた。全員、幼少期に井戸水を飲んだことがあるという出演陣の場合、ガッツ石松・田中健が感染していた。た。

ピロリ菌に感染した場合、病院では2種類の抗生物質による除菌治療を受けられ、またピロリ菌による胃炎にも保険が適用されるようになった。しかし除菌治療は人により下痢や発疹などの副作用の可能性もあり、また抗生物質に耐性を持つピロリ菌が増えていることから治療の成功率も下がっている。抗生物質以外にピロリ菌を減らすとして、乳酸菌LG21による効果が注目されており、抗生物質と併用することで除菌成功率が10%以上上昇するという。

伊吹ら一行は、手作り耳かき「玉三郎」を覗いた。買う人の耳に合わせて商品を調節、すべて煤竹で作られている。ガッツが実際に耳に当てながら作ってもらった耳かきを購入、仕上げの磨きにはイノシシの牙が使われた。

房紐には丈夫な組み紐が使われる。房紐の製作工程を紹介、また3人は装飾結びを体験したがガッツはうまく作れなかった。

田中健ら一行は鴨川周辺の京都繁華街を散策した。

田中ら一行が元東伏見宮家別邸 料理旅館「吉田山荘」を訪ねた。和洋が融合した昭和初期そのままの優雅なしつらえで、宿自慢の京懐石が楽しめる。ここで伊吹ら一行と合流した。

キーワード
東寺弘法市
毎日新聞
日本経済新聞
ピロリ菌
朝日新聞
乳酸菌LG21
小銭入れ
お化粧ポーチ
ショルダーポーチ
リュックサック(小)
眼鏡ケース
煤竹
手作り耳かき
水戸黄門
焼飯チャーハン付きセット
鴨川
長寿雛
帯地(本金)桧7段飾り
現代の名工
蹴鞠
本田選手
ジャック・バイエ
淡路産 たまねぎの石窯焼き
瀬戸内 天然真鯛のカマ黒胡椒焼き
胃がん
抗生物質

スポット

エンターテインメント/芸能

まつひろ商店

グルメ

grand kitchen TADA
チャーミングチャーハン
nikiniki

レジャー/交通

京都御所
二条城
吉田山荘

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

ふさとひも 宮本
手作り耳かき 玉三郎

宗教

東寺
白峯神宮
真如堂

趣味/スポーツ

安藤人形店
  1. 12月7日 放送